イケメンしんどい

1: わっふる:2018/03/25(日) 21:20




「男子運動部の女子マネージャーって評判悪くならない??」

10: わっふる:2018/03/27(火) 00:11



>>8

ぐ、具体的には……!?
改行を、ということなら!

ありがとうございます大好きです。

11: ましろ◆r.:2018/03/27(火) 07:26

この改行でも読みやすいです

12: わっふる:2018/03/29(木) 18:48


>>11

了解です!ありがとうございます!

ーーーー


……なんて言うか、圧巻の一言だった。

最終クォーターで試合入りした直後から、榛名の勢いは凄まじかった。
まず、相手のディフェンスを次々と抜いていく。こんなこと言ったらすごく失礼だけど、あの高木君すらも目じゃないような身軽さとスピードだった。
そして、突破されたディフェンス達が必死で追いかけるも届かず、ゴール下まで行った榛名は軽々とシュートを決めてしまう。この一連の流れの繰り返しのようだ。
毎回ごとに違うのはシュートの種類で、遠くから打つこともあれば近くから打つこともある……いや、何ぶんバスケには疎いものでしてね。詳しい説明ができないのは大変申し訳ない。

「きゃあああああああ榛名ああああああああ!!!!!」

そして待望の榛名の活躍で、喉を潰すんじゃないかっていう勢いで叫ぶファンガールズ。
榛名が抜くディフェンスの数にその歓声の大きさが比例して、シュートを決めたらそれが絶頂に達する。もはや悲鳴だ。絶叫だ。これもまた榛名の一連の動作に伴って繰り返されるのだ……おい榛名、そろそろ死人が出るぞ!!!

「平床ーーーーーーー!!!!!!頑張れーーーーーー!!!!!!!!!!」

ファンガールズに負けないように、私も声を張り上げる……とはいえあれだけ沢山のファンがいるんだから、榛名の応援には回らないことにする。私はあくまでも平等に愛するのだ。
……いつも口煩い榛名を応援したくないとか、別にそういう訳ではない。ないったらない。

しかしただ叫ぶというこの行動も、引きこもりにはなかなかの重労働である。
声をしっかり届けるためには腹筋使わないといけないし、息をたくさん使うから酸欠にもなるし。何より榛名ファンの歓声に押しつぶされてしまうから、余計に声を張り上げなければならなかった。蒸し暑い室内ということも相まって、叫ぶたびに体力がゴリゴリ削られていく……あぁ、なんだか目眩がしそう……ぐぅ。

……とそこで、何重ものディフェンスに囲まれて身動きが取れなくなってしまった榛名が、やむを得ずシュートを打つ……と見せかけて、近くの吉田にパスをした。榛名に集中していたディフェンス達があっと驚く暇もなく、ノーガードの吉田が軽々とシュートを決めて見せる。思わぬフェイントに、会場からはわっと歓声が上がった。私もここぞとばかりに声を張り上げて吉田の健闘を讃える。

「いいぞーーーーーーー!!!!!!いいぞ吉田ーーーーーーーー!!!!!!!」

会場の皆さん、今シュートを決めた彼の名前は吉田君と言うのですよ!スカウトなりなんなりすれば良いですよ!!……気分はさながら、自分の息子を自慢する母親だ。

一見榛名のプレイが目立つこの試合だけれども、なにも榛名だけが凄いわけではない。他のメンバー達も復帰したばかりの榛名にかかりきりにならないよう、できることを精一杯頑張っているのだ。でなきゃ今みたいなスーパーコンビネーションできないだろう??……なんて脳内で解説してしまう私は一体何様なんだろう。

しかし、先程から吉田は私からの声援が飛ぶたびに顔を青ざめさせ、周りをチラチラと見ながらそそくさと去って行ってしまう。気付いてるはずなのにその反応はなかなか辛いよ吉田。

「なんでだろ……」
「あああああああああああああ榛名ああああああああ!!!!!!!」
「…………」

 全部読む/最新50/書き込む

イケメンテロリストは女の子と女の子がお好き

1: 零:2017/03/20(月) 13:38

皆さんこんにちわ私、零って言います
ギャクハ―レム小説を書きたいなって思います。
好きにキャラを足してくださったらうれしいです
こんなあらすじです
この世界は偽りで満ちている
時代は第二次世界大戦の真っ只中の日本は、旧日本軍や日本政府は圧倒的な力を持つにゃらとほてぷと契約し異能の力を得た自国の勝利などどうでもよくただ破壊と支配に植えた残虐な者ども、漆黒の聖十字団が、とりしきり破壊と殺りくのかぎりをつくしていたが、魔王アザトースと契約を交わしていたアメリカとの秘密裏に行われた、宇宙空間(彼らの存在自体がトップシークレットである)での戦争でアメリカに敗れ滅びたと思われていた。だが漆黒の聖十字団はの一部の残党は異世界に逃れ美しく友好的な種族である妖怪たちを、残虐な存在で人間の敵だと思わせるマインドコントロール計画、通称、聖なる鼓動化計画を遂行!。さらにそれを信用させるため、不気味な姿という偽りの姿の妖怪を描いた、絵画図百鬼夜行などの古の時代風の絵を作り、これを妖怪の伝承であるとマインドコントロールし、妖怪を不気味な残虐な存在だと思わせ、妖怪と人間を人知れず憎しみ合わせ、支配していた。その支配は現代までつずいており人々は、
妖怪を恐ろしいものであると考え、妖怪たちの奴隷化を押しすすめることを賛成するようになってしまったが、心優しく明るい少女モエカのみ、それが悪いことであると考え妖怪たちを助けたいと思っていた。が、助けることはおろか妖怪たちに声をかけることすらできずにいた。さてある日漆黒の聖十字団の残党による人々のマインドコントロールを目撃する、これによって妖怪が悪ではないと確信した彼女は急いで逃げるも、敵に追いつかれ存在を消されそうになり、恐怖のあまりその間で気を失うも、『おきて人間の女の子、僕のおひめさまになろうよ』という優しい声におこされる。そしてその声の主である赤い髪の中世的な鬼族の美青年がたっていた。彼は世界を人知れず漆黒の聖十字団からすくうことをもくてきとするイケメンの妖怪と人間による秘密結社の一人でかわいい子が倒れたから助けなきゃと思って自分たちの基地につれてきてあげたらしい。こうして彼女のイケメン妖怪によるテロリスト集団との萌えて燃える同居性格

2: 零:2017/03/20(月) 13:38

誤字ごめんなさい。萌えて燃える同居生活が始まったでした

3: 零:2017/03/20(月) 13:40

同居性格ではありませんです

4: 零:2017/03/20(月) 13:54

あっあとなぜ同居生活をするかっていうと、イケメン妖怪たちにかえっちゃだめっていわれたから、帰るのを諦めたからです

 全部読む/最新50/書き込む

「イケメン」とか笑わせんな。

1: HINATA:2017/01/28(土) 17:13

昨日、初めて葉っぱ天国に来たので、初めての小説で下手ですが、暖かい目で見守ってください!

2: HINATA:2017/01/28(土) 17:16

{マジで有り得ない}

有り得ないよね、こういうの…

女子1「マジでイケメン〜♥」

女子2「カッコイイ〜♪」

?「ありがと、皆」ニコッ

あいつがイケメンとか

笑わせんな。

3: HINATA:2017/01/28(土) 17:23

{あいつと私}

あいつ…柊太は、私の幼馴染み。

柊太は凄くモテる…ウザいぐらいに。

柊太「あれ?裕乃じゃん、どこ行くの?」

私の名前を気軽に呼ぶ柊太。

マジでやめてよ…

女子の目線、怖いからさ〜…

4: HINATA:2017/01/28(土) 17:34

{関わってほしくなくて}

柊太はモテるけど、私はモテてない。

ホント、羨ましいよね。

柊太「で、どこに行くの?」

裕乃「いつものカフェで愚痴を聞いてもrうわぁぁぁああああああああああっ!!!!!!!!!」 ←

なんで居るの!?

ってか、着いてきてたの!?

 全部読む/最新50/書き込む

普通少女とイケメンくん

1: あす:2016/11/06(日) 20:34

題名通りだよ
恋愛になるといいね

 全部読む/最新50/書き込む

私とイケメンの恋 〜最終的な判断は私〜

1: カツゲン◆6s:2016/10/10(月) 14:11

私__花乃(はなの)は高校2年生。同じシェアハウスに暮らす実(みのる)、太一(たいち)、流星(りゅうせい)、遥希(はるき)との恋が、今、始まる____。

 ちょっと不思議な共同生活は、いかが?

11: カツゲン◆6s アトバイス、ありがとうございます!:2016/12/17(土) 22:22

花乃…「 」
実…“ ”
太一…( )
流星…< >
遥希…{ }

にします!

12: カツゲン◆6s アトバイス、ありがとうございます!:2016/12/17(土) 22:42

3.花乃

(俺は花乃のこと、好きだけどな)
……太一のあの言葉が、頭から離れない。あれから太一は、なんだかぎこちない。私が話しかけても、シャキッとしない。私たちが付き合ってるって噂も、実たちみんなに知られて、なんかギクシャクしてるから、朝も一緒に学校に行かない。行ける雰囲気じゃない。

「おはよ」
(……おはよ。俺もう学校行ってくる)
「はやくない?まだ6時30分だよ?」
登校時間は8時半。
(友達待ってるから)
「そっか」


いつもこんな感じで、前の生活と全く違う。

“花乃、もう起きてたんだ”
「うん」
“太一は?”
「もう学校行った」
“ふーん。あのさ……”
「何?」
“太一とお前、付き合ってんのか?”
「……へ?」
“まさかな、お前ら付き合ってたら、一緒に学校行ってるもんな”
「うん」
{なんかあったの?}
「遥希、起きてたんだ」
{さっき起きた。で、何?}
「うん……いや、いい!」
“{へ?}”
「だって、相談してもなんも得にならなさそうじゃん」
“俺ら、信用されてねーな”
{でも、俺らは信じてるよ。おんなの、嘘だろ?}
「当たり前じゃん」
“よし、飯食うか”
「いただきます」


まあ、実と遥希とはなんか仲直りできたからいいか。

13: カツゲン◆6s 書き込み頻度が低くなります。 感想、お待ちしております。:2016/12/28(水) 01:02

4.実

“ふぁーー”
何か今日は早く目が覚めた。布団の中でぼーっとしてると、
「おはよ」
(…おはよ。俺もう学校行ってくる)
「早くない?まだ6時30分だよ?」
(友達待ってるから)
「そっか」
…2人の会話が聞こえてきた。付き合ってるにしても、ぎこちない。今日しかない。聞いてみるか。

“太一とお前、付き合ってんのか?”
ーもう、後にはひけない。花乃、困ってる。自分から否定してみると、「付き合ってない」と言われた。ホッとしてる自分がいた。今にも“俺もお前が好きだ”と言ってしまいそうだった。でも、そんなこと言って太一と同じになりたくない。

 全部読む/最新50/書き込む

次のページ>>

全スレッドキーワード一覧サイトマップ