わたしの学校生活

1: 乙女:2018/01/25(木) 20:30

題名の通りです❗

37: 乙女:2018/02/19(月) 20:27

ペチャパイがなんと‼
Bカップになったからもうそう呼べない❗
だから( ・`д・´)
腹黒と呼び方変えます‼

38: 乙女:2018/02/19(月) 20:28

だーれーかおーいーでー(^o^)

39: らいみぃ:2018/02/19(月) 20:58

はいw読む&コメしたんで宣伝wwwww

果実99%、読んでね

これ、続き読みたいな

 全部読む/最新50/書き込む

恋と自分と学校と、

1: 愛◆nw:2017/11/25(土) 20:02

百合、廃校、

>>2主人公
>>3登場人物
>>4環境



9: 愛◆nw:2017/11/25(土) 22:10

ポロン。

静かな音色だ。

大きくて、騒がしい音が好きという人もいるだろう。が、私は、
私はこれが好きだ。

何より、1人でいれる。

ピアノに興味を持って此処に来る人なんて、この学校にはいないだろう。


「...だから、–––?」

言いかけて、口が止まる。
何だ?

–––何かの気配? 誰?

多分、此処目当てでは無い––––


「...誰?」

10: 愛◆nw:2017/11/25(土) 22:14

「ッ、」

また私の思考を切られた。
突然の音に驚いてしまう。くそっ、

だが、確かに聞こえた音に。

「...何ですか?」

初対面の相手に突然話しかけて「誰?」とは何事か。
思い切って言ってやろうか?

「ごめん、素敵だなぁと思って」

–––––は?

11: 愛◆nw:2017/11/28(火) 21:37

「だって素敵だよ!あなたみたいな綺麗な子がピアノを弾いてる!しかも、1人で。」

–––私は、その声の正体に気づいた。
...一年生だ。リボンの色が違う。
一年にしてはやけに背が高い、なんて思っていたら

「本当に素敵だよ。あなた...名前は?」

さっきから勝手に話しかけてきているこの子は、一体私の何が気になっているのだろうか。

「...普通、そっちから名乗る物じゃないの。一年のくせに、分からない?」

強めに言ってやれただろうか。もう私は1人でいたい。

そう、ずっと1人で––––


「あ––ごめんなさい、私、奈子。彩野奈子っていーます。」


彼女はそう言って私の手を握ってきた。

 全部読む/最新50/書き込む

学校Lifeー

1: 唯美:2017/10/16(月) 21:00

こんばんは〜‼
これから「ー学校Lifeー」といういじめ小説書いていきます!Lifeだから生活。つまり学校の生活と一緒にいじめをミックスさせます!
じゃあ次から書き始めるので見てくれたら嬉しいです!

5: 凛:2017/10/17(火) 23:49

凛には黙っておこう。

先生「今日は入学式なので持ち物などの説明をします──…」
何やら長い話が始まった。
そして十分ほど経つと
ポンポン
肩を叩かれたんだ。
振り向くと後ろの席の子が小さな紙をひらひらさせている。
優美「…?」
そして受け取り中を見てみると、
リエルからだ。
『今日の放課後時間ある?無かったらちょっと残って』
そしてリエルの方を見るとリエルは私にウィンクをした。
優美(なんだろう…)
なんか私やばいことしちゃったのかな……………怖い。
そして先生の長い話は終わり
キーンコーンカーンコーン
チャイムが鳴った。
私は座っていると
リエル「今日時間ある?」
リエルの後ろには優香たちが控えるようにたっている。
優美「うんあるよ」
リエル「分かった!じゃあ放課後ね!」
優美「うん…」
そしてリエルたちが戻った後凛が戻ってきた。
凛はマスクをしていた。
優美「凛、大丈夫?」
凛「うん、風邪気味だけど平気」
優美「そっか」
その時私は何故か強い視線を感じた気がした。
そして振り返るとリエル達が凛を睨みつけていることに気がついた。
凛「優美…?」
優美「な…なんでもない」
凛「そーなんだ。今日は入学式だから次の授業で終わりだよ。」
優美「そ、そうなんだ!」
凛「うん」
そんな話をしているとキーンコーンカーンコーン
チャイムが鳴った。

ガラッ
先生「席についてくださーい。今日は──────…」
また長い話だ。
私は正直聞く気になれなかった。なぜなら放課後が怖いから。
この授業が終わったらリエルたちが待っているんだ。
怖い…。さっき凛を睨んでたし。。。
凛になにか恨みでもあるのかな………………。
私もなにか関わってるのかな。。
そしてそんなことを考えていると
先生「これで終わりまーす。じゃあ学活始めててー」
皆「は──い‼‼‼‼‼‼」
帰り学活は10分だ。

10分後……
終わっ…ちゃっ…た…。
そして帰り学活が終わるとリエルたちが来た。
リエル「行こ」
優香「優美ちゃん行くよね」
紗奈「ちょっと話があるの」
マリ「これ結構真剣な話なの」
優美「分かった…」
凛「…………」

そして連れてこられたのはトイレ。
トイレなんて呼び出しスポットで有名じゃん。
超怖い。
そして私が黙っているとリエルが口を開いた。
リエル「ねぇ」
優美「な…なに!?」
リエル「優美はさあ──…」
優香「凛と友達なわけ?」
紗奈「それ私も思った。なんであんな地味子といるの?」
マリ「ねえー」
優美「えっ…一緒にいる理由は友達だから。あと地味子なんて────…‼」
リエル「ねえ凛と友達やめなよ」
優美「え…そんな………」
リエル「やめるよねえ!」
バンッッ!
リエルがトイレの壁を思いっきり叩いた。
優美「ひっ……‼う…やめ…る」
リエル「だーよね!やめるよね!じゃあいじめない!?」
優美以外「さんせーーーい!」
紗奈「優美は?」
優美「や、やる」
リエル「良かったー!じゃあみんなまず無視からね!凛に話しかけられても無視だよ!裏切り厳禁だからね!裏切ったらその時は…どうなるか分かってるよね」
皆「うん」


こうしてリエルたちの味方に付いた優美。
これから凛たちの友情はどうなるのか─────…!?

6: 凛:2017/10/17(火) 23:51

訂正…『今日時間ある?あったらちょっと残って』
でした!ほんとにすみません!

7: 凛:2017/10/18(水) 20:52

そして私が教室へ戻ると
凛「優美ー来てー」
優美(どうしよう…)
私はふと後ろを見るとリエルたちが私を睨みつけていた。
明らかにこっち来なさいよという目で見ていた。
凛「優美?」
その時私がとった行動は無視だった。
優美「リエルちゃーん!今日一緒に帰ろうよ!」
凛「え…ゆ…」
リエル「OKーー!」
マリ「私もかーえる!」
紗奈「私もー!」
優香「私も私もーーーー!」
優美「じゃあ帰ろ」
リエル「ウン!」

 全部読む/最新50/書き込む

よくわからない学校生活

1: しょゆでか:2017/10/14(土) 18:20

注意:実際にあった事を元にしています。悪コメ、割り込みはやめて下さい。
>>2 登場人物
>>3 プロローグ
>>4 ストーリー

 全部読む/最新50/書き込む

島津小中学校の物語!

1: いちごみるく:2017/10/14(土) 16:18

【STORY】
島のある小中一貫校。
小学生は15人、中学生は20人。
主には小学生を中心にしている。

4: 聖人と化した者:2017/10/15(日) 01:06

>>3
設定も大事だと思いますよ。
焦らず、本編まで待ちましょう!

5: いちごみるく:2017/10/16(月) 19:13

【登場人物】(456年生)
近江凛音/おうみりんね
島津小中学校に通う小学5年生
家は地元では有名な代々続く近江着物屋を営んでいる5人兄弟の末っ子で母親が45歳の時に産んだ子で兄が2人と姉が3人いる。
普段は着物屋の娘なのかよく着物を着ている
「凛音」という名前は両親の親しい親友であるお寺の人につけってもらった。
皆から「凛ちゃん」と呼ばれている。
生年月日/1995年11月21日
星座:蠍座(さそりざ)血液型:O型

6: いちごみるく:2017/10/16(月) 20:37

私は近江凛音、私は近江着物屋という地元でも有名、私は生まれも育ちも田舎の島津。
凛音はお寺さんがつけてもらった。
5人兄弟の末っ子としてね?
長兄、大学生(21)神楽(かぐら)
次兄、大学生(18)出雲(いずも)
長姉、高校2年生 初音(はつね)
次姉、中学1年生 憂音(ういね)
と皆、歳バラバラだけど、
元気で仲がいいです。
母親は徳音(とくね)です。
憂音お姉ちゃんとは一緒に登校しています。

 全部読む/最新50/書き込む

学校の憧れ

1: ひらり:2017/09/22(金) 22:56

病気の子が学校に行くまで?のお話です。読んでぐれたら嬉しいです!

2: ひらり:2017/09/22(金) 22:59

1、カウントダウン

毎日が死の隣り合わせ。拡張型心筋症はそんな病気。ベッドに寝て、人工心臓をつけて。こんな場所。暑苦しいよ。助けてっ!

3: ひらり:2017/09/22(金) 23:34

学校入学直前ーーー今から3年前かな?心不全で、救急車で運ばれたのは。

4: ひらり:2017/09/23(土) 08:59

登場人物

如月 優愛
七名瀬 月見
有栖川 しな
胡桃 ゆり
玉野 夏  
釘村 耕平
辻村環

 全部読む/最新50/書き込む

恋・友・学校〜いつもの場所〜

1: 恋雪◆wU:2017/07/25(火) 11:09

はじめまして。
恋雪です。
私は、小説をかくのは下手かもしれませんが、
よろしくお願いします!!

ここでは、恋や、友達、学校など、
さまざまなテーマで話しをかこうと
思います。


最初の一発は、「恋」にしようとおもいます。
それではスタート!!!!

↓↓↓

16: まい◆8Q:2017/07/26(水) 12:36

うんっ!

17: 恋雪◆ZwU 更新遅くなりました笑:2017/07/26(水) 18:48

6.はじまして〜side叶太〜
よ!俺、相原 叶太,よろしくな!
なあ、聞いてくれよ〜
俺ん家に、同じクラスの結城 夏果ってやつがやってきたんだぜ!
あいつ、すごく頭が悪くてさ、そのうえどんくさいやつだから、
一緒にいたくないんだよな〜。
でも、母さんはあいつが来てはしゃいでるし、妹の叶実とは知り合いだし、
いろいろ迷惑・・・・って言いたいけど、俺、あいつがきて家が
楽しくなったような感じがするんだ。【もちろん、ちょっとだけだからな!!】
まあ、よろしくな!

18: 恋雪◆ZwU:2017/07/26(水) 19:01

7.期末テストは恋の予感❤
私、最近おもうんだ。
叶太君と一緒に学校に行って、一緒に帰ることができるのは
うれしいけど(あ、一緒に帰ることも約束したの❤)叶太君が
私の事好きじゃなきゃ意味がないと思うんだよね〜(笑)
やっぱり、自分で行って、自分で帰ろうかな。っても思うんだよね。
だから今日は、一人で帰ってきたの。それにはもう一つ理由が...
    〜〜〜〜〜それは今日の休み時間〜〜〜〜〜
「なあ、結城、お前、俺に友達として認められてないのは
 知ってるだろ?」
あ、そうだったね
『うん。でもね、友達として認められるようにがんばる、つもり』
「ふーん。じゃあ、来週の期末テストで席次に入れ!
 そしたら、認めてやるよ!!」
え!?そんな〜。私が席次に載ったことがないの知ってるくせに〜(泣)
『無理‼‼‼‼‼』
そしたら叶太君ったら大声で
「はあ?勉強すればできることじゃんかよ!
 じゃあ、おれが教えてやるよ!家に帰ったら、徹夜で勉強だからな!」
『は、はい‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼分かりました!』
よっし!頑張ろうっと❤

 全部読む/最新50/書き込む

次のページ>>

小説キーワード一覧サイトマップ