探偵チームkz事件ノート  好きな人は、きてねー!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- ▼下へ
350:みさ◆tw:2017/01/11(水) 23:05 ID:JC.

今書いてるのとはまた違う短編。
まずは、皆がおしてるアーヤ&若武

* * * * * * * * * * * * * * *

【若武&立花】

若武は、特別教室に向かって走っていた。

「俺たちが帰るときアーヤまだいたけど…」

着けている腕時計を見る。
もしかしたらまだ…という淡い期待もあった。
時間を確認し、ため息をついた。

「帰ったか…」

でも、実際はまだ教室の鍵が閉められてないか心配だった。

ドアの前にたち、荒い呼吸を整えながら、若武はドアノブを回した。
途中で突っかかる感覚もなく、すんなり開く。

「あれ?」

中で人の気配がした。
先生が見回ってるのかわからないが開ける。

辺りを見回したとき、ひとつ隅の席に人が突っ伏していた。
あの、さらさらしてて、あの髪色は…。

「ア、ーヤ?」

アーヤは顔を上げて目を丸くした。
その時の目が赤かったのを見落とさなかった。

「わ、若武?どうしたの?」
「ちょっと忘れ物してさ…」
「そっか、じゃ、私帰るね」

椅子から立とうとした瞬間、アーヤに近付いてた若武はアーヤの肩を抱いた。

「わ、若武?!」
「俺は何があったか知らねぇ。でも、泣きたいなら今だけ俺の胸を貸してやる…」
「………」

抵抗をやめた。
同時に腕の力を弱めた。
次第にアーヤの肩が震え、服を握る手も強くなる。
若武は、その手を見たとき、男子と女子の違いを改めて思い、背中を撫でた。

「辛いときは貸してやる。だから、一人で抱えるな」

その言葉に小さくだが頷いた。


続きを読む 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
掲示板スレ一覧サイトマップ長文/一行モード検索Twitter シェアする?RSS