ボカロ小説化!!しよう!

葉っぱ天国 > ボーカロイド > スレ一覧 ▼下へ
1:白餡♪:2016/12/09(金) 16:50

えっと、ここでは、色んなボカロ曲を小説化するところ。
入る際は、許可なく、適当に。
入る方は、雑談だけでもいいですが書いてくれると、喜びます。文才とか、あんまりないけど……
荒し、なりすまし、冷やかしなどは、禁止。見つけても一回注意して、あとは、無視で、お願いします。
ではスタート!!
じゃんじゃん書き込んで!

2:白餡♪:2016/12/09(金) 16:52

書きます。
フロム。正確には、英語なんですが、読めないし、かけないんでw
アドバイス&リクエストよろしくお願いします。

3:白餡♪:2016/12/09(金) 16:57

フロム設定
初音実來(はつねみく)
普通な高校生。
練と付き合っている。

加賀美音 練
元気で、明るい普通の高校生。
歌でスカウトされ、上京する。
実來と付き合っている。

めっちゃ自己解釈です。
ご了承ください。

4:白餡♪:2016/12/09(金) 17:28

#1
私は、今日、幸せだった日々に別れを告げた。否、告げられた。
「俺、もう実來とは、もう会えない」
突然、彼から別れを告げられた。
あまりのショックと、信じられなさで、立っているので精一杯だった。
「どうして?」
と聞くと
「歌……、スカウトされたんだ。だから上京する……。だから……ごめん!!」
申し訳無さそうに私に向かって頭を下げる練。
「私、離れてても大丈夫だよ!」
今にも、泣きそうになる顔を練は、最後まで見ずに最後に…
「ごめん……。さようなら……」
最後に残した言葉は、それだけだった。いつもの明るい練と違い、まるで、別人のようだった。
ニ人は、もう、話すことも、向かい合うこともなく、私はそこに立ちすくんだまま、練は、背中を向けて歩き出した。交わす言葉もないまま…
揺れる心の中私は子供のようにさけんだ。
「行かないで。行かないで。 ねぇ…
……。」
でも、その声はもう練荷は、届かない。その背中がそのことを物語っており、余計に悲しくなってくる。
こぼれそうな涙を、押さえきることができなかった。背中をむけて、私は、歩き出した。

あれから、私は、一年がたった。
「ちょっと実來〜。もう、うちら高校2年生なんだから、彼氏つくろうよ〜!」
「えー、私はそういうのいいよー。私、彼氏ほしくないし……」
「じゃあいるだけ!!お願い!人数合わないんだよ〜」
「でも今日は、用事が…「ならしょうがない。」
(まあ、でも口実だけど…)
あれ以来私は、恋をしていないし、したいとも思わない。
これが、世間でいう、初恋こじらせ状態なのだ。
「練くん、元気にしてるかな……。」
一年前の振られた彼氏のことをまだ考えている。
彼を失った私は、何もできず、きみのいないワンルームは、広く感じ、心の隙間まで広げてしまうようだった。
まるで心にぽっかり穴が空いたような感覚だ。
君のいないほんの1分1秒は、無駄に長く感じてしまい、一日がうんと長くなる。

5:白餡♪:2016/12/09(金) 17:30

誤字・もう、その声は、練荷は届かない
練荷× 練に○です。ごめんなさい

6:匿名さん:2016/12/10(土) 23:29

二次創作でどーぞ

7:ひな♪♪♭&・・:2016/12/11(日) 08:17

ヤバイ面白すぎる!
期待してます!

8:凛羽:2016/12/11(日) 12:33

>>4
from Y to Y が元ですかね…?
違ったらごめんなさい!

9:白餡♪:2016/12/11(日) 12:40

ひなさんありがとうございます!
スターゲイザーも入ります。
2#
君がいない私は、何ができるの?

別れを告げられた時は、実感がわかなかった。
(幸せすぎるのは、嫌い)
そうやって、偽って強がって、一番大切な君に愛されないことをおそれて、
自分から、君から逃げてしまった。
気持ちを伝えることができなかった。
もし、あの時ちゃんと気持ちを伝えられてたら、未来は、変わって今のかもしれない。涙が落ちぬよう我慢して
強がって、手放した理想の未来。
どれだけあがいたってもがいたって、取り戻せない理想、願い。
私は、自分自身で、夢、希望願いを、無理矢理押し付け、なかったようにした。
(あれは、多分神様からの、罰だ…)
自己解決しながら、私は、思う。

この世界は、


願うことさえ許されないんだ。

10:白餡♪:2016/12/11(日) 12:49

3#

多分そうなんだ。
(願うことさえ許されない世界なのかな…)
私は、徐々に涙腺が緩んできて、涙を流してしまった。
止まらない。
君の為についたつもりの嘘も、たったひとつの嘘でさえも君の涙を生んでしまう。
数えきれないほどの罪を重ねてきた。
その、暖かい君の手に触れたこと、
君に気づかれないよう君の隣で、そっと楽しく幸せに生きようとしたこと。
君のいない、孤独の痛みで償うから、お願い。
もう願わないだから……、



君の記憶にそっといさせて。

11:凛羽:2016/12/11(日) 12:52

>>10
願うことさえ許されない世界なのかな
たった一つの嘘でさえも君の涙を生んでしまう
数えきれないほどの罪を重ねてきた
その手に触れたこと 君の隣で
そっと生きようとしたこと

勝手に歌詞書いてしまってごめんなさい!

12:匿名さん hoge:2016/12/11(日) 18:05

歌詞書くのは犯罪だから気をつけてね

13:凛羽:2016/12/11(日) 18:48

>>12
え、そうなんですか!?そうとは知らず…すみません。
揚げ足取るようで悪いのですが、ここ結構歌詞スレありますよね…
スレ主様も本当にすみませんでした…。

14:白餡♪:2016/12/13(火) 16:47

凛羽さん、そうです!
英語で書いてくださってありがとうございます!
歌詞かくのって犯罪なんですか!?
知らなかった…何でだろう……

15:匿名さん:2016/12/13(火) 22:16

著作権あたりの問題かな?
バカだからよくわかんないけど

16:白餡♪:2016/12/16(金) 16:35

#4
君はどこにいってしまったんだろう。

練は、上京して、今頃テレビにでてもおかしくないはずだ。
いつもと変わらない大きな公園の木の下に、たっている。
大きな公園のはずなのに、そこには、人が全然いない。町の中でも目立つ高い場所なのに
(練と、見たんだ。この景色…)
実來は、この公園に度々練と来ていた。
楽しかった毎日をおもいだして泣いている時もある。
でも、
ここなら、誰にも見られないから…


ふと、上を向き空を見上げた。
そこには、宇宙飛行士がのる、ロケットが発車されていた。
実來は、この時不思議な感覚に出会った。
知っている感覚だ。でも、実來とは、なんの関係もないはずなのに、知ったような気持ちになる。
(なんか…、安心するのかな)
さっきまでらなきかけていた実來の顔を笑顔に戻した。
それから、ロケットは、予測のつかないほどの宇宙の果てまで飛んでいってしまった。

実來は、この感覚の正体がわかった。
これは、今の実來の気持ちだった。
(そっか…私は、今あれに乗りたいんだ……。) 



もう君のことで、苦しむことがないように…

17:白餡♪:2016/12/16(金) 16:36

15»私、バカだから、そゆことわかんないですwごめんなさい

18:葵:2016/12/18(日) 08:44

もっと書いて下さい!!
面白い!切ない!!

19:白餡♪:2016/12/22(木) 12:27

葵さん、ありがとうございます♪

20:白餡♪:2016/12/22(木) 12:49

君が、“楽しさ”を教えてくれたんだっけ……
みくは、中学生の頃の記憶をたどる
『ちょっと初音さん!初音さんに、王子役なんて、無理でしょ!』
文化祭の時、みくのクラスは、劇をやることになっていた。
それの、王子役が、運悪くみくにあたってしまった。
『声小さいから、これじゃ、きこえないよ…』
中学生のころの私は、地味で、冴えなくて、勇気もなくて……
そんなとき
『もー、やめようぜ〜こういうの。
そもそもくじできめようっていったにの藤原だろ?』
『そ、そうだけど……』
『確かに声小さいけどさー。初めよりは、大きくなってるくない?』
それには、みんな納得したようで、
それからみくを、せめることは、なくなった。
これが、みくは、練が好きになったきっかけだ。
教室から、出ようとする練をみくは、呼び止める。
『あのっ!加々美音くん!』
『初音さん?』
『ありがとう!』
それをきっかけに、二人の中は深まり練の路上ライブを見に行ったり、一緒にデートしたりしていた。

そのとき、みくは、気づいた

ー私は、

練が、好きと……

21:葵:2016/12/23(金) 08:26

面白い!!あのリクなんですけど…
おわったら、なりすましゲンガー書いてください!お願いします!

22:匿名さん hoge:2016/12/23(金) 10:14

二次創作板いってみてはどうですか?

23:白餡♪:2016/12/24(土) 13:52

どうやったら行けます?

24:優美:2016/12/24(土) 16:05

http://ha10.net/ss/
二次創作板のURLです
乱入失礼しました

25:白餡♪:2016/12/24(土) 16:11

ありがとうございます!
クリックすれば良いですか?

26:優美:2016/12/24(土) 16:13

はい。クリックで二次創作板に行けますよ

27:優美:2016/12/24(土) 16:14

このスレROMで見てました。応援していますよ!

28:白餡♪:2016/12/25(日) 11:21

優美さん、ありがとうございます!

29:白餡♪:2016/12/25(日) 12:31

#6

どこから、まちがっていたんだろう。
どこから、やり直せばいいんだろう。
どこに、戻りたいんだろう。否、ねがっても、戻れない。
 
二度と、君と笑い合った楽しい時には、戻れないんだ。
いまを終わりにする?それても、今が始まり?始まりにしたいが、今の状態を、良いように考えるなんて無理なことだ。
人からみたら、ただの失恋かも知れない。だが、みくにとっての失恋は、死ぬより、苦しいことだった。

30:葵:2016/12/28(水) 10:37

みくの携帯に一つのメールが送られてきた。
『ごめん。ずっと嘘ついてた。』
という練からのメールが。
『どういうこと?』
とおくり返す。不安が押し寄せてくる。もし浮気とかだったら?そういう不安が。ピロンというメールの着心音にびっくりしていた。恐る恐る携帯を開けてみる。
『みくに心配かけたくなかった。歌手になりたいなんて、嘘だよ。ごめん。宇宙飛行士になりたかった。でも、宇宙飛行士になったら、死ぬ可能性もあるから。心配させたくなかったんだよ。本当にごめん。』
みくの瞳から、大粒の涙があふれてくる。立つ気力もなく、その場に座り込んでしまう。
「私こそっ!ごめんなさい〜〜!」
電話がかかってくる。連絡先を消そうと何度もおもった。でも消せなかった。だって、いつか、きっとこうやってかけてくれると信じていたから。
『おれ、今ロケットのなかにいるから。みく公園から見ててね…。今から打ち上げるから。』
「え?」
なぜか、今みくが公園にいることをしっている。ロケットの打ち上げ場所からカウントダウンがきこえてくる。
[100.99.98……]
『いつも俺ここきてたんだよ。そしたらみくも来てて。でも顔会わせる自信がなかった。逃げてた……。』
「れっ練く…ん。私っ!悪いこと…し、た…。練くんのっ!その手に触れたこと…!練くんの…隣で……そっと幸せに生きようとしたこと……。もう一人で大丈夫……だから……」
みくは、決心した。これから、はじまりにすると。
最後練の口から、は
『うん、…。ありがとう』
と言ってきた。
「こちらこそ!ありがとう。」
みくは、精一杯いった。
電話は、みくから切った。この電話の意味はきっとお互い先に進んでいこう!という意味なんだと解釈した。

だから……さよなら!

31:葵:2016/12/28(水) 10:38

あと一羽です。おわったら、二次元創作版に新すれ立てて移動しようと思います。

32:葵:2016/12/29(木) 11:17

間違いです。あと3話くらいw

33:葵:2016/12/29(木) 17:13

多分、すれ違いも、好きになる理由も、別れることもどうせ運命で、すべて
最初からできてた筋書きどおりだって悲しみを紛らせるほど私は、強くないから…。
前に進もうとする思いが、逆に重荷になったりして、私の想いや、気力を過去が奪い取っていく。
ミクは付き合ってまもないころのことを思い出す。
『みく、いまの曲どうかな?』
『すごくいい!練くんは、歌手に向いてるよ!』
今思うとこの言葉も、練にたいしての罪だったのかも知れない。
うたってくれたのは、愛の歌。でも、今は悲しいだけの愛の歌。
『これを、みくにうたってほしいんだ。ミクは歌うまいし』
『え!?そんな…私音痴だよ!?』
私は、ことわったが練は、『あはは』とわらっている。
あのとき、私が、うたっていたら…


いつか、君に捧げた歌。

34:葵:2016/12/29(木) 17:15

都合よく考えたら苦しむことも、悲しむことめないのかな…

35:葵:2016/12/29(木) 17:29

弾き出したこたえが”練と一緒に幸せにいきること“だった。でも、結局は、その気持ちも出会いも、運命で不安定で、安心できないもので。すべてまちがえていたって。いいんだ。それでも。それでいいはずなのに、そう自分に誓ったはずなのに、私の心をじわじわと追い詰めていき、明日の道をどんどんうばいとっていく。
ドキドキのハッピー初恋、そんな愛の歌。そんな歌も、今では、歌うことのできない、哀しいだけの愛の歌。
風に吹かれて飛んでいけ。
れんと、私が一緒にいたことの思い出や、記憶も…
感情1つだけ消せば





きっと、悲しくなんて、ならない。

楽になるから。

36:葵:2016/12/29(木) 17:45

愛の歌、風に吹かれて飛んでいけ。
私達がであったあの夏の日まで…!

多分、私は未来や過去に縛られていたんだとしたら?そんなことを消したら私は、自由に飛び立てるのかな。

君とのおもいでを全部消すと… 

(やだ。)
私は、瞬時にこう思った。
君のことだけは忘れたくないと。

またいつか君の耳や、口、心。そんな君の気持ちを通り抜けるもの全て、君の口から知ることができたら…
「その時まで待つから…」



そしたらちゃんと、次は君を愛せるかな。
「あぁーー!!」
私は、公園の柵を、もち叫んだ。
色々悩んでいたが、吹っ切れたような、すっきりしたような。

私は、もう一度心の中でいった。


変わらない気持ちでまた出会えたらいいね。



そして、手を繋ごう?
その時まで





またね。




私は、気持ちいいくらいの晴天の空に向けて微笑んだ。

37:葵:2016/12/29(木) 17:53

その後
台詞だけ



「ミク〜!合コンいこうよー!」
「ごめん」
「なんでぇ?」
「あのね鈴。私ずっと、隠してた。
本当は、恋したくたいんじゃなくて、1年前振られた彼氏まってるの!だから…」
「でも、振られたんでしょ?」





切ります。

38:葵:2017/01/06(金) 19:26

「私も、ずっとそうだと思ってた。私のために振ったんだって。私もっと、強くなりたい。次は、ちゃんと練くんを間違えずに愛せるようになりたい。だから…確実じゃないけど、まっておきたい。」
「もういいよ!わかった!正直はそこまでミクが、気持ち考えてるなんて思わなかった。応援するね!」
「え…?うん鈴…ありがと」



その後、完結です。
できたら感想下さい。

39: アーヤ◆TQ:2017/04/29(土) 16:34

新しいボカロ小説を書いて欲しい

40:シンタロー:2017/05/12(金) 16:00

小説書きたいです!

41:シンタロー:2017/05/12(金) 16:24

Neruさんの曲で書く予定ですっ!


新着レス 全部 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS