こちら、幸福安心委員会です。 〜ミステリーお伽噺のオリキャラ小説〜

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 [書き込む] 共有 シェアする? ▼下へ
1: アーヤ◆TQ:2018/01/13(土) 15:34 ID:pJ.

ミクオリジナル曲の《こちら、幸福安心委員会です。》のストーリーを書きます。

本作の重要人物
*サイレン女王様/オンディーヌ/翠川 初音

本作の主人公でヒロイン。
水の妖精でサイレン女王と一心同体だったけど……
初音にしか見えないオンディーヌが聴こえて見えちゃう。
親友の凜と仲良しで、漣が好きだけど引っ込み思案で告白出来ない。

*黄波 漣

本作の副主人公でヒーロー。
8年前に初音と初めて会ったときから気になりながら観察をしている。
幼馴染みの従姉弟の凜がいる。
仔猫みたいで、マイペース型だけど好奇心が目覚めたら興味深く探って真相突き止める。
クールっぽいところもある。

*黄波 凜

初音の親友で、漣の幼馴染みの従弟だけど実のところ漣に片想いしているけれど親友想いで初音のことを応援している。
初音と漣と同じく幸安委員のインターに入っている。

*青村 解/キューレボルン

青村芽衣子の弟で、高校生だけどバカふざけして芽衣子を怒らせる。
幸安インターに入っていてアイスが大好き。
キューレボルンに入れ替わった姿でもジョークを言いながらザいる。

*青村 芽衣子

初音の引き受け人保護者でありながらも大学生で正式幸安。
毎回解がやっていることで微笑ましいケンカをするから怒らせると怖い人。

〜オリキャラ〜
*黒見 未来(くろみ みらい)

サイレン女王様に二番目に近い存在でありながらも一番近い存在の初音との恨みと憎しみがあるため,密かに初音を狙っている。
そして不幸分子にスカウトされがちだけど…?
あと、能力を持っている。
《過去と未来を予言で分かる》と《時間を止めたりしている》とか《タイムリープで魂だけ戻れる》その3つの能力を持っている。


*緑鳥 透 (みどりとり とおる) 

不幸分子のボス緑鳥巡の弟は、初音と漣と凜と同じクラスで漣に対抗意識的なのを持っている。
仲良しな四人だけど、密かに初音を想っていて告白が出来ないツンデレタイプ。
巡はまだ知らないけど透は、初音の謎が気になるけど怖いって思って幸安インターに入った。

2: アーヤ◆TQ 初音side :2018/01/13(土) 16:11 ID:pJ.

〜プロローグ〜

私は夢を見ている様な漠然とした景色のなかで、何故か思い出せずにいる忘れないで欲しがった記憶があった気がする。
 
何故私は泣いているの?
私は誰が好きな人がいた気がするのは、目の前にいる透くん?
でも何かが違う掌の温かな体温だった。

夢の貴方は誰?
私はまだ生まれていない時から、ずっと漠然と想い続けてきた一人の男の子を名前は知っている気がした。
 
そう……『黄波 漣』と目の前にいるのは不幸分子の『緑鳥 透』だったんです。

3: アーヤ◆TQ サイレンside :2018/01/13(土) 17:22 ID:pJ.

第1章 運命的な出逢い@

ここは水辺の市国の中央電波塔の最上階が,私のくつろぎ部屋なんですけど今日は[ホワイト・オンディーヌ]又の呼び名[ブラック・オンディーヌ]の人の姿の表の名が黒見 未来を呼んであとから生まれてきた一人にも人気がある場所に立たせた方が良いと感じた。

「ブラック・オンディーヌ早速だけど、生まれてきたオンディーヌ達をつれて来てくれる?」
そうブラック・オンディーヌは不機嫌な時など、ホワイト・オンディーヌは機嫌が良い時などだから困るのよね。

「サイレン女王マイナンバー01様、何故ですかめんどくさくっていけれません」
ほらね、これだから私はさすがにキューレボルンを呼んで連れて来て貰ったんです。
 
よく似ていても同一人物と誰も思わせない様にしている。
オンディーヌ情報体には色々やって欲しいことがあるためそこのか弱そうなオンディーヌを外に連れ出した。

「あのオンディーヌもブラック・オンディーヌと同じくマイナンバーが二人とも一緒だったのは驚いたわ」
そこからブラック・オンディーヌの調子が変に見えてしまったんです。

4:アーヤ◆PY オンディーヌ(初音)said:2018/01/31(水) 21:10 ID:VeU

第1章 運命的な出逢いA

私は電子空間から出たのかな?
まだ漠然な感じに、目の前にいるもう一人の大人びた私が立っていた。

「貴女がオンディーヌ〈00-01〉なのね…?」
もしかしたら目の前にいる人が、サイレン女王様なのかな?
「私はこの国を支配している,サイレンです。
貴女はこれから外に出て市国民達を観察して来て下さい」

私が外に出るの?
「さあ、貴女が分からない事はこのブラック・オンディーヌに言ってくれると良いわ」
早速ブラックなのかホワイトなのかどっち付かずのオンディーヌちゃんと外に出て見た。

-電場塔の外-
私が外に出てから何時間経ったのかは、よく分からないけど不幸分子達がいてそれにオンディーヌちゃんはあそこに一人離れて私を観察しているんです。

「私アイスクリーム買いたいなぁ…、ねぇオンディーヌちゃんはってあれ居ない?」
私はアイスを買って探していると誰かが私に声をかけた。

5: アーヤ◆TQ オンディーヌ(初音)side :2018/02/04(日) 00:08 ID:IOc

第1章 運命的な出逢いB

私が振り返るとブラック・オンディーヌが、何気に仁王立ちをしていた。

「さあ、次回るわよオンディーヌ」
アイスを舐めながら、私は歩いた時に見掛けない一人が私を何故か見ていた。
「誰か見ている気がする?」
気になったから少しずつそこに向かって歩き進んだ。

「貴方は誰?」
でも返事がなかった、気のせいでもないけど翌日また探してみるとした。

-翌日-
早くまたブラック・オンディーヌと二人で観察をしに行ってみた。

「不幸分子達がこんなにいるって…………、アレブラック・オンディーヌが居ない!!」
もしかしなくても私は、迷子になっていた。
それに不幸分子の地域だから電波も悪いから、帰りたいけど帰れない……

「もう何で、私がこんな目になっているの……」
少し泣きそうに、涙目でいるとある少年が私に声をかけた。

6: アーヤ◆TQ オンディーヌ(初音)side :2018/02/04(日) 08:25 ID:G3I

第1章 運命的な出逢いC

「誰なの……??」
私はその少年に向かって見上げて言うけど、外見的に冷たそうで仔猫みたいで猫っ毛が可愛い。

「お前泣いているのか?」
「…………」
「もしかして迷子なのか?」
「なっ,何で私が迷子に……!?」
最初は黙っていたけど、少年の言葉に否定する感じに答えた。

「だったら、どこから来たんだよシンフォで地図を見たらすぐに分かることだけど分からないのか?」
少年の言っているシンフォは、携帯みたいなものなんです。

「バカにしないで欲しいわ」
「お前が馬鹿じゃあないんだったら、尚更シンフォを持っていないヤツってお前みたいなお金持ちのお嬢様だろう?」
さっきから馬鹿げた発言ばかりされて怒りたい気分だった

「馬鹿じゃあない,ちゃんと名前があるわよ!」
オンディーヌとでも言いたいけど秘密で、少し困った。

7: アーヤ◆TQ オンディーヌ(初音)side :2018/02/09(金) 22:17 ID:XCk

第1章 @運命的な出逢い4

「名前があるのか」
「私から言うの,レディーなのよ!」
少年はめんどくさく肩をすくめた。

「僕は漣。黄波 漣だ二回言ったから馬鹿じゃあないんだったら覚えろ!」
何でも上から目線の物の言いだけど、少年の名前漣と言った男の子の名前は響きがあるから素敵だった。

「私は……オンディーヌよ…」
「そうか,帰るのに地図を見た方が良いな」
「………何でなの?」
私と漣と言った少年の顔がくっつく感じに地図を見ていたのに、少し近すぎたから離れた。

「じゃあここら辺りかな、不幸分子の地域だから手を繋いだ方が良いなあ」
「…………」
無愛想で笑わないけど、一回ぐらい笑った表情が見てみたいってなんだか頬が熱い!?

私と漣のお互いに繋いだ手の感触が,温かい電波塔から初めての感情だった。
これが二人のお伽噺話の始まりだった。

8: アーヤ◆TQ 漣side :2018/02/11(日) 01:04 ID:UF.

第1章 @運命的な出逢い5

オンディーヌと言った少女は、か弱くてどこか気になる存在の少女に見えた。
「手を繋いでいるけど、そこ歩いていると危ないぞ」
僕が不幸分子がいる方を歩いて、遅い速度だけどゆっくり歩んだ。

「あっ、有り難う!」
「オンディーヌ探したぞって誰だか知らないけど、必要ない感情を入れてないだろうね?」
オンディーヌはそのキツそうな似ている様に見える一人の少女に引っ張っられて消えたけど、最後に聞こえたのが「ブラック……?」だった。 

そして僕も帰りながらあのオンディーヌがどこから来たのかってことを頭に残して置いていた。

9: アーヤ◆TQ サイレンside :2018/02/11(日) 03:02 ID:UF.

第1章 @運命的な出逢い6

何コレ!!?
《困惑/不安/警戒 ウィルス発生》 
黄色いリングが私の頭の辺りで言っているのと同士に、心臓がドキドキ鳴ってるのは変だわ!

ただちにその発生元からの感情を私のツインテールで黄色いリングを飛ばして、その感情がどこに行ったのかは誰も知らないけどキューレボルンが何かを言ってきた。
「何かをお忘れになられたのですか?」
私が何かを忘れてしまった……って何かを思い出せないからキューレボルンに逆に聞いた。

「私が忘れることがあるとしたらエラーよキューレボルン!」
「誠に完璧完全なサイレン女王様だから、全部お見通しですよね?」
私はキューレボルンの戯れ言には興味ないので寝室で私は寝る準備をした。

「今もドキドキして鳴ってるけど、何かを忘れているけど……だぶんどうでも良いことなんだと思うからまあ考えなくても良いわよね?」
その小さく言っていることに、キューレボルンが聞き捨てない様に聞いていた様に見えた。

10: アーヤ◆TQ オンディーヌ(初音)side :2018/02/18(日) 10:30 ID:XCk

第1章 @運命的な出逢い7

ー6年後ー
私は市バスの中に乗っていて、今は透君を観察してサイレン女王様に伝える任務をしているんです。

それに表向きは翠川 初音だけど、裏向きはオンディーヌなんです。
でもでも一番気になるのは、隣にいる漣君。

「何初音?」
「なんでもないよ!」
ふるふると首を振っているとツインテールが漣君の顔にかかってしまった。

漣君が私の片方のツインテールの髪を掴んで言った。
「そそっかしいなぁ……」
私はあわあわとして漣君に謝る。

「別にいいんだ」
そう言ってくれて私は透君を観察を今もした。

11: アーヤ◆TQ サイレン女王様side :2018/02/19(月) 13:50 ID:IOc

第1章 @運命的な出逢い8

不幸分子の緑鳥 透を観察しているのですか、もう一人透を観察している一人がいた。

《初音何か気になることがあるのか?》
《ううん……、何でもないってあっ……!!?》
少年少女が二人で会話していると透が何かを市バスに仕出かした!?

《どうした,初音!》
《なっ、何でも無いよ!》
何でもなくも無いって私には分かるんです。
「私がもうちょっと範囲を広がったらみれたら、透を死刑にさせるのに!」

私は本当に不幸分子が大嫌いなんです!!
《逃げられちゃう,だけど間に合う?》
《…………よく分からないけど、誰かが不幸ってわけだな?》
《!!?》

そう言われた時に、隠していたゴシックが拳銃になっていきなりのことだから事故になって漣君だけでも助けないといけないって願った。

私は、そこで乗り移して書き換えた。
引き換えに、私の記憶が無くなるのを感じた……

12: アーヤ◆TQ 初音side :2018/02/19(月) 14:10 ID:IOc

第1章 A引っ込み思案な私に……1

ー現在ー
私は翠川 初音です。
青村 芽衣子お姉さんが,私の今の保護者であり良きお姉さんなんです。

そして芽衣子お姉さんの弟の,青村 解お兄さんはからかったりすることが大の得意気。
「僕もやっても良いの?」
ドキっと胸が高鳴ったのには、隣に漣君が居て仕方ないんです。

仔猫みたいに気怠い感じは、本物の仔猫のペットの『ポテト』に似ている。
スイートポテトみたいな毛皮だから、名付け親の私はポテトと漣君を見て可愛らしい仔猫ってクスッと微笑んだ。

そしたら、微笑んだ私に年がら年中冷たい漣君が笑って優しく微笑んでくれた?
どうしても気になる?

13: アーヤ◆TQ 初音side :2018/02/23(金) 09:40 ID:tOc

第1章 A引っ込み思案な私に……2

なんで漣君優しく笑うの,戸惑った私は顔を隠す様にポテトにぎゅっと抱き締めた。

「漣がやりたいんだっていうなら,やって良いんだけどもう無いだろ?」
解お兄さんはアイスを食べ歩きながら、漣君に言っているけど芽衣子お姉さんの目付きには気付いてない…

「ねえ解,それ私のアイスじゃないかしら?」
「んっ、何が?」
芽衣子お姉さんが指差したのが,解お兄さんが手に持っているアイスだった。

「何がじゃないわよ!!」
芽衣子お姉さんが既に怒っていて、解お兄さんの耳たぶを強く引っ張ってやられている……
痛々しそうだけど、解お兄さんが悪いって思っていると漣君が私の心を読んで言う。

「僕も、解さんが悪いって思う」
私は漣君に心を読まれたから、驚いてしまって漣君が「何って」聞くからなんでもないって答えた。

そして結局シンジツ放送局に行って、初めての幸福安心インター活動で私と漣君はゴシックを貰った。                                                                         

14: アーヤ◆TQ:2018/03/24(土) 13:01 ID:B6Q

第1章 A引っ込み思案な私に……3

ゴシックを貰った次の日,私はどう扱っていいのか分からなくって弄ったのに分かりにくいんです。

アイコンがいっぱいあって、分かりにくい……
「何個もあって分かりにくいよ…」
ゴシックをつつきながら小さな声で言ったら、突然窓際で気だる気な漣君が私の片方のツインテールを軽く引っ張ってきた。

「ゴシックの使い方が,分からないのか?」
「えっ、うん?」
私は少し戸惑ってから、触れていた手が離れているけど漣君の掌の温かさが自然に感じた。

15: アーヤ◆TQ 漣side :2018/03/25(日) 08:11 ID:74Y

第1章 A引っ込み思案な私に……4

昼過ぎは妙に気だるくなって、ボーっとしていると初音の独り言が聞こえた。

僕は初音の綺麗なツインテールの片方の先っぽを,軽く引っ張った。
頬杖をつきながら初音とゴシックを見てから、ツインテールの先っぽを離し初音のゴシックに持ち変えた。
「ゴシックの使い方が,分からないのか?」
見ながら言うと,初音は頷きながら返事を返した。

「えっ、うん?」
驚いている様にも見えたけど、まあ別に興味ないから気にしなかった。
でも………、初音はどうして幸福安心インターに入ったのか気になってつい初音に言った。
「……初音はどうして、幸安インターに入ったんだ」

僕は初音の目を見てから言い、初音は僕の言葉に肩を揺らした感じだった。
「え………、迷惑だった…私が入ったの?」
迷惑とは思っていないことを,伝えた。

「迷惑とか考えて無いけど、本当にやりたいって思ってはいない?」
「な……何で?」
質問を質問で返されてしまったけど、僕は続きを言う様に言った。
「何でって初音が幸安インターに入りたかったってことは半分嘘,だけどその半分が分からないのは何だ?」

僕は考えながら初音を観察して推理をしてみた。

16: アーヤ◆TQ 初音side :2018/03/26(月) 18:32 ID:na.

第1章 A引っ込み思案な私に……5

漣君が平然と推測して、私は図星だけど誰かが《違うんです》と呟いて聞こえてきた。

私は誰の声なのか教室中見回して、漣君は私のゴシックを返しながら言った。
「記憶障害でまだ初音自身も、どう歩いて良いのか分からないのか……」

どう歩いて良いのか……?
「それに、今は幸せそうな顔をしている」
「えっ、私が?」
漣君がいつも無愛想な表情だったけど、今は少し微笑んだ様に見えた。

「うん,僕はそう思っているけど違う?」
違わないって思いながら首を左右に振り、ツインテールが大きく漣君の方に揺れた。

私の髪の毛が漣君の顔にかかってしまい、ため息をつきながら器用に摘まんだ。

17: アーヤ◆TQ 初音side :2018/03/28(水) 20:27 ID:bRM

第1章 A引っ込み思案な私に……6

漣君は何かを納得してからは、暇になったのかアンニュイになってきた。

「初音鳴ってる」
私は慌ててゴシックを出してみたけど違ったら、漣君が違うと言ってきた。

「ゴシックじゃなく,シンフォ」
シンクフォン略すと【シンいフォ】なんだよね、慌てて出してみるうちに漣君は立ち去って行く。

そして着信が【RIN】となっているから、早くに出た。
「もしもし凛ちゃん?」
小さく言いながら電話越しで、言葉を待っていると元気な声が聞こえた。

《初音、元気?》
「うん、でもどうして?」
凛ちゃんは電話なのに笑顔がいっぱいになっているのが分かる。

《あのね,もうすぐ初音に会えるよ》
私はビックリしたけど、外の世界に留学している凛ちゃんとはメールのやり取りでメル友達になっているけどなんだか嬉しく思う。

《私ね、初音にも会いたいんだけどねもう一人会いたい人がいるの》
凛ちゃんは私以外の会いたい人は、誰かは知らないけど「そうなんだ?」だけ言った。

《初音話しが変わるけど、バロックって知ってる?》
「……バロック?」
私は不思議な言葉に、無意識に呟く。

《うん、バロックって三回検索したら不幸分子になるらしいから気を付けて!》
私はビクッとなりながらも「………うん,分かった」としか言わなかった…………

そして着信を切ってから怯えは、少しだけして教室から出た。

18: アーヤ◆TQ:2018/03/31(土) 08:15 ID:aKg

第1章 A引っ込み思案な私に……7

私はオンディーヌ<No.01_00>と黄波 漣の二人を観察しているんだけど、何かと黄波漣はオンディーヌのことをバカ呼ばわりしているわ?

「漣君待っていたの?」
校門に背中を凭れて、ゴシックにイヤホンをしていたのを取り外して姿勢を正しく立った。
「待ってない……いや待っていた?」

オンディーヌ<No.01_00>は黄波漣の発言にどっちつかず首を傾げて、「えっ、どっちなの?」はてなマークが頭上に二三個あるように見えた。

黄波漣は歩きながらゴシックをつついていて、遅れがちに小走りするオンディーヌ<No.01_00>が走っていると黄波 漣が止まってからゆっくり歩き出していると躓いて転けそうになったオンディーヌ<No.01_00>を手で支えた。

「やるな、黄波 漣」
勿論これは当たり前みたいに、やったのかは知らないけど予想通りって支えた感じだった。

19: アーヤ◆TQ 初音side :2018/03/31(土) 11:32 ID:9QI

>>18は黒見 未来(ブラック・オンディーヌ)sideでした。

第1章 A引っ込み思案な私に……8
 
なんだか視線を感じてしまうんです……

漣君と帰っている途中だけど、凛ちゃんに私が【幸福安心委員会インターに入った事】と【私に彼氏か好きな人がいる話しをした】けど支えてくれたけど私は既に真っ赤になっていると思うんです……

「………あ,ありが…とう漣君」
「別に」
ようやく立ち起き上がれた私に向かって、漣君は素っ気ない態度で言い放った。

漣君は手を差し出してきたから何だろうと思って、漣君を見上げてみると「ほらっ!」とまたしても言いながら手を振ってみせるから私は目を大きく見開いて漣君の手と目を交互にみた。

「えっ、漣君もしかして……?」
私の予想が正しかったらなんだけども、首を上下して漣君の手を恐る恐る繋いだ……

私は漣君の手を繋いだ瞬間に、何かを思い出したかの様に前にもあった様に感じたけど気のせいかな……

ー自宅ー
漣君は家まで送ってくれるのは、毎日の事だけど今日は新しい幸福安心委員会インターのメンバーが入って来る予定みたい。

家に上がりロファーを脱いでから,リビングまで行くと既に解お兄さんはアイスを食べていたんです。
「漣君はどこでも良いから、テーブルの椅子に座って待ってて」

私は階段に上がりながらいると水妖姫であるミニ・オンディーヌが私の肩にちょこんと乗っていた。
「!!?」
《そんなに、驚クことでもナイわよネ?》

急いで部屋に入り着替えながら、オンディーヌはふてぶてしい笑顔で私が驚いたことを言ってきた。
《だからって、急に現れないで欲しいわ気配で感じ取るんだから》

私も内心で会話しているんだけど、もう着替えたから大事な用事だけ言って欲しいって思った。

20: アーヤ◆TQ 初音side :2018/03/31(土) 16:10 ID:hw6

第1章 A引っ込み思案な私に……9

ミニ・オンディーヌがふてぶてしい表情は変わらずに、真面目な言い方をして教えてくれた。

《怪シイ誰かが自分ヲ狙っているカモ知れナイ…?》
「どういうことなの,私が狙われそうってことなの!?」
ミニ・オンディーヌはそう言って、いつの間にか消えていた。

私は私で部屋から出て階段を降りていると,見慣れない誰かが芽衣子お姉さんと解お兄さんと話していたんです。

その男の子はどこかで見た覚えがある様に,私の記憶に何故か知らないはずなのに記憶の中にあるから可笑しいって思えた。

「…漣君あの人は誰,幸安インターに入る人?」
頬杖をつきながら漣君が私の質問に、頷くから新メンバーってこと?
「今は解さんと,芽衣子さんと話しているけどまだ自己紹介してない………」

ぼんやりと此方に来る芽衣子お姉さん達を見ていて、その瞳はまるで一枚の写真を全体を見ている様に思えた。
「初音と漣,幸安インターに入ってくる子よ名前を言ってくれる?」

漣君は観察中でずっと見ていて、私もどういう人か気になっている。

そして男の子は自己紹介をするので、私達を見てなのに特に私を見てなんです。
「俺は緑鳥 遥です,仲良くなりたいので宜しくお願いします」

男の子は遥君と名乗っている時に、目と目があった様に見えたのは気のせいかな………?

21: アーヤ◆TQ 遥side :2018/03/31(土) 16:16 ID:hw6

第1章 A引っ込み思案な私に……10

俺は不幸分子のボス緑川 巡の弟が,幸福安心委員会インターに入っているってこの人達むま

22: アーヤ◆TQ 遥side :2018/03/31(土) 16:50 ID:hw6

第1章 A引っ込み思案な私に?……10

俺は不幸分子のボス緑川 巡の弟で、俺はバレない様に見せ掛けて幸福安心委員会のメンバーに入った。

芽衣子さんと解さんにゴシックの事とかを聞いていると,俺ぐらいの二人が学校から帰って来て一人は自分の部屋にもう一人はリビングで椅子に座っているのが見えた。

「あの今さっき帰って来た二人は……?」
解さんがニヤニヤとしながら耳打ちして聞いた。
「翠川 初音と黄波 漣はお前と同い年だ、そしてカップルでさ〜」

何気に解さんの真後ろで聞いているのにも関わらず,芽衣子さんが解さんの耳朶を引っ張り持ち上げながら悲鳴をあげていた。

解さんと芽衣子さんって姉弟なのに似てねえ…
それにさっきから視線を感じていることに、初音って人と漣って人が今に至るまで観察されっぱなしなんだけど……

「任務も仲良くやりながら,やれよ」
そう言われながら初音って人を見つめて、誰かにやっぱり似ている様に思う?

23: アーヤ◆TQ 初音side :2018/03/31(土) 23:49 ID:ckw

第1章 B友達だけど,譲れないものがある1

私と漣君は自己紹介をしてからは、任務も無い為ティータイムをするから椅子から立ち上がり芽衣子お姉さんと一緒にティーコップを並べたんです。

遥君って何気に私達と違う何かを,感じるのは何だろうと首を傾げた。
「ん、初音俺の顔に何か付いてる?」
遥君のことを見ていたなんて、とてもじゃあないけど言えないよ。

「あっ,沸騰したお湯をいれて3分かな芽衣子お姉さん……?」
私は芽衣子お姉さんが「そうだね,初音後は解に任せるから座っても良いわよ」芽衣子お姉さんの優しさに甘えて、元に戻って座った。

芽衣子お姉さんがお湯を注げていると,解お兄さんが傍にいるから本当に任せたんです!
今日は芽衣子お姉さんの好きな紅茶パックを皆で飲んだ。

24: アーヤ◆TQ:2018/04/04(水) 18:33 ID:gfo

第1章 B友達だけど、譲れないものがある2

25: アーヤ◆TQ 漣side :2018/04/04(水) 19:32 ID:1jo

第1章 B友達だけど、譲れないものがある2

新しいメンバーが入るのは、聞いていたけど何かを感じるのが分かる。

「初音って可愛いな」
遥は目を細めて初音のことを見て言う言葉に、何故か照れながら戸惑いと動揺が隠せずに言った。
「え,私が……!?」

「うん可愛いよ!」
僕は二人の会話に入ることが出来ずに、解さんと芽衣子さんが突然僕に話しかけて来た。
「漣?」
「どうしたの?」

僕は「何でもない……」と言って、先に帰らせてもらった………

26: アーヤ◆TQ 初音side :2018/04/07(土) 10:25 ID:wDY

第1章 B友達だけど,譲れないものがある3

今日は早起きして朝食を食べながら凛ちゃんと会えることを、楽しみに待っている。

「初音学校遅れるわよ」
「へっ?」
芽衣子お姉さんがスクリーンの方を指して言い、私は指している方を見て視ると遅刻だって焦りそうになったんです…

急いで残りの朝食を食べてから,リビングを出て玄関の方に向かいローファーを履いた。

ー中央口第一中学校の当校途中ー
漣君が途中まで来てくれて、私は少し速足で歩いた。
「お、おはよう……漣君」
漣君は今日も猫みたいな感じに、挨拶はやっぱりしてくれないけど私の手を繋いでくれて気恥ずかしく思えた。

「初音目玉焼きを食べた?」
急に漣君が私の顔を見るからなんだろう,何で目玉焼き食べたの知っているんだろう?

「当たり?」
漣君が聞いてきて私は顔を俯き「……うん」と小さく言った。
「何で……、目玉焼き食べたって分かったの……?」

まだ俯いたまんま言い、私は何でと聞いてみた時に漣君が「付いているからだ」と自分の口元を人差し指で差して私に教えてくれたけど……

恥ずかしくってすぐに鏡で見た。

27: アーヤ◆TQ 初音side :2018/04/07(土) 15:57 ID:/YA

第1章 B友達だけど、譲れないものがある4

ー教室のなかー
学校に着き教室に向かった。
そして私は鞄を置いてから桃井先生が入ってきた。

「おはようございます,朝のHR(ホームルーム)を始める前に転校生を紹介しますね」
「どんな子か気になる」
桃井先生が言った瞬間に、クラスの皆がざわざわと楽しみにしていた。

「では、入ってくれるかしら。
自己紹介してください」
桃井先生が言ってから転校生が教室に入ってきたんです。

「黄波 凛です。
外の世界に留学をしてました、宜しくね!」
大きな黒いリボンが凛ちゃんに似合っていて、快活な感じがあるんです。

そしてもう一人転校生が入ってきた。
「緑鳥 遥です。
どうぞ宜しく…」
はっ,遥君が転校してビックリし過ぎて目が大きく見開いている様に思う。

そして凛ちゃんと遥君は私達の席の方に向かい、凛ちゃんは私の後ろの席で遥君は漣君の後ろの席でなんだか偶然……?
それとも必然かな?

凛ちゃんが私に笑ってこっちに来たから、私は凛ちゃんに何か言おうとしたら「り、凛ちゃんってわぁ!!?」抱き付かれてしまって頬と頬が触れ合った。

「初音やっと会えたね、初めましてじゃあないよね!」
そう凛ちゃんが言っている時に私は凛ちゃんと漣君が,似ている様に思ったのを感じた。

明るい快活な笑顔が眩しい凛ちゃんと,冷たいけどクールな時もあるけど性格が真反対と考えてみたんです。
「そして、ちょっと漣!!」

凛ちゃんは抱き付いていたのを離れて、凛ちゃんは私を通り越して漣君を見た。
「何で見ないの!?」
凛ちゃんは何故か漣君のことを知っている……?

「別に見なくても良いと思うけど、凛が行っていた所ってサウスリリアのキウイ島だったか?」
漣君は言っているけど、凛ちゃんがまさかの漣君の方に後ろから凭れる感じに乗っている……

「そうよ!
漣は相変わらずだよね、ほんとっ子供なんだから」
「はあっ!
先に同じ日に産まれたからって、お姉さんにもなれたつもりなのかよ………」

なんだか二人は同じ日に産まれたみたいだけど、知り合いなのは分かったけど……
でも凛ちゃんの言葉に苛ついて冷たく半々になった感じに言った。

「ねえねえ漣、私変わったでしょ!」
「シルバーリングの位置が中指から薬指になっている」
じゃれあっている二人を見ていると双子って関係を、通り越している様に見える。

「だってリングは、漣が私に留学しに勇気をくれる様にシルバーリングをくれたの忘れはしないよ」
「………えっ……?」
「後はーーー」

凛ちゃんが言った瞬間に私は胸の奥がチクっとして消えそうな小さな声で呟いたけど、漣君の声ですんなり消えた……
「なんだ、初音……?」

「……!?」
漣君が凛ちゃんの変わった所を言っていたのだけど、何故か私を見つめながら首を傾げたんです。
「な,何でも無いよっ!!?」

首を左右に振りながらいると,机のものに置いてあったペンと消しゴムがバラバラに落ちてしまった。
椅子から降りて落ちてしまったのを拾い上げていると漣君までも拾ってくれたんです。

「落ち着きがない,初音はいつも落ち着きが無い」
拾ってはくれながらでも,冷静で冷たい口調で言われてしまった。

28: アーヤ◆TQ 初音side :2018/04/07(土) 16:55 ID:/YA

第1章 B友達だけど、譲れないものがある5

私は漣に落ち着きがないって言われているけど、漣は遠くにまで行っていた物も拾って手伝ってくれたんです。

そして全部集めて椅子に再び座ろうとする私達は、後ろから大きな声でバンバン叩く音がしたら……
えっ!??
「もおっう,漣ったら素直じゃないって言われるでしょ!
ほんとは違うのに!」
またしても凛ちゃんは漣君にハグっとした……

漣君は背中を叩かれても平然としているけど、呆れたのか疲れたのかって感じに見えた。
頬杖をしていると漣君が思い出したかの様に言う。

「サウスリリアじゃなかった隣だからな」
私と凛ちゃんは何かなんだかって感じに再び漣君は,窓を見ている……
「やっぱり漣の得意中の得意な推測が,変わってなくって安心した」

凛ちゃんがこの前言っていた【会いたい子】って漣君だったのかな?
「凛はネコ型シルバーリングだけが変わって、中身は子供だそろそろ離れろ変わって無いし成長もしてない色々と」
「っ〜〜〜〜!?」

凛ちゃんは抱き付いていた離して勢いで漣君を突飛ばしてしまい、誰か漣君を助けてあげてと私はおろおろ状態で見回した。

そして桃井先生がパンパンっと叩いて言う。
「積もる話もあるけど、今から授業です。
二人が同じ苗字だから凛さんと漣君で良いかしら?」
二人に向かい微笑む桃井先生に,凛ちゃんが元気良く言った。

「はい,それで良いです」
「問題無いです……」
私は同時に言う二人を見て思った。
凛ちゃんが来て嬉しいけど……漣君を突飛ばした時に真っ赤になっていたから凛ちゃんは、漣君が好きって確信したんです。

この胸の奥にある痛みと,不幸の種がいる様に思うんです……

29: アーヤ◆TQ 凛side :2018/04/07(土) 17:55 ID:PHw

第1章 B友達だけど、譲れないものがある6

初音と対面して思ったことがある,漣と初音が隣の席で落ちた物を拾っている時に思った。

(絶対に初音って、漣に苛められているよね!)
とか思った。

30: アーヤ◆TQ 遥side :2018/04/07(土) 19:24 ID:PHw

第1章 B友達だけど、譲れないものがある7

今日俺は初音と漣が通う中央区第一中学校へと,転校生としてやって来た。

そして俺以外に漣と同じ苗字の『黄波』だって思った。
だけど従姉弟って言ってたけど,仲良すぎだろ俺もいるけど入りきれないでいた。

初音も同じく入れるけど、ほぼ従姉の仲を見ているだけだった。
そして朝のHRが終り、凛って子は漣を突飛ばしたけど見つめている。

好きなのか?
俺と凛は互いに自己紹介をして、五分休憩に入り凛は初音と話そうとしていると初音は「トイレに行って来る……!」と小走りして行く。

俺は終始漣達のやり取りを見ていたから気になって、着いて行った。

31: アーヤ◆TQ:2018/04/08(日) 10:25 ID:5vk

第1章 B友達だけど、譲れないものがある8

凛ちゃんが5分休憩に私と話そうとしていたけど、私はトイレに行くって言っちゃった……

凛ちゃんが来てくれたのは本当に嬉しいから喜んでも良いのに、何故か胸の奥が痛いんです…
「初音っ!!」
「え……?」

私はトイレの方に向かっていると,遥君の声がしたから後ろを振り向いてみた。
「な……何で遥君が!?」
目を大きくして驚いていると,遥君が優しい声で言う。

「初音の顔が酷い辛そうな表情が、見えた……から」
遥君は漣君と同じぐらい人の観察力を持っている様に,私のことも見ている推測とかもして少し恥ずかしいぐらいなんです。

「…………その…一番の親友が来て嬉しいのに、私は水辺市国であったらいけない物をこの中に棲みつきそうなの……」
私は睫毛を伏せて遥君に教えた。

「駄目なのに、私の不幸の種って消えるのかな?」
遥君は私の言う言葉に困ってないか思ったんですけど……

遥君はいきなり何かを言うというより言ってきた。
「だったら、不安と不幸の感情をどうしたい?」
「えっ……」
私は何を言われたのか分からなかった……

「俺だったら、初音の可愛いところとか好きだから笑って欲しいよ(漣が好きなのかは気になるけど……?)」
水辺市国にはあったらいけない不幸の種を棲みつかない様に,漣君と凛ちゃんの仲を見ているのは辛いけど隠し通したいと思った。

そして遥君は笑顔で私を励ましてくれた。
「初音と漣の仲は強いから、大丈夫だってこと見せ付けてやれ!」
「うん…………、ありがとう…遥君……」

そう言ってからトイレに行って、何もなかった様に教室に入った。

32: アーヤ◆TQ 初音side :2018/04/08(日) 11:42 ID:5vk

>>31は初音sideです。

第1章 B友達だけど,譲れないものがある9

私が教室に戻ってから、席に座って午前中の授業が終わって昼休みになった。

凛ちゃんは昼休みになった途端に、私の肩を揺らしながら笑顔で言った。
「ねえ初音,一緒に弁当食べよ!」
私はうんと頷いた。

「漣も勿論一緒に食べるよね!」
無表情な漣君は凛ちゃんを見ずに私を見ているから、何だろうと思っているとツインテールの先っぽを触ってきた。

「僕は、良い二人で食べて」
そして遥君は私を見て耳許で囁かれた。
「一緒に食べても良い?」
「…………へっ!」

遥君の意外な言葉に困って、私は「良いよ……」と言ってしまったんです。

33: アーヤ◆TQ 漣side :2018/04/08(日) 13:47 ID:K4s

第1章 B友達だけど,譲れないものがある10

僕の従姉の黄波 凛がやって来たけど、本音で言うと子供の頃から変わらないってそう思った。

それにしても、遥まで凛と一緒に転校して来たのは驚いた。
初音と凛と遥達とクラスで食べているけど、僕は解さんに用事がある為に中央区第1高校の方に向かって歩いた。

「……ん,………ん君」
タタッタと掛け走って来た初音が,こっちに来るけど「あっ……」僕は初音の方に向き返った。

「キャ……ッ!」
足首を捻りそうに転けそうなところを、僕は初音を受け止めた間一髪なところ。

目を閉じている初音に「初音、大丈夫だから目を開けろ……」と初音の耳許で言ってから、少しずつ初音を起こそうとした。
「あっ,……ごめんなさい」

まだ謝る初音を見て、僕は違うと言って「今度から、気を付けるだ」と初音を見て言い解さんの方に行こうとしたけど止めた。

初音のことを追い掛けて来た遥を、細い目で見詰めた。

34: アーヤ◆TQ 初音side :2018/04/08(日) 17:26 ID:yzc

第1章 C四人での初任務!1

――自宅――
今日は大変な任務について集まったんです。
他の幸安インター生達は、漣君の優秀なところに何かトゲが刺している様に思えるんです……

「今日は『バジリスクの真実』の本を不幸分子のロックなんだか、第三分館に置いてあるんだが……」
私はそこで言うのを止めた解お兄さんを見ていると,漣君が冷静に口を開き言う。

「危険度が高いっていうことだよね、解さん?」
漣君がそう言うけど,解お兄さんは頷きながら芽衣子お姉さんを見て言う。

「そうなのよね……、7年前にそこから危険な書籍が発掘されてしまったの」
「……それでだな漣、いわゆる禁書がまたしても何故か出て来たからってことでやって欲しいんだ」

芽衣子お姉さんに解お兄さんが危なさそうな任務について言って、漣君に頼む。
それにまたしても私の肩にチョコンと座っているミニ・オンディーヌが居るのです。

《これハ時間制限なモノだヨ》
ゲームじゃないんだよって思うのに何故かオンディーヌが言っていることが予言者として見える……

「漣早く行こう、ねっね!」
凛ちゃんは早く行きたがっていた……

35:アーヤ◆Z2 サイレン女王side :2018/04/11(水) 18:43 ID:5vk

第1章 C四人での初任務!2

この第三分館の図書館に、不幸分子のロックがいるということが判明しているんです!

私は幸福安心委員会のインター生が四人映っているモニターを写して見ているんです。
《ねえ,漣どこに行くの!?》
どこに行くのか判明してないのかしらね,だけど私には完全完璧に分かるんです。

《ここだ!》
私はこの男の子を見ると胸中が熱くなる感じがする。
「この男の子の名前は、黄波 漣……と言うわよねレンっという響くような感じが良いわ」

でも普通の子よね。
《ここって……漣君、ごく普通の店だよ……?》
《ああ…》
ツインテールの子がおずおずして言う。

でももう一人の子は、見たことあるような……
気のせいかしら?

36:アーヤ◆Z2 初音side :2018/04/16(月) 18:50 ID:cHM

第1章 C四人での初任務!3

ごく普通の店に行ったけど、私は気になる本を探してみたけど違った……

そして、第三館の図書館に到着してからは漣君の言う通りに入った。
「初音入って」
漣君の指示通りに入ってから,次は凛だが入ってきた。

私達四人が図書館の中に入ってから、またしても漣君は何かを観察して考えている。
「ねえ,漣行こうよ」

早く行きたい感じにしている凛ちゃんに、漣君は私に言う。
「初音!」
「は、はい!」
私はビクリッと肩をすくめながら、漣君の言葉に返事をした。

「凛を騙させろ!」
「はあ!」
凛ちゃんがキレている?

「なあ、凛は騙させておくから漣早く観察しろ!」
「何でよ!」
あわわ凛ちゃんが,漣君の髪をかき混ぜているよ…
「駄目だよ、凛ちゃん…」
 
私は何とかして凛ちゃんの腰をおさえて引っ張る。
「ねえ初音って、漣と最初の幸安委員会の入部する任務にカレカノになって行ったんだよね?」
凛ちゃんの腰を持ったまま私に話してきたけど、内容が気恥ずかしい……

私は少し俯いて言う。
「……うん、なったよ」
「じゃあ、ペア登録もしたの?」
ペア登録と言われた瞬間に、動揺させられる感じになった。

「してない…けど?」
「そうだ,あれは仕方がなかったからやったんだ」
仕方がないって言われた瞬間、私は胸がチクリとした。

「じゃあ、私となってみる?
それとも、初音の方?」
「!!?」
ちょっと待って凛ちゃん!!
だけど、気になるんですペア登録の相手を私達の誰だってことに……

「そうか,初音!」
「「「えっ!?」」」
私は頬が真っ赤になっているのが分かる。

37:アーヤ◆Z2 未来side :2018/04/17(火) 19:07 ID:R6w

第1章 C四人での初任務!4

私は今いる場所は、第三館の図書館に来ているんだけど……

何で?
どうして,オンディーヌ<00_01>がいるの?
「嘘でしょ………」
私は目の前で立ち尽くしながらいた。

表の名前で言わないといけないんだよね……
「……翠川……初音……」
小さな声で呼んでも、たぶん気付かないって思っていたけどオンディーヌは黄波 漣の顔を見てペア登録の言葉に驚いている?

だけど、驚いていたけどすぐに振り向いて周りを見ていた。
「誰か呼んだ?」
オンディーヌはそう言うと,私の目とオンディーヌの目が合った。

「……貴女は、えっと……」
「初音この人,誰?」
オンディーヌの友達の黄波 凛がくっつきながら言う。

オンディーヌは不思議に私を見つめてきた。

38:アーヤ◆Z2 初音side :2018/04/18(水) 19:17 ID:pPA

第1章 C四人での初任務!5

「……翠川……初音……」
ペア登録の話をしていると,誰がか私を呼んだように聞こえてきたんです。

漣君が私達にペア登録の話をして驚いていたけど、すぐに周りを見た。
「誰か呼んだ?」
私は漣君の顔を見て聞いてみた。

だけどすぐに,私を呼んだ子と目と目が合った。
「……貴女は、えっと……」
何故か知っているようで、どこかで見たことがある人だった。

凛ちゃんが私の腕にくっつきながらその人を見て言う。
「初音この人,誰?」
私も誰って思って不思議にその人を、見つめてみたんです。

「私は黒見 未来」
そう名乗って私と漣君を見て微笑んだ。
私と黒見 未来と言う人と逢った瞬間だった……

39:アーヤ◆Z2 遥side :2018/04/21(土) 18:49 ID:FHI

第1章 C四人での初任務!6

俺はオンディーヌ同士の二人が、曖昧な記憶だけど黒見 未来=ブラック・オンディーヌと逢った……

「私は黒見 未来」
「初音の知っている人なのか?」
未来が初音のことしか見ていないことと、漣は未来と初音を観察していると即理解した。

「私は観察する義務があるのに、何故どうして観察するのかが解らない……?」
これってエラーなのか?
エラーは有り得るけど、初音は何かを思いだそうとしている?

「私を……?」
未来は初音の言葉で頷き、俺はこのままじゃあ二人の会話が聞き取れない場所まで連れて行った。


「漣これがバジリスク何とかじゃあないのか?」
初音達を連れて行ったあとで、俺と漣と凛の三人で任務を再開させた。

「そんなことは良いんだけど、初音ともう一人の黒見 未来とか言う人と一緒にいるんだよ!」
凛は腰に手を当ててぷんぷん怒ってる。
「怪しい雰囲気だったよ!」

まあ話が見えなかったからだろ?
「遥何か隠していないか?」
流石に鋭い目付きで、覚醒した猫科一種の漣が言ってきた……

もしかして俺ピンチだったりする……?
冷や汗が出まくって漣から、逃げた!?

40:アーヤ◆Z2 漣side :2018/04/21(土) 22:10 ID:O62

第1章 C四人での初任務!7

僕は遥を観察する様にしているのは、初音が関係しているからだ。

「ゴシック使うのは無しだ、漣!」
「ちょっと待って、漣と遥落ち着いて!!」
逃げる遥は、凛の真後ろに立つけどあの黒見 未来がどうしても気になる。

「遥が言うならだ」
僕は歩きながらそう言っても、遥は無視する。
どうしても言わないんだなっとゴシックを武器に変化しそうだった時に、初音が戻ってきた。

「あ〜、初音もう大変だったよ漣と遥が……って初音……?」
初音は心ここにあらずな雰囲気で戻ったけど、どうしたのか心配になった。

「初音どうした…何かあったのか?」
初音は僕の言葉でハッとして顔を上げる。
「……ううん」

初音は何かを隠していると分かった……

41:アーヤ◆Z2:2018/04/22(日) 14:27 ID:rH2

第1章 C四人での初任務!8

私はアノ子が【オンディーヌ】って言った瞬間に、何か私の中から昔の記憶が蘇ってきた。

「……貴女がオンディーヌ?」
「そうだけど、記憶消失みたいなのよ?」
記憶消失……?
私の額と未来ちゃんの額をくっつく様に,未来ちゃんが「目を瞑って」と言われたから目を瞑った。

アレは漣君?
「……貴女と私は…、違うけれど一緒の存在……?」
私は自然に言い、何で漣君が出てきたのかはよく分からない……

「段々と思い出すと思うわ」
そう言ってから去って行った。


「……が……だ」
私は上の空で漣君達のところに戻っていると,漣君の声がした。

そして私を見て心配そうに言っている凛ちゃんが、目の前で何かを言っていたんです。
そして漣君がこっちに来てから、私の顔を覗きこんで言った。

「初音どうした…何かあったのか?」
その冷静に言っても漣君の表情ですぐに分かった。
今まさに私の心を読んで推測されているのか分かって観察だけは…って思ったんです。

私は普通通りに言ってみる。
「……ううん」
漣君は顎に手を当てて目と目が合ったんです…

私がハラハラドキドキしてるというのに、ふてぶてしいミニ・オンディーヌが漣君の肩に浮き座っていたんです。
《隠しゴトヲして,怪しイッテ思っていたリしているんじゃナイ?》

そんな……ことは、分かってるけど。
「何か揺れてないか?」
私は漣君を見つめるけど、どうしたって自分が何者か分からなくなったことを言えない!

私は大きく首をブンブン振り続けた。


書き込む 最新10 サイトマップ