【このは】ミラクル短編集!【作品】

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 ▼下へ
1:このは◆cE:2017/03/19(日) 14:25 ID:2aY

いちご「ヤッホー!いちごです!」

モモ「モモだよ!」

ばなな「ばなななのだ!」

いちご「ここは、このはが短編小説を書く所だよ!何個もスレを建てちゃってごめんね」

モモ「でも、どうしても建てたかったから建てたんだ!入ってもいいけどルールは守ってね!」

ばなな「荒らしとなりすましは来ないで欲しいのだ!」

モモ「約束だよ!」

いちご「じゃあ、夢の世界へレッツゴ〜!!」

>>2 キャラ紹介

2:このは◆cE:2017/03/19(日) 14:34 ID:2aY

フレッシュワールド
宮花いちご
モモ
なーしー
ぶどう
パイン
れもん
めろん
ザクロ
ばなな
チェリー
ビワ
パパイヤ
マンゴー
マスカット
りんご

フラワータウン
メアリー・アンジェラ
シャルル・フリーム
ユユル・シルラ
クリス・シルラ
アンディ・レイルス
空良ゆるあ
森道カリン
光山レイ
花野まい
羽野あみさ
羽野ここあ
ウェール・ロッキー
桜田このは
アルス

レインボータウン
ココネ
モア
キャリル
ユウキ
ミア
アミル
ミリティア
カナハ
キク

ふんわりカフェ
甘崎シュガー
抹茶みるく
春美しゅり
黒井かおり
アーロン・リンス
白色ユキ
夏華ノナ
バニラ・エッセンス
春美りのん

ムーンライトシティ
夢形アユム
生橋さやか
ジェーム・リーラ
シャーム・リーラ
月原おとせ
アクル
元音ラン
元音リン

3:このは◆cE:2017/03/19(日) 14:34 ID:2aY

レス禁解除!

4:このは◆cE:2017/03/19(日) 15:01 ID:2aY

ミートピア 魔王の決め方

アンディ「ねえ、このは」

私「何?アンディ」

アンディ「ミートピアするんだよね?」

私「そうだよ!」

アンディ「魔王役のことなんだけど、誰が魔王役か決まってる?」

私「いや、まだ決まってないよ」

アンディ「それならよかった!もしよかったら、オレを魔王にしてくれないかな?だって、オレは魔王だし」

私「OK!分かったよ!」

アンディ「やった!ありがとう」

5:このは◆cE:2017/03/19(日) 15:32 ID:2aY

「なーしーのレストラン」

なーしー「いらっしゃいませ〜」

いちご「あれ?なーしーだ!何してるの?」

なーしー「レストラン」

いちご「レストラン?」

なーしー「ぼく、シェフになった」

いちご「シェフ!?それ本当?」

なーしー「うん。このレストランはぼくが経営してるんだ〜」

いちご「そうなんだ!どれもおいしそうだね」

いちごはメニューを見て料理を選んでいる。

いちご「じゃあ、オムライスで!」

なーしー「分かった〜」

なーしーは眠そうにキッチンに向かってオムライスを作り始める。

そして20分

なーしー「お待たせ〜。ぼくが作ったオムライスだよ」

いちご「わあ!おいしそう!いただきま〜す!!」

いちごはオムライスをひとくち食べる。

いちご「おいし〜い!!頬っぺた落ちそう!」

なーしー「ありがと〜。喜んでくれてよかった」

いちご「また来るね!」

なーしー「うん、待ってるよ〜。それじゃあ、ぼくは寝る〜、おやすみ〜」

なーしーは目を瞑り、眠り始める。

いちご「って、仕事中でも寝るんだね」

終わり

6:このは◆cE:2017/03/19(日) 16:16 ID:2aY

「アユムVS六つ子」

おそ松「あの小娘(あみさ)は何だったんだよ!オレたちに女装とかさせてさ!」

アユム「君たちが噂の六つ子?」

おそ松「誰だ?お前」

アユム「敵には名乗らないよ!お前ら、人を傷つけておいて逃げたんだよな?許さないからな!覚悟しろよ!」

おそ松「子供が生意気な!」

アユム「はあっ!」(手から赤い光線を放ち)

六つ子「うわああああ!!!」(ぶっ飛んでいき)

アユム「これが僕の力だよ!悪いやつは僕の魔法でこらしめてやるからな!」

終わり

7:ディアン◆Sw:2017/03/19(日) 20:34 ID:edY

新スレおめでとうございます。
いい小説ですね。とても

8:このは◆cE:2017/03/19(日) 20:36 ID:2aY

>>7
ありがとうございます

9:ディアン◆Sw:2017/03/20(月) 12:08 ID:edY

>>8
いえいえ、交流板のミラコラスレで聞きたいこともあるので、後で来てもらっていいですか?

10:このは◆cE:2017/03/20(月) 12:27 ID:fhw

>>9
分かりました

11:このは◆cE:2017/03/20(月) 12:37 ID:fhw

「ランとリンのバーベキュー」

朝、青空が広がっていた。
ランとリンは道端を歩いている。

ラン「リン!今日もいい天気だね」

リン「そうね」

ラン「今日はバーベキューだからめっちゃ楽しみ〜!」

リン「私も楽しみよ」

ラン「リンは何を入れるの?私は靴下とアクセサリーと泥だんごと……」

リン「食べ物じゃないじゃん!ちゃんと食べれるものを選びなさいよ!それになんで泥だんごも入れるのよ!」

ラン「あははっ、いいでしょ?」

リン「よくない!」

ラン「じゃあ、リンは何を入れるの?」

リン「野菜とお肉よ」

ラン「えぇ〜?それだけ?」

リン「いや、これが当たり前でしょ」

ラン「お菓子も入れようよ!」

リン「入れないよ!」

ラン「とにかくバーベキュー楽しもうね!」

リン「ええ」

楽しいバーベキューになりそうだ。

12:ディアン◆Sw:2017/03/20(月) 12:39 ID:edY

>>11
ランちゃんとリンちゃんのバーベキュー美味しそう!

13:このは◆cE:2017/03/20(月) 12:41 ID:fhw

>>12
ありがとうございます!きっとおいしいですよ

14:ディアン◆Sw:2017/03/20(月) 12:42 ID:edY

>>13
いえいえ、ミラコラスレ先程上げておきました。

15:このは◆cE:2017/03/20(月) 12:49 ID:fhw

「風邪ひいちゃった」

パイン「ごほっごほっ」

パインはせきをして草原で寝ている。

ぶどう「ちょっと邪魔よ」

ぶどうが目の前に立ち、寝ているパインに話しかける。

パイン「はあはあ……」

パインは息苦しく寝ている。

ぶどう「ちょっと退きなさいよ!こんな所で寝るんじゃありませんわよ!……様子がおかしいわね」

ぶどうはパインを自分の城に連れて行く。

パイン「……」

パインは目を覚まし、目の前にいるぶどうを見る。

パイン「ぶどう……」

ぶどう「やっと目が覚めたわね」

パイン「ぶどうがここまで連れて来てくれたの?」

ぶどう「そうよ。感謝しなさいよね」

パイン「サンキュー、グレープン」

ぶどう「だからその呼び方はやめなさい!今回は仕方なくよ」

パイン「もう……グレープンは素直じゃないな〜」

ぶどう「わたくしはいつだって素直よ!」

16:このは◆cE:2017/03/20(月) 12:51 ID:fhw

>>14
はい

17:このは◆cE:2017/03/20(月) 12:59 ID:fhw

フラワータウンのシャルルとプリパラのオリキャラのシャルルを会わせてみた!

シャルル(プリパラのオリキャラ)「今日も楽しいるる〜!」

シャルル(フラワータウン)「何かメアリーみたいな子ね……」

シャルル(プリパラのオリキャラ)「るる?君は誰るる?」

シャルル(フラワータウン)「シャルルよ」

シャルル(プリパラのオリキャラ)「シャルル!?私と同じ名前るる〜!」

シャルル(フラワータウン)「あなたもシャルルっていうの?」

シャルル(プリパラのオリキャラ)「そうるる!君はシャルル2号って呼ぶるる!」

シャルル(フラワータウン)「なんで2号なのよ」

18:このは◆cE:2017/03/20(月) 13:37 ID:fhw

ミラクル☆コラボ学園

「元気組 パイン先生」

パイン「はいは〜い!!授業を始めま〜す!!」

みんな「よろしくお願いしま〜す!!」

パイン「今日は楽しい遊び方について学びましょう!まずはプレイヤーを出します!パイッパイのスペシャルパイン!!」(魔法でCDプレイヤーを出して)

ピンキーパイ「CDプレイヤーで何するの?」

パイン「ダンスだよ!」

レッド「ダンスで騒ぐんだな!」

カートマン「やりぃ〜!いいじゃねぇ〜か!」

パインはCDプレイヤーにディスクを入れた。

〜♪(プレイヤーからポップアップな曲が流れて)

パイン「みんな、楽しく踊ってレッツパーティー!!自由に遊んでいいよ〜!!イェ〜〜イ!!!」

カートマン「やりぃ〜!これなら思いっきりはしゃげるぜ〜!!」

レッド「これで彼女と騒げるぜ〜!!」

ピンキーパイ「イェ〜〜イ!!!パーティーだ!パーティーは楽しまなくちゃ!」

アユミ「イェ〜〜イ!!!思いっきり遊ぼう!!」

みんな自由に遊び始めた。

ブルー「うるさい!!ここをどこだと思ってるんだ!?」(教室のドアを開けては、大声で注意をして)

レッド「別にいいだろ〜?ブルーも騒ごうぜ〜!」

パイン「そうだよ!ブルりんもおいで!!」

ブルー「入るわけねぇーだろ!いい加減にしてくれ!」

はちゃめちゃな授業はまだまだ続くのであった。

終わり

19:このは◆cE:2017/03/20(月) 18:00 ID:fhw

バレンタインデーに書いた小説

「ぶどうとマスカットのチョコ」

ぶどう「キウイ先生、喜ぶかしら」

ぶどうはバケットを持ち歩いて学校に行っていた。

マスカット「あいつもキウイ様にチョコをあげるつもりね……!」

ぶどう「何ですの?」

後ろから気配を感じる。そう、マスカットがこっそり隠れてぶどうの様子を見ているのだ。

キウイ「散歩は楽しいな」

すると、キウイがぶどうの目の前を歩いている。

ぶどう「あの……キウイ先生!」

キウイ「何だい?君はぶどうちゃんか」

ぶどう「もし、よかったら……わたくしのチョコを!」

マスカット「お待ちなさい!」

ぶどう「その声は……!」

キウイ「マスカットちゃん」

マスカット「ぶどう、あなた、またキウイ様と私の恋を邪魔しようとしているのね!」

ぶどう「邪魔してるのはそっちでしょ?」

マスカット「私は元からキウイ様にチョコをあげるつもりだったわ」

ぶどう「わたくしだってキウイ先生にチョコを渡しますわ!」

マスカット「ふんっ、どうせ、あなたのチョコなんか食べないでしょうね」

ぶどう「なんでよ!」

マスカット「あんたのチョコは不味いからよ」

ぶどう「何ですって!?そういうあなたはどうですの?」

マスカット「もちろん、自信あるわよ。あんたのチョコなんかより大分いいわ」

ぶどう「はあ?勝手に決めないでくださる?」

キウイ「まあまあ、喧嘩はやめて」

ぶどう、マスカット「はい!」(キウイの方を向き)

キウイ「僕のためにチョコを作ってくれたんだよね?嬉しいよ。どっちももらいたいな」

マスカット「ええっと……」

ぶどう「もちろんいいですわよ」

二人は笑顔でキウイにチョコを渡す。

キウイ「ありがとう」(笑顔でチョコを受け取っては、家に帰って行き)

ぶどう、マスカット「次こそは負けないんだから!」

20:このは◆cE:2017/03/20(月) 18:26 ID:fhw

「キウぶどマス ホワイトデーのお返し」

キウイ「ぶどうちゃんとマスカットちゃんはどこかな〜?」(ハートのホワイトチョコを2つ持って歩きながら、ぶどうとマスカットを探していて)

ぶどう「キウイ先生」(後ろから声をかけて)

キウイ「あっ、ぶどうちゃん!(ぶどうちゃんキター!!!可愛すぎだろ!抱きしめたい!)」

ぶどう「あの……バレンタインデーに渡したチョコ、どうでしたか?」

キウイ「もちろんおいしかったよ!中にぶどうが入ってたな」

ぶどう「そ、そんなこと言われると嬉しいですわ!」(頬を真っ赤に染めて)

マスカット「お待ちなさい!」(いきなり現れて)

キウイ「マスカットちゃん!(マスカットちゃんも可愛い〜!抱きしめていいか?)」

ぶどう「げっ、また邪魔者が入りましたわ……」

マスカット「邪魔者とは何よ!失礼じゃない?キウイ先生、私のチョコはどうでしたか?」

キウイ「おいしかったよ!中にマスカットが入ってた」

ぶどう「わたくしの方がおいしかったですよね?」

マスカット「いいえ、絶対に私の方がおいしかったに決まってるわ!」

ぶどう「何ですって!食べたこともないくせによく言うわね!」

マスカット「だって想像しただけで分かるもの」

ぶどう「はあ?じゃあ、あんたのチョコだって不味いに決まってますわ!」

マスカット「何ですって!」

ぶどう「何よ!」

キウイ「まあまあ、二人共、ケンカはやめてくれ。どっちもおいしかったよ」

ぶどう、マスカット「本当?」(目を輝かせて)

キウイ「うん!どっちのチョコもおいしかったよ。これは僕からのお返しだ」(2つのチョコを二人に渡して)

ぶどう、マスカット「ありがとうございます!」(目を輝かせては、受け取り)

キウイ「フフフッ(二人のチョコを食べれて僕は幸せだ〜!!)」

終わり

21:このは◆cE:2017/03/29(水) 11:56 ID:Jyc

「可愛いザク子ちゃん 前編」

モモ「ねえ、ザクロ!」(ザクロを見つけて手を振っては、走ってきて)

ザクロ「げっ」(声に気付き、ゆっくりとモモの方に顔を向けて)

モモ「ヤッホー!」(元気よく手を振り)

ザクロ「モモ!またお前かよ」

モモ「えぇ〜?そんなこと言わないでさ、女装してよ〜!」

ザクロ「いやに決まってるだろ!女装なんかお断りだ!」

モモ「そんなこと言わないでさ」

ザクロ「言うわ!なんで女装とかさせるんだよ!」

モモ「だってザク子ちゃん、可愛かったから」

ザクロ「そんな理由でかよ!女装なんかしないからな!」

モモ「シャルルも喜ぶよ?」

ザクロ「喜ぶわけないだろ!」

モモ「喜ぶよ〜!可愛いザク子ちゃんを見たら笑顔になるって!」

ザクロ「ならねぇーよ!」

???「きゃあああ!!!」(遠くから悲鳴が聞こえてきて)

ザクロ「この声は……」

続く

22:このは◆cE:2017/03/31(金) 13:01 ID:qlE

クラカリ小説

「正反対の二人」

昼休み、カリンは下を向いて学校のバラ園を歩いている。何か考え事をしているらしい。

カリン「どうしたらもっと強くなれるのかな……?」(考えながら、しゅんとした表情でバラ園を歩いていて)

クラン「キレイなバラだな……」(目を輝かせたまま、赤いバラを見つめて)

カリン「強くなりたい……!」(強く願い、元気に走り出し)

クランはカリンをチラっと見る。

カリン「きゃっ!危ない……!」(クランの目の前に近づいてきて)

クラン「えっ……」(カリンの手を掴み、背中にそっと手を添えて、お姫様抱っこをして)

カリン「はあっ!」(目を輝かせては、クランを見つめて)

クラン「大丈夫ですか?」

カリン「は、はい……」

クラン「それならよかった」(カリンをそっと下ろして)

カリン「す、すみません!つい走り出してしまい……」(モジモジ)

クラン「大丈夫さ。つい走り出してしまう気持ち、分かるよ。僕はクラン、よろしく」

カリン「嬉しいです。私はカリン、よろしくお願いします……」

クラン「カリン……可愛い名前だね」

カリン「あ、ありがとうございます……!」(少し微笑み)

クラン「フフッ、可愛い」

終わり!ちなみにカリンは男でクランは女です

23:ディアン◆Sw:2017/03/31(金) 13:37 ID:edY

カリンとクラン 仲が良さそうですね。面白いです。カリクラのカップリングは素晴らしいです!

24:このは◆cE:2017/03/31(金) 13:56 ID:qlE

>>23
ありがとうございます

25:ディアン◆Sw:2017/03/31(金) 14:05 ID:edY

>>24
その人達が、ルフィ達と交流出来たら嬉しいのですが。

26:このは◆cE:2017/03/31(金) 14:06 ID:qlE

>>25
分かりました。やるなら交流板でやりましょう

27:ディアン◆Sw:2017/03/31(金) 14:27 ID:edY

>>26
はい。わかりました。

28:このは◆cE:2017/04/02(日) 11:24 ID:/1c

ミラクル☆コラボ学園 元気組

「パインの宿題」

夕方、夕日が真っ赤に輝いていた。パインと元気組の生徒たちは授業を受けていた。

パイン「今日は宿題を出すよ〜!」(元気に飛び跳ねて)

スタン「マジかよ!」

ピンキーパイ「宿題なんかよりパーティー開こうよ!」

パイン「大丈夫!いやな宿題じゃないから!」

みんな「えっ?」

レッド「どんな宿題なんだ?」

パイン「それは……」

みんな「それは?」

パイン「大切な人に抱き付くこと!」

みんな「えぇ〜!?」

パイン「親友でも恋人でもいいから、思いっきり抱き付くの!」

アユミ「その宿題も悪くないね!」

カートマン「楽しそうな宿題だな!」

スタン「その宿題ならやれそうだぜ!」

レッド「オレは彼女たちに抱き付く!」

ピンキーパイ「私も誰かに抱き付こうかな!」

パイン「じゃあ、頑張って宿題を終わらせてね〜!」

みんな「は〜い!」

終わり

29:このは◆cE:2017/04/02(日) 16:47 ID:FCY

「なーしーのレストラン アユム登場」

朝のことだった。なーしーが店内の掃除をしていたら「ちりんちりん」と音が聞こえた。

なーしー「いらっしゃいませ〜」(眠そうにゆっくりとお辞儀をして)

アユム「気になったから来てみたけど、すごくいい所だな!」(周りを見渡して)

なーしー「ありがと〜、ここはぼくのお店なんだ〜」

アユム「そうなのか!?すごいな〜!(目がキラキラと輝き)
お腹空いたな〜……」(「ぐぅ〜」と腹の音が鳴り、腹に手を置いては、優しくさすり)

なーしー「そんな時はぼくに任せて〜」(メニューを見せて)

アユム「メニューじゃないか!」

なーしー「はい、好きなの選んでね〜」(ゆっくりとメニューをアユムに近づけて)

アユム「ありがとな!(手でメニューを受け取っては、メニューを開き、料理を選んでいて)
どれもうまそう!」(ヨダレが垂れて)

なーしー「みんなが喜んでくれたらぼくも嬉しいし、りょーりもおいしくなる。だから、いっぱい作る〜」

アユム「いいじゃん!じゃあ、僕は手作りハンバーグにするよ!」

なーしー「分かった〜。待っててね」(ウロウロと歩いてキッチンへ向かい、冷蔵庫から材料を取り出し)

35分後

なーしー「お待たせ〜、なーしー特性ハンバーグだよ〜」(片手で鉄板を持ち、アユムの席のテーブルに置き)

アユム「うまそう!(目を輝かせて)
いっただっきま〜す!」(手を合わせて大声で挨拶をしては、ハンバーグをひとくち食べて)

なーしー「どーかな?」

アユム「……!」(黙り込み、涙を一粒、流して)

なーしー「まずかった?」

アユム「ううん、逆だよ。おいしくて涙が出たんだ!うますぎだろ、このハンバーグ!」

なーしー「おいしいならよかった〜」(嬉しそうに優しく微笑み)

アユム「また来るからな!今度は友達も連れて来るよ!」

なーしー「ありがと〜。じゃあ、ぼくは寝る〜、おやすみ〜」(目をゆっくりと閉じて)

アユム「仕事中も寝るんだな!僕も寝ようっと!」(こちらも目を瞑り)

二人共、寝てしまいました。

終わり

30:このは◆cE:2017/04/09(日) 16:53 ID:m0.

ランリン小説

「大好きなお姉ちゃん」

ラン「リン〜!」(猛スピードで手を広げながら走ってきて)

リン「きゃっ!ちょっとラン!」

ラン「リン!抱き抱きして〜!!」(リンに抱き付こうと飛び付き)

リン「きゃあああ!!(ランの背中にそっと手を添えて、優しく抱きしめ)
いきなりどうしたの?」

ラン「リンだ〜い好き!リンは優しくて何もかも完璧で頼れるお姉ちゃんだよ。ず〜〜っと一緒だからね!」(明るい笑顔でリンに抱き付き)

リン「だから何回も言ってるじゃない。私より完璧な人はいるし、優しい人だっていっぱいいるわ。でも私もランのこと大好きよ!」(嬉しくてフフッと微笑み)

ラン「ありがとう!リン」

終わり

31:このは◆cE:2017/04/16(日) 10:18 ID:E16

「クラカリ 美しいバラ」

クラン「キレイなバラだ」(目を輝かせたまま、赤いバラを見つめて)

カリン「あっ、クランさん……」

クラン「カリンじゃないか。また会ったね」

カリン「は、はい!あの……クランさんはバラが好きなのですか?」(モジモジ)

クラン「うん、好きだよ。バラってキレイだよね」

カリン「はい。私も好きです……!」

クラン「特に赤いバラはいいよね。花言葉の情熱って言葉も好きだ」

カリン「はい……赤いバラも好きです」

クラン「僕たちも大人になったらバラみたいに美しくなれるのかな」

カリン「きっとなれますよ。私もみんなを守るために強くなりたいです……!」

クラン「なれるさ」

カリン「えっ……」

クラン「君ならなれるよ。僕は信じてる」

カリン「ありがとうございます……!」(ぺこりとお辞儀をして顔を上げては、嬉しそうににこっと柔らかな笑みを浮かべ)

終わり

32:このは◆cE:2017/04/18(火) 22:57 ID:kRk

「後藤VSふんわりカフェのみんな」

ふんわりカフェでシュガーたちは仕事をしている。

後藤「ここがふんわりカフェか」(中へ入って来ては、怪しい笑みを浮かべながら周りを見渡して)

みるく「いらっしゃいませ〜、何名様でしょうか?」(優しい笑みを浮かべながら出てきて)

後藤「一人だ。ここのスイーツ、うまいって評判だからオレが全部食ってやる」

みるく「すみません、全部は困ります」

後藤「スイーツを出さなかったら、ここの店を潰すからな?」

みるく「そんな!潰すだなんて……!」

シュガー「みるく、どうしたの?(慌てて出てきては、後藤をジロっと見て)
って、あなたはみんなに迷惑をかけているって噂の後藤!」

後藤「迷惑かけてねぇーし!だいいち、オレが全部悪いってわけじゃないし!」

シュガー「まあまあ、落ち着いて。チーズケーキでも食べない?」

後藤「ああ、チーズケーキは食うとしてなんでオレが悪いってことになってんだよ!」

シュガー「そんなに怒っちゃダメだよ。チーズケーキお願いしま〜〜す!!」(大声で微笑みながら頼み)

キッチンにて

しゅり「仕方ないわね……」(材料を取り出してチーズケーキを作り始め)

ユキ「とびきりのチーズケーキを作ってあげないとね」

ソフト「私たちの魔法を見せてあげましょ〜う」

バニラ「どんなケーキになるのかな?楽しみだな!バニらんらん!」

30分後

後藤「オレは悪くねぇーからな!」

しゅり「うるっさいわね。分かっているわよ」(チーズケーキを片手で持ったまま、歩いて後藤に近づき)

後藤「やっと来たか!遅すぎだぞ」

しゅり「ほら、食べてみなさい」(チーズケーキを渡そうと後藤に近づけて)

後藤「うまそう!(チーズケーキを受け取っては、ひとくち食べて)
うまいうまい!」(嬉しそうに微笑みながら食べ続けて)

シュガー「よかったよかった」

後藤「うま……」(『うまい』と言おうとしたら、いきなり舌がビリビリと痺れて)

シュガー「どうしたの?」

後藤「し……し……」(舌が痺れているので上手く喋れなく)

シュガー「し?」

後藤「くっ……」(口を押さえながら走ってふんわりカフェを出て行き)

シュガー「作戦大成功!!ありがとう、みんな!」

しゅり「めんどくさかったけど、なかなか楽しかったわ」

アーロン「できでば来てほしくない……」

しゅり「私もよ」

終わり

33:このは◆cE:2017/04/21(金) 20:38 ID:hk6

「後藤VSアユム&さやか」

朝のムーンライトシティにて

後藤「ここで暴れまくってみんなを困らせてやる!」(怪しい笑みを浮かべながら周りを見渡して)

さやか「えっ……そんなことしないでください!困ります!」(落ち着きがなくなってきて、少しソワソワし始めて)

後藤「口を出すな!このムーンライトシティはオレが潰してやる!何もかもな!」

さやか「あ、あなたは悪いことばかりしている後藤さんですよね?噂で聞いたんですよ。どうしよう!怖いよ〜!」(泣きそうな表情で体が震え)

後藤「だから何だよ、その噂は!怖がるな!」

さやか「怖いよ〜!」(震えが止まらず、泣き出しそうなり)

アユム「さやかに手を出すな!」(走ってきては、さやかの前に立ち)

後藤「ん?誰だ?」

さやか「アユムくん!」(ウルウルと涙目でアユムを見つめて)

アユム「僕のさやかに何をした!」

後藤「何もしてないさ。ただ、こいつが泣いただけで……」

アユム「僕の友達に手を出すやつは許さないぞ!」

後藤「だからオレは何もしてねぇーよ!」

アユム「とぼけるな!アユム・バースト!!」(手から赤い玉を作っては、玉から光線を放ち)

後藤「うわああああ!!!」(光線に当たっては、吹き飛び)

アユム「やった!」

さやか「アユムくん、助かったわ。ありがとう」(嬉しそうににこっと微笑み)

アユム「友達のためなら当然さ!悪いやつは僕の魔法でこらしめてやるからな!」

さやか「本当にありがとう」(にこにこ)

終わり

34:このは◆cE:2017/04/27(木) 20:23 ID:y.M

「りのしゅり スイーツのアイディア」(※日本語おかしい所もあります)

ここは、ふんわりカフェの休憩室。
しゅりは一人でスイーツの絵を描きながら頭を抱え、考え込んでいた。

しゅり「どうしよう……スイーツのアイディアがなかなか思い浮かばない。困ったわ」

スイーツのアイディアが思い浮かばず、困っているしゅり。

しゅり「このままじゃ、みんなに迷惑をかけてしまうわ。特にお姉様には迷惑をかけたくない」

しゅりは絵を見ながらしゅんとした表情で考え込む。

???「大丈夫」

後ろから優しい声が聞こえた。

しゅり「この声は……」

後ろを振り向くしゅり。

しゅり「お姉様!」

後ろにはしゅりの姉、りのんがいたのだ。

しゅり「なんでお姉様がここに?」

りのん「あなたが心配なのよ。スイーツのアイディアが思い浮かばないんでしょ?」

しゅり「そう……このままじゃ、みんなに迷惑をかけてしまうわ」

みんなの前では素直になれないしゅりだが、本当はみんなのことを考えている仲間思いの娘なのだ。
涙を一粒流すしゅり。

りのん「大丈夫よ。落ち着いてゆっくり考えるの。まだ時間はあるわ」

りのんは「まだ時間はある」と優しく声をかける。

しゅり「お姉様……!」

りのんの言葉を聞き、ウルウルと涙を浮かべるしゅり。

しゅり「その通りね。時間はまだある。落ち着いて考えればいいのよね」

りのん「そうよ」

しゅりは涙目でりのんに抱き付く。

りのん「あははっ、しゅりったら」

りのんは優しくしゅりの頭を撫でる。

しゅり「大好きよ、お姉様」

りのん「私も大好きよ」

終わり

35:このは◆cE:2017/05/03(水) 10:18 ID:4Oo

「ムーンライトシティ まくら投げ」

月が輝く夜、ホテルの部屋にアユムたちがパジャマ姿で入ってくる。

ジェーム「今日はいろいろ大変だった……」(はぁ〜、とため息をつき)

シャーム「ゲーム最高!」(ベッドに座っては、カセットを手に持ち、カチカチとゲームで遊んでいて)

ジェーム「ゲームするな!ここは家じゃないんだから!」

シャーム「ゲームくらい、いいでしょ?」

ジェーム「よくない!」

アユム「そんなこと言うなよ〜!ゲームくらいさせてあげようよ!」

ジェーム「言うよ!ゲームするために修学旅行に来たわけじゃないんだから」

アユム「でも楽しいんだから別にいいだろ?」

ジェーム「よくないよ!」

アユム「そんなケチなこと言うやつは……(まくらを1つ持ち)
僕のまくら攻撃を喰らえ〜!」(明るい笑顔でまくらを思いっきり、ジェームに投げて)

ジェーム「わあっ!(顔にまくらが当たり)
ちょっ、何すんだよ!」(怒りながらこちらもまくらを1つ持ち、アユムに投げ)

アユム「よっ!(避けて)」

ラン「きゃっ!」(顔に思いっきり当たり)

ジェーム「ああ、ごめん」(ぺこりと頭を下げて)

ラン「やったな〜!とうっ!」(笑顔で勢いよく、まくらを投げて)

アクル「うっ!(まくらが顔にバシッと当たり)
何をする!」(真顔でまくらを投げて)

さやか「きゃっ!」

アユム「さやか!大丈夫?」

さやか「大丈夫よ」(柔らかな笑みを浮かべ)

アユム「それならよかった!
こうなれば、僕の『必殺!スペシャルまくらハリケーン』を喰らえ!」(まくらをたくさん投げて)

ジェーム「何だよ、それは!変な技作るな!」(逃げようと思いっきり走り)

リン「あまり騒がないの」(落ち着いてお茶を飲んでいて)

ラン「リン!危ない!」

リン「えっ?」(まくらが2つ、顔にバシッバシッと当たり)

ラン「リン!大丈夫?」

リン「もう!いい加減にしなさ〜い!!」(まくらを2つ、ポイッと投げて)

みんな「アッハッハッハッ!!」

先生「うるさい!早く寝ろ!」(ドアをバシッと開けては、大声で呼びかけて)

アユムたち「ごめんなさい!!」

終わり

36:このは◆cE:2017/05/03(水) 19:27 ID:4Oo

「アユロネ ずっと友達」

学校の廊下でロネが本を読みながら一人で静かに歩いている。

アユム「ロ〜ネ!」(明るい笑みを浮かべながら思いっきり、ロネに抱き付き)

ロネ「わあっ!(倒れて、本が床に落ち)
ア、アユム……」

アユム「ごめん!ついぶつかっちゃった!(グーの手で自分の頭をこつんと叩き)
何してるんだ?」(首をこてんと傾け)

ロネ「本を読んでた……」(本を持って立ち)

アユム「そうなんだ!これからサッカーしないか?」

ロネ「サッカー?それ面白いの?」

アユム「お前、やったことないのか?」

ロネ「うん。サッカーっていう言葉自体知らないから……」

アユム「そうか。じゃあ、僕が教えてやるよ!」

ロネ「よろしく……」

アユム「ジェームも入れるぞ!」

ロネ「うん」

運動場にて

アユム「さあ、サッカーを始めよう!」(サッカーボールを手に持っていて)

ロネ「僕にできるのかな?」

アユム「きっとできるさ!じゃあ、まずは僕からいくぞ〜!えいっ!」(サッカーボールでトントンとドリブルをしては、思いっきり投げて)

ジェーム「ちょっ、それはサッカーじゃなくてバスケ!」

アユム「別にいいだろ?」

ジェーム「よくないよ!サッカーをするんだろ?」

アユム「そんな固いこと言うなよ〜!ロネ、分かったか?」

ロネ「分からないけど分かった」

ジェーム「どっちだよ!後、サッカーじゃないし!」

終わり

37:このは◆cE:2017/05/05(金) 15:04 ID:44I

「ジェムロネ ビールは禁止」

外にて

ロネ「……何?これ」(ビールのチラシがあったので首を傾けながら、じーっと見つめて)

ジェーム「これはビール」

ロネ「ビールっていうんだ。おいしそう……」

ジェーム「君はまだ子供だから飲めないよ」

ロネ「そうなの?」

ジェーム「ああ!」

ロネ「でも飲んでみたい……」

ジェーム「じゃあ、大人になって飲んでみたらどうだ?」

ロネ「分かった。大人になって飲む」

38:このは◆cE:2017/05/13(土) 22:39 ID:/1g

「迷子のいちご」

私→いちご
同じクラスのAちゃん→モモ
Bちゃん→ぶどう

USJであったことだよ!

いちごはおみやげを買い終わり、お店を出る。雨が降っていた。

いちご「よし、いっぱい買ったぞ!(たたんでいる傘を広げると顔を上げて)
あれ?みんながいない!」(周りをキョロキョロと見渡して)

どうやら、迷子になったらしい。

いちご「みんな〜!どこにいるの〜?(周りを見渡しながら走り)
どうしよう……みんな、いなくなっちゃった」(立ち止まっては、泣きそうになり)

モモ「あっ、見つけた!よかった〜!」(みんなで傘を差し、歩きながら安心した表情でいちごに近づき)

いちご「みんな!どこ行ったのかと思ったよ!」(はぁ〜、と息を吐き、心が落ち着き)

ぶどう「全く、心配かけるんじゃありませんわよ」

モモ「いちごが無事でよかった〜!」

いちご「私もよかったよ!安心した〜!」

見つけきったいちごたちは安心して広場に戻る。

終わり

39:このは◆cE:2017/05/13(土) 23:33 ID:TAg

「アルスとアルストロ」

アルストロ「こんな世界は僕が変えてやる」

アルス「ダメだよ!」(思いっきり声を出し、止めようと話しかけて)

アルストロ「なぜ止める。こんな裏切り者だらけの世界は変えるべきだろう」

アルス「それは違う!この世界は裏切り者だらけの世界じゃない!いい人はたくさんいるよ!」

アルストロ「自分で自分に逆らうとは生意気な!僕は裏切られたんだぞ?自分自身のお前なら分かってくれると思ったのに!」

アルス「確かに裏切られた時は悲しかったし、寂しかった。君の気持ち、分かるよ」

アルストロ「なら、こんな世界は変えようよ!」

アルス「でも、希望の光が僕を助けてくれた。だから僕は一人じゃないって思うようになったんだ」

アルストロ「希望?そんなのくだらない。そんなもの、僕にはいらない!」

アルス「君にも分かるはず」(ゆっくりと歩き出しては、アルストロの前に近づき)

アルストロ「な、何をする気だ!」

アルス「……」(アルストロに近づいては、手を広げて思いっきり抱きしめ)

アルストロ「……!」(目を丸めながらアルスを見つめて)

アルス「もう一度……もう一度、希望を信じてみようよ。君にも幸せが訪れるはずだよ」

アルストロ「でも……」

アルス「辛い過去なんか捨てようよ。みんながついてる」

アルストロ「そうだな。僕が間違っていた。みんながついてる!」(胸を優しく触り、悲しそうな表情が笑顔に変わり)

アルス「よし、笑顔になったね!」

アルストロ「希望って笑顔って素晴らしいね」

アルス「うん」

終わり

40:このは◆cE:2017/05/15(月) 23:15 ID:FDw

「アユロネ 甘いもの大好き」

ふんわりカフェにて

みるく「いらっしゃいませ、何名様でしょうか?」(柔らかな笑みを浮かべ)

アユム「2人だよ!」(指を2本出して)

みるく「2名様ですね。ご案内いたします(歩き出しては、席を見つけて)
こちらのお席でございます」(優しい笑みを浮かべながらメニューをそっと2つ渡して)

アユム「ありがとな!」(メニューを受け取っては、開き)

2人は席に座る。

アユム「ロネ、何を食べる?」

ロネ「これ……」(メニューのチョコレートパフェを差し)

アユム「チョコレートパフェがいいのか?」

ロネ「うん……食べてみたい」

アユム「分かった!じゃあ、僕はプリンアラモードにする!」

ロネ「プリン……アラモード?それおいしいの……?」

アユム「多分、おいしいと思うぞ!」(明るい笑顔で自分の手の隣にあるボタンを押して)

シュガー「は〜い!ご注文をどうぞ」(笑顔で出てきて)

アユム「プリンアラモードとチョコレートパフェが食べたい!」

シュガー「分かりました!プリンアラモードとチョコレートパフェですね。少々、お待ちください」(スイーツを確認しながら歩いてキッチンへ向かい)

ロネ「ここどこ?」

アユム「カフェだよ!」

ロネ「カフェ……?それ、食べれるの?」

アユム「食べれないよ!」

ロネ「そうなんだ」

25分後

みるく「お待たせいたしました〜。チョコレートパフェとプリンアラモードです」(チョコレートパフェとプリンアラモードをテーブルにそっと置き)

ロネ「これがパフェ……」(目を輝かせては、パフェを見つめて)

アユム「ありがとな!食べようか」

ロネ「うん」

アユム、ロネ「いただきます!」(頼んだスイーツをスプーンですくってひとくち食べ)

アユム「うまうま〜!(幸せそうに満点の笑みで食べ続けて)
どうだ?ロネ」

ロネ「おいしい……」

アユム「だよな〜!また来ような!」

ロネ「うん……!」

終わり

41:このは◆cE:2017/05/16(火) 22:22 ID:uh2

「カリンとリーミの休日」

2人は桜が咲いている公園を歩いている。

カリン「ねえ……リーミ」(モジモジ)

リーミ「何?カリン」

カリン「あの時、もしもリーミが助けてくれなかったら私は自信をなくしていたかも……でもね、リーミのおかげで私は立ち直ることができたよ……!」

リーミ「当然だよ!カリンは強いもん。僕だって許せなかったしね」

カリン「ありがとう、リーミ。大好きだよ……!」(満点の笑みを浮かべ)

リーミ「僕もカリン好きだよ!」

カリン「私もリーミたちを守る……!」

リーミ「僕もカリンたちを守るよ!僕は最強で無敵なんだから!」

カリン「うん……!」

終わり

42:このは◆cE:2017/05/28(日) 21:34 ID:V3c

あみここ小説

「暖かい姉妹」

あみさ「あっはは!いたずら最高!!」(いろんないたずらをしていて)

ここな「あみ姉、やめてよ!」

あみさ「ここなもやろうよ〜」

ここな「やらないよ!アストニッシュ!!(魔法ですべてを元に戻して)
もう……いつもいつも私を振り回してさ……いい加減にしてよね!みんなにも迷惑かけてるんだよ!今日はいつもより酷いじゃん!」

あみさ「ここな……」(ここなに近づき)

ここな「あみ姉に付き合ってると疲れちゃう……」

あみさ「今日は確かにやりすぎたかもね。ごめんね、ここな」

43:このは◆cE:2017/05/30(火) 22:14 ID:tMo

「アイスとココネの出会い」

レインボータウンの広場にて

アイス「はっ」(手で雪だるまを作り)

ココネ「今、手で雪だるまを作らなかったか?」(雪だるまを見て疑問に思いながら歩いて近づき)

アイス「ええ、手で作ったわよ」

ココネ「へぇ〜、すごい手だな」

アイス「そうかしら?これは普通よ。あなたもできないの?」

ココネ「できるわけないだろ!」

アイス「そう……できないってことは普通の人間なのね……」

ココネ「そうだ。その力は生まれつき持ってるのか?」

アイス「そうよ。小さい頃からずっと使っていたわ」

ココネ「すごいな」

アイス「当たり前よ」

ココネ「あっ、自己紹介忘れてた。私はココネ」

アイス「アイス……」

ココネ「アイスか。よろしく頼む」

アイス「よろしく……」

44:このは◆cE:2017/06/11(日) 12:11 ID:giU

「ドリーミーマジック 似た者コンビ」

メアリー、ラン「ねえねえ!一緒に遊ぼうよ!」(走って来ては、シャルルとリンに近づき)

シャルル、リン「きゃっ」

シャルル「今は遊べないの」(読んでいる本を閉じて)

リン「私も無理」

メアリー「え〜?そんなこと言わないで遊ぼうよ〜!」

ラン「そうだよ!遊ぼう遊ぼう!!」

シャルル、リン「だから遊べないって言ってるじゃない」

メアリー「も〜う!一緒に遊んでくれたっていいじゃん!」

ラン「そうだよね!私だってリンと遊びたいのに!」

シャルル「うるさいわね。遊べないって言ったら遊べないの」

リン「そうよ。無理って時は無理」

メアリー、ラン「ケチ〜!」

シャルル、リン「ケチじゃないわよ!」

メアリー「シャルルとリンって似てるよね〜!」

ラン「似てる似てる!もしかしてデートとかするんじゃない?www」

シャルル、リン「しないわよ!」

メアリー「本当、息ぴったりだ!デートしたら?www」

シャルル「女同士だし、できるわけないでしょ」

リン「そうよ。それにシャルルさんには恋人がいるし」

シャルル「メアリーが悪いわね」

リン「こちらこそ、ランがごめんなさい」

シャルル「迷惑かけるかもしれないけどよろしく頼むわ」

リン「こちらこそ、よろしくお願いします」

メアリー、ラン「デート!デート!」(楽しそうにリズムに乗って手拍子をして)

シャルル、リン「だからしないわよ!それに変なコール作らないで!」

終わり

45:このは◆cE:2017/06/11(日) 21:18 ID:Yus

「アイスVS後藤」

レインボータウンにて

後藤「この世界はオレのものだ」(怪しい笑みを浮かべながら白い花に触り)

アイス「何に触ってるの?」(後ろから声をかけて)

後藤「白い花だ。お前もここのやつか?なら倒してやる」

アイス「できるかしら……」(手のひらを前に出し)

後藤「ああ!お前のようなやつは簡単に倒せる」

アイス「そう言ってられるのも今のうちよ……」

後藤「何もできないやつがいばってんじゃねぇーよ……って、何だこれは!」(下を向くと足が凍っていて)

アイス「さあ、凍る時間よ……フローズン!」

後藤「うわあああ!!!」(下半身から凍っていき)

アイス「あなたは凍ればいいのよ……」

終わり

46:このは◆cE:2017/06/18(日) 11:11 ID:/7s

「アニマルワールドの世界へ」

朝、フレッシュワールドは青空が広がっていた。
いちごとばななとモモはいつものようにモモの家のベッドで寝ている。

???「いちご!起きて!」(いちごの体を揺らし)

いちご「う〜ん……モモ?」(目を少し開けて)

???「違うよ!気付いてくれないの?」

いちご「あっ、ぴんくちゃんだ〜(目の前にいるぴんくを見つめながらまた目を閉じ)
えっ!ちょっと待って!」(目をぱっちりと開けては、ぴんくを見つめて)

ぴんく「やっと気付いたみたいだね」

いちご「ぴんくちゃん!?」(びっくりしてベッドから飛び出て)

ぴんく「そう、ぴんくだよ。いちごったら気付くのが遅いんだから」

いちご「ぴんくちゃん!喋れるの?」

ぴんく「うん!喋れるよ」

いちご「魔法で動いたの?」

ぴんく「ううん、自分で動いたんだよ」

いちご「自分で動けたんだ!」

ぴんく「うん。ある街の住人だからね」

いちご「ある街ってフレッシュワールド?」

ぴんく「違うよ。フレッシュワールドとまた別の街なんだ」

いちご「別の街!?」

ぴんく「そう、アニマルワールドっていうの」

いちご「アニマルワールド?」

ぴんく「そうそう!ぴんくはいちごと出会う前はアニマルワールドに住んでたんだ」

いちご「そうだったの!?まさかぴんくちゃんが別の世界の住人だったなんて!」

ぴんく「そんなに驚くことないよ」

いちご「アニマルワールドっていいね。私も行ってみたいな!」

ぴんく「いいよ?連れて行こうか?」

いちご「いいの?」

ぴんく「もちろん大歓迎だよ!」

いちご「わ〜い!嬉し〜い!!(とびきりの笑顔で元気よく飛び跳ねて)
じゃあ、連れて行ってくれるかな?」

ぴんく「いいよ〜!一緒に行こう!」

いちご「うん!」

終わり

47:このは◆cE:2017/06/20(火) 23:07 ID:gAY

「アーシュとルカス」

アニマルワールドのぽかぽか森にて

ルカス「ここがぽかぽか森か……!」(不安げな顔で周りをキョロキョロと見渡し)

アーシュ「やっぱり、私は美しいわ」(笑顔で小さい鏡を手に持って、じっと見つめ)

ルカス「あの……ここは君だけ?」(後ろから困ったような表情でそっと声をかけ)

アーシュ「何かしら?」(後ろを振り向き)

ルカス「はあっ……!」(頬が真っ赤に染まり、目を輝かせて相手を見つめ)

アーシュ「あなたは?」(首をこてんと傾け)

ルカス「ル、ル、ルカスです!」

アーシュ「ルカス、いい名前じゃない。このアーシュ様の美しさを見に来たの?」

ルカス「は、はい!あなたはアーシュ様というのですね!」

アーシュ「そうよ。私は美しきアーシュ様よ」

ルカス「アーシュ様、ステキな名前ですね。 かっこいいです!」

アーシュ「当然よ。このアーシュ様に不可能はないわ」

ルカス「そ、そうですよね。さすがアーシュ様です!」

アーシュ「フフッ、あなたもなかなか可愛いじゃない」

ルカス「か、可愛い!?嬉しい限りでございます!」(頭を下げてお辞儀をしては、顔を上げてにこっと微笑み)

アーシュ「今日は一緒に帰りましょう」

ルカス「はい!」

終わり

48:このは◆cE:2017/06/21(水) 18:42 ID:.Q2

「アニマルワールド 可愛いルカス」

アニマルワールドの広場でルカスがにこにこと微笑みながら1人で歩いている。

ルカス「アーシュ様、ステキだったな〜」

ぴんく「あっ、ルカスだ!」(ルカスを見つけては、元気よく手を振り明るい笑顔で走って来て)

ルカス「なんだ、ぴんくか。どうしたんだ?」

ぴんく「いや、ルカスがいたから声をかけただけ!」

ルカス「そうなんだ。まあ、オレは可愛くてみんなに人気があるもんね〜!」(嬉しそうにぴょんぴょんと飛び跳ねて)

ぴんく「確かにルカスって可愛いよね〜!」

ルカス「当たり前だよ!オレは可愛いんだい!」(へっへ〜んと腰に手をあて)

ぴんく「さすが!ところで、ルカスは好きな人とかいるの?」

ルカス「す、好きな人!?まあ、いるけど」

ぴんく「いるの!?だれだれ?」(目をキラキラと輝かせては、前に出て)

ルカス「そ、そんなに気になるの?仕方ないな〜!オレが好きな人はね……」(ぴんくの顔をじーっと見つめて)

ぴんく「好きな人は……?」(目を輝かせながらルカスをじーっと見つめ)

ルカス「オレの好きな人は……」(ぴんくを見つめながら頬を真っ赤に染めて)

ぴんく「そんなに見つめないでよ!ま、まさかぴんく!?」

ルカス「はあ?そんなわけないじゃん!今から言おうとしたのに!」(ぷんぷん)

ぴんく「だって、ぴんくを見つめていたんだもん。ぴんくが好きってことでしょ?」

ルカス「全然違う!君が教えてっていうから心の準備をして教えようと思ったんだぞ!」

ぴんく「ごめんなさい!(ぺこりと頭を下げ、お辞儀をして)
でもルカス可愛かったよ!」

ルカス「まあね!オレは可愛いんだから当然!」

ぴんく「あははっ、また話そうね」

終わり


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS