東方二次】チルノのパーフェクト【咲夜】教室

1: チルノのお兄さん:2018/08/11(土) 07:51 ID:Zy6

チルノメインの小説でも

4: チルノのお兄さん:2018/08/11(土) 09:06 ID:Zy6

感想求む。

5: チルノのお兄さん:2018/08/12(日) 10:45 ID:Zy6

>>3

6: kamito◆AM 飛びたて、声をかざして。:2018/08/18(土) 19:20 ID:Zy6

>>3の続き。

けーねの手紙には続きがあった。

『…あとで私も行くから待っててほしい。久々に飲みたいからな。それまで二人の面倒頼んだぞ?』

他にも書いてあったが似たような内容だったので省く。
まあ、厄介ではあるが異変ではないからな。
あのクソ巫女に狙われる心配もないわけだ。
まあ、端からそんなことは考えちゃいねーが。

「もこう、はやくいこー!」

…コイツの存在忘れてたな。
チルノってバカだけど強いからな…。
負けないにしても変に刺激しない方がいいな。

そのあと私たちは竹林の中を巡り、目的の場所に到着。
大妖精が持ってきた、弁当をごちそうになった。
その礼とまではいかないが、二人が昼寝してる間、私はあたりの警戒をしていた。

「それにしても、大妖精の料理は旨かったな。ミスティア程ではないが。」

続く?

 全部読む/最新50/書き込む

東方幻想狂ー東方project二次創作ー

1: 堀川諏訪子@ルパモ◆Pc hoge:2018/07/14(土) 22:55 ID:ex.

初めて立てました。
にわかさんなので、名前を間違えたりします。その時はご指摘よろしくお願いします。
更新が遅くなる時があります。つぶやきにいるので、遅かったら声をかけてくれると幸いです。
※時々死んだり、グロシーン入ります。お気をつけください。
 アドバイス以外は乱入をお控えください。

16: 堀川諏訪子@ルパモ◆Pc:2018/07/18(水) 20:55 ID:I3s

追加キャラです。
に 河城にとり
        です。たぶん漢字間違ってると思います

17: 堀川諏訪子@ルパモ◆Pc:2018/07/18(水) 21:19 ID:I3s

第二章 守矢神社
魔「早速行こうぜ!」
パ「待って。こっちから何か通信できる手段があれば、楽に倒せるかもしれないわ」
咲「誰かいましたか、そんなことが出来る人…」
?「そんな時こそ__」
に「私の出番だよ!」
レ「…河童か」
魔「にとり、いつからいたんだよ」
に「そりゃあさっき私の作った瞬間移動装置で侵入させてもらったんだ。来たのはたった15秒前なのに、なんで気づかないんだよー!」

18: 堀川諏訪子@ルパモ◆Pc:2018/07/18(水) 21:20 ID:I3s

もうダメ…
ネタが思い出せません。落ちます

 全部読む/最新50/書き込む

移動して東方の小説再開

1: 顧問のおっきーな:2018/06/20(水) 20:16 ID:C8.

移動しました。
一話目は小説の方にあります。
スミレさん、ご指摘ありがとうございました。

4: 黒夜:2018/06/20(水) 21:22 ID:C8.

色どうしちゃってるんだ?
わかる人教えて!

5: 顧問のおっきーな:2018/06/20(水) 21:35 ID:C8.

上は私のですww
すみません

6: 映姫さん hoge:2018/06/27(水) 04:49 ID:N4s

色は反転するそうですよ

 全部読む/最新50/書き込む

東方ニ次創作

1: 夏:2018/06/03(日) 20:04 ID:Wn.

東方キャラが雑談するだけの短編集
・会話が台本式
・アドバイス、感想オッケー荒らしはお断りします。
それではスタート

4: 夏:2018/06/03(日) 20:38 ID:Wn.

魔理沙 おーい、霊夢
霊夢 誰?…なんだ、魔理沙か
魔理沙 なんだって…まぁいいや今日は面白い道具を持ってきたんだ
霊夢 どうせ禄なものでもないんでしょう?
魔理沙 これがやってみると意外と面白いんだぜ?嘘発見機っていうんだけど。
霊夢 うそはっけんき?何それ?外の道具?
魔理沙 外の道具かは知らん
霊夢 ふーん、それどこで手に入れたの?
魔理沙 …その辺に落ちてたのを拾ったんだぜ
霊夢 いやだめでしょ

5: 夏:2018/06/03(日) 20:54 ID:Wn.

霊夢 というか私はそんな怪しいもの触らないからね
魔理沙 いいだろ、別に
霊夢 だから良くないわよ。
魔理沙 いいだろ、嘘をついているか確かめてくれるだけなんだから。
霊夢 その道具が?いつ知ったのよ。
魔理沙 ほら、ここに説明書があるだろ?
霊夢 あ、ほんとだ
嘘発見器はこの道具に触った人が嘘をついたか確かめてくれる道具です。本当なら緑に変色し、嘘なら赤に変色しブザーが鳴ります。

6: 夏:2018/06/03(日) 22:24 ID:Wn.

霊夢 ふーん、取り敢えず危ないものではないのね
魔理沙 最初から信じろよ…
霊夢 まぁまぁ、いいじゃない
魔理沙 あ、危険じゃないこともわかったんだし、試してみろよ
霊夢 仕方無いわね…
霊夢 えーとここに手を置いて…何を言えばいいのかしら…
魔理沙 適当でいいだろ、私は女です。とか
霊夢 それいいわね、えーと、私は女です。
………
魔理沙 お、緑になってるな
霊夢 これ本物なのね

 全部読む/最新50/書き込む

東方project二次創作物語】 〜 夢現の追憶

1: 藤原 弥生:2018/05/20(日) 15:32 ID:m52

東方projectのオリジナル小説です。
原作と違う部分が有るかも知れません。

博麗霊夢

東方projectの主人公。

霧雨魔理沙

東方projectの主人公。

宇佐見蓮子

秘封倶楽部のメンバー。

マエリベリー・ハーン

秘封倶楽部のメンバー。


よろしくお願いします!

2: 藤原 弥生:2018/05/20(日) 16:18 ID:m52

蓮子視点

––––始まりは、彼女が夢の世界について、私に話し出したことだった。
彼女と言うのは、私の大切なパートナー、マエリベリー・ハーンこと、愛称メリー。
容姿端麗で、柔らかそうな金髪、きめ細かな肌、聡明な声。
ただ…唯一変わっていることがある。

いつものカフェ、いつもの席、いつものコーヒー。彼女は唐突に喋り出した。
「…夢を見たの」
私は、顔を上げた。「夢?」
「結界の裂け目じゃなくて?」
そう。彼女の瞳は、結界の“裂け目”が見えてしまう。それだけが唯一人と違うところ。
彼女は静かに首を振った。そしてゆっくりと口を開く。
「…この前、博麗神社に行ったでしょ。私一人で、夜中にあの神社の周りを一周したの。夢の中でよ?次に神社の鳥居を覗いたら、さっきまでの景色が一変してるの。山も植物もみんなみんな––豊かに生い茂って、太陽が出て、神社が綺麗に掃除されてて…」
そこで、彼女は深いため息をついた。対照的に、私はどきどきしていた。
「ついにメリーは、裂け目から結界を超えちゃったんじゃない?いいなぁ。私もそういう夢を見てみたい!」
「馬鹿言わないでよ。自分が自分で無くなる気がしてならないんだから。こんなこと話せるの、蓮子しかいないの…。お願い、私がいなくなったら…そう、‘夢の世界’から救い出して」
そこではじめて、メリーは夢の世界という言葉を口にしたのだ。私は、悪戯っぽく笑った。
「いいわよ。メリーは私だけを頼ってくれる…。嬉しうわ、もういなくなる前に救い出してあげるから」
「蓮子…」
ふたりで失笑する。
私は冗談半分でその話を聞いていたのだけれど、彼女はその日から、夢の世界の出来事を、ぽつぽつと私に話すようになった。
時には、夢の世界でとってきたものまで。

「これが、紅いお屋敷で頂いたクッキーと、竹林で拾ってきた天然の筍よ」
私は、目を見張った。
「––待って。あれは夢の世界の話でしょ?どうしてここに夢の世界のものがあるの?」
「…それが分からないから、貴方に見てもらってるの」
メリーは、私の目をじっと見つめた。

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
メリー視点

ここは蓮子の部屋。私は、ぎゅうぎゅうと詰まった本棚を見た。…そして、目をむく。
結界が、視える。
空間の割れ目のような、途切れ途切れの曲線。
でもそれは、本棚の一箇所に集中的に裂け目があった。

それは、一枚の写真–––。
今度行く場所である、博麗神社。
「メリー?」
ハッとした。蓮子がこっちを見ている。
「話、ちゃんと聞いてるの?」
「…ごめんなさい、よく聞いてなかったわ」
私は、曖昧に笑った。蓮子が「ちゃんと聞いててよー」と、腰に手を当てて拗ねる。
「ねぇ、メリー」
蓮子が急に話しかけてきて、思わず体が揺らぐ。「何?」
「博麗神社って、神隠し多いの知ってる?」
「え…知らない」
「そっかぁ––、メリーも知らないかぁ。神隠し、多いの。あそこ」
蓮子は写真を取り出す。
「今度、ここに行きましょう。絶対メリーの夢について、関係あると思うから…」
ああ、そうか。
博麗神社で、私の夢について、知るつもりなんだ。
蓮子は、私のことを考えて、博麗神社を選んでくれた。
それが嬉しくて、私は蓮子の見てないところで、笑った。

 全部読む/最新50/書き込む

次のページ>>

全スレッドキーワード一覧サイトマップ