今宵は忍んで盗んで、またいつか恋をする

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
1: アーヤ◆TQ 新作掛け持ちやります:2018/04/08(日) 18:04

貴方と私は身分違いなのに、貴方に恋をしました……
私にとっての貴方は,どう見えていましたでしょうか? 

―また逢えるとしたら、今度は普通の女の子として逢いたいです……―

 
この新作はジャンル的にも、始めてなので更新は今の小説を描くため遅くなります。
でも思い付いた時には,更新をします。
コレからも見て下さい!

2: アーヤ◆TQ 新作掛け持ちやります:2018/04/08(日) 18:32

―プロローグ―
 
今宵は大江戸時代,今の時代は忍者らしいき人がいても悪くない時代です。

「明日の為にも、御団子を多めに作っと置こうかな?」
私は何故この遅い時間まで調理台にいるのかは、呉服屋さんの小次郎様が寄って来るって思うからです。

「来てくれると良いなあ……」
私は手を動かしていると,父上が調理台に来て大声で叫んだ。

「楓よ、風魔一族が狙っている巻物を伊賀一族が守るんだ!」
またあの仮面野郎に逢いに行くのか

3: アーヤ◆TQ:2018/04/09(月) 19:46

❤登場人物❤

・伊賀 咲 (いが さき)
 
純粋な半人前探偵少女。
風魔怪盗を追い掛けているけど、幼馴染みの快人と同じ日に産まれた。
そして,おかしな夢を見ることがある。

・風間 快人 (かざま かいと)
 
ツンデレ気質な秘密主義者。
何かを抱え込む癖があるのと,幼馴染みの咲と同じ日に産まれた。
咲のことが好きでいる。


※(これは現世と前世が,交互に行き来する物語です。)

4:アーヤ◆Z2:2018/04/11(水) 17:23

@1.私の日常
 
『楓よ、風魔一族が狙っている巻物を伊賀一族が守るんだ!』
その言葉で、目が覚めてしまった。
 
何でなのかは分からないけれど、私は時々夢を見てしまう。
「コレを着てから、依頼人からきた依頼状を見るかな」
 
探偵少女と名に懸けて、探し物(捜し物)に見て守って欲しい物などを私に見て聞いて欲しいという人びとが来る。

そして私は一人暮らしで,たまに腐れ縁という幼馴染みの快人がやって来る。
「やっぱり一人でやっているの,少ししんどいかな……」

少しだけお茶を飲む様に,一段落するけどドアが大きくバーンとぶつかった音がしたから驚いて見ると快人が来た。
「依頼人だ、依頼人が来たぜ咲!」
そうです,快人は私の片腕のアシスタントなんです。

「快人いらっしゃい,それで誰からの依頼状?」
快人が椅子に座ってから、依頼状を見せてくれた。
「コレだ!」

私は驚愕してしまう程に、驚いてしまったけどコレは大変な仕事だ!
「宝石店を狙ってるってことは、風魔怪盗が今日現れるってことよね……?」

顎に触れてしまう程頭の回転を動かして、快人は私の表情を見ているだけで何も言わなかった。

5:アーヤ◆Z2 :2018/04/11(水) 19:08

@2.宝石店のオーナーと予告状?

朝食を食べてから宝石店のオーナーに逢いに行く私達。

「ねえねえ、風魔怪盗は何を狙ってるんだって思うよね!」
愚痴愚痴と言って向かうところだけど、快人は有無も言わずに「さあな」としか言ってこない。

「それよりは、他の依頼状とかを見たのか?」
何でか今日は、やけにツン気しているけどどうしたのだろう?

「見たけどね、犬だよ!」
「見つからないんだからな,俺は見つけ出すけどな」
快人と私とは違うんだよね……、暇人快人め。

「あれこれ言っているうちに,着いた!」
快人は私が話を反らせたって思いながら、私の後に店に入ってく。

「伊賀探偵事務所の伊賀 咲と申します、ここのオーナー居ますか?」
入ってすぐに店員さんが目の前にいて、私は話し出した。

「あっ,居ます居ます!」
店員さんがオーナーを呼んで来る間に、店内を見回した。
「はいはい個々のオーナーですが,貴女方が伊賀探偵ですね?」

私はもう一度詳しく話し出してから、オーナーは風魔怪盗からの予告状を私に渡して見せてくれた。
「そうですか、昨日予告状が……」
私はこう言う難しいことは、快人に任せているんだけど……居ない!??

どこに行った!

6:アーヤ◆PY 母のスマホでやってます&:2018/04/15(日) 18:28

@初ケンカの幼なじみ〜咲編〜

私は初めて先に居なくなった快人に怒りが押さえきれなくなって初めてこの日ケンカをしてしまった。

「ねぇ何で、居なくなんの!?」
快人はいつでも誤魔化してハブらかす奴だけど、何で居なくなったのかを教えて欲しい!

「ああ、具合悪くなったから…そんなに怒るなって言っても無理か?」
「……まあ、そんなに怒っては…ないけど」
だけど私は、まだしてもコヤツにやられてしまったって思い内心では可愛いって感じに思っているんじゃないって……

「それにしても、咲の両親って先祖様から代々受け継いできた巻物があるって聞いたんだけど……?」
快人は私は聞いたことあっても、見たことはない巻物の話をしてきた。

「それって……まさか」
「まさかって,何が?」
「ハッ!?」
私が繰り返したら、なんでもないって言われて怪訝に怪しんだ……

「ふーん、言えないようなことなんだ」
「っんな訳が!!」
やっぱり言えないってことなんだ……

そして今さっきのケンカが、更にすれ違っていった。
その夜のこと私はケンカをしたまま寝たんだけど、まさかあの夢をまだ見るって思ってもしなかった……

7:アーヤ◆Z2 :2018/04/15(日) 23:55

>>6は@の3でした。

@4.初ケンカの幼馴染み〜快人編side〜

俺は咲とケンカしてしまったことで、少しじゃないぐらいへこんだ。

それは俺は前世が風魔 小次郎だったことで、伊賀の巻物を狙ってると夢を見て分かった。
「咲は子孫が前世の楓なのか?」
 
今では風魔怪盗だけど、前世は忍者だった咲には言えない秘密だ……
明日謝ろう。

8:アーヤ◆Z2:2018/04/17(火) 18:11

@5.幻影?

私はまだあの夢を見てしまったけど、何故か地味な忍者服を持っていた?

『待ちくたびれたぜ,ずきん女』
何ずきん女って…
『私は眠いんだけど、変態野郎!』
その忍者の女の子が,手裏剣を投げつけた。

うわ〜〜,何故か仮面をつけている相手に手裏剣を投げつけているって……
『眠いんだったら、アレをよこせ!』
アレってなんだろう?

仮面してる相手も、手裏剣とか色々投げていた。
『うるさい!!』
忍者の戦いをしていたら、家のおばさんが鍋を投げてきた。

『チッ』
『フンっ』
二人は戦うのをやめて、『今日は、ここでやめてやるけど覚えてろ』と言われていた。

不思議な夢だなあ……
幻影と言っても、夢だからね。

9:アーヤ◆Z2:2018/04/17(火) 19:31

@6.忍者は裏の顔で、団子は表の顔? 

そして忍者の子は、家に帰ってから御団子作りを最後のタレ作りをしている。

『もう3時だよ、変態野郎のせいで』
タレ作りをしながら、タレを団子にかけた。
『よし,あとは寝て起きてからかな?』
そう言って寝るけど、またすぐに起きる時間になるみたい?

ー朝の6時頃ー
『ふぁ〜,眠いけど小次郎様が寄って来て欲しいから団子屋を開けなくちゃっ』
紅く染まり言っているけど、『楓!』と呼ぶ人が言ってきた。

その子は楓と言うのか,可愛いって思ったけど団子屋の娘が表顔なんだって分かった。

10:猫又◆j.:2018/04/18(水) 22:28

こんにちは、猫又です。
ここまで読ませてもらった感想としては、
発想が面白いな―と感じました。

探偵と忍者。
一見何の関わり合いもない2つの存在、2つの時代が重なり合ってゆく。
今はまだその探偵と忍者の組み合わせがどう物語に生かされてゆくのか分かりませんが
この先、伏線として生かされてゆくのでしょうか? 楽しみです!

アドバイスとしては『空回りで,すれ違いだった1p』と同じく
もし仮にもっと上達したいという思いがあるのでしたら、
プロの小説を写してみて下さい。
もちろん手書きでなくても大丈夫です。
句読点の打ち方と文章の作りかた、セリフ周りの地の文(セリフ以外)を
意識して書き写すとより一層効果的だと思います。

あくまで私の意見ですが
何かのきっかけになってくれると嬉しいです。
それでは〜

11:アーヤ◆Z2:2018/04/22(日) 13:11

@7.呉服屋の小次郎様T (快人side)

俺は寝ることにするけど、またあの夢をみるのかと思うと……
 
俺はベッドに寝転んでから,あっという間に眠りについた。
『よし,爺や行くぞ!』
何気に楽しそうに言っているんだよな,夢のコイツは……

老人はタメ息を吐いて言う。
『若,今日も行くのですか?』
『行くに、決まっている』
早く行きたい、会いたいって感じが伝わってきた。

風間呉服屋の小次郎は、高嶺の花の存在だって皆町娘は憧れているから黄色い悲鳴って言っても目がハートになっている悲鳴だった……

御団子屋が見えてきた。


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS