抱きしめたい 壊れるまで

葉っぱ天国 > 短編小説 > スレ一覧キーワード▼下へ
3:匿名希望:2016/11/25(金) 20:52

「はぁ…はぁ…」

冷たく澄んだ空気が張り詰める森 

私は歩く 小さな小道を 辺りはもう暗闇に近い

「お…もいっ…」

ずるずると引きずりながら歩く 

なんであんなことをしたんだろう いつもの私ならあんなこと…

「今日の私はおかしいんだ そういうことにしておこう…」

私は家路を急いだ―――――――


続きを読む 全部 <前 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS