なんかやるかも(小説)

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1:MAKARON☆:2017/12/24(日) 22:06

不定期更新です。しかも、途中で投げ出して新しいものを書き、最終回にいかないかもしれないです。
それでも見てくださる方がいましたら、ゆっくりしていってください^_^
関係あることなら、書き込んでも大丈夫です。
荒らしはやめてください。

2:MAKARON☆:2017/12/26(火) 12:11

タイトル:「幽愁暗恨」
第1話

私がいつもどおり、家でくつろいでいるときだった。
プルルルルッ、プルルルルッ。電話の音が聞こえた。画面を見る。母からだった。私は電話に出た。
私「はい。」
?『もしもし。あなたは神崎美穂さんの娘さんですか?』
私「はい、娘の光です。」
?「木下医院の院長の木下悟と申します。あなたのお母様が、事故で病院に運ばれました。」
私「えっ…」
木下悟「お迎えに参りますので、ご自宅でお待ちください。」
私「分かりました。」
私は落ち着けなかった。まさか、お母さんが事故に遭ってしまうなんて…。

病院からの迎えが来て、車に乗り込み、病院に着いた。私の目の前には、変わり果てた母の姿があった。
私「お母さん…!」

3:MAKARON☆:2017/12/28(木) 17:22

タイトル:「幽愁暗恨」
第2話
変わり果てた母の姿を見て、私は絶望した。着いてすぐに、亡くなったことを知らされた。
なんで私が、お母さんがこんな目に逢わなければならないのか。考え込むと、涙しか出てこなかった。

私は、もともと父がいない。私は、ふざけてできた子供らしく、父に会ったことはない。
母は大人しく、いじめられていて、その時に子供を産んでしまったらしかった。母はかわいそうだった。

木下悟「神崎さん、ちょっと良いですか?」
私「はい。」
呼び出された。これからについて話すのだろう。
木下悟「両親がいない子供には、生活補助があるのですが…。今回はひき逃げで、損害賠償を求められなくなってる。」
私「じゃあ、どうすれば…?」
木下悟「とりあえず、しばらくは保険金があるので、それで生活してください。」
私「はい、分かりました。」
木下悟「その間に、警察が見つけてくれるから。」
私は、その言葉を疑っていた。警察なんて、頼りにならない。そう思った。

しばらくして、家に帰った。明日は学校だ。また、地獄の毎日が始まる…

4:MAKARON☆:2018/01/02(火) 09:29

タイトル:「幽愁暗恨」
第3話
私は一応家のことはできる。孤児院には入りたくないと思っていたので、これでよかったのかもしれない。

次の日。今日は学校だった。いつもどおり教室に入ろうとした時だった。ザッバーンという大きな音と共に水が落下してきた。
?「おはよう、屑。」
こいつはいじめっ子のリーダーの幸だった。私は無視した。
幸「おはようって言ってんだから、返せよ!」
返したって無駄なのは知っている。この前も、お金をカツアゲされた。着替えて席に座る。
?「みんな、おはよう。」
こいつは担任の岡だ。
皆「おはようございます。」
岡「そういえば、この前自殺した人がいるみたいだ。何かあったら、すぐ先生に言うように。」
こいつは典型的な偽善者だ。相談をしても、話し合わせるくらいで何も解決してくれない。だから自殺者が出るのに…。

昼休みになると、私の席を数人の女子が囲んだ。
幸「そういえば、お前の母さん、事故で死んだらしいな。かわいそう、お前のせいだよ!」
そう言って、何度も私を蹴る。しばらくして、意識を失ってしまった。

目が覚めると、私は保健室にいた。こんなこと、何度目だろう。今は休み時間なのか、廊下が騒がしい。
?「ウケるよなぁ、屑の母さん、私の親がひき殺したんだよ。」
そういうことだったのか。私の心に深い何かが宿った。
「あいつらに、復讐してやる…!」

5:MAKARON☆:2018/01/08(月) 17:56

タイトル:「幽愁暗恨」
第4話
私の母をひき殺したのは、幸の父だった。原因は分かってる。

私は以前、男の子から告白されたことがある。見た目が王子様みたいにかっこよくて、優等生で、優しい人だった。
正直、私もその子が好きだった。だから、OKして付き合い始めた。
しかし、その翌日、その男の子に振られた。私は悲しいというより、びっくりした。
幸がクスクスと笑っていた。とても不快だった。
話によると、幸はその男の子が好きだったけど、告白して振られたらしい。
これが、最初のいじめだった。

多分、思ったより私が苦しまなかったからだろう。
唯一、苦しみから解放されるのは、母といるときだった。それを知ったから、母は殺されたんだ。
私はそう思ったが……それだけではなかった。

6:MAKARON☆:2018/01/11(木) 21:01

タイトル:「幽愁暗恨」
第5話
幸の父は、私の父……でもあった。一緒に子どもを育てようと相談したら、断られたのだろう。
母は知らない人の子どもを産んだのだ。心の底から怖かったと思う。
母と一緒にいられないと分かり、父は母をひき殺したのだろう。

幸「おいクズ、起きろよ!」
ガンッ!そんな音と共に机が倒れた。私はハッとして起きた。
私「なんですか…」
幸「なんですかじゃなくて!鈍感にも程があるんだよ!1000円。貸せよ!」
財布を取られ、1000円奪われた。大切なお金なのに…。

許せない。
許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない

7:MAKARON☆:2018/01/16(火) 21:54

タイトル:ANGEL×DEVIL
第1話の前の何か
私は人とは違う。私は生まれつき、大きな病気を抱えている。みんなにそれを話すと羨ましがられる。
でも、実際には良いことはない。こんな風に生まれたくなかったと思うし、死にたい。
そう思っていた時だった。

8:MAKARON☆:2018/01/18(木) 18:40

タイトル:ANGEL×DEVIL
第1話
今日は、新任式だ。教師生活初となるこの学校は龍雲(りゅううん)中学校である。
私は、とても緊張しているし、行くのが怖い。反応とか、いろいろ。

私は、早速担任を任されてしまった。1年の女子クラスだった。
女子クラスは10人しかいない。でも、中学という所を知る所であり、どうすればいいか不安で仕方がない。
しかも、この学校には、魔力みたいな物があるらしい。魔力ってどういうことなのか、私は知らない。

「おはようございます。佐々木霊那先生。」
そう声をかけてくれたのは、校長先生だった。

9:MAKARON☆:2018/01/18(木) 19:14


第2話

10:MAKARON☆:2018/01/18(木) 20:04

間違えました。
タイトル:ANGEL×DEVIL
第2話
「校長先生…おはようございます。」
「…緊張しているんですか?」
「はい。魔力があるとかいう、怖い噂も聞いたので…」
「あぁ、新入生の女子クラスに。」
「えっ、つまり、私のクラスですか…?」
「そうですね。まぁ、普段はバレないように大人しくすると思うので。」

校長先生の話によると、龍の使い手の女子生徒が入学してくるらしい。その龍の使い手は、犯罪経験があり、警察でも指名手配されている。少女だからとはいえ、たくさんの凶悪な犯罪を起こしているため、捕まったら死刑らしい。

私は、こんな学校でうまくやっていけるのだろうか…?

11:MAKARON☆:2018/01/18(木) 21:36

タイトル:ANGEL×DEVIL
第3話
新任式が終わり、入学式も終わった。
この学校は、女子だけで倍率50倍。定員は10人だから、よっぽど成績が素晴らしくないと入れない。

「じゃあ、みんな自己紹介をしましょう。先生から言います。」
私は黒板に自分の名前を書いた。
「私の名前は、佐々木霊那です。1年生女子クラスの担任になりました。趣味はカラオケに行くことです。担当教科は社会です。皆さんと楽しみながらお互いに学んでいきたいと思いますので、1年間よろしくお願いします。」

「はい、では皆さんもお願いします。」
「美久です。好きなことは音楽を聴くことです。よろしくお願いします。」
「琉花です。読書することが好きです。よろしくお願いします。」
「鱗です。面白いことを考えることが好きです。よろしくお願いします。」
「芽衣です。人の面倒を見ることが好きです。よろしくお願いします。」
「恵未です。美味しいお菓子屋をめぐることが好きです。よろしくお願いします。」
「愛です。休みの日は、家でダラダラしていることが多いです。よろしくお願いします。」
「麻友です。恋愛系のドラマや漫画が好きです。よろしくお願いします。」
「百合です。花言葉を調べることが好きです。よろしくお願いします。」
「結香里です。ゲームをすることが好きです。よろしくお願いします。」
「瑞姫です。よくボーッとしています。よろしくお願いします。」

この中に、指名手配がいるのか…そう思うと怖い。

12:MAKARON☆:2018/01/18(木) 21:43

タイトル:「幽愁暗恨」
第6話
私は復讐計画を考えた。ただ、上手くいく可能性は低い。でも、殺したいから。
私は、武器をネットで頼んだ。銃。とても性能が高い物で、全お小遣いを出して買った。弾は無限にある。
これは、私が幸にする復讐ではない。


私がこの世の中に対してする復讐だ………

13:MAKARON☆:2018/01/19(金) 21:57

タイトル:ANGEL×DEVIL
第4話
今日の職員会議で、校長先生に言われた。今すぐに指名手配犯を特定してほしいと。
でも、どうしたら特定できるのか。そもそも、捕まったら死刑になる。それは避けたいと思ってしまう。
「どうしたら特定できるのでしょうか?」
「とりあえずは、普通に接してください。そして、慣れてきたらさりげなく聞き始めましょう。」
「でも、分かったら死刑なんですよね…。私は、自分の生徒を殺したくない。」
「気持ちは分かります。でも、これが国の命令なんです。いくら私立校とはいえ、国全体の問題であり、従わなければならない。」
「でもっ!…」
私は何も言えなかった。
美久・琉花・鱗・芽衣・恵未・愛・麻友・百合・結香里・瑞姫…犯人は、この中にいるらしい。

14:MAKARON☆:2018/01/19(金) 22:04

タイトル:ANGEL×DEVIL
番外編
霊…佐々木霊那
長…校長先生
美…美久
琉…琉花
鱗…鱗
芽…芽衣
恵…恵未
愛…愛
麻…麻友
百…百合
結…結香里
瑞…瑞姫

15:MAKARON☆:2018/01/19(金) 22:17

タイトル:ANGEL×DEVIL
第5話
私は早速みんなとコミュニケーションをしようとした。そのために、生徒一人一人に日記帳を配った。
美「日記…ですか?」
霊「そう。これに日記とか悩みとか、なんでも好きなことを毎日書いてきてほしいんだけど、いいかな?」
鱗「へぇ〜。楽しそう!私やりたい!」
恵「先生と…いいかも!先生にいっぱい質問していいですか?」
霊「いいよ!できることなら、なんでも答えるね。でもそしたら、こっちも質問するよ?」
みんな、賛成してくれたようだった。

次の日。みんな日記帳を提出してくれた。読んでいるときは、とても楽しい。本来の目的を忘れそうになるくらい…

16:MAKARON☆:2018/01/21(日) 16:44

『私こう見えて人見知りなので…新しいクラスに馴染めるかすごく不安でした。でも、みんな優しいし、先生も優しくて安心しました。1年間よろしくお願いします。』
美久は、クラスのみんなに積極的に話しかけていた。本人にとっては勇気ある行動だったのだろう。
[美久ちゃん、お疲れ様。あまりに自然に話していて、人見知りには見えなかった。それだけ一生懸命にやったんだね。これから1年間みんなで仲良くなろう!よろしくね!]

17:MAKARON☆:2018/01/21(日) 18:13

ごめんなさい。途中で送っちゃいました。でも、変更はありません。
>>16はANGEL×DEVILの第6話です。では、続きです。

『本を読むのが好きですが、特に好きなのは推理小説です。本の中で活躍する探偵とか刑事に憧れます(*´꒳`*)でも怖いので…ならないかな?1年間よろしくお願いします^_^』
[琉花ちゃんは推理小説が好きなんだね!私も最近読んでいるのがあって、「忘れ去られる記憶」っていう本が好きだよ!あと、顔文字かわいい♡1年間よろしくね!]

『私これ楽しそうだなぁって思いました!これ聞いたとき、とても嬉しかったです(≧∇≦)テレッ。先生と話せなくなるのは寂しいから。1年間よろしくお願いします^^』
[私が提案したとき、楽しそう!って最初に言ってくれたよね!本当にありがとう(≧∇≦)テレッ。鱗ちゃんのおかげで、みんな賛成してくれて、嬉しかった!1年間よろしくね!]

『なんかみんな頼ってきてくれるから、信頼してくれているんだなぁって安心しました(^_^;)こういうとき、面倒見ているの楽しいって思います。やっぱり3姉妹の長女だからかな…?1年間よろしくお願いします!』
[おおっ、芽衣ちゃんの面倒見の上手い理由が分かった!やったー\(^^)/すっごいしっかりしているイメージだから、めっちゃ頼ります(自分末っ子なんで)。よろしくね!]

『先生に聞きたいこと早速聞きます。1年間よろしくお願いします^^先生の好きな食べ物とオススメのスイーツ店を教えてほしいです!村の中でお願いします!』
[恵未ちゃん質問ありがとう!好きな食べ物は柿ピー…かな?オススメのスイーツ店は、「シャラン」っていうスイーツ店なんだけど、実は瑞姫ちゃんの家でやってるんだ。色々な種類のスイーツがあるよ。1年間よろしくね!]

『私、結構不登校になったことが多いんですよね…今は詳しくは言えないのですが、後で言います。って、暗い話になっちゃった。こんな私ですが、1年間よろしくお願いします。』
[大丈夫?昔のことも話せる時があったら話してね。愛ちゃんが不登校にならないように私も頑張るから、1年間よろしくね!一緒に頑張って、楽しく過ごそうね!]

『恋愛の本とか映画は必ず見ます!でも、彼氏ができたことはない…(>_<)早く彼氏を作りたいですっっっっっ!1年間よろしくお願いします!楽しんでいっこー!!』
[えーっ!麻友ちゃん恋愛のこととか詳しすぎて彼氏ずっといる系かと思ったwwそういえば・私も彼氏いないww1年間みんなで仲良く楽しもうね!よろしく!]

『花ってかわいいし綺麗だなぁって思います。今は桜の花が散り、桜吹雪が見られますね( ^∀^)花は癒し。季節の変わり目を知らせてくれる。いいですね…。あ、私はバラの花が好きです。1年間よろしくお願いします。』
[花って綺麗だよね!百合ちゃんだから百合の花が1番好きなのかと思ったwwちなみに、私はツツジの花が好きかな。1年間楽しもうね。よろしく!]

『1年間よろしくお願いします。何書けばいいんだろう…。ゲームが好きなのは言ったし、暇なときはゲームです。最近はイラモのゲームにハマってまふ。よろしくお願いします。』
[結香里ちゃん、こちらこそ1年間よろしくね!イラモのゲーム面白いよね!結香里ちゃんはゲーマーなのかな?ゲームってスカッとするよね!]

『私の家では、「シャラン」っていうスイーツ店をやっています。オススメは、花をモチーフにした様々なスイーツです。って、宣伝になっちゃったww1年間よろしくお願いします!』
[瑞姫ちゃん、1年間よろしくね!「シャラン」には私も行ったことがあるよ!瑞姫ちゃんもお手伝いしているのかな?1年間楽しもうね!]

明日、少し動いてみるか。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS