笑顔のキミへ、

1: かおる ◆RY:2018/01/31(水) 15:52



 会場を君の色で染めたい
        ( >>2

 

2: かおる ◆RY:2018/01/31(水) 15:55



 突貫工事的にはじめた小説です、それ故亀更新です。

 ざっくり言うとアイドルを応援するファンの子の話。アイドルと恋愛したりとか特別なことは一切ないです、応援して感動して笑顔をもらう話です。アイドルってなんで尊いんでしょうね

 コメント大歓迎、アドバイスとかも嬉しい。

 

 全部読む/最新50/書き込む

キミ色に染まった世界で恋する

1: 相原梨子◆x.:2018/01/09(火) 13:13

●作者からメッセージ●
こんにちは!
恋愛小説は3回目。
頑張って、読者の皆さんに希望や勇気を届けられたら嬉しいと思います。
掛け持ちしまくりですが、どうぞよろしくお願いします。

64: 瑞◆MIZU/j3v.s:2018/02/15(木) 21:45

あわわ!たくさん投稿してるね〜!最近小説見る暇あんまりなくて…
今度最初からまた読むね!

65: 相原梨子◆x.:2018/02/16(金) 18:18

ありがとう!
良ければどんどん見てね♪
出来たら完結まで見届けてね…☆

66: 相原梨子◆x.:2018/03/03(土) 13:29

知っている方も多いとは思いますが、葉っぱ卒業を決めました。
出来たら完結させて、続きはオリジナル小説を書いていただきたかったのですが、恋愛小説は簡単に完結出来ない物語です。
なので、ちょくちょく来れるときにゆっくり更新します。

 全部読む/最新50/書き込む

黄昏時に、キミと二人で。

1: 薫+*Mio+* ◆v.:2017/08/26(土) 12:03

はい!掛け持ち3作までとか決めたそばから新作を書く(バカな)薫です!
今回はちゃんとした起承転結を考えない、現実的なものを書こうかな?と思いました。
はっきり言って、放置します。
でもちゃんと書くので、更新したら見てほしい……です。

ちゃんと更新する小説は……今のところ『解フル☆』かな?
そちらももしよければ見てくださいね。
感想は喜んで読ませていただきます。
荒らしとなりすまし、見て不快になるような言動はなしで。
では……start‼

49: まつり@結珠◆klVAly. hogeトリップ被ったから変更 @低浮上気味?:2018/07/22(日) 20:40

 ……話がそれてしまった。

 由比ちゃんに説明をするか、しないのか。
 訊かれたことに対して、答えるのが“普通”ではある。
 
 でも、すいかちゃんが……。

「あー、行こ行こー!」

 由比ちゃんは、私の方へ向けていた身体をすいかちゃんの方へ向け、大きな声で返事をした。

 ……なら、私、説明は…。

「で、何だっけ!」

 ――どうして。

 話、訊いてくれるの?
 そりゃあ、由比ちゃんに訊かれたことだけど。

 ほとんどの場合は、私のことなんて忘れたかのように……走って行ってしまうのに。

 優しさ。目立つ、明るい子が慕われる理由。
 それは――

 心のどこかで、侮辱してしまっていたかも。
 あまり良くは思っていなかった。

 そんなの、知らず嫌いだよって。

 チューリップである由比ちゃんは、私に同じ笑顔を見せてくれた。

50: まつり@結珠◆klVAly. hoge部活@絶賛アオハル中:2018/07/31(火) 19:34

 ……良かった。
 私、ちゃんと“友達”出来てるかも。
 
「えっとね、次は……」

 伝える努力をしないと。
 ちゃんと理解してもらえるように、語彙力をフル活用して、頑張って説明した。

 伝わったかな……!

「とわこちゃん、ありがとう!」

 そう言った由比ちゃんは、手を振って去っていった。
 きっと……一年生の教室に。

51: まつり@結珠◆klVAly. hoge部活@絶賛アオハル中:2018/07/31(火) 20:40

 私も、行った方がいいのかな。
 一年生との仲がイマイチ。なんとなく惨めだ。

 しかし、次の瞬間にその考えはなくなる。

「……あのさ。とわ、こ……」
 

 全部読む/最新50/書き込む

夢の中のキミ

1: みぃ◆8Q:2017/08/14(月) 15:44

初めまして!
みぃです。
デビュー作は『ここは明確スイーツ研究部!』(小説板でただいま10巻)

●メッセージ●

今回は『夢の中のキミと』です。
第2回目の恋愛小説に挑戦!
優しくて前向きなすぐ行動する琴ちゃんを見守ってください。

●他作●

『ここは明確スイーツ研究部!』
(小説板・創作板連載中)
『1%の叶わない恋』
(小説板連載中)
『*レインボーハッピー*』
(小説板連載中)
『マオの内緒アート日記』
(小説板連載中)
『類木川小学校児童会』
(創作板・短編小説板連載中)

48: 相原梨子◆x.:2018/01/21(日) 21:08

4.水筒事件

荷物を置くと、みんなひとつのベッドに集まって女子会を始めてしまう。
仕方なく、ひとりでみんなの健康を確認してカードにまとめて提出する。

「あ〜!お茶なくなっちゃったぁ〜!鬼頭さんさぁ、暇だよね〜。食堂行ってもらってきてくれる?」

「は、はいっ!」

まだ名前を覚えていない子だ。
水筒をポンと投げてきて、またおしゃべりに戻る。
これで関われるようにしなくちゃね。
食堂へ階段を下っていく。
水筒に名前、書かないんだ、この子。

「あれ?琴ちゃん。ちょっとぉ、聞いたよ。クラスで浮いてるって」

「大丈夫、大丈夫。大したのじゃないし、最近ちょっと体調悪いから学校行けてなくて…」

「琴ちゃん負けないで。私が付いてるから大丈夫っ!」

小学校の時、ちょっと他の子より多く一緒にいた友達、穂乃美が肩を叩く。
穂乃美、上手くやってるのかな?
ボーッっとしていると、階段を上ってきた子に「ちょっと…」と言われた。
あわてて避ける。

「おーい、琴ちゃん!水筒、食堂行くんじゃなーいのっ?」

「うん、そうそう!穂乃美、バイバイ」

手を振って穂乃美と別れて、階段をドドッっと下る。
食堂に着くと、花村先生がお茶当番をしていた。

「あら、鬼頭さん。お茶が進むのね。体調も悪くなさそうで。海村さんたちとは大丈夫?」

「大丈夫です!」

水筒を差し出すと、ちょっと顔を険しくする花村先生。
どうかしたのかな?
花村先生はこちらを見る。

「大丈夫じゃないんでしょ?この水筒は彦坂さんの水筒だから。名前もここに書いてあるわ」

水筒を見ると、しっかり『彦坂とと』と書いてあった。
ヤバイ…ダメなやつ?

「私が持っていくって言ったんです!室長だから…」

「鬼頭さん、室長もやってるの?海村さんに、室長はお願いしたはずですけど。どういうことですか?」

え…。
ここで失敗したら、きっと…うんん。
絶対、海村さんに怒られちゃう。
彦坂さんにも。
そんなの逆効果だよ〜!

「もういいです。高橋先生、お茶当番代わってください。さあ、鬼頭さんの部屋は何号室?」

「101号室です…」

花村先生を部屋に案内する。
どうしよう、どうしよう!
海村さんに何て言われる?
元々は、花村先生が協力してくれるとか言ってたじゃん。

「ここです…」

花村先生は、ドンッっと部屋のドアを開けて、彦坂さんに詰め寄った。
海村さんたちも動揺している。

「鬼頭さんにお茶入れされたのは、彦坂さんでまちがいないですよね?」

お願い、あんまり言わないでっ!

49: 相原梨子◆x. 読者の皆様へ。:2018/02/20(火) 19:35

こんばんは。
久しぶりになります。
ここのスレでは、更新が遅れてすみません。

私は3月15日で葉っぱを卒業します。
ここのスレの小説は、切りが悪いですが、もう完結します。
完結と言いますか、更新停止をさせていただくことになりました。
これからはレス禁でお願いします。

ここまで読んでくださったあなた。
今まで本当にありがとうございました。

50: 相原梨子◆x.:2018/03/03(土) 13:31

こんにちは。
突然、本当にすみません。

更新停止は責任を持ててないと思ったので、ちょくちょく来れるときにゆっくり完結させます。
コメントお待ちしております。

 全部読む/最新50/書き込む

彼氏との時間〜6ヶ月間の思い出〜【ノンフィクション】

1: 美桜◆HQ キミの夢はボクの夢:2017/06/21(水) 00:08

初めまして。こんにちは。
如月美桜と申します。初心者で、語彙力も無いのですが、温かく見守って頂けたら嬉しいです。極力亀更新にならないように気を付けますが、過去に、こう言って亀更新にならなかったことはないのです。これも、私の性格ですが。
今回は私の実話を書かせて頂こうと思っています。私は現在小学6年生なのですが、11月下旬に付き合い始め、最近別れた彼氏がいました。その彼氏のことについて書ければな、と。

2: 美桜◆HQ キミの夢はボクの夢:2017/06/21(水) 10:38

登場人物(本名では無く、少し変えています。)

・西野 咲 Saku Nishino
小学5年生。実は楽しいことが大好き。だけど、見た目からはそう思われない。

・有野 倖希 Kouki Arino
小学5年生。男女問わず仲良くする人気者。咲と同クラ。

・森本 雪華 Yukika Morimoto
小学5年生。スポーツ万能で、男女問わず仲良くする。咲、倖希と同クラ。

・波内 瑞希 Mizuki Namiuchi
小学5年生。女子力が高い。現在倖希に片想い中。雪華、咲と同クラであり、親友。

・橋本 仁  Jin Hashimoto
小学5年生。雪華とよく話す。咲、倖希らと同クラ。


追加あると思うのですが、その時にまた書きます。

3: 美桜◆HQ キミの夢はボクの夢:2017/06/21(水) 10:48

・スレ主のなりすまし、荒らしはお止め下さい。
・感想はいつでも受け付けております。
・また、質問にもお答えいたしますので、疑問に思うことがあったら、どんどん質問して下さい。

4: 美桜◆HQ キミの夢はボクの夢:2017/06/21(水) 11:02

1.出会い。


平成28年、4月。

私___西野咲は、5年生になった。


クラスも変わった。4年生で仲良かった子も、4クラスにバラバラに分けられた。


でも、新しい出会いもあった。


幼稚園からの友達も居た。


カッコいい男子も…………


居なかった。


でも、私が5年生になって、男子から一番初めに話しかけてくれたのは、


有野倖希。有野の妹と、私の妹が、仲良しらしい。


「妹、何組になった?」


「えっと……4組だったと思う。」


「そっか。」


そう言って颯爽と立ち去った天パ男子。

 全部読む/最新50/書き込む

次のページ>>

全スレッドキーワード一覧サイトマップ