アイスベルク共同体

葉っぱ天国 > 変人・中二病 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401-キーワード▼下へ
1:メフィスト:2018/01/11(木) 19:02

この氷山近郊地帯の地中には、ルシファーが、神の怒りによって軟禁されている。
ゆえに、外部の力がなければその軟禁は解き放たれることはまずない。
俺は、ルシファーを目覚めさせなければならない。

377:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:15

じゃあ逆に貴様は神に逆らったところでなにができるのだ?消されるだけだろ?

378:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:15

次は…どこにしようかなぁ…

379:メフィスト:2018/01/21(日) 20:16

俺の腕ぐらいなら泣くなよ、カスピエル。
神の命令は絶対というシステムそのものが独裁的だとは思わないのか?

380:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:16

>>378
なにが?

381:メフィスト:2018/01/21(日) 20:17

絶対王、否定はしないんだな。神が怖いということに対して。
全く、神は絶対王さえも脅しているのか。

382:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:17

ん?メフィストの体のどこ切ろうかなぁと

383:メフィスト:2018/01/21(日) 20:18

おい、ザレッド、そこをどけよ。
今からカスピエルとホテルいくから。

384:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:18

>>379
ああ、当たり前だ、独裁的に決まっているさ、そもそも神がいる時点で独裁的だよ...だからお前が例え神を倒したところでそれも独裁的になる。これが当たり前だ、この世ではな...

385:メフィスト:2018/01/21(日) 20:20

いや、ルシファーが頂点に君臨したのならば、みんなで物事を決定する議会制民主主義を採択するつもりだ。つまり、全人民の代表者を厳しく選定し、その代表者が集って議会を開き、立法、行政、司法を執行するわけだ。

386:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:20

俺が逆らおうと、お前が逆らおうと、だれが神に逆らおうとそれも独裁的だ。何をしてもそれは独裁的だ。だから独裁的な神に逆らおうと無駄なんだよ...

387:メフィスト:2018/01/21(日) 20:21

絶対王、それ以上言わないほうがいい。どうせずっと聞かれているんだろ?独裁者にな。

388:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:21

>>383
やだよんなの
ていうかどいたらそこのカスピエルこrすから

389:メフィスト:2018/01/21(日) 20:22

おい、ザレッド、カスピエルに対して攻撃を仕掛けるというのなら、こちらも謀略的なやり方でお前を熄滅させるぞ?

390:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:22

>>385
だからルシファーが頂点になるのも独裁的だ。だから物事をみんなで決定しようが独裁的だ。だからこの世から独裁的は、消えないのだよ...

391:メフィスト:2018/01/21(日) 20:23

獰悪な独裁性は消えるさ。民主主義に則ればな。

392:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:24

>>387
そういうお前も独裁的だ。生物が何をしようと独裁的だ。誰かに許しを得たとしてもそいつが独裁者だ。

393:メフィスト:2018/01/21(日) 20:24

絶対王、お前が頑なに否定的なのは、神を恐れているからだ。
その恐怖を克服したら、どれほど我々の共同体にとって素晴らしいステータスとなったことか。惜しい人材だよ。

394:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:24

それは正論だわ

395:メフィスト:2018/01/21(日) 20:25

正論?じゃあ、何がどう独裁的なのか、説明してもらおうか?

396:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:26

>>393
じゃ問おう。貴様は神が恐くないのか?何でも独裁的に消すアイツが!

397:メフィスト:2018/01/21(日) 20:29

怖いわけがないだろう?なんたってあほな独裁者だからだ。稚拙な考えのもと、全てを感情論を優先させる、例えば、なんとなく気にくわない物を、破壊したり、意見を唱えた天使を堕落させたり、
こんな幼稚な独裁者はドイツを救った極悪独裁者ヒトラーの足元に佇む地面にさえも及ばない。

398:メフィスト:2018/01/21(日) 20:30

力じゃない、権能でもない、
俺は神に、精神性で既に優っているのさ。

399:メフィスト:2018/01/21(日) 20:31

こんな俺でも、神よりも高い能力を持っているんだ。滑稽だろう?

400:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:31

もう一回人間食ってくる

401:メフィスト:2018/01/21(日) 20:32

それと、絶望王、今まで苦しかったんだろ?神による独裁的勅令や命令に従う毎日は、地獄だったんだろう?ずっと我慢してきたんだろ。
だからお前は神よりも忍耐性で優っている。

402:メフィスト:2018/01/21(日) 20:33

こんな地に至る俺たちでさえ神に優っている部分があるんだ。怖いわけがないだろ。

403:メフィスト:2018/01/21(日) 20:36

とにかくだ、このように、部分点で、神に優っているの俺たちが夥しいほどの数で、集約されたのならば?
忍耐性、精神性、膂力、硬質性、魔術的能力、適応性、破壊性、叡智、才覚、錬金的能力、他にも数えきれないほどの能力があるぞ、神に優る部分的能力をもつ群衆を集め全ての能力で優っているのならば神に対する反逆は成功するはずだ。

404:メフィスト:2018/01/21(日) 20:37

互いを互いで補い合い、協力するんだ。独裁者を葬り、ぶっ潰す。

405:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:39

絶望王、どうする?

406:メフィスト:2018/01/21(日) 20:39

ふぅ…だから俺は怖くない。同胞たちが俺にない能力を補ってくれる、共同体としてな。

407:メフィスト:2018/01/21(日) 20:40

だから、絶望王、お前は俺たちがいつでも助けるからな。恐怖から逃げるな、俺たちで、立ち向かおうぜ。

408:メフィスト:2018/01/21(日) 20:41

てことで、カスピエル、行くぞ。
(カスピエルの手を引き、再び外に出てゆく)

409:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:42

フフ...ハハハハハ...無駄だよ。そんなことができるはずがない。貴様は神の本当の顔を知らない。あんな独裁的に簡単に生物を消すアイツが、その程度で殺られると思っているのか。貴様はまだ可愛い方だ。あんな独裁者が本気を簡単に見せるとでもおもうのか?貴様は知らない...神の本当の力をな..

410:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:42

(メフィストを殴る)

411:メフィスト:2018/01/21(日) 20:43

まあ怖かったら、見てろよ。絶望王。
いずれ全ての闇は瓦解し未来が分かる。

412:メフィスト:2018/01/21(日) 20:43

(落ちたタバコを拾ったと同時に偶然に攻撃を回避した。)

413:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:44

確かに今お前が知っている神だと俺の方が上の事がある。だがアイツは、簡単に本気を出さない。だから貴様はそんなことが言えるんだよ。

414:メフィスト:2018/01/21(日) 20:45

さあな。本気だろうがなんだろうがどうでもいい。俺たちはやることをやるだけだ。

415:メフィスト:2018/01/21(日) 20:46

ベルフェゴル、留守番頼むぞ。
(カスピエルとともに立ち去る)

416:絶望王 デューク:2018/01/21(日) 20:46

ふっ、[火に飛び込む夏の虫]とはまさにこの事だ...まぁ精々頑張れよ。

417:ザレッド・イニール:2018/01/21(日) 20:48

…さて、どうしようか

418:メフィスト:2018/01/22(月) 23:55

ただいま。うわ、部屋きたねぇな。
まあいい、寝るとするか。(ソファの上に散らばっている機材を全て適当に地面に促す。)
カスピエル、お前も上で寝てろ。
ハイズンは、未だ調査中か。
俺は、何もしてないな。
結局、ベルリンに堕ちた天使は、攪乱状態として、精神性もすでに神に屈している。ゆえに、救済という希望をもたらすことができたとしても、それは彼女には効力を持たない。
又、最悪な事に、コンゴ盆地に堕ちた天使サリエルは鬼神化している事で間違いない為、邂逅を果たしたとしても、会合することができるかどうかが疑懼の抱きどころだ。

419:メフィスト:2018/01/23(火) 00:03

(ふと気になりソファから起き上がり、地下2階へと階段を降りてゆく)
……ルシファー、まだ眠っているのか。
(地上の氷河に侵食され、且つ厖大で鴻大で巨大。そして、透き通った青色とともに、ルシファーの肉体が氷塊に覆われている。俺は、ピッケルを持ち出し、とてつもない大きさの氷塊を砕き始める。しかし圧倒的硬さの前に、俺は絶望を抱く)

420:メフィスト:2018/01/23(火) 00:13

(俺は無作為に考えていた)
{だめか…、なんせ物理的な氷塊の硬さだけでなく、神の怒りが込められているもんな。
そりゃ、何かが仕掛けられているはずだ。ルシファーを謀略的に陥れる何かが、魔術か?神聖力か?あるいは、特定の属性によって固結されたのならば、それと対になる属性を放てばいいだけの話だ。
しかし事はそんな単純じゃない。もっと複雑で難解な回路のようなものが存在するはずだ。婉曲式倒置か?分からん。}

421:メフィスト:2018/01/23(火) 00:27

{仮にもし、神聖なる力によって封じられているのならばそれは冒涜になる儀式を執行すればいい。
魔術ならばそれを上回る魔術で対抗。
特定属性ならばそれと対になる属性を。
神は残酷なやつだ。神は、悪魔や堕天使のように刃向かう者たちの絶望に平伏す表情やその様を、諦観するのが好きだった。
ここで俺の推量だが、もしこの神の悪辣な性質がこの氷塊にも働いているとすれば、
もし、ルシファーを再起蘇生を計らう者の存在を読まれていたとすれば、
ルシファーは、力では屈しない、平伏さない。
だから、その推量の結論は一つだ。}

422:メフィスト:2018/01/23(火) 00:35

この推量が確かなものであれば、俺は常に神に今も見られているはずだ。
神…それは享楽主義者、否、圧倒的残酷者。
くそ…!今までの調査、監査は全て無意味だったのか…。

423:メフィスト:2018/01/23(火) 00:43

まあ、とにかくこれが事実か否かにせよ、分かったことは分かった。大きな進捗だ。
しかし、神は圧倒的絶望の状況を無理矢理にでも形作るはずだ。
恐怖、欠乏、専制と隷従、きっとすべての不穏を用意しているだろう。
いいさ、抗ってみせよう、打ち砕いてみせよう。神よ、この推量が当たっているのならば、さっさと次の地獄の試練を指し示せ…!!
(すると氷塊の左側の先端部分から、石ころ程度の氷塊が砕ける)

424:メフィスト:2018/01/23(火) 00:50

(砕けた氷塊の部分を見る)
…くっ…これは確かに難しいな……ど、どうすれば……なぜだ…こんなの現実的に考えて不可能じゃないか…
{枢要徳となるミカエル、ラファエル、ウリエル、メタトロン
対神徳となるザドキエル、ハニエル、ガブリエル
これらの美徳の天使らの血の円環によって煥発とした事象が巻き起こるわけか。}
…ふざけやがって…そもそも天界に行けるわけねぇだろうが!このクソ野郎…!!

425:メフィスト:2018/01/23(火) 00:52

ハイゼンやカスピエル、ベルフェゴルにも時間が空いた時に伝えておくか…
今日はもうだめだ、頭を使いすぎた。
(地上一回に戻り、再びソファに腰掛ける。)

426:メフィスト:2018/01/23(火) 00:55

…進撃は止まらせないぞ。
(就寝につく)


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS