作詞

作詞

自作の歌詞を公開する為の掲示板です☆

  1. 1:(^q^)「作詞するよおぉおおおおお」(23)
  2. 2:〜気まぐれ作詞帳〜(616)
  3. 3:誰でも作詞してok!フリー(91)
  4. 4: メロディを口ずさみながら、リズムを刻んで。 (78)
  5. 5:自己満(3)

(^q^)「作詞するよおぉおおおおお」(23)

1 UNA:2019/04/07(日) 01:28

('ω')乱入、どうぞ。
('ω')荒らしはNG。
('ω')なりすましも。
('ω')プリキュアァ。

22 UNA:2019/04/18(木) 01:03

*私は何もできない
死ぬことすら怖くて
自分を傷つけるのも怖くて
自分を言葉で傷つけていた
でも小さく見える光を
追いかけて行って私は変わった
やりたいことも見つけられた

°君という存在が
私を作ってくれたんだ
遠くに見えた光は近くで綺麗に輝いてる
君という存在が
私を照らしてくれる
それだけで私はすごくすごく嬉しいんだ
ありがとう


*何もできないけど
死ぬなんて思わない
自分を傷つけるなんてことは
もうしないって誓うよ
だって小さく見えた光は
私と一緒にいてくれるんだ
君とやりたいことばっかり

^泣きたかったら泣けばいい
笑いたかったら笑えばいい
寂しかったら縋ってもいい
それを教えてくれたのは君なんだよ

^°君という存在が
私に教えてくれたんだ
少し遠くを見渡せば素晴らしい世界があるってこと

°君という存在が
私の希望の光だよ
素晴らしい世界で君は私を待ってる
君という存在が
私を照らしてくれる
それだけで私はすごくすごく嬉しいんだ
大好きだよ

23 UNA:2019/04/19(金) 00:53

ワールズエンド・ダンスホール神話入りおめでとうございます!!!

名前 メモ

全部読む/最新50

〜気まぐれ作詞帳〜(616)

1 たぴおか◆:2015/12/02(水) 18:07

作詞したいとオモイマス

615 たぴおか◆vk:2019/04/13(土) 01:39

生きめやも

電子音が鳴る
約束の場所に君は来ない
開いた心臓
カラになったススの汚れ

瞼を上げれば見えてくる
鮮明に僕に映り込んで
夜の闇と朝の独り
やるせない音楽とベッドの中で


無駄に考えては泣いて
自分のことすらわかんないや
無残な骸が息を吐いては
自己嫌悪と陶酔繰り返し
次は幸せと言えるかな
次は僕のこと覚えてるのかな

616 たぴおか◆vk:2019/04/16(火) 01:30

Killing time

わかってるよ不毛な感情
巡り巡って行き詰まって
わかんないよ僕のこと全部
絡み混ざって考えたくないって

潰した暇だけが過ぎていく
昨日は何をしてた?
無くても死なないことに縋って
死にそうになりながら息してる


このまま忘れられたら幸せだったろうか
眠たい瞼は醒めない
ゆめゆめ思わない夢ばかり見る
揺らいだ言葉飲み込んだ快感
怯えているのに救われないや

名前 メモ

全部読む/最新50

誰でも作詞してok!フリー(91)

1 牙狼 絶狼◆XU 貴様の因果、俺が断ち切る!:2017/01/11(水) 13:13

こんにちは!中1のともや(男)と言います。
このスレはルールを守れば誰でもokです!

 ルール
・荒らしダメ
・人の作った歌詞に文句を言わない
・喧嘩をしない

とりあえずこの3つです。
入るときに「入っていいですか?」など、聞かなくてもいいですよ!
気軽にお立ち寄り下さい!

では、スタート!!!!!

90 みっきょ:2019/04/11(木) 04:24

『Recover』

ああ愛を信じたいだとか
愛を感じたいだとか
そんなの難しいだろうか

教室の窓から覗いた 小さな黒い暗い影
薄くなってく儚い泡は
壊して殺してしまった僕だ

「今死ぬかもしれない」
って思って 願って 夢を見た
挟みこんだ泣き声だけが
最後の証言だから

今僕が君を殺したなら
僕は君のなかで死んでしまうさ
ほら 今
感じるでしょ?

むやみに愛を信じたいだとか
むやみに愛を感じたいだとか
軽々しくヘラヘラ笑って言う
本当の“別れ”など知らないのに
抉れた感情ばっか数えて
くすんだ夜の街ずっと隠して
どう足掻こうと変わりっこない
そんなの
あまりにも悲しすぎやしないか

はめ殺しのガラス窓
ナイフを落として立ち止まった
遥か遠い昔死んだ感情は
消え去ってしまえばいいのに

「もう時は巻き戻らない」
って気づいて 拗ねて 朝日を見た

世界で一番綺麗で魅力的で
それでいて醜くて感情的な
ほら 今
悲しいって叫べよ!

むやみに愛を選びたいだとか
むやみに愛を叫びたいだとか
そんなの考えたこともなかったくせに
本当の“別れ”を目の当たりにした
優れた思い出ばっか探って
嘆いた 喚いた
でも遅すぎた

たとえば愛を信じたいだとか
たとえば愛を感じたいだとか
そんなのそんなに難しいだろうか
スタートラインはもう見えない
ゴールなんて絶対見つからない
そんなのあまりにも悲しすぎやしないか

91 匿名希望:2019/04/15(月) 14:44

『カタオモイ』

名前 メモ

全部読む/最新50

 メロディを口ずさみながら、リズムを刻んで。 (78)

1 子桃__こもも:2018/03/24(土) 23:05


 ✡ 立て直しました。

 ✡ 今回はちゃんと作曲もしようと思います。
 

77 千百宇:2019/04/06(土) 05:20


子供の歯は、生え変わるらしい
だから虫歯になっても、まだ次がある
でも大人の歯になったら、もう生え変わらないから
やり直しはできない だから
私は一生乳歯でいたい

78 千百宇:2019/04/14(日) 16:35


プチプチ弾ける食感
頭が弾け飛びそうな味
今にも足がステップを踏み出す
踊り狂うわ 舌の上

名前 メモ

全部読む/最新50

自己満(3)

1 みっきょ:2019/04/11(木) 04:21

自己満足ですので、

乱入・荒らしはお控えください。

感想とかは歓迎です。

2 みっきょ:2019/04/11(木) 04:22

制服イニシアチブ

最終電車の時間ギリギリに
乗り遅れて遊んだ公園のブランコ
もうどこにも行けないと思いながら
最後の1秒じゃもう遅いんだ

“裸足で駆け出す”なんてしない
だって足の裏が痛そうなんだもん
誰かに踏まれちゃうよ華奢な足は
スカートの端っこからちぎれて軽かった

違うのは年齢と何?
どうせこの世界を殺してしまうなら
主導権は私たちが握る

変わる準備はいいか?
さあ立ち止まるな
スカートの裾抑えて風に乗れ
勝利の女神はこっちに投げキスした
そっぽを向いた先に見える景色は何か?
存在すら諦めて熱る
このまま進めば散ってしまうだろう
そうさ変わるための
制服イニシアチブ

暑くても寒くても同じ服
同じ街並みに似たような人間
前髪の分け目を気にせずに
最初の1秒から始めなきゃいけなかった

変えられるのは服装と態度と知識と姿勢と成績なのか
どうせこのまま見捨てるなら
主導権をこっちによこせ

投げ出す覚悟はあるか?
さあ熱しよう
Tシャツにジーンズにスニーカー
イケメン天使もこっちに投げキスした
山を越えて見えるその景色はあるか?
抑制栽培されてきた私たちだ
そうさ誓うのだ
カビの生えかかった夢

“裸足で駆け出す”なんてしない
だってそんな軽率に動きたくないもん
流れ弾を食らった華奢な足は
抑制栽培された私みたいだった
制服着せられた
いや
制服に着られた
私たちは今征服を 打破

変える準備はいいか?
さあ登り詰めろ
スカートの裾抑えて風に乗れ
勝利の女神はこっちに軍配上げた
そっぽを向いたところで何か見えるのか?
やってみなきゃわかんない
そうさ
始 め る の だ
イケメン天使もこっちに手を伸ばした
明日を越えて見えるその景色はあるか?
抑制栽培されてきた私たちだ
除草剤を散布する世界など
そうさ誓うのだ
そうさ変わるための
そうさ勇気を持て
主導権は我が手に
制服イニシアチブ

3 みっきょ:2019/04/11(木) 04:22

成績表

苦いように甘い一枚の紙に
載せきれない遊びのっけて
消えた街影にサヨナラのキスを
ほのかに香る花 君を待つ

手と手を伸ばしたら
また弾けて見えるかな
帰り道寄り道の先は
待たされた思い出を叶えて見えるのに

腹の奥で まぶたに照らし
闇雲な顔を思い出す
先走りの下にあるのは何か
なんだかんだそうでしょ

指先の感覚は 薄く弾けた紙に奪われて
期待した自分を馬鹿にして 遊んで遊んで
劣等生 こんなものが
世界で一番生き生きと見える
オレンジジュースはカクテル カッコつけてダサい飲み方して
二日酔いなれたならどれほどよかったかな

賢しいようで単純な僕の夢は
こぼした数字を拾いながら
消える朝日とお辞儀をして
流れる雲に全て任せ 君の横顔

カッコつけて 背中見せたら
逃げてるんじゃないように感じるかな
坂を登りきった後味
ひどい味足跡 正味無味だった

頭じゃなくて 体でもなくて
心だなんてクサいこともない
彷徨うよ 夜の最中
さなか

結局はどうなの

右頬の感覚は 柔らかな肌に包み込まれて
杞憂だった自分を無下にして 悩んで悩んで
優等生 こんなものか
まだいけるんじゃないのか
自棄
になって飲んだ炭酸の 愚痴聞き流しながら
全部夢で片付けられたらどれほど楽だったかな

どうして どうして
意味もわからないまま叫んで
浅はかな考えに恋して
例える言葉なんて 見つかるわけもないのに

ねぇ 聞いてよ

指先の感覚は 薄く弾けた紙に奪われて
期待した自分を馬鹿にして 遊んで遊んで
劣等生 こんなものが
世界で一番生き生きと見える
どうして
優等生 こんなものか
まだいけるんじゃないのか
自棄
になって飲んだ炭酸の 愚痴聞き流しながら
残りのオレンジジュース 床に残った染み
まだ愛されたい 愛してみたい

名前 メモ

全部読む/最新50

次のページ>>

スレ立てフォーム

題名:
名前: メモ:

スレッド一覧サイトマップ▲上へ

最近のスレッド / 掲示板一覧
  1.     作詞ファイル*(15)
  2. As you reach someone.(2)
  3. リドルの作詞板(13)
  4. そららが作詞しちゃうぞ☆(26)
  5. 音楽の「お」の字も知らないbeimaが作詞を企てた様です。(268)
  6.  歌詞、 (1)
  7. 歌詞 書き(390)
  8. 作詞 (1)
  9. 歌詞書き溜め場(2)
  10. 劣等、ときどき自己嫌悪(1)
  11. >>スレッド一覧

[サイトマップ]

★新しくスレッド(話題)を作る
共有 シェアする?