難民板の難民

葉っぱ天国 > メンタルヘルス > スレ一覧 ▼下へ
1:十六夜 hoge:2017/03/23(木) 21:47

あらかじめ断っておくと、こころの健康とは縁遠い、一切関係ない話題も書き込むかもしれません。

抗うつ剤・抗精神病薬・魔剤・座薬・やくそう

並べてみただけで特に意味もなく。

18:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/04/05(水) 23:10

ホントは主人公が強いだけの何も考えずに気持ちよくなれる小説が好きだけど、それを許さない自分も同時に内在して複雑。文学を読む動機はマジで見栄と知性への憧れくらいしかない。ラノベや水戸黄門みたいなジャンルは良質な娯楽の収斂進化といえるし、俗なテーマだとクリエイターサイドからは批判された君の名は。だってけっきょく売れたじゃないか。敢えて難解で衒学的なテーマを描いて「自分がいかに教養人であるか」をひけらかすのは作者の独りよがりにほかならないし、誰にも理解されない作品こそが深遠で立派とも言えない。それらの事情を踏まえたうえでそれでも自分の描きたいものがある、って茨の道を進むのでも、それをほかの人にも強いるべきじゃないし、酸っぱいぶどうみたいな決して手に入らないものを貶すのは真似は情けない。俗な作品も需要がある以上必要だし、狙って書けるのだってひとつの賢さ。いろいろ勉強したうえで、それをしないのもひとつの創作の形。

19:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/04/05(水) 23:31

誰かが、誰だったかハリーポッターを「文学的人さらい」と評したのは、いみじくも正鵠を射ているような気がする。

現実にハリーと同様、やり切れなさを抱えて生きている若者が、ハリーの、誰からも愛されず物置の中で暮らす惨めな境遇と自分のそれとを重ね合わせる。ハリーに共感する。しかし自分とは違って、ハリーには特別な魔力を持っていて、魔法界では知らない人がいない有名人で、権威ある人からひいきにされて、親の遺した遺産がある。読者は自分を投影させつつ、自分にないものを小説の世界で補填して、いっしょに冒険する構図。ハリーポッターは行間もなにもなくセリフのみで展開されるRPGみたいで、今読めば小説としては安直すぎて、ほかのファンタジーよりやや劣るかもしれない。でもファンタジーの入口としてはいい。

20:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/04/08(土) 20:58

私の人生の悩みの大半は学力さえ手に入れば解消されるものと思っていたけど、最近は違うんじゃないかと思い始めた。どんな未来であれ悩みは尽きないが、私が立てる立場はひとつしかないから、あたかも自分が最も不幸であると思えてしまう。別に望んだ学力が手に入ったわけじゃないし、諦めるための口実にしたいわけでもないけど。

結局のところいまの現状と、「あり得たかもしれない」自分の中にある理想を比較した時することは出来ない。現状がひどくすんで見えるというのは至極当然の話。桜は遠くから眺めるぶんには美しいかもしれないけと、近くに行くとあんがい土手沿いにゴミが落ちていて、ガッカリさせられる。遠くから眺めて思い出の中で補正されたものと、いままさに直面している現実を正当に比較しようという試み、その設定自体に無理があった。やっぱり望まない現状でも甘んじて受け入れて、その上で最善を尽くすしかないのかな。でも最善が見えてこないから闇雲にもがいて非効率な感は否めない。

21:サビぬき。◆Ow:2017/04/09(日) 21:04


人生とは要するに

目の前の壁を打ち壊し

柵を乗り越え

垣根を這いくぐって

前へと進み続けるRPGなワケだから

で、ご褒美はそれらをクリアする事でのみ拓かれる“新たな景色”

そして新しい道


大丈夫、キミの未来は決して悪くは無いと思う!

22:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/04/10(月) 23:39

引きこもりの頃に比べれば、RPG特有のお使い、使役され頼られる歓びとか、さまざまな人の集まるひとつの共同体のなかで揉まれて、認められつつある感を味わえて、イベントを経て成長していく感じが如実にあって、なかなかに楽しいですよ。どれも家の中にいては発生し得なかったモノでしょうから。

ただ、ふと我に返って客観にたった時に、どうしても否定的な考えがこころの隙にふらっと差し込んできて、どうしても冷めちゃうんですよね。ほんとうにこれでいいのかという不安は心中に常にある。心底楽しいはずなのに、裏腹にこころのどこかでは悲観的な自分を残していて、その根源はやっぱり学力なのかもしれません。例え学力の問題が解決しても、また新たな不安の種は発芽しそうですけど、少なくとも姑息的な気休めくらいはほしい。

思春期特有のステレオから抜け出せない典型的な悩みなんで、アイデンティティを獲得したい身としては、あんまり声高に言いたくはないんですけど。
やっぱりブランクがある人全般にいえる課題は、
「失われた学力の獲得」に尽きると思います。なるべく避けるために、学校はやっぱり行くべきでしょう。
たらればの後悔は尽きませんし、若干選択を間違えた気もしますけど、とにかく頑張ろうと思います。

23:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/04/16(日) 22:27

きょうは4月と言うにはあまりに暑すぎ。朗らかな天気とか桜は散りかけとか、呑気なことは言ってられん。生命の存続を脅かす暑さ。かといって衣替えで半袖にすると、「彼はきっとバカなんだろう」思われる微妙な季節。

とりあえず物置の隅に転がってた安物の扇風機を引っ張り出して、ホコリを手で軽く払って弱でかけっぱなし。安物だけあってモーターの音がうるさい。

人工的な風が頬を撫でる感じは好きじゃないけど致し方ない。暑さ対策には代えられない。羽の部分に付着したホコリを風が運んできて花がむず痒い気がするけど気にしない。暑さ対策には代えられない。

ボジョレーワイン並に「今年は前年度と比較しても、一段と暑い!」を繰り返し繰り返し唱え続けてるけど、体感温度に現れるほど地球の外気温が各年ごと上昇し続けているのであれば、いまごろとっくに暮らしていけないに違いない。ようは学習能力ゼロで壊れたラジオみたいに規則的に、同じ轍を二度三度踏みまくってる。アホはアホなりの行動原理に従って精一杯アホを演じることがロール。

いっそ夏が暑いように、冬が開けたあたり服装が定まらず暑いと口に出すのも、ひとつ恒例行事に加えるべき。

24:いざよい:2017/04/19(水) 22:20

塾からの宿題が多い。泣き言みたいだけど。

記憶が確かなうちに模試の復習をしたり、長文読解に向けて単語を振り返りたけど、とても身動きが取れそうにない量の宿題が出る。

それを私が半ば見栄で、対外的には卒なくこなす風を装ってるから、余計に出される。この事象をウロボロスと名付けよう。

母親を通して宿題を減らして貰うよう進言してもらったけど、効力は1週間しかない模様。Xデーを迎えると追加されていくから、消費者金融に金を借りた債務者の気分を味わえる。

すべて万札換算で2週間辺り大卒初任給の1.5倍の枚数。寝てる間に野口でもいいから化けねえかな。間に合うか否か、ギリギリの線を行くのも気が抜けなくってエキセントリック。

いや、期待して下さるのは嬉しいことではあるんだけどね。信頼されている以上は、それにキチンと報いて、相手の予想を裏切るようにもっとクオリティの高い答えを出し続けたいっていう気持ちは常にある。だから出来ませんとはなかなか言えない。外見栄を張ってでも出来るかと問われれば、出来ますと答えたい。

ただ英語で飯を食うつもりは無いし、あくまで姑息的に入試をやりすごすための武器みたいな位置づけでしかない。まあよくて得意科目にするくらい。こんなこと書いてたら眠たいよー。

25:サビぬき。◆Ow:2017/04/20(木) 00:33


何やら大変そうなキミを労う意味で次の言葉を進呈したい。

『男は見栄で伸びる!』

大丈夫、たぶんキミは常人の1.2倍くらいのスピードで成長しているはずだw

26:いざよい:2017/04/22(土) 23:25


母親と喧嘩して時間をおいたけど思い出すだけでも不愉快。未だに深いところに澱が沈んでるみたいで気持ち悪い。私の所為で家の中めちゃくちゃ。コップもダメになったような気がする。みじめだ。でもまさか小言を言われるとは思わなかった。「携帯で調べながら勉強頑張ってるね」いやー、それなりに頑張ってきたつもりだし、部活でボロクソに負けてきた帰りだから、さすがに堪えた。勉強のあいまに少しLINEの返信することすら許されないのかと。本人は「皮肉じゃなくて労い」とかいってうまくかわして見せるけど、予め逃げ道を用意した周到な嫌味しか聞こえない。そんなこと言わないし、「携帯で」の部分に悪意の含意を感じずにはいられない。内容は忘れたけど以前にもわざわざ部屋を訪ねてきて似たような小言を少なくとも二度、もっと直截的に言われ、その累積があって、いよいよ腹が立った。こんなことにペースをかき乱されて、自分だけが不利益を被るのもアレだから勉強はするけど、ちょっとだけやるせない気持ちにはなったかな。

27:いざよい:2017/04/23(日) 21:31

俺が匿名板の絵スレを始めとする「人を選ぶ」スレに対する「板違い」「専用のスレへ」といった声、それらに反対したのは、何も絵スレが好きだったわけじゃない。もちろん利用者でもない。ひとが時間を割いた絵を見るのは好きだけど、とくべつ執心していたということもない。

絵スレはときどきROMるくらいだったし、絵に興味のない人は蚊帳の外で、ほかの利用者を置き去りにして、自分たちだけの楽しい世界を築くひとたちを快く思わないのも理解はできる。でも、それでも感情に付き従って批判側に立たないのはなぜか。

それはコテハンを持って長く掲示板を利用しようと思うと、自分の中にひとつ筋のあるポリシーを持たないと、矛盾が生じて、肝心なときに綻んでしまう恐れがあるからにほかならない。過去から現在に至るまで同じ人格をもったコテハンと、一介の匿名の重大な違いだと思う。

ひとを批判したいときに、自分の過去のその場しのぎ的な、即興の思いつきが邪魔をして、足を引っ張って批判ができない。ひとを擁護したいときに、「いやいや、君はどうなんだ」と言われてしまう。言われなくても、自分の良心に背くことになるし、そういうダブルスタンダードは結果として自分の行動圏を狭めてしまって、苦しいだけ。

それがあるから、たとえ心情的な部分で共感できることがあっても、つねに理性的な部分を残して考えるべきかなと思った次第。掲示板が長くなると、考えの変遷もあるからつねに一貫して、とはなかなかいかないけど、それでもなるべく2.3くらいの普遍的な価値観は保ち続けたい。

28:いざよい◆riJwE9VJJ2:2017/04/23(日) 21:59

「おためごかし」って言葉があるんだね。
なかなか便利なことばだと思う。

おためごかし
【お為ごかし】
《名ノナ》人のためにするように見せて実は自分の利益を図ること。 「―の意見」

絵スレを「美術板」に、話し合いスレを「議論板」に、「荒れないため」を名目に誘導しようと画策していた連中は、まさにこれだったように、今さらながら思う。そもそも一介の利用者に過ぎない分際で掲示板の利用方法を運営の介入なくアンケやらで書き込みで、ローカルルールを声高に「民意の体現だっ!」というふうに決めてしまうのはどうか。本当にサイトポリシーに反しているとか、悪い行いと思うなら運営に行けばいい。正当な申し立てなら採用されるまで。それができないのは自信のなさの現れか。

「荒れないため」の板移動を認めれば、いやこれはあくまで仮定の話だけど、自演して私が荒らして、私が親切そうに「荒れてるから」と誘導すれば、まんまと賛成の意を表明してくれて、図らずしも善人に荒らしの加担をさせられるわけか。

匿名板には強力なコテハンもいなけりゃ、運営の強制力もなかなかいかないから、匿名板の民意は時代やそのときどきの状況で簡単に変遷する。一定の形を持たない流動性を持った巨大な民意が、うねりを上げて勝手気ままに変化していくからタチが悪い。あるときは正義とされたことが、一点悪であったり、その逆も然り。

29:いざよい:2017/04/27(木) 23:18

木曜日の塾、学校で終礼から1時間近く待ったそれを、開始時刻30分前に電話で、

「先生の都合がつく土曜日の昼間してくれないか」
と言われ、スケジュールも何も開かずに即答で、
「ハイ!」と返事してしまう自分の哀しさ。

予定がギッシリで忙しいが時間交渉に応じつつ、話し合いの末折衷案に落ち着いてみたりしたかったな。
それが無理でも、もちっとためてから、「・・・はい」くらいしてもよかったと、なんだ、ハイ!って。

30:いざよい:2017/05/01(月) 21:27

別に掲示板の特定の誰かについてのことではなく、リアルの人間関係について。でも議論板なんかを見てるとある種の共通のテーマなのかも。

俗にオタクと呼ばれるひとはどうしてああも、
「自分の世界が他人にも理解されて然るべき」みたいな、社会性もへったくれもない思考なんだろう。
アニメとかのサブカルチャーが人を選ぶ話題であることを存知の上、あえて「オタクな自分」を全面に押し出して、むしろ誇らしそうですらある。しかもやたらと声が大きい、数が増えるとうるさいというのは、私のサンプリングが少ないからため偏っていて、オタクの特徴とは違うのか。

とにかく、私がいかに深夜アニメとかエロゲーを熱く語りたくても、仲間内に留めるくらいの配慮は絶対に欠かさない。オタクは悪くなくても、オタクの合併症として頻発する「らしさ」に批判の目が向いた結果、オタクそのものに攻撃が向くのはオタクにとっても損なんじゃ。

31:雪花:2017/05/02(火) 00:53

十六夜さん♡
お久しぶりです(^_^)
高校生活や勉強の進み具合はどうですか?
私の方は、あまり良い感じの状況ではないです‥ってより、前より悪くなってるかもです(/ _ ; )
高2では一応理系クラスを選択しましたが、古典と化学と物理が死んでるため
今から高3は文系に変更するかもなんて逃げ思考でいます(^^;
十六夜さんは家庭教師ではなくて塾に行ってるんですか?
私の方は、今の塾は今月でやめようかと‥
なんだかあまり巧く行ってなくて‥
それでね、十六夜さんの近況を聞きたいなぁって立ち寄りました(//∇//)
どんな内容でも励みになるので♡

32:いざよい:2017/05/02(火) 23:44

>>31
おひさしぶりです。

わたしの方といいますと、「これでいいのか」と不安になったり「もっとやれるのでは・・・」みたいな自責の念に苛まれることもありますけど、それでも目の前の課題をこなしている感じです。依然として不安は尽きませんし、なかなか納得もいきません。それでもやるよりほかないので。

塾といえば集団で机に向かって・・・みたいなイメージがあるので家庭教師といったり、自分から場所に赴くので塾と言ってみたりアレでしたけど、「個別指導の塾」って言葉が1番ピッタリですね。いま思いつきました。

高校のことはわたしの経験不足からろくに助言もできませんし、もとより何かひとにえらそーなアドバイスをする立場でもありませんから・・・。でもお互い頑張りましょうね。わたしも頑張るので。

33:雪花:2017/05/03(水) 00:23

お返事ありがとうございます
久しぶりにお話できて嬉しかったです♡
お互いに頑張りましょうね( ´▽`)

34:いざよい:2017/05/05(金) 02:59

いくら人気スレとはいえ、いや人気スレだからこそ「質問ある?板」で「あげ」とかそれに準ずる内容しか書かずに、ほかの動きがあるスレを下へ追いやるのはどうかと思う。上げたいのであれば趣旨に従って質問をすればいいのに。まあ、ほかのスレをROMってる訳じゃないけどね。

35:いざよい:2017/05/05(金) 03:03

12時くらいの感覚でいたら3時で草

意味もなく気合と背徳感だけでオールするのも若者の特権かなと思う。自分だけの時間。
そして休み明けに寝不足を嘆くのもまた「らしさ」があっていいと思う。寝ません!

36:いざよい:2017/05/07(日) 01:45

批評とアンチ感情の表明ってちょうど喧嘩板で盛んに行われていた、「喧嘩と議論の違い」に似ているような気がする。いや似てねーや、やめやめ。やめた。

掲示板上の喧嘩の目的は、日頃のフラストレーションを晴らすべく相手より優位に立ち、精神的なダメージを与えレス不能の状態に陥らせて、しかも自分の弁の立つところを誇示してコミュニティのなかで顕示欲を満たす、相手が(そしておそらく自分をも)、理解不能な語彙の数々を弄しに弄して自分の博識をこれみよがしに誇示したり(俗に言う喃語論法)、ギャラリーを集めてその面前で面白いレスをし、自分の諧謔を披露したいとか、そんな喧嘩の名前を借りた大喜利であったり利用目的はさまざまだったわけ。

でもそのほとんどはたぶん、血の気の多い若い学生がいきがる場所だった。それ自体に意味は無い。目指すところもなければ、発展した先の展望も不透明で、でもとにかく馴れ合いなんてしたくねーし、混ざれるほど器用でもないから、相手を詰って罵って、現実世界の抱えきれないうさを晴らしたかっただけ。
俺はワルだからフリトなんて恥ずかしーぜっ!
かといって、
議論はまじめすぎて窮屈だぜっ!・・・的な子供が人を人とも思わず口悪く罵りあって、難しいことばを使って大人ぶってただけ。まあなかには明らかに大人が本気で遊びに来てるなってのはあったけど、それはごく例外。

でも確かにあの時期にあの場所は必要だった。不思議なコミュニティだっただけで対象層がわかりやすかったから。フリトは退屈だし、オールジャンルが話せて人がいて、毒があって、運営の目も届きにくい。弁が立つやつが強いんだ!!的な、頭すっげー悪そうに力こそパワーだ!!的な。

そのてん議論はそもそも結論を出して、それをより高い次元へ消化させることを目的としているから素晴らしい。誰でも読めるように文体はなるべく平坦で容易なほうが好ましいし、暴言なんてもってのほかだし、喧嘩なんかっていうゲスなものとはおよそ比較にはならない高貴で知的な作業。
でもなんだかちょっぴり寂しいのは気のせいか。なければないほうがいいものなのか。フリトくらいしかたくさんひとがいない、ルールがよく発達していて、そこに住む住民たちはみなどこまでも善良、平和で秩序のもとに自浄作用が働いていて、でもどこにいても退屈で、自分の居場所がない子はどこに行けば。喧嘩板ですよ。

37:いざよい:2017/05/08(月) 21:48

「フランケンシュタインの恋」ってドラマがあって、まあそれ自体は今回関係ない。

そのドラマの主題歌のRADWIMPSの「棒人間(?)」って曲、僕は人間じゃないんです。ってやつが、Billy Joel(スペルあってるのか?)のPiano Manかそっくりだと思うのは、私だけだろうか?どことなく似通ってると思うんだけど、どこかはわかんない。CM尺だけ聞いてもすてきな曲だと思う。いや改めて聞いたら似てねーかな。

棒人間
https://youtu.be/qD3P2nCFE5Y

Piano Man
https://youtu.be/gxEPV4kolz0

38:いざよい:2017/05/13(土) 19:06

昔はよくしていた乖離っぽい体験を久しぶりにまたして昔をよく思い出した。

電車の中とか密閉された空間に長い間晒されたり、
あるいは人に叱られてふさぎ込んでるときに、

「あれ?自分はなんでここにいるんだろ?」

ってわからなくなる。あと人の顔が小さくなったり大きくなったりする。それから意識が宙に浮いて体から一歩離れたところから見下ろしてる感じがして不思議。たとえると通常がFPSなら突如として三人称ゲーム的な。背中とか後頭部が鮮明に見えるわけじゃないけどニュアンスは空中浮遊。

自分に実感が持てないっていうか、生きた心地がしないっていうか、肌の表皮に血が通わなくて、どうしてここにいて、どうやってここにたどり着いたとか、そういう情報の一切が、突然にわからなくなって混乱する。でもそこまで長く続く訳じゃないし、苦痛かと問われればそこまで気にならない。ググってみるとたくさんヒットするし、深刻でないから表面化しにくいだけで割とあるあるなんだな。

39:いざよい:2017/05/20(土) 23:10

塾に持ってくるように言われたものの、紛失してしまっている模試の結果を探す途中のこと。
わたしが学校へ行こうとしなかった頃に、母親が買った不登校に関する書籍を見つけた。それも大量に。
いずれも値が張って申し訳ない気持ちになる。
そのなかの背表紙が立派で、タイトルが簡素な一冊を手に取ってみる。

現行の教育に不満があるような書きぶりで、とくべつ不登校児や、その子を持つ親に肩入れしているわけではない、否定も肯定もしないと謳っているが、どこか教育へ恨み節。
作者の「宿題を出さない」とか、現在の教育の形とは異なる提案に反射的に拒絶反応を示すものの、かといって反論するだけの知識を持ち合わせないのは、現行の教育の在り方に無批判なまま毒されているからなのか。

不登校を子を持つ親は、その原因を学校にもとめて、結果として対立を深め、優しいことばをかけてくれる学校外の人間に感化されるような気がする。
もっともサンプルはわたしの親ひとりなんだけど。現にわたしの親がそうであったように、学校を恨むようになる。不登校に関する本をいくつか読んだけど、根拠より親や作者の願望を言って論を強引に進める感じがしてならなかった。面白いことも書いてあるし、よく分析してるとも思うんだけど。どこか教育への恨みが見え隠れしていて、それを補強するだけの論拠に乏しいというか。

結局は、親の頑張り云々より、本人の意識の変革なしに決して解決し得ないものなんじゃないかな。
ところで、模試の結果は?あれ?

40:いざよい:2017/05/20(土) 23:53

いまだにどうして学校に行かなかったのか、その理由がわからない。

カウンセラーの方は「頑張りすぎた結果だ」と仰ったけど、私は頑張ってなんていないし、私より頑張る人なんてそれこそ枚挙に遑(いとま)がなかった。

そこから思うに、大人たちが思うほど不登校というのは、それ自体はそれほど深刻な状態じゃないんじゃないかということ。
ネットゲームにのめりこんで不規則な生活が続く、学校の勉強が分からない、些細なことでも起こり得るし、それらは精神科の治療へ結びつける必要がなければ、なんなら誰にでも持ち得る悩みなんじゃないか。

私の場合は、自分の不注意な性分から、なんとなく忘れ物が多くてたびたび授業に支障が出たこと。

小学生時代とは違って環境が厳しくて絶えず閉塞感を感じていて、友人が担任教師に理不尽に怒号まじり叱責されるから、そのことを日誌で咎めると、明らかに嫌われるようになったこと。
中学へ上がったらやめると決めていたサッカーを任意参加であるはずの部活動で半ば強制され、土日含む週5回の練習に駆り出されたこと。
軽い気持ちで休んでみると、最初のうちは気楽な思いのみが占めていて、ずるずる延長したこと。思い出せるのは、このくらい。

まあ一番は甘えた性分なんだろうな。皆が耐えられることを自分だけ耐えかねて潰れてしまうのは。できることなら戻ってやり直したいけど、どうやら無理みたい。だからせめて同じ轍は踏んでほしくないんだけどなー。別に誰かに言ってるわけじゃないけど。

41:サビぬき。◆Ow:2017/05/21(日) 15:08


そしてそんな何気ない「行かなかった事実」が、
いつしか「行けない理由」に変化してしまったのかもね?

42:いざよい:2017/05/23(火) 22:55

>>41
人間の記憶って案外いい加減であやふやだし、その気になれば、あるいは無意識下で自分の望むように改ざんすることだってできますからね。

────────────────────────

私には少なくとも休むほどの重大な理由がなかった。心当たりがあると思われていた理由のおおよそは、「学校を休むのだから、何か理由があるに違いない」として、誘導尋問的に大人の詮索を受け、後からこさえられたもののような気さえしてくる。ちょうど血液型占いのように、誰にも当てはまって、かつ気が良くなる(まじめと言われて気を悪くするひとがいないように)モノを提示されると、それを受け入れて口実とし、自己弁護に走りたかったのかもしれない。でも精神科にかかった時に何か断定的な診断がつかなかったのはよかったなあ。きっとついてそれらしい薬でも大量に出たりしたら、自分の力だけでは再起できなかっただろうし。さては名医だな?

43:十六夜:2017/05/23(火) 23:14

不登校の功罪として、私は何かと罪の部分だけを強調するけれど、少しくらい「怪我の功名」はある。
(と、思わないとやってられない・・・のか?)

きっと、何か別種の悩みをかかえつつも、大きな不自由こそなく無事、中学校生活を終え、そのままストレートで高校へ行っていたら、おそらく自分の人生について立ち止まって真摯に考える機会は無かった。いや無かったに違いない。塾にはまず行かないし、テスト勉強もせずに赤点だったかもしれない。授業中にはうるさくして、高校を休みがちで退学になっていたかもしれない。少なくともいまの自分よりはモノをあまり考えなかったと思う。

それを思うと、学校に行かなかったの約2年弱は「悪くなかった」とは絶対に言えないけど、かといって「何の役にも立たない無為な時間」とも思えないでいる。
見栄に由来した、そう思って自分を納得させたいだけの気持ちなのか、それとも本心からの気持ちなのか、自分でも判断がつかないが・・・。いずれにせよ、甘んじて受け入れるよりほかないのは、わかっている。

44:十六夜:2017/05/27(土) 20:36

掲示板をやる根源にはさみしさがあるのかもしれないな。

45:十六夜:2017/05/28(日) 23:47

塾の宿題がこなしてもこなしても再現などないように湧いて出てくるから、塾のある日は暗い心持ちになる。いや、んな事書いてないでやれちゅー話なんだけど。
私が債務者なら、督促状が届いて、それに後ろからつつかれ、義務感やら何やらで、右も左もわからず遮二無二に走り続けているような。
しかし終わりが見えない。今週ばっかりは終わらせることができないかもしれない。初めて期待に添えないとか、そういう弱音も出てくる。
日取りのの関係で、おおよそ1週間にふたりの講師から出された2週間分の宿題をこなさなければならず、気が休まらない。
これだけ多いと二、三枚くらい父親のライターで火をつけてしまっても誰も気づかないんではないかと邪な考えが頭をよぎる。あいにく、そんな大それたことをするだけの勇気を持ち合わせてなんていない。

時間の使い方が下手なのか。どうしてみんな涼しい顔をして悠々と先に行けるんだろうか。能力の差を認めたくない。
私の時間だけ人のそれより少なく与えられてるのかと、ありえない疑いをかけてしまう。

時間の流れがあまりに早い。目まぐるしく辺りの情景が変化していって、目を回しながらもなんとか姑息的にやりすごして、したいことも成せずに自責を伴って床につく。1日が満足の恍惚と共に終えられた日が数えるほどしか見当たらない。
んで朝が来る。以前よりは憂鬱ではないけど、少しくらい待ってほしい。疲れ切ってはないけど、じょじょに消耗していくのをひしひし感じる。
うー、一日中ゲームしてたい。まだモラトリアムのなかでぐずぐずしてたい。

46:十六夜◆2w:2017/05/31(水) 22:19

「ネット上の自己診断」

たとえばうつ病の自己診断なら、
私はどうもうつ病の人間が「うつ病かも」と自分を疑ってみて、ここまではまだありそうなんだけど、
あまつさえその結果を嬉嬉として辺りに吹聴してみせるというのは、どうも考えられない。

うつ病の自己診断を見ると、「気分が優れない」「眠れない」などの文言が並ぶ。しかし、うつ病の自己診断を受けるというのは、たいてい気分が落ち込んでいる人に限られ、1度きりだし、バイアスがかかる。人間誰しも嫌なことがあれば気分が落ち込むし、それ自体はこころの正常な反応で、それとは明らかに異質だからこそ、うつ病は病気とされるんじゃないか。

典型的とされるような病前性格がどこまでエビデンスレベルが高いのかとか、そういうことを検証するだけの知識はないけれども、どうも「錦の御旗」感が否めない。と、いうのはなまじ知識の素人考えだろうか。

もちろん、自己診断が受診の足がかりの一助になるというメリットは認めつつ、なんだか「病気になりたい人」にも使われているような気がしてならない。いつの時代にもそういう人はいるし、そういう邪な考えがふと差し込むのもわかる。でも病名とはあくまで治療開始のためにつけるもので、それ以外の用途で、たとえば「あの人はアスペだ」とか、勝手に呼称すると問題が生じるんじゃないか。

私は学校に行っていない日が続いた時、不謹慎ながら口実として「いっそ病気にでもなれば」と思ったこともある。精神的な病なら、採血こそするものの、ある一定の閾値から外れた異常値が出て、それを「病気」と見なすわけではない。あくまで臨床の観察が根拠であって、患者らしい人を違うとは言いにくいもの。ハンマーバイアスという言葉もあって、ひとはハンマーを持つと何でも釘に見えるがごとく、その力を使いたくなるというのが常。病名が欲しいひとにとって精神科は狙い目。

病気になることで得をする。疾病利得というのは何も金銭の獲得だけを指すわけではなく、病気になって優しくされたい、注目を集めたい、同情を引きたいなどの社会的な利得も含まれる。病気でない人にまで、病名を与えて治療をしてしまうのは、しばしば薬害は指摘されるけれどそれ以上に、本人の自浄作用による回復を妨げるばかりではないか。いわんや自己診断の自称なんて。

47:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/05/31(水) 22:52

私は少し前に「shadowverse」というカードゲームを始めた。
対戦型カードゲームで、お互い20点のライフが与えられている。
七つのクラスごとに異なる特色を持つカードと、クラスを選ばないカード、二種類のカードで構築された、計40枚のカードの能力を駆使して試合を有利に進め、先に削りきった方が勝ちというルール。

まあ、それは本筋じゃない。

そのカードゲームに限らず、多くのゲームには「プレミ」という言葉(あるいはそれに準じた言葉)がある。プレイミスである。考えうる最善手を逃したりしたときにそう呼ばれる。

この複雑極まる現実に、最善手と呼ばれる手はなかなか見えてこない。見えたらどんなにいいか。
手札が両手で数えられるほど、場に出ているカードも10に満たないのに、それでも時としてプレミは起こり得るし、避けられない性質を持つ。
しかし、そんな現実でもおそらく「最善手あるいは、定石」はある。
そのひとつとして、「行けるんであれば、なるべく学校に行く」ことは、それに当たる。

私はプレミ伝道師だと思う。
だから人のプレミのおそらく行き着くであろう場所が痛いほどわかる。
自身は最善手を行けなかった分際で、いやだからそこ、最善手をなるべく行ってほしいと、少しでも勝つための努力を惜しまないでほしいと、老婆心ながら思っている。(まるで私は諦めたような言い方だけど、そういうわけでもない)
シャドバの一試合はたかだか10分程度だけど、ひとの一生はひとつの余興にしてはあまりにも長い。くれぐれも間違った手を踏んで、後悔を引きずって欲しくはないと切に思う。

48:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/05/31(水) 23:00

不安なのは私だけかと思ってたけど、それを包み隠してあくまで気丈に振舞ってるだけで、みな大小の不安は内に秘めてるんだなあ

それを思うと私はなんて情のない

49:匿名:2017/05/31(水) 23:28


お見事、名文だね。

全面的に同感だわ♪

世の中には性格的に「うつ病気質(うつ病患者では無く)のヒト」がフツーに存在していて
彼らはかつて単なる「心配性(しんぱいしょう=気にしい)の人」と呼ばれてはいたものの‥
決して病人認定まではされていなかったからね。

昨今のメンタルヘルスブームの台頭によって、晴れて都合の良い心疾患名(病名)を獲得した人々が、
嬉々として「公認モラトリアム」のエリアと期間を大幅に拡張しまくってるワケなのだが;‥


アイツらは‥無自覚のままに「やがて直面する“猶予解除後に落ち込む谷”の落差」ってものを、
半端無く深く暗いレベルにさせてしまってるんだけどなぁ;‥。

50:サビぬき。◆Ow:2017/06/01(木) 18:49

>>49

何故だかHN消えてるけど?!‥オレ。

51:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/07(水) 23:33

謂わば不登校や引きこもりというのは、

「再現なく(見えない)だけ借りることの出来る消費者金融」

とか、

「ピンチになったときの給料の前借り行為」

に等しいわけですから、つかの間モラトリアム延長より、現在の自分が楽な心持ちになれたとしても、そのツケを払わされるのは、他でもない未来の自分でしょう。問題の先延ばし、当座しのぎと言われても仕方ない。明日の自分が今日の自分より優れているなんて確証もないのに。

掲示板をやってると、いかにネットがリアルに及ぼす影響が寡少で、人の感情の機微が複雑で私の力の及ばないところにあるのか、嫌というほど思い知らされるので、もはや言っても仕方のないことなんでしょうけどね。

それでも・・・と思うから、こうして余計なお世話なことをチクチク言ってる訳なんですが。

52:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/08(木) 00:09

塾長さんにいま出ているだけの宿題はしなくていいと言われた。その話は私を担当している先生にも届くらしい。

帰り際に話しかけられて、宿題の話になった折、なかなか宿題が思うように進まないことを言った。

実際、宿題が終わりそうになかったから、一旦夜中の1時に切り上げてたり死んだみたいに3時間眠ったあと、アラームで無理やり起きて朝の4時からまたやってなんとか期日に間に合わせたこともある。

すると、「いまはまだ無理をするより同じペースで続けることが大切だ・・・(?)」のようなことを言ってくれた。偶然にもきょう母親に同じようなことを言われた。表情からなのかなんなのか、焦燥感からくる虚勢が見抜かれてたらしい。

じゃあ端からそこまで出さないで・・・と思ってしまう。せっかく心配して頂いたにもかかわらず、なんて厚かましい。

ほどほどの頑張りがわからずに、具体的な数字を示されないと困り果ててしまう。不安と義務感に突き動かされて、あればあるだけやってしまう。

私はあんまり器用じゃないから、不正は嫌いだし、小狡くやり過ごしたり、バレない程度に手を抜いたりすることは得意じゃない。白か黒かの両極端で、やるならやる、やらないならやらない。

無理が祟ったのか、最近はなんだか体調が優れない。自分の意志と裏腹に、コンディションがどんどん悪化してゆく。

53:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/11(日) 18:38

ふだん私を小馬鹿にしてばかりいる後輩が、いざ背中を任せると「先輩だいじょうぶですよ」とか柄にもなく励ましてきて。いっちょまえに緊張しているはずなのに、その癖、緊張の素振りも見せないものだから、心強いのなんの。いままで敵に回していた(?)強大な人間が、突然味方に回ったときのような、ミョーな安心感を得た。ジャンプにありそうな。そんな部活の一幕。

私はなんだか同級生や、果ては後輩までいじられやすいというか。まあなんていうか、抜けてて、忘れ物が多かったり、仕草が大げさったり、自虐に走って見せたり、私はそれを「あえてお道化てみせてるだけ」という認識だった。でも残念ながら、生来的なモノも少なからずあるみたい。愛されるというよりは、慕われて、もっとこう威厳を見せつけて風を吹かせたりしたかったな。叶わぬ夢か・・・。

54:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/11(日) 18:58

「学校に行ってない人」が学校についてのアドバイスをできるはずもない。何も治療者は超人的あれとは言わないが、アドバイスには相応の知悉が必要になる。

よしんば形だけできたとして、それは間違いなく、「学校は不要である」という結論に傾く。妄想的なまでに肥大した教育への逆恨みとともに。

学校の意義についてキチンと気づき、よく理解できている人が、にもかかわらず休んでいるということは有り得ない。ネットにも頼りになる人はいるだろうけど、それを取捨選択できないのであれば、悪いことは言わい。素性のわからない人よりも、リアルの大人に聞きなさい。

55:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/11(日) 19:27

塾長に言われたことで、なるほどと思ったのは、

「自主勉強に時間がかかる」と言い、「ちなみに、わからない問題にあたったときにどうしてるの?」と聞かれ、「空欄が気になるから極力調べる」と、私が言ったのに対して、

「完璧を求めるあまり、わからない問題に時間をかけすぎないこと。家で1時間かかった問題が先生に聞いたら5分で終えたとして、55分は無駄にになってしまう。空欄で空けておいていい。センターや入試になってくると、わからない問題を飛ばす訓練も必要」

「それに教える先生としても、わからない問題をよく理解しないまま調べて解いてしまって、実力を過大評価するより、空白で提出して苦手を把握した方が指導しやすい」と仰られた。もちろん完全にこのとおりじゃないけど。

妙に納得して腑に落ちた。さすがプロだなー、と。私の自学自習がめちゃくちゃ効率が悪いのって解けないと詰まって、ヘンに完璧主義だから先に進めないからにほかやらない。そのままソシャゲと机をうろうろしながら、ろくに解けないまま自責に苛まれつつ床につく。よくない。ハッキリした。視界が一気にが開けた。

56:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/13(火) 22:01

追い抜き車線ならぬ追い抜き歩道を作ってほしい
せめて田舎道の幅をもうすこし広げてください

私は一定の速度で歩かないと横にバタンと倒れてしまう自転車のような典型的早歩きモタク

横にべたーっと広がって喋りながら歩く女子学生らしい集団が前にいると、じれったい思いをする。追い抜くにしてもスペースがなく不自然だし後ろにつけていると死んでしまいそうになる

いや私が女でも夜道に後ろから抜こうとする男は変質者かと思う。振り返る気持ちもわかる
でもあからさまに怖がったりチラチラ振り返られたりすると何もしてないのに罪悪感に苛まれる
自分のペースで道を歩くことさえ許されないのか

一気に抜かそうものなら、それこそ不審者そのものではと思案して、結局は不本意にノロノロ歩いてコンビニへにでも入ってくれることを祈るゲーム

最悪だったのが部活がないんで早く家路についたときの駅から抜けた辺りの一本道

小学生くらいの女の子が前を歩いてて、それがあまりにも遅い。どんなに意識的に歩調を遅くしようが、じょじょに間は詰まる。この構図はまずい。ずっと後ろをつけたら、かえってそのほうが不自然だから、サッと抜かそうとした

そしたら、あろうことか私のことを一瞥、怖がってかペースを上げて一瞬小走りになる。やめて。変に張り合おうとしなくていいのに

追い抜き失敗して再び減速する私の奇怪な行動は完全にロリコン変態ストーカーの特殊性癖かなにか

女児を見つけ、横につけて早歩きをし、日があるうちから怯えさせる様は見る人が見れば犯行

結局車道を挟むあたりで無理やり抜かしたけど、怖い思いをさせて申し訳ないし、私だって周囲の目が怖いさ

後ろからズンズン速い人が来るときは、変に対抗心をむき出しにせず、大人しく減速してほしい。お互いのこころの安寧のために、それがベターなの

57:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/15(木) 23:10

きょうは中学でサッカーを辞めてからだから、実に3年ぶりにまともに走った。あいだもちょくちょく遅刻の駆け込み乗車はあったけれど、キチンとした格好で、しかも手ぶらで走った記憶は、もう思い出せないくらいに遠い。

走った感想としては、気管支と心臓が痛い。少し走っただけでも肩で息をして路肩のほうへ緊急避難。なんて情けない。
身体が想像の中のそれより、重力に負けて重い。陳腐だけど自分のものじゃないみたい。役に立たない。
でも地面を跳ねるように蹴って、風を切ってぐんぐん加速する感じは、中学の頃のよりある気がする。引きこもってた間に筋力がついたのか。気負わないから走り方の変なクセが抜けたのか

吐くほど走ったあの頃よりも、誰に言われるわけでもなく勝手気ままに走ったいまの方が、ずっと楽しいという皮肉。まあ何でもそんなもん。

使わなくなると錆び付くのは何も運動機能に限ったことじゃない。脳みそのほうも残念ながら、例外ではないらしい。それがいまの私のこころに横たわって、あるいは覆ってかげりをつくる不安の種。言ったって仕方のないことだけど、言わないととてもやってられない

58:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/15(木) 23:28

日々のままならないあらゆる物事への不満や、

悶々とした性欲を、運動に無心で打ち込むことによって、

汗へと昇華させ、さらには運動機能の向上まで図ろうとする。

書いておいて嫌だなぁ・・・w

保健体育の教科書の理想とされる中高生か。
健康すぎて嫌気がさす。学生において不健康こそがかえって健康のはずなのに。
私は規則から逸脱して、ひとらしい道を背きたい。だれにも迷惑をかけず、法に触れない範囲で、だけど。

その時点でわたしはいかに小物か。大それたことなんてとてもできません。悲しくなる。

59:十六夜◆iBwmlT1/YU:2017/06/17(土) 22:40

駆け込み乗車気味に、お誕生日おめでとうございます!

私はまだあちらへ参ることができませんので、メンヘル板から失礼します。

60:匿名:2017/06/24(土) 18:59

キアラさんの仰る、「非常識な誕生祝い」って誰なんだろう?なにぶん守備範囲が狭いから、体系的な流れが見えないでいる。

(おっさん板かな。該当スレがないからなんとも)

せっかく新しいハンドルを得たんだから、
「あくまで演じきってみせる」くらいの、
気概はないのかな。たしか役者志望でしょ。

(人違いかもしれないが)

61:いざよい:2017/06/24(土) 19:27

名前がない。

後輩にスマホを貸す機会があって、
タクスにあるページが

「あんなに開いてたら重くなりたますよ」

とかで無断で消えてたわけ。私は前日の夜どんなページを開いたとか記憶にない。指紋認証にもたれ掛かりすぎたがゆえの内側のもろさ。せめて特殊なヤツじゃないといいけど。

safariにある哲学をはじめとする、深遠な学問たち、爆弾の製造法、まあ要するにアダルトサイトなんだけど、

あまりにも無防備だから、これはいかんと思って慌てて履歴を消したのさ。

そのときキャッシュとかcookieとかも消えたみたい。
男はいつだって諜報員なんだよ。たぶん。

62:委員長 hoge :2017/06/24(土) 19:30

横レス失礼します。
匿名さんへ

わたしは中学男子のおっかさんでして、役者志望ではないのですが。
(たぶん別の方だとおもいます、役者志望の方は)
たんに中学で演劇部だっただけで、生まれてこのかた一度も役者志望だったことはないのです。

どちらかというとはじめから「中学高校では学級委員キャラでした」をセールスポイント(❓)にしてたのですが。
ハンドルネームの選択をミスした結果だとおもいます(笑)

わたしは役者志望ではないから、キャラを演じるきもちはまったくありません。
あらし常習犯の書き込みに適当な返信をしたら、
(無視をすると片端から古いスレに書き込みをして、板をあらすので、ほかの方々に迷惑がかかります)
「きちんと話をきいてあげるべき」
なんて書く人がいらして。
(なんで「タヒね」だの「キアラてめえ」なんて書く人のカウンセラー役を、わたしがつとめなきゃならないのでしょう❓
かのあらしは、アク禁をくらっても。パソコンかスマホをかえて書き込みしてくるパターンのあらしらしいです、
あちこちの板で騒ぎをおこしたよう)
わたしもげんなりしたわけです。

わたしは平凡な母親でして。
役者志望ではございませんから。
別にあたらしいキャラを演じきるつもりはありません。

というわけで、スレ主さん、失礼しました。
(どこからわたしが役者志望なんて説がでてきたのか❓まったくわかりません)

というのが改名の直接の原因です。

63:いざよい:2017/06/24(土) 20:09

>>62
ごめんなさい。
匿名は私のハンドルの入力ミスで私は、「いざよい・十六夜」と申します。
私のいう役者志望というのは、キアラさんではなく別人です。私の不用意な書き込みから、何か重大な誤解が生じているようで、釈明させて下さい。

まず、貴女もハンドルを変えたタイミングで、>>61の書き込みは言葉足らずというか、不適切でした。お詫び致します。申し訳ありません。

役者志望というのは、むかし、まだこの葉っぱ天国に「喧嘩板」という板があった頃、ある男がいました。それが今回もまた現れたのではないかと考えての書き込みです。しかし、同一人物という確証はないので、名前は伏せさせて頂きます。

その男は利用者を悩ませる行動で何度もアク禁処置になりながらも、懲りずに書き込みを続けています。

私はふつうにしていれば割と好感をもっているのすが、どうも、もはや、ふつうにできないようなので。今回のある人も、その男のステハンではないかなー、と。おっさん板の特定の人にウザ絡みしたり、文体を見て思った次第です。

キアラさんの話題は、「キアラさんの仰る・・・(後略)」で切れています。以降はその男の話題で、「たしか役者志望・・・」は、「おっさん板かな。該当スレ・・・」にかかっています。

以前より書き込みを拝見し、キアラさんは、生真面目でお優しい受けました。葉っぱ板には貴重なオトナして、相談等、今後ますますのご活躍をこころからお祈りしております。

64:サビぬき。◆Ow:2017/06/24(土) 20:31

>>62

ちなみに十六夜くんの弁明(?)は、以前からこのサイトに居るコテハン達にとっては
違和感無く共有されている認識なので、どうかサラリと理解してあげて下さいな?

尚、この件についてはオレも自スレでそれとなく言及しておりますので、併せてご参照願います。

65:いざよい:2017/06/24(土) 21:07

>>64
サビぬき。さん、お気遣いありがとうございます。

────────────────────────

話は変わるけど、豊田真由子議員について。
ひとりふたりじゃなくて百人単位の、大量離職が相次ぐっていうのは、そのすべてが役立たずとは考えにくいし、人員そのものの欠陥というより、使い方の問題のよーな。杜撰な作りの玩具か、よく玩具を壊すやんちゃな子どもか。

何度も求人してるとこがブラックっていう理論はわりとわかると思うけど。よく壊すから、そのぶんの補填が必要になって、結果としてよく名前を見る。
以前、うちは就職希望者も多いから、ハローワークから人が招かれて授業なされた際に、

「求人誌に何度も載るような企業はわれわれのほうでも弾くから。高校生が最初のバイトだろうから、給与面は譲ってもそこ(職場環境)は特に気をつける。だから安心して」

的なことを仰っていたのを思い出した。職を転々とされて最終的にその経験を活かすハロワに落ち着いたんだったらしいが、その言葉にプロフェッショナルを感じてスゲー記憶に残ってる。

ああ、夏のあいだ塾がなければバイトしようかな。何かとお金がかかる歳、漠然と自由にできるお金がほしい。両親には出費ばかりで申し訳ないし、家族で飯に行ったりもしたいかと。

66:サビぬき。◆Ow:2017/06/24(土) 22:13

>>65

>夏のあいだ塾がなければバイトしようかな。

うん、それいいな〜(笑)

上手くタイミングが合えば、是非とも頑張れッ!w

67:委員長:2017/06/25(日) 09:06

十六夜さんへ

大変失礼しました。
葉っぱ天国にキアラというハンドルネームをもち、役者志望の女性がいらしたのかしら❓
と焦ってしまいました。

わたしも十六夜さんのスレは大好きで、文学論に関する書き込みを拝読したときは非常に共感した記憶があります。
お体を大切におすごしくださいませ。

PS 相談員からは手を引き、自分のスレだけにこつこつ書き込みをする「図書委員長」か「文庫係」(わたしはいじめ板に、いじめられてる方や不登校の方むけの書籍を紹介するスレをもっております)になろうかしら❓
と考えております。
いやなのです。
過大評価されるのは。
自分はそうした評価に値しない人間であることはわかってますから。
(聖母が喧嘩なんかするわけありません。
おかげでご迷惑をかけたA夫人がお体をいためられても、お見舞いにうかがえなくなりました。
「あわせる顔がないわ」です。)


新着レス 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS