私とその仲間達が色んな作品的なものをぽいっと書いてくスレ!!【やりたい放題】

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 01:30 ID:HNM

えーと、此処は私や友達が名探偵コナンだとかKZ事件ノートとかを好き放題しちゃった作品をぽいっと書いてくスレになります。

えっと、出来たら感想、コメント下さると嬉しいです。感動しちゃいます。はい。
他の人の小説投稿はごめんなさい。語彙力がNothingですが、遠慮なくびしばしと指摘してください。

2:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 01:40 ID:HNM

じゃあまずは私から行くよ!名探偵コナンでトリップLet's go!!

1.学校の遅刻とトリップの関係性

「彗ちゃ〜ん、行ってくるよ!なるべく早く学校行くんだよ〜」

「はーい。いってらっしゃい!」…ガチャン

はぁ〜どうにか先に行かせられた。さてと、ちょっと溜まった仕事を整理しちゃおうかな。のんびりテレビでも見ながらね。

     10分後…

3:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 16:19 ID:HNM

1.学校の遅刻とトリップの関係性

うーん、なかなか進まないな…やり方を変えてみるか…

ブーブーブ、ブーブーブ

あっ、電話だ。誰から何だろう?【着信名:学校】…げっ、学校からじゃん。どうせ、担任だろうなぁ。出たくないけど出ないとめんどくさい事になるし。仕方ない、出るか。

「はい。」

「あ、もしもし。乾さん?担任の三宅だけど。」

「あ、乾です。おはようございます。」

「うん。あのさ、今日は学校来れそう?お母さんからも連絡無いし心配なんだけど。」

嫌だなぁ学校。どうせ今日は行かなくてもそんな支障が出る訳でもないし、休むか。

「すいません。今日はちょっと体調が悪いのと、熱が出たので学校はお休みします。」

「そっかそっか。じゃあ今日はお休みでということでいいですか?」

「あ、はい。お願いします。」

「うん。はい。早く元気になってね。じゃあさようなら」

「はい。わかりました。」

プツッ…

あ゙ぁ〜これで今日は自由に動けるぅ〜やった〜

4:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 16:48 ID:HNM

…とここで登場人物の紹介を。

名前/乾 彗(いぬい すい)

性別/女

年齢/12歳

容姿/黒髪の胸までの髪に同じく黒目の大きなアーモンド型の瞳。鼻は低くて丸めだけどスッと綺麗な形。青みがかった薄桃色の唇は端が分からない位でちょっと上にくるんって上がっていて。肌は青白い。服装は、上は長袖の衿シャツかタートルネックの長袖シャツ。下には黒か緑のガウチョパンツ、同じく黒か緑の細身のズボン、ワインレッドのオーバーオール。モスグリーンのジャンパーを着ている。前髪は流したりピンで止めてたり。

性格/かなり達観した考えを持っている。滅多にキレないけどキレたら怖い。基本的に、信用っていうか自分が決めた人以外には丁寧な柔らかい物腰で話すけど、決めた人には普通にちょっと意地悪だったり色々な面を見せる。

備考/一人称「私」。二人称「場合による」。三人称「場合による」。勉強はしなくてもテストで良い点取れるし。普通に100点とか取れるし。でも、運動はさっぱり。でも、武術だけは優れてる。ある組織に入っており、潜入捜査も日常茶飯事。両親は好きじゃない。口癖は「めんどい」、「あ゙?」。コナン大好きネット大好き。お料理得意。算数苦手。空気を操る能力を持っており、大体のことはこの能力を使えばなんとかなる。でも、そのかわり使う度に少量だが血を吐いたり、具合が悪くなる。だから、滅多に使わない。

5:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 17:26 ID:HNM

夕音 昴(ゆうね すばる)

男。12歳。背が高い。赤っぽいオレンジ色の髪に夕焼け色の瞳。お肌白い。気配りが出来てお兄さんっぽい。優しいから昴の学校では王子様。怒らせると怖い。合気道得意。

柏木 彼方(かしわぎ かなた)

男。12歳。背は普通。鮮やかな青色の髪に同じく青色の瞳。お肌は普通に肌色。からかうこと大好き。子供っぽい性格だけど、男らしい。空手得意。

日暮 光(ひぐれ ひかり)

男。12歳。背は普通。茶髪の髪に黒目。お肌小麦色。おませちゃん。からかうの大好き。女の子みたいなことも言う。でも、よくぼそっと文句言ってる。語尾に「〜ですよ!」が付く。合気道得意。

美空 流星(みそら りゅうせい)

男。12歳。背は高め。青みがかった黒髪に同じく青みがかった黒目。お肌は白め。大人っぽい。ワイルド。相手の反応を楽しむタイプ。優しい。独自の武術を身につけている。

鳴海 刃(なるみ やい)

女。12歳。背は高め。茶髪のショートに同じく茶色の瞳。お肌は小麦色。スポーツ大好き。足が速い。さっぱりしてる。男みたいな言い方もする。喧嘩っ早い。空手得意。

リュア-・デ・ヴィンヤード

女。12歳。背は低め。ホワイトゴールドの肩までの髪に黒に近いミッドナイトブルーの瞳。お肌は白め。無邪気。にっこり笑顔がとっても可愛い。優しい。ちょっと天然。コンピュータ系得意。サイバーとか。合気道得意。

6:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 17:31 ID:HNM

…とこれが大体よく出てくるオリキャラです。名探偵コナン側は主に赤井秀一とか安室透

7:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 22:30 ID:HNM

1.学校の遅刻とトリップの関係性

さてと、まずはいつものとこにでも行ってみようかな。家に居るのも暖かくて良いんだけど。

…ガチャン

よし、行くか。ってあれ?雨ふってる?

降ってないか、ってえ?

気がつくと、見知らぬ場所にいた。別に何かが光ったとかそんなのは全然無いのだ。一瞬。その言葉がぴったりだ。瞬きをして目を開けた。その僅かな時間で景色が変わっていたのだ。見知らぬ場所に見知らぬ人達。…いや、待って。この顔立ち、どこかで見たことがあった。しかも、私の一番近くにいる二人に見覚えがあった。いや、よく知っている人物達が突然現れた私を警戒した目で見ている。…いや、でも、まさか。とは思いながらもその二人の名前を思わず口にしてしまう。

「え?赤井さんと、安室さん!?」

8:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 22:43 ID:HNM

1.学校の遅刻とトリップの関係性

私が名前を口にした二人、もとい赤井秀一と安室透がそれぞれ瞳に浮かべていた警戒の色を強くした。いや、まぁ、そうだろうけど。いきなり見覚えの無い私に自分の名前を口にされたのだから。でも、私は会えないと考えていた筈の人達に会えて興奮せずにはいられなかった。

「あの、間違ってたらすみません。貴方達ってFBIの赤井秀一さんと公安の安室透さんですか?」

「そうだが、お前は誰だ?(腕組)」 「君って此処の関係者かな?此処は今立入禁止だよ。(にこっ)」

うわ、やっぱり。ってことはやっぱりここって名探偵コナンの世界だよね!信じられない!

9:ルーリ◆Fw:2017/12/16(土) 23:39 ID:HNM

1.学校の遅刻とトリップの関係性

まぁ、信じられないって言っても実際居るんだから信じるしかないんだけど。

「お前は誰だと言っている。(いあつかん〜)」

あ、自分の世界に入ってた。赤井さんに最初から嫌な印象与えたくないし、自己紹介と行きますか。まぁ、本名は出さないけど。

「えっと、私は稲村 美里(いなむら みさと)。12歳の小6です。」

あ、どうしよう。何言ったら良いかわかんないや。あれ?公安の方々が近寄って来ているのは気のせい?

10:ルーリ◆Fw:2017/12/17(日) 00:07 ID:HNM

1.学校の遅刻とトリップの関係性

あ、よく見たら近寄って来ているのは公安の方々だけじゃなくてFBIの人もだ。やっぱり未成年とはいえ、警戒されてんのね。私。まぁでもそっちがそうするならこっちもね。

「あのー周りの皆さん、私のことを取り押さえるつもりだったらやめた方が良いですよー。貴方達に捕まえられるとは思えないので。」

その言葉で明らかに周りがざわついた。だろうね。公安もFBIも優秀な人ばっかりだからそんな人達に喧嘩売るなんて何考えてんだって話だよね。でも、貴方達には分からないかもだけど、貴方達が私に喧嘩を売ったんだよ。

「なんなら、試してみます?こっちは何人でも良いですけど。」

「なんだと?」 「こいつ…」

あっ、飛び掛かって来るよ。凄いねー。

「「待て」」

ん?赤井さんと安室さん?どうしたんですか?二人揃って

「そのお相手、僕達二人で受けさせて貰いましょう」

…感動です。なんか私的にはお二人とやりあってみたいなと思っていたので是非お願いします。あ、周りがこんな奴に構ってなくて良いですよ。とか言ってる。ひどっ。

「わかりました。そちらからどうぞ。」

あっ、来たよ。

11:ルーリ◆Fw:2017/12/17(日) 17:34 ID:HNM

1.学校の遅刻とトリップの関係性

よーし、私の実力見せてやろうじゃない?程々にね。構えて、交わせ!

…ってあれ?また、どっかに移動した?あ、でもよく見れば此処、さっきまで私がいたマンションじゃん。良かった。戻れたのか。

「ヤァー」 「うぉぉぉぉぉ!」

え?待って。何で二人が此処に?戻った筈じゃなかったの?とにかく、今は説明しないと!こんな狭いとこでやり合ったら危ない!

「二人とも!STOP!!止まって下さい!!周りをよく見てください!」

「「え?」」

あぁ、良かった。止まってくれたよ。なんか初対面の人にこんなに!マーク使ったの久しぶりだな。

「おい君。此処は何処なんだい?」

安室さん、説明します。

「えっと、此処は私の家の真ん前です。住所は東京都の〜です。」

「そうか。君は何故こうなったのか分かるかい?」

「いえ、私がさっき貴方達の前に現れたのもなんでだか全く分かりません。それとですね、今私達が居る場所は貴方達がいた世界では無いんです。つまり、此処は別世界です。」

「まいったな。別世界で原因も分からないとなると動けんな。」

そうですよね。どうしたら良いかな…あ、そうだ。

「あのぉー、行く当てが無いんだったら私と一緒に来ていただきたいんですけど。」

「どこに行くつもりだ?」

「別に変な所に行く訳じゃないですよ。多分、貴方達なら理解できると思います。」

まぁ、とりあえず、行ってみるしか無いでしょ。行こうよ。私は歩き始めた。二人はついていくかどうか話してたけど、行くことにしたみたいだね。



「着きましたよ!此処は私の所属しているHappiness・Lifeです。貴方達で言うところの公安とかFBIみたいなとこです。」

「君はその歳で所属しているのか?学校はどうしているんだい?」

うん。まぁ、普通はそう思うよね。でも、大丈夫なのです。

「はい。此処は年齢関係なく認められれば誰でも入れます。学校は休んでもここで勉強出来るので大丈夫です。」

ふふん、どうよこの組織。子供でもノープロブレムなんだから!

12:ルーリ◆Fw:2017/12/17(日) 17:45 ID:HNM

…とここでもう一人自己紹介

鐘垣 宇宙(かねがき そら)

男。12歳。背は高め。殆ど黒の青い髪に翠色の瞳。お肌真っ白。大人。冷静。不器用だけど思いやりがある。他の人とはどこか違う。孤独感漂うときがある。独自の武術を身につけている。彗と同じく空気を操る能力がある。代償は特に無し。

13:ルーリ◆Fw:2017/12/18(月) 17:44 ID:HNM

もうなんか自己満。なので批判されようが仕方が無いことを書いてる自覚ありww

1.学校の遅刻とトリップの関係性

安「そうか。」

赤「だが何をしているんだ?子供に出来る事なんてごくわずかだろう?」

ふん。違うもん。

「確かに、取り引き等は大人が行うことが殆どですが、私達も訓練を受けているので狙撃等はなんなくこなせるんですよ。それに、サイバー等のコンピューター関係の仕事も担当しますし。指示を出すのだって子供がやる時もあるんです。身体能力もそこらの成人男性よりもずっと上なんです。」

赤「なるほど。大人と変わりなく動けるということか。」

そういうことです。だから、子供だからって見くびるといたい目にあうってこと。

「まぁ、とりあえず中に入って下さい。私の入ってるチームの仲間を紹介したいですし。」

…コンコン

「入るよ〜」

「「待ってたよ〜」」「遅いぞ」「まぁまぁ。そう怒んないの。」「久しぶり!」「リュア-昨日も会ったじゃん。」「そうですよ。まったく、リュア-は天然さんですね。」

…うん。いつもと同じくうるさいね。うん。

「みんな、遅くなってごめんね。あ、それとね、紹介したい人達が居るんだけど。あ、二人とも入って下さい!」

14:ルーリ◆Fw:2017/12/19(火) 08:41 ID:HNM

2.過ぎ足るは及ばざるが御とし

安「こんにちは」

あっ、やばい。偽名使ってんの忘れてた。

「あのー先程名前を『稲村 美里』と言いましたが、あれは偽名なので。本名は『乾 彗』です。すみません。」

安「いや、仕事上仕方が無いだろう。気にしなくて良いよ。」

良かった〜話が早くて助かります〜。では、改めて。

「こちら、名探偵コナンの世界から来た赤井秀一さんと安室透さんです。あ、名探偵コナンって漫画の事ね。」

「「よろしく」」

「じゃああんた達は自分で自己紹介してよね。」

「夕音 昴です。よろしく。」 「鐘垣 宇宙だ。よろしく。」 「鳴海 刃だよ。よろしくね。」 「リュア-・デ・ヴィンヤードです。よろしくお願いします。」 「柏木 彼方っす。よろしく。」 「日暮 光です。よろしくです。」 「美空 流星です。よろしく。」

15:ルーリ◆Fw:2017/12/19(火) 11:39 ID:HNM

2.過ぎ足るは及ばざるが御とし

刃「でもなんで漫画の人物がここに居るの?」

うーんそれなんだよね。問題は。

「うーん最初は私がコナンの世界に移動してて、その次にこの二人ごと戻って来たんだけど原因がさっぱり分からないんだよね。」

リ「それで原因を探るためにお二人も此処に連れて来たんですか?」

「そういうこと。此処なら何か手掛かりを掴めるかと思ってついてきて貰ったんだけど原因を探るの手伝ってくんない?」

刃「私は良いけど皆はどう?」

リ「彗の頼みですもん。手伝うに決まってるでしょう?女子同士の絆の見せ所でぇ〜す!」

光「リュア-それを言うならこのチームの絆の見せ所ですよ!僕達を仲間外れにするつもりですか?」

彼「おいおい光、なんでしれっと俺達を巻き込んでんだよ。まぁ別にやってやるけどさ。」

流「可愛い子達の頼みは断れないね。」

宇「手伝ってやらんことも無い。」

昴「手伝ってあげるけどどうするの?」

みんな、ありがとう〜持つべきものは仲間だねやっぱり。

16:ルーリ◆Fw:2017/12/19(火) 12:33 ID:HNM

2.過ぎ足るは及ばざるが御とし

「うーん、それなんだよね。」
彼「俺達も学校があるしな。」
刃「確かに。私もそういつもいつもって訳にはいかないしねぇ。任務とか色々あるし。」
安「話し中悪いんだけど、」
「何ですか?」

なんか今私達安室さん達の存在忘れてたよね。すみません。

安「君達は任務もあるんだろう?」
「そうですけど」
安「学校にも通っているんだろう?任務と学校が重なる時は多いんじゃないかい?」
「あぁ、そういう時は任務優先何ですけど、どうしても無理なときは変わりにチームの誰かに変わって貰ったり、途中から登校してるんです。」
刃「そうそう、それにこの組織に入ってる人の中には学校に入ってない人も居るからね。」
赤「どういうことだ?」
昴「此処では病気とかで学校に行けない子も居るんです。」
宇「それだけじゃ無い。この組織は人の手によって造られた人間、つまり人造人間を造っている。しかも人造人間自体が認められてないから出生届も出していない。つまり存在しない筈の人間も組織のメンバーとして養成しているということになる。」
流「そんなことやってんのに正義とか笑えるよね。」
刃「でもそんなこと言ってるけど私達がそうだけどね(笑)」
赤&安「「何?」」

17:ルーリ◆Fw:2017/12/19(火) 13:37 ID:HNM

2.過ぎ足るは及ばざるが御とし

そう、Happiness・Lifeを造った奴は組織をつくる前から遺伝子とかの研究をしていて、何年も前から人造人間やクローン人間を造ってきた。そいつの言うことには『所属している者達がタヒぬのは良くないから、親のいない人間を造った』らしいけど。そんな訳で此処には人造人間とかがうようよ。しかも性格がぁぁ〜!!あ、因みに私達のチームでは刃と光、それに流星も人造人間なんだよね。でも、人造人間だと差別が酷くて。まぁ、実力を認められたらましになるけど。同じチームでも人造人間に対しては嫌がらせとかあるし。だけど人造人間として生まれてきた子達って強い子が多いから全然何とも思ってないんだよね〜あ、私達のチームではそんな差別とかしないからね。

まぁでも、此処に居る人達ってかなり複雑な事情があるからなぁ〜私もその一人だし。

彼「おーい、また彗が自分の世界に入ってるぞ〜」

あ、いけない。また自分の世界に入ってた。

18:ルーリ◆Fw:2017/12/20(水) 09:39 ID:HNM

2.過ぎ足るは及ばざるが御とし

まぁ、人造人間といっても普通に御飯食べたり、お風呂入ったり出来るから、普通の人間と殆ど変わり無いんだけど。その構造とか機能について色々噂があって、『全ての人造人間を操作出来る機能が備わっている』とか『人造人間はタヒない』とか。でも、刃達も風邪引くし、怪我したら普通に血が出てくるし、はっきりしたことは分かってない。まぁ、Topは何か知ってるだろうけど。

「別に入ってないし。でもどうしようか?今の所手掛かりが何も無いし。」
光「ねぇ、それより赤井さん達はこれからどうするの?」
「確かに。いつまでも此処に居てもらうことは出来ないしね。」
昴「この組織が簡単に部外者にセーフハウスを貸すとは思えないしね。」
うん。
リ「だったら私達の誰かのセーフハウスで住まわせるというのはどう?」
彼「あ、それ良いな。」

えっー!!良いの!?いやだって自分の家だよ?しかもリュア-!!なんで言い出しっぺが女子のあんたなの!?男だよ男!!任務の時は半同棲生活だよ!?まぁ、みんな家広いから問題無いけどさ。

流「それだったら、彗の家で良いんじゃない?」

…は?

刃「あ、賛成。」

…は?

「いやいやいや、ちょっと待ってよ。なんで私なの?言い出したのリュア-なんだからリュア-の家で良くない?」
刃「え〜だってさ〜赤井さん達連れて来たの彗じゃん。」
「そ、それはそうだけどね。」 彼「それにお前が一番コナンのこと知ってるだろ?」

そ、それは…そうですけど!コナン大好きですけど!

宇「連れて来たのはお前だろう?なら諦めて連れて帰るんだな。」

うっ…なんか宇宙にまで言われるとは…ま、良いか。

「分かったよ。赤井さん達は私のとこで暮らしてもらう。赤井さん達はそれで良いですか?」
赤「あぁ、俺は別に構わんが。」
安「僕も大丈夫だよ。」

そ、そうか…

19:ルーリ◆Fw:2017/12/21(木) 09:06 ID:HNM

2.過ぎ足るは及ばざるが御とし

大丈夫なのか…

昴「そうと決まったら帰ってこれからの準備をした方が良いんじゃないか?」
「そうだね。じゃあ今日は会議に行けないけど報告よろしくね。」
彼「おう、じゃあまた明日な!」
「うん!また明日!」          …ガチャン

「えっと、二人とも取り敢えず一回家を紹介したいので私のセーフハウスに向かいましょう。」
赤「あぁ」 安「うん」

…しばらくして

「着きましたよ!此処が私の家です。あ、鍵開けるのでちょっと待ってて下さい。」

…ガチャ

あぁ〜もう一つの我が家〜あ、靴はそこに脱いでよね。

20:ルーリ◆Fw:2017/12/22(金) 10:59 ID:HNM

3.仮にも

赤「中々広いな。部屋はいくつある?」
「全部で7部屋です。」

まぁ、他にも隠し部屋とか色々あるんだけどね。と、それはさておき。

「二人とも部屋はどの部屋にしますか?ちょっと見てきて下さい。どの部屋でも良いんで」

…しばらくして

安「乾さん、この部屋が良いんですが」
「あぁ、分かりました。じゃあベットセットがあっちに置いてあるんで適当に部屋にセットしておいて下さい。それと私のことは別に苗字じゃなくても良いですよ。」
安「分かったよ」
赤「お嬢さん、部屋が決まった。」
「そしたらあっちにベットセットがあるんで部屋にセットしておいて下さい。」
赤「了解」

…お嬢さん…まぁ良いか。私も使う部屋に荷物運んで来ようっと

「二人とも〜部屋のセットは終わりました〜?」

この後色々買わなくちゃいけないから終わってると良いんだけど

安「あぁ彗君。僕の方は終わったよ。」
赤「俺の方も終わったぞ。」

早くて何よりです。

「じゃあ買い物に行きましょう!お二人のものとかそれに今日の晩御飯も買わなきゃいけないんで。」
安「あれ?でも君の家はご両親がいなかったっけ?」
「いや、居るんですけど泊まりの任務の時は私そっくりのロボット的なのがいるので親に任務のことがばれる心配もありませんし。」

でも任務の時じゃなくても親が居た方が良いときもあるし。なんかで家が壊れた時なんか親の家が必要になるし。いや別に組織の基地に行けばいい話なんだけど。だから別に組織のメンバーにとって親は居なくても良い存在何だけどね。少なくとも私はそう思ってる。

じゃあ気を取り直して買い物にLet'sgo!!

…ってあれ?ここ、私ん家の玄関じゃない…っていうかまたですか!?あ、でもここさっき見た気がする…

赤「どうやらこちら側の世界に戻ってきた様だな。」

あ、赤井さん!ってことは…

安「そのようだ。」

安室さん!

「え、ちょっと「赤井さん!!」「降谷さん!!」」
ジ「良かった。シュウ、戻ってきたのね!」
風「降谷さん!大丈夫ですか!?」
「あの、ちょっとみな「あぁ、そのようだな。ジョディ(赤)」「風見、大丈夫だ。問題ない。(安)」」
ジ「一時はどうなるかと思ったわ!まったく、どこで何してたのよ?」
風「降谷さん、こいつと居なくなってましたけど何してたんですか?」

…ちょっとみんな…

「人の話を聞けぇぇぇぇぇぇ!」

21:ルーリ◆Fw:2017/12/22(金) 11:06 ID:HNM

3.仮にも

赤「あぁ、すまない。」
安「ごめんごめん。つい部下に気を取られてしまったよ。」

まったく

22:ルーリ◆Fw:2018/01/03(水) 10:18 ID:YEw

4.気は進まないが

「じゃあ元の世界に戻って来たんですか?」
赤「あぁ」
ジ「ねぇ、シュウ。その少女は一体誰なの?」
風「降谷さん、何故赤井とその子供と一緒に消えたんですか?」
「あぁ、それは…」 かくかく然々かくかく然々

ジ「なるほど、じゃあシュウと降谷はトリップしてきたその彗って子と一緒に彗の世界にトリップしたって訳ね。」
キ「そして、また一緒に戻ってきた。ということですか。」

うわぁ…コナンの世界の人達理解力良すぎでしょ…

「はい、そういうことです。」
赤「しかし、参ったな」
安「あぁ、僕達がこっちに戻って来れたのは良いが彗君がまたこちらの世界に戻ってきてしまった。」
「えぇ、参りましたね…私あのあと仕事があったんですけど…」

23:ルーリ◆Fw:2018/01/03(水) 10:39 ID:YEw

4.気は進まないが

こっちの世界に来ちゃったら何も出来ないし〜あぁぁぁ!!私は一体…

「私どうすれば良いんだろ…」
ジ「あぁ、それならシュウ達の家に泊めたら良いんじゃない?シュウ達があっちに行った時は彗が二人を泊める事になっていたんでしょう?」



赤「そうだな。ただ、俺の家に泊めるのはフェアじゃないだろう?」
安「気は進まないが、仕方がない。僕と赤井の広い方の家でしばらくは3人で生活するという事で良いだろう。」

んん?何かズレていってる気がする…

赤「あぁ、多分俺より君の家の方が広いだろう?」
安「そうかもしれないな。」

24:ルーリ◆w6:2018/01/11(木) 15:30 ID:YEw

>>5>>12

25:ルーリ◆w6:2018/01/11(木) 15:31 ID:YEw

>>12


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS