わたしのことば

葉っぱ天国 > 作詞 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1: ◆.6:2018/01/08(月) 19:31



作詞をする センスはない / コメントとか大歓迎 / 不定期 / 飽きそう

 

2: かい ◆.6:2018/01/08(月) 19:35



真新しいセーラー服 ひらり舞うピンクの花弁
名前も知らない歌を口ずさんで
ずっとこのままの僕でいられたら いいのに
水溜りにうつる世界を蹴り飛ばしたら
光る水面が文句をいうみたいに 揺れた

君と夏を見たくなったから もうちょっとだけ
終わらないでなんて言わないから この手は離さないで
どうせすぐ蝉は鳴いてしまうのに その時君は泣くんだろう
さよならなんて 言わないで 言わないから

 

3: かい ◆.6:2018/01/08(月) 20:58



(↑のフルバージョン)

真新しいセーラー服 ひらり舞うピンクの花弁
名前も知らない歌を口ずさんで
ずっとこのままの僕でいられたら いいのに
水溜りにうつる世界を蹴り飛ばしたら
光る水面が文句をいうみたいに 揺れた

君と夏を見たくなったから もうちょっとだけ
終わらないでなんて言わないから この手は離さないで
どうせすぐ蝉は鳴いてしまうのに その時君は泣くんだろう
さよならなんて 言わないで 言わないから

薄汚れたセーラー服 白地に映える染みは僕の色
もうすぐ春は終わるようだ
君との口約束なんて守る義務も ないけど
有り余る想い出をペンで塗りつぶしたら
もう振り返らないつもりなの 呼び止めないで

君との春は終わってしまうから もう終わりだよ
最後に見るのが泣き顔なんて 情けない君らしくていいや
君と迎える夏はきっと くだらなくて暑苦しかっただろう
さよならなんて 言えないな 言わせないでよ

 

4:まふゆ◆oA:2018/01/09(火) 17:20

言わないで、言わないから

っていう歌詞好きです

5: ◆.6:2018/01/09(火) 17:27


>>4
ファッ…好きだなんて嬉しいですありがとうございます🙏

6: かい ◆.6:2018/01/10(水) 17:12



車窓から眺める景色は いつの間にか
春色に染まって 僕を焦らせる
戻りたい過去はもう見えくなったみたい
仕方ないって 君を探すのも諦めた
揺れる木々の間に未来があるなら
全部見せてよ そこに君がいるって確かめたいの

列車の汽笛 さようならの合図
君の後ろ姿をレンズに写した
桜ゆらり舞う さようならの季節
いつかまた君を探しに行くから

 

7:匿名希望:2018/01/12(金) 22:17

「揺れる木々の間に未来があるなら
全部見せてよ そこに君がいるって確かめたいの 」

これはすごい。誰にでも言える言葉じゃない。

8: かい ◆O6:2018/01/13(土) 13:12


>>7
お褒めいただき光栄です〜!!;;ありがとうございます

9: かい ◆.6:2018/01/13(土) 13:29



今日の空は 雲一つない晴天です あなたにも見えてますか
今日も私は あなたを想って 手紙をしたためます
夏の風がカーテンを揺らして まるであなたがそこにいるみたいに
春の色に夏を混ぜた セーラー服で踊ってるみたいに
あなたと聞きたかった 蝉の音は ひとりで聞くには寂しすぎて
なんてこと言ったって あなたは笑ってみせるだけなのに

拝啓、愛しきあなたへ
今、どこにいますか まだ私の中にいますか
あなたとの間の柵がなかったなら わたしもそこにいけたなら
恋は呪い 一生それを抱えていきていくのでしょう

>>3の別視点みたいなもの、多分)

 

10: かい ◆.6:2018/01/14(日) 10:42



雨に濡れたアスファルト 夜の街を往く乙女
ショーウィンドウ越しの甘い夢 いつまでだって見てたいの
期限付きの魔法なら ガラスの靴はいらないわ
十二時を回ったって 時計の音が鳴り止まなくたって
踊り続けるわ ひとり此処で

くらり、ゆらり 夢に溺れて
ふらり、はらり 儚く散るなんて
時計の針は動かないの だってお終いなんて嫌でしょう
王子様は迎えに来ない 永遠にとけない魔法のなか

 

11: かい ◆.6:2018/01/14(日) 10:58



急に会いたくなるのは この夜のせい?
気まぐれな愛でも 抱きしめて
あなたの囁きで 眠りにつくから
いつまでもそばにいたいのに あなたはつれないみたい
それなら どこまでだって 追いかけるわ
わたし、あなたと ふたりの夜に溺れたい

消えない愛を 求めてるの
それ以外はいらないわ だってあなたは
消えちゃいそうな 心の灯火
そんなのダメよ もっと強く愛で抱きしめて

 

12:燻製まふゆ◆oA:2018/01/14(日) 22:23


なでこねーさん崇めさせていただきます大好きです

13: かい ◆O6:2018/01/15(月) 15:21


>>12
うわ〜〜〜〜いありがとうございます(語彙力)

14: かい ◆.6:2018/01/15(月) 15:53



(誰も得をしない暇つぶしの自己満解説もどきのコーナーです〜、あくまでも自己満ですので見てしまう場合はなにも期待しないで見てください)

 >>3
そろそろ寿命が近くなった " 僕 " と そのお友達の " 君 " のお話。君は、夏まで僕に生きてて欲しいと願うけれど、その願いも虚しく僕の人生は春で閉じてしまう。やっぱり僕も君と夏を見たかったなって、でもさよならなんて言わないぜ!みたいな。

 ⇕

 >>9
ここでいう " わたし " は >>3 での " 君 " のこと。" あなた " は " 僕 " 。あなた、もとい僕が死んでしまった後の夏の話。あなたへの想い、恋心をわたしはまだ引きずっていますよって。図らずも百合になってしまった。それはそれですき(自分が)

 >>6
見返したらこれ脱字があります、探してみてね(丸投げ)。解説するまでもないなぁと思ったんですけど春に別れる男女の話です。前のやつとはなんら関係ないです、春が好きです。

 >>10
雨上がりの夜の商店街を練り歩く乙女の話です。現実的に考えると家出かなんかしたんじゃないかと。ひとりで踊ったり魔法にかかったりしてるし多分孤独な少女。夢見がちなだけ

 >>11
かっこよさげなのが書きたかった(謝罪会見)ある男の子が大好きでその子を追いかける女の子の話。女の子っていうより年齢は上なはず。多分恋かなんかに関する悲しいエピソードがあってそれを二度と起こすまいと躍起になっているのでは

(こうしてまとめてみるとなにも考えないでやってるのがモロバレで恥ずかしい。解説なんていらない気がしたけど自己満だから仕方ないです)

 

15:匿名希望:2018/01/15(月) 19:57

>>14
興味深い!

16: ◆.6:2018/01/16(火) 21:21


>>15
ありがとうございます…😭🙏✨✨💞

17: かい ◆mE:2018/01/17(水) 16:53



いつもと違うわたしになったら
いつもと違う景色が見えるの
きらめく街も人も わたし色に染まって
会いたいの 会いたいな
君はなんて言ってくれるかな?
会いたいよ いつもの場所で
待ってるから 早く来て、お願い!

Make up!可愛いわたしになれ
Wake up!いつもと違うわたしに
今こそ君に届けたい 大好きだって

 

18:まふゆ◆oA hoge:2018/01/18(木) 22:47


アイドルだ、、、好き♡

19: ◆.6:2018/01/19(金) 16:59


>>18
ありがとうございます♡

20: かい ◆.6:2018/01/19(金) 17:24



路傍の花を見ている 鮮やかな色は消えていくのに
枯れた草を千切った ひらり舞って地に落ちた

昨日のことが どうも頭から離れなくて
嫌いなものを数えていたら 自分が嫌になった
会いたいと願う僕を置いて 君は今、何処
夕焼けが目に痛いから カーテンを閉じた
ほんとなら僕だって 君みたいに飛んでいきたいのに

どうせなら奪って、なにもかも 見えない ように
忘れた昨日を二度と 思い出せぬように
路傍の花を見ている それは君の影か
枯れた草は地に落ちて 君に届かないまま

明日のことは 所詮他人事だって投げ捨てて
憂鬱なことは指の数以上 存在も消したくなった
相対、僕と君だけの それは、幻だ
朝焼けが身を焦がすから 布団にくるまった
どうしたって僕たちは 生きていくしかないのに

どうせなら嘆いて、今までの 思い出 すべて
君ごと否定したって 許されることはない
路傍の石ころを蹴った こんなに小さい僕たちは
枯れた草は風に飛ばされて まるで儚い夢だ

 

21: ◆.6:2018/01/20(土) 11:55


>>20
布団にくるまったって絶妙にださい気がするから布団にもぐりこんだの方がいいのでは…

22: かい ◆.6:2018/01/22(月) 18:11



揺れる ことばと
消えない感情 きみの
ひらり スカートが揺れる
なんて 素敵な眺めでしょう
ずっとずっと 待っていたの
笑うわたしの 空っぽの瞳
知りたいだなんて 嘘つきだね
どうでもいいの きみのことなんか
わたしの心を溶かさないで

嫌い、嫌いなの きみのすべてが
無邪気な笑みとか 愛されてるところとか
嫌い、嫌いなの? 本当は
きみのこと もっと知りたかった?
わたしのこころなんて、わからないね

 


書き込む 最新10 サイトマップ