*.* 探偵チームKZstory.mint *.*

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:みんと◆6M:2018/02/01(木) 08:47 ID:IqM

探偵チームKZの小説をかきます。

rule
・書くのは、私だけです
・感想、アドバイス等はじゃんじゃんください
・入ってもいいですか、コメントはやめてください
・荒らし、雑談はNGです(言ってもやめない場合はアク禁依頼を出させて頂きます)



では、START

2:みんと:2018/02/01(木) 08:59 ID:IqM

episode.0



あの日、あった出来事など





覚えている者は、いないだろう。







何しろ、本人でさえ膨大な記憶の中にあの日のことを隠しているのだから。





誰も、思い出しませんように。





あの日、あった悲劇を。

3:みんと:2018/02/01(木) 09:15 ID:IqM

episode.1



「行ってきます。」

私は、そうドアの向こうに声を掛ける。


「行ってらっしゃい」

そう、気だるげに言うのはママだ。



ママの声を聞き、玄関のドアをしめる。

私は、学校へと歩き出した。




×××



「…では、きょうはこれで終わります。日直さん、号令!」

「規律、礼っ!
ありがとうございました。」

日直の号令が終わるとクラスの皆は、好きなことをし始める。

教室は、移動しないから急がなくてもいい。

私も、教室の端で本を読む。

その時。



私の、後ろの席でガタリと物音。

横目でチラリとみると、クラスの女子なリーダー的存在の安西さんが立ち上がっていた。

多分、仲の良い子の席に言って大声で喋るんだろうな。

安西さんのグループは比較的、派手な子が多い。

そして、うるさい。


私みたいに、本を読んだりしている大人しい子も、安西さん達をチラチラ見て迷惑そうな顔をしているもん。

私も勿論迷惑してる。


だけど、あの安西さんに立ち向かっていく勇気など誰もあるわけがない。


だから、仕方なく笑い声でうるさい教室で読むしかないんだ。

お昼休みには、速攻で図書館へ。


図書館は、静かだからいいんだよね。



早くお昼休みにならないかな、なんて私が思っているとチャイムがなる。

私は、読みかけの本に栞を挟んで直した。

4:みんと:2018/02/01(木) 15:01 ID:IqM

×××


「あった!」

授業が終わり、今はお昼休みだ。

私は、念願の図書館で読みたかった本を発見し、ご機嫌である。

図書館にある備え付けの椅子に座る。

さあ、読もうとした時ふと頭の上にある図書の先生の字で書かれたポスターが目に入る。

《新刊、図書館の奥に移動させました》

その文字の下に、新刊リストが長々と印刷されている。

その中に、今読もうとしていた本のシリーズを見つけ思わず、立ち上がる


私は、急いで図書館の奥へ向かった。

しかし、私はピタリと足を止めた。


なんと、本棚の反対側から声が聞こえたのだ。


「…ね、……でしょ?」

「………いいの…本当に…」


なにを話しているのかはわからない。

私は、そっと覗いてみた。


そこには。


最も図書館に似合わない人がいたのだ。



なんと、そこにいたのは安西さんだった。
友達らしき人達数名と、なにやら丸くなって話ている。


話なら、教室ですればいいのに
そう、思ったが口には出さない。



これは…関わらない方が良さそうだ。

私は、本を諦めそっと後退りする。


その時



バサッ

乾いた音が、図書館に響きわたる。


「あっ」


私は、後ろを見ていなかったせいで棚にぶつかってしまい
運悪くその棚から本が落ちてしまったのだ。

安西さん達が一斉にこっちを向く。


「た、立花さん…」


驚いたように目を見開いた安西さんだか、その後すぐに私にツカツカと歩み寄ると

「…貴方は、何も見てないよね、ね?」


ギロリと睨みをきかせて凄んできた。

あまりの怖さに私は高速で頷く。

「じゃあ、いいよ」

安西さんは、さっきの顔が嘘のように何事もなかったかのように微笑むと私の横を通り過ぎて行った。



「…怖」


その場に、一人残された私はそうつぶやくのが精一杯だった。

5:みんと:2018/02/02(金) 20:24 ID:IqM

episode.2



「ねぇ、どしたの」


放課後のことだ。
私が、話しかけられたのは。

「あ、翼」

翼が、言うには私は今日ずっとぼーっとしていたらしい。

だから、わざわざ放課後を待って話しかけてくれたらしい。

「なんでもないから。
ごめん、ありがと」


今日見たことは翼には、言わない方がいい。

私は、笑顔をつくり立ち上がった。



翼は、勘が鋭いからな。

6:希:2018/02/02(金) 23:03 ID:oWM

こんにちは!
入って良いですか?
私もkz好きです!

オリ小説載せさせていただきます。

7:希:2018/02/02(金) 23:05 ID:oWM

よかったら見てください!

新しいスレですから

8:空彩◆5I:2018/02/03(土) 18:55 ID:UN6

みんとよ!うちはこのスレを見つけたぞ!(✿︎´ ꒳ ` )♡︎
面白いね(❁´ω`❁)頑張ってねー!

あと、希さん?
入っても良いですかって言う前に>>1ぐらい見ましょうよ。
書くのはみんとだけだよ?小説書けないんだよ?
入っても良いですか?レスは駄目なんだよ?
やめてって書いてあるとこするんなら、荒らしと同じ様なもんだよ?
自分がやってる事分かってる?

取り敢えず、みんとがんば。

9:らいみぃ◆/w:2018/02/03(土) 19:26 ID:lDk

>>8
私も見つけたぞ!
頑張れー

10:みんと◆6M:2018/02/03(土) 23:26 ID:IqM

>>6-7
すみません、>>1にも書いていますが入るのは…ごめんなさい。

>>8-9
あぁ、見つかったか…
練習してたのよ、上手くなるために 笑

ああや、注意してくれてありがとう(´▽`*)♪
嬉しかった!

11:みんと◆6M hoge:2018/02/04(日) 02:00 ID:IqM

>>5
訂正ver

episode.2



「ねえ、どしたの」


放課後のことだ。
私が話しかけられたのは。


「あ、翼」

私が後ろを振り向くと、悪戯っ子の用に笑う翼がいた。



翼は、今日一日ずっとぼーっとしていた私を心配して放課後まで待って話しかけてくれたらしい。


私は一瞬、あの図書館で見たことを話そうかと思った。


でも、すぐに思い直す。

「なんでもないよ、ありがとう」


翼に言ったって、なにも解決しない。ただ、心配させるだけだ。

12:空彩◆5I:2018/02/04(日) 08:41 ID:UN6

>>10
みんと 話してたもーん(๑´ㅂ`๑)笑

>>11
上手いね( ∗•ω•∗)*。尊敬尊敬
翼……優しいんだろうが……悪戯しに来たのか?•́ω•̀)?

13:やまも:2018/02/04(日) 11:55 ID:fp2

おもしろい🤣
なんかKZのスレにクラス来るといっつもああやに会うな!

14:みんと:2018/02/04(日) 14:01 ID:IqM

>>12
ありがとう꒰◍'౪`◍꒱۶✧˖°
翼は、一応心配してたってことです 笑

>>13
ありがとう!
ああやは、KZスレ結構いるよね〜。

15:空彩◆5I:2018/02/07(水) 14:49 ID:UN6

>>13
うちはKZとう言葉に目がないぞっ!

>>14
ふむふむ……
やはり翼は優しいね(✿︎´ ꒳ ` )♡︎

居るよっ!ʬʬʬ

16:みんと◆6M:2018/02/07(水) 21:35 ID:IqM

「そう?ならいいけど」


翼はそういって笑うと教室を出ていった。


翼がいなくなってシーンとなる教室。

私は机の横にかけてある鞄を持つと教室を出た。


×××


私が靴箱で靴を履いていると突然、誰かから話しかけられた。

「あの…立花さん。」


突然のことに驚く。


そして後ろを向くと、すまなさそうな顔をした女の子がいた。

「…えっと」

「あ、私は佐藤桃夏。3組だから知らないのも無理ないし。」

そういって佐藤さんは笑う。


それにしても、私になんのようだろう。

「私に、なにか用事?」

「あー、うん…」


私が聞くとばつが悪そうに下を向く。

「……あの、立花さんのクラスに安西さんっているでしょ?」

しばらくして、ようやく口を開いた佐藤さんが言う。

「うん、知ってるよ」


知ってるも何も、有名人だし。

派手だしうるさいし、私とは全く違う人種の人だ。

「安西さんと、私同じグループなんだ。
クラスは違うけど。

私がクラスでぼっちなの知ってて一緒にいてくれてるような優しい人なの。」

そう、うっとりしたように言う佐藤さん。


安西さんにもそんな一面があったなんて。

人は見かけによらない、と反省した。

「そうなんだ。

…安西さんがどうかしたの?」

私が訪ねると

「安西さんがね、立花さんに話があるらしいの。

本当は今日、話したかったらしいけど塾で無理らしいから私に伝えといてって。」


私に話したいことってなんだろう。

今日の図書館でのことか。


行きたくないけど、行かないわけにはいかない。

「うん、わかった。いつどこで話すの?」

「あー、それは私も知らないんだ。
ごめんね」


ペコペコと謝る佐藤さんを宥(なだ)め、私は帰り道を急いだ。

17:空彩◆5I:2018/02/08(木) 20:28 ID:.vo

………………虐められる訳じゃないよね……?

気になるように終わるからもうダメ……!
続き気になってヤバい……(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)

٩(。•ω<。)و頑張ってねん✧ファイト‼

18:らいみぃ◆/w:2018/02/08(木) 20:47 ID:lDk

がんばれー

19:▼.みんと  ◆6M:2018/02/09(金) 22:23 ID:IqM

大丈夫!
虐め系は私好きじゃないから、そういうのにはしないから!

二人ともありがとう(´▽`*)

20:空彩◆5I:2018/02/09(金) 23:29 ID:.vo

良かった……!
みんと女神だー!

応援ʕ•̫͡•ʕ*̫͡*ʕ•͓͡•ʔ-̫͡-ʕ•̫͡•ʔ*̫͡*ʔ-̫͡-ʔしてるよ大人数で。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS