探偵チームkz事件ノート  好きな人は、きてねー!

葉っぱ天国 > 二次創作 > スレ一覧 1- 101- 201- 301- ▼下へ
1:みやこ:2016/02/20(土) 14:51 ID:QUg

ここは、探偵チームkz事件ノートが好きな人が集まる場所です!
恋やファンタジーなどなど・・・どんなジャンルでもokです!雑談もokですよ!


「ルール」
・荒らしが来たら無視をしてくださいね。
・なりすましが来たらIDをチェックします。IDが、違った時点でなりすましと思いますのでご了承ください。
・皆が楽しめるようにしましょう!

 一応スレ主ですが、1週間に1回くらいしか来れないので、来てくれた皆さんは、勝手入ってくれていいです!
 
 それでわ、スタート!

326:みさ◆tw ホィ(ノ゚∀゚)ノ ⌒dice6:2017/01/06(金) 10:18 ID:r7M

実は次書きたいの決めてある!!
でも、書き終えないといけない話もある!!
でも、今書いてたの終わったから、ちょくちょく書きたい!!


オリキャラ

【名前】 立花 瀧 ―たちばな たき―

【性別】 男

【容姿】 身長は、黒木より高い。
     髪は癖がなく、真っ黒。
     目は、明るい茶色をしている。

【性格】 明るく、元気。
     彩の前では面白いし優しいが、時々黒い一面も…。
     彩のことが好きで、彩の身に何か起きると周りが見えなくなる。

【概要】 彩のいとこで、同じ中学一年生。
     最近まで、遠くにいたため、連絡ができなかった。 
     運動が良くでき、頭もそこそこいい。
     

ぐらいかなぁ。
ちょっと矛盾したら、ま読む人はいないだろうからいいか(笑)

327:蒼空◆Jc:2017/01/06(金) 11:27 ID:LuE

やーっと戻ってこれたあ!みさ(*´ω`)人(´ω`*)オヒサー♪やっぱり小説面白いね!アーヤ無事に助け出せてよかったあ!
みさの新しい小説楽しみ❗

328:みさ◆tw:2017/01/06(金) 17:38 ID:WMk

>>美羽 ありがとー!
でも、前に書いたように来れる日は少ないよ(笑)

329:みさ◆tw:2017/01/06(金) 20:59 ID:FoE

パソコン投稿じゃないからマジ勘弁で、勉強合間に小説投下。

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜
【若武side】

「若武君おはよ!」
「おはよう!」

いやー、この前の星見に行ったの楽しかったなぁ。
ま、アーヤとは違う学校だから余計にかな?

教室に入るとざわざわしていた。
なんかあったのか?
転校生とか?
…ないな。
自分の席に腰を下ろすと、男子が来た。

「なぁ、若武知ってるか?」
「あ?転校生か?」

ありえねー。
ま、違うなら違うで…。

「なんだよ、若武も知ってんの?」

…マジ?
いやいやいや…ねぇ?
ま、これがアーヤとかだったらいいのになー。

そんなことはないと思いつつ、朝の先生の話を聞いていた。

「で、最後に知らせがある。ま、皆知ってるっぽいが。入ってくれ!」
「はい」

ドアがガラッと開いた。
スラッとした男が入ってきた。
あれ?なんだろ、イラってする…。
あ、背が高いからか。

「京都から来ました」

ふーん。
あ、今度皆で京都行こうか提案しよ。

「えっと、名前は」

これで、アーヤと同じ名前だったら笑えるのに。

「立花瀧です」

…え?
い、今立花って?

「立つ花って書きます」

立花違いかよぉ!

* * * * * * * * * * * * * * *

誤字脱字意味不は許してね。

330:みさ◆tw:2017/01/07(土) 12:55 ID:xeU

続きどうしようかな。
やっぱり、ミステリーっぽいの入れた方がいいのかな…(;´Д`)

331:みさ◆tw ( -.-)ノ ・゚゚・。dice1:2017/01/07(土) 22:24 ID:r7M

昨日は模試で、明日も模試…。
小説を書いて、悲しい心を紛らせます(´;ω;`)
誰か同じ受験生でkz好きがこれを読んで少しでも和みますように。
という願いをかけて小説投下

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【若武side】

ま、まじかよ…立花違いとか。
でも、案外あったりする名前なのか?
うーん…。
ただ、俺より地味ぃー、な奴ならいいが目立つ奴は許さん!!


「若武、俺のこと瀧って呼んでくれ」
「瀧な。俺は何て呼んでくれてもいいぜ」
「若武は、若武って感じがするからいいよ」

―― 放課後 ――

今日一緒に授業受けて分かったことが一つある。
こいつめちゃくちゃいいやつだ!
体育でも、ミスをいちいち怒んないし心が寛大!
頭は、まぁ俺よりは悪いがそこを隠そうとしないで学ぼうとする姿はいい!!
だから、俺より少し背が高くても許す!

「お前頭いいよな、運動神経もめちゃくちゃいいし」
「ま、一応塾行って私立狙ってたんだけど落ちたんだよ。お前体育のときのあれナイスアシストだったよな」

んん?周りの女子がキャァキャァ言ってる…。
でもな、アーヤに言われてぇ!

「見てあの若武君と、立花君が話してる!(ボソッ」
「うーん!二人ともかっこいいよね(ボソッ」

何話してるのか気になるけど、まぁいいか。
あ、俺今日秀明あるんだった。帰んねーと!

「俺今日塾あるから!じゃな、瀧」
「あ、若武最後に一つ聞きたいことあんだけど」

うわ、あいつの茶色の目ってだれかに似てる…。
俺の心をつかんで離さないみたいな…?

「この辺でいい塾ってどこ?」
「んー、俺は秀明ってところ通ってるぜ」
「ふーん。サンキュッ!呼び止めて悪かった、じゃな」

廊下を走る。
瀧って、誰かに似てる気がすんだよなー。
誰だろ…?


―― 秀明への道 ――

俺はずっと誰に似てるか考えてたんだけど…わかんなかった。
誰だ?
しかも結構身近な気が…。

「あれ若武じゃね」
「ホントだ、おーい若武!」

ん?誰だ?
声がした方向を見る。
黒木と上杉と小塚が開成の制服を着て歩いていた。
…俺も本当はあれ着たかったんだけどな。
ま、今はあそこもいいけどな。

「おい若武、顔に似合わねー深刻な表情してどうしたんだよ」
「いや、考え事」

近づいてくるなり上杉に言われる。
いつもならすぐに突っかかるとこなんだが…今は何にも感じねぇ。
黒木がパチンと指を鳴らした。

「若武先生、恋煩いか?」
「ちげーよ、俺はアーヤ一本だ」

三人が立ち止まる。
あ、やべ。口からつい言葉が…。
上杉の表情は、なんかびっくりしてる。
黒木は、フツーの顔で、小塚は顔が赤い。

「お前よくこんな道で言えんな」
「ここ今人通ってないじゃん」
「若武それアーヤの前でも言えるの?」
「…まぁ、言おうと思えば」

黒木がじっと考えた様子でこちらをうかがっている。

「若武、あとでその悩み聞いてやるよ。だから談話室に来い。じゃ、俺先行くから」

黒木がすたすたと行ってしまった。
黒木って、何でも見透かしてるようで怖いんだよな。
でも、なんか解決してくれるかも?
そんな思いで秀明に入った。

332:みさ◆tw (;`・ω・)つdice3:2017/01/07(土) 22:54 ID:r7M

連続でのレスは、許してちょんまげ。
とにかく、書けるうちに書いておこうという姿勢が伝わると嬉しい。
やっぱり、パソコンで書くのが一番落ち着くぜ…。
初めは3DSで書いてたんだけどねー、なんかね(笑)
というわけで、長くなるかもだが、まぁいいさ(笑)
小説投下

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【若武side】

うーん、黒木何わかったんだろ。
てか、別にこれ謎じゃ無くね?
でも、気になるんだよなぁー…だから授業全然集中できなかった。

「おい若武、談話室行こうぜ」

あ、やべ…すっかり忘れてた。
やっぱり、こういう時に持つべきものは友だろ。

「どうせ若武のことだから忘れてるだろうし」

上杉こういうの本当にうぜー。
これぐらいアーヤにも素直になれっつーの。

「ま、僕たちも気になるってことだよ。早くいこ」

小塚はいいやつだよなぁー。
そういえば、黒木いなかった気がする…。
どうしたんだあいつ?

談話室に入ると、黒木はすでに来ていた。
あれ?授業出てたっけ?
座ると、黒木は腕を組んで離し始めた。

「俺がさっきの授業をふけったのは、これとは全く関係ない。で、若武先生は何を考えているんだ?」
「いや、考えてるっつーか…」

瀧のことで気になってるって感じなんだよなー。
ん?これが悩みなのか?

「さっさと言えよ」
「俺のクラスに今日転校生が来たんだ。で、名前がさぁ」
「立花、とか?」

小塚が口をはさんだ。
上杉と黒木がカル口を交わしながら笑って否定した。
ま、実際そうだから俺は否定しない出ると、二人の顔も、少し硬くなった。

「え、マジ…?」
「立花って、結構いそうだけどね」
「まぁ、俺もその可能性考えたんだけどな。立花瀧っていうんだ」

「え…」という声が聞こえた。
あれ?この声、まさか…。

「お、よかったアーヤ。来れたんだね」
「うん、黒木君教えてくれてありがと」

アーヤを連れてきた?!
これ事件でもないし、特に関係がない…話?
アーヤは近くの空いてる席に腰を下ろすと、すぐさま言った。

「今、立花瀧って言った?」
「そう、俺のところに転校してきた」

あれ、なんか顔固まってる?
もしかして、まじで知り合いとか?
アーヤは少し言葉を震わせながら続けた。

「その子って、運動神経良くて、身長は…黒木君ぐらいで、髪がさらっさらの黒色の子?」
「うん。お前よく知ってんなー」

いや、若武。
俺気付いてるだろ?
さっき、心の中で何か解決しただろ?

「その瀧って…


私のいとこ、かも」

…予想してた通り、って感じか?
確かに、目がそっくりだ…。
俺が言った、目から離せないような目、っていうおは俺がアーヤから目が離せないってことかぁ!

「でも、最近連絡も取れなくて…どこにいるんだろうって心配してたの。でも、来るなら浜田に来て惜しかったなー」

いやいや、だめだ!
だって、幼馴染が同じ学校だったら、俺たちが付け入る隙間ねーじゃん!
一瞬談話室のドアに人影が写る。
ん?あれって…。
ドアから入ってきたのは、さっきまで話をしてた瀧だった。

「お、若武じゃん!それと…彩?!」

あ、彩だとぉ?!
い、いとこだとアーヤを飛び越えて彩に一直線かよ!
瀧はそのままこっちに歩いてきた。

333:加枝◆Jc:2017/01/08(日) 18:28 ID:LuE

>>329-332面白い❗瀧はアーヤのいとこだったのかあ!
>>330別に入れなくてもいいと思うよ!

334:みさ◆tw:2017/01/08(日) 20:33 ID:r7M

>>333美羽ありがと!
でも、やっぱり入れたかったりなんだったり…まぁ行き当たりばったりでいっかぁ。

* * * * * * * * * * * * * * *

〜瀧は知っている〜

【立花side】

瀧…?
何でここにいるんだろう…。
会えてうれしいんだけど…やっぱり複雑。
だって、引っ越したら全然連絡くれないんだもん。

「彩、連絡できなくてごめんな…」

え、いきなり?!
でも、そういう素直なところ、変わってないな。

「うん、連絡できなくて寂しかったけど、また瀧にあえてよかった!」

若武の方で「なっ?!…」という声が聞こえた。
どうしたん……え?!
み、みんな固まってる?!顔面蒼白?!

(アーヤ/立花が、男子を下の名前で呼び捨てにした?!)

どうしたんだろう?

「彩」

瀧に呼ばれて振り向く。
すると、目の前にた、瀧の端正なお顔が!!

「もう一回言って、寂しかったって」
「ム…いや」

瀧は、思いっきり心外そうな顔をした。

「残念だね、昔はあったら飛びついてきたのに…」
「うん、瀧がね」
「そしてぎゅーってしたのに」
「うん、瀧がね」
「で、ほっぺにキスしてくれたのに…」
「うん、瀧が…ってしてない!!」

ち、違うよ!
皆に弁解しないと…。
そこにあったのは…すでにもの抜けのからの皆でした。
なんか、口から魂みたいのが出てくるのが見えそうです。

「…嘘だよ、嘘!」

瀧が、笑い飛ばした。
当り前だよ、そんなことしたことないもん。
その瞬間若武が少し生き返る。

「えっと、アーヤさん、いろいろ説明お願いします…」
「う、うん。瀧は私のいとこでお父さんの兄弟の息子。で、昔は家が近かったからよく遊んだよ。それぐらいかな」

うん、これぐらいしか説明することないよね。
瀧が口をはさんだ。

「俺と彩は小さいころ結婚するって約束したもんな」

えぇぇぇ?!
へ、変な話を持ち込まないでよ!
皆また気絶して…あ、黒木君は生きてる?!
みたいな、抜け殻だったぁ?!
と、とにかく生き返らせなくちゃ!

「みんな、昔の話だから!!」

「「「「否定しろよ!」」」」


―― 三分後 ――

「みんな、落ち着いた?」

口々にため息交じりに「大丈夫」と言っていく。
瀧は、本当は悪い子じゃないんだけど…人をからかうんだよな…。
じっと見つめていると。

「ん?彩俺の顔になんかついてる?」
「ううん、何でもないよ」

で、もう一度瀧について話した。
そのあと、瀧とも一応意気投合してくれててよかった。
でも、時々こっちをチラッてみるたびに瀧の笑顔に影が落ちてたのは…気のせいかな?

で、問題が一つ。
上杉君が、名前を呼んだの。

「あ、立花」
「なに?」
「どうしたの?」

そう。
上杉君は苗字呼びだから、そんなことが起きた。
でも、瀧って呼ぶことにして、ひとまず落ち着いたんだけどね。
私は、瀧が好きだから、ここでずっといられるといいな…。
それに、秀明でのクラスは、私より一個上だから近いし。
翼とも仲良くなってほしいな…。  

335:匿名さん 若彩:2017/01/08(日) 21:28 ID:TWk

初めましてですm(。_。)m
私は、探偵チームKz と妹のGシリーズを買ってますけど……カッズは全巻揃って買われないって事に残念です早く誕生日になって買おうかな?
でも,妖精チームも中々良い感じですね、彩と若武がなんとなく複雑ですし、若武と上杉もなんとなく複雑な関係ですしね。
彩は妖精チームでは、もう好きな人決まってそうですね💗
私は若武推しなので、彩が最初の時見たいにまた若武の事好きになってもらいたいって思うし若武は彩の事どう想っているんですかね😓

336:美玲:2017/01/09(月) 12:10 ID:YIw

私も好きですよ〜
いろいろ話すの好きなのでよろしくです。

337:若彩:2017/01/09(月) 12:36 ID:oeM

>>335は私です。

アニメまたしてほしいよね

338:凛☆:2017/01/09(月) 16:38 ID:YsQ

…久しぶりに来た凛☆です…
最悪なことにあることでパソコンがぶっ壊れ
修理するのに時間がかかってしまいました

すみませんでした

339:みさ◆tw:2017/01/09(月) 21:42 ID:F5I

皆さん初めまして!
みさです、よろしく

340:美玲:2017/01/09(月) 23:42 ID:YIw

よろしくです

341:若彩:2017/01/10(火) 20:50 ID:99I

Kz の小説書きます《*≧∀≦》
彩✖若武

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今日は若武達と花火大会に来ています。
ちょうど着いた私に若武達は呆然としていた。

「皆どうしたの?」
私は首を横に傾けた。
「「あ、いやなんでもない///」」
若武と上杉君が仰ぐように私の視線を反らす。
なんでなのか分からない?

そしたら、小塚君は無言で赤くなっている。
あとの二人は笑いを堪えてる黒木君と、爆笑している翼だけど……なに、なんか私を見てる皆の反応が分からないけどなんなの?

笑いが止まった黒木君が涙目で言う。
「ゴメンゴメン、アーヤが変じゃあないから安心して(^ω^)」
でも、顔は笑ってる黒木君。
そして若武と上杉君と小塚君も、今は赤くなってない。
「なんだよ、黒木笑って。 そして、おいお前まで大笑いするな―」
「はぁ、本当にだ。 若武と同感だぜ」
ため息を吐いた上杉君は呆れ果ててる感じ?

そういう小塚君は花火が見える目的地を指しながら私達に言う。
「皆早くしないと,場所が取られるよ?」
私は,はっとした。
そうだった、花火鑑賞する場所取りだ。

「おい急ぐぞ🏃➰💦」
って若武が言ったら皆が、走る。
ちょっと待て、私着物姿なんだけど(・・;)
「ちょっ,ちょっと待て皆」
私の声は皆には聞こえてない。

私はもう少し早く走る下駄で走りにくいけど、私は走った。
若武達が見えた時若武が立ち止まったけど、あとの皆は場所取りの方に走り続けた。
(若武どうしたのかな?、屋台で好きな食べ物とかあったのかな?)
そう思っていたら、若武は後ろ向き私の方に走って来た。

「アーヤ、どこだ。」
若武は大きな声で私を探していた。
「若武,若武」
私は走ったし大声で若武を呼んだ。
若武は私を見つけて私の方に駆け寄った。
「アーヤゴメン、走ったりして追い付かなかったよな……」
「…うん、でも若武が気づいてくれなかったら1人きりだった」
私は謝る若武に笑顔で笑って微笑んだ時、若武はあの綺麗な瞳で良い笑顔を見せたから思わずドキッとした。

若武は私の手を繋いで引っ張った、皆の方に向かう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜まずは、ここまでにします。
意外な二人の彩武が見れて嬉しいと私でも思いました。

342:密:2017/01/10(火) 21:18 ID:fVA

入ってもいいですか?

343:若彩:2017/01/10(火) 21:46 ID:/6k

密さん入っても良いですよ🎵

密さんはKZで誰推しですか?
私は勿論、若武です。
特にカップルコンビだったらアーヤ✖若武です。
仲が良いのか悪いんたが、結局はこの二人性格はとてつもなく似ている感じですよね。
この二人くついてくれないかな?

344:蒼空◆Jc:2017/01/10(火) 22:46 ID:LuE

お、結構新しい人が❗Σ(・ω・ノ)ノ皆さん( `・∀・´)ノ ヨロシクーね

345:若彩:2017/01/10(火) 22:56 ID:/6k

>>344よろしくね。

346:若彩:2017/01/11(水) 14:56 ID:Ai2

彩✖若武
続きを書きます《*≧∀≦》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜若武は、私の手をずっと握り歩いた。
「わ、若武」
「なんだ、アーヤ?」
私は、皆の事を聞いた。
「黒木君達は、私が若武といる事知っているの?」
「あっ!?,言ってない電話してみるからアーヤ待っててな。」

私は、こくんっと頷いた。
若武は黒木君達に電話しているから,私はその間屋台をちらほら見たりした。

若武は,誰にかけたのかな?
「あっ、黒木か。 俺俺。」
(黒木君か)
「黒木君?」私は、若武に小声で言った。
「ああ。」
若武は、私に言った。
すぐに、黒木君に今いる場所を言った。

「なんだけどな」
『分かった、じゃあ若武アーヤを任せた』
「ああ」
若武は電話を切って、私に顔を向ける。

「アーヤなんか食べたいのがあったのか?」
「別にないけど?」
だって私今月ピンチだからね……我慢するんだ。
「まぁ、とりあえず歩こうぜ」
「あっ、うん人混みの所にいたら危ないからね」
私達はまた歩き続けた時、屋台で美味しそうなリンゴ飴が売ってあった。

若武は、リンゴ飴の向かい側の射的を見ていた。
「若武,もしかして射的がやりたいの?」
私から見た若武はウズウズしているような感じでクスリって笑ってしまうほどだった。
「若武射的やったら?」
若武は私を見て大きな目で良いのって言っている顔だ。

「マジで😆⤴⤴」
私は、頷いた良いよって言ったら若武は私を引っ張って射的の屋台に行く。
「若武速い、ゆっくり走ってよ」
私は,はしゃぐ若武が何だか可愛いって思っている。

「おじさん、二回やらせてください」
「おっ!、少年やるのか?」
おじさんは、ニヤニヤ笑顔で言う。
「それに可愛い彼女も連れて良いね(^O^)」 
「「えっ!?((((;゜Д゜)))」」
おじさんは、今度はニヤニヤ笑顔が更に増して私達の事を恋人同士だと思っている。
若武は早口で言う。

「ち,違います/// 俺達はただの友達だι(`ロ´)ノ」
チクリっと胸の傷みがした。
「そ、そうですよ///……」
「そうなのか、勘違いしてゴメンよ。」
おじさんは私達に謝って射的を貰った。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あぁ、アーヤと若武が恋人同士に見まれたよ。
楽しい〜(^O^)

347:みさ◆tw:2017/01/11(水) 17:30 ID:r7M

>>凛久しぶり!!

>>密さん初めまして、みさです。

>>若彩さん、私は上杉ですね。
でも、本編では絶対にくっつかないと分かってるけど、頑張ってる姿がかわいいですねぇ(o^―^o)ニコ

最後は>>334

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【上杉side】

はぁ、立花のいとこかー。
もう絶対無理だわ…。
二人とも呼び捨てだろ…?
俺は、まだ立花呼び出し、アーヤなんてぜってー言えねー…。


…あ、授業終わった。
やべぇ、全然授業聞いてなかった…。
ま、数学だし、家に帰ってみればいいか。

家に帰ろうと、鞄に荷物を入れていた。
「おい上杉、ちょっといいか。談話室に集合」と若武に肩をたたかれた。
は?面倒くせぇ、早く帰りて―のに…でも、あいつ顔真剣だったな…。


―― 談話室 ――


「お、来たぜ」

なんだ、立花いないのか。

「今日は、美門も呼んだ」
「美門も?でも、今日は事件じゃないんでしょう?アーヤ呼んでないっぽいし」

確かに、小塚の言うとおりだ。
美門を呼ぶけど、立花を呼ばないってことは…さっきの立…瀧のことか。

「ああ、そうなんだ」
「よ、みんな。どうしたんだ」

美門が入ってくる。
ってか、塾あった後にわざわざここに来たのか?

「てか、アーヤの話って聞いたんだけど、何?」

ああ、立花のことか。
だから、本人や瀧は呼ばなかったってわけか。

「おい美門、お前アーヤにいとこがいるって知ってるか」
「いや、聞いてない」
「黒木ってアーヤのこと調べたとき、そのいとこが引っ掛かったりしたか?」
「俺は、アーヤのことは調べないつもりだから。だって、調べるより聞いた方が信憑性だってあるだろ」

ま、どうせ若武のことだから、立花がとられたらいやとかだろ。
ま、俺は別にいいけど。

「上杉先生は興味ないっぽいけど」
「まぁ、俺はな。誰かのことを詮索するってさ」
「そうか、じゃあ上杉は帰っていいぜ」

こいつ…立花のこといなるととにかく敵を減らそうとするな…。

「どうせ、アーヤのこと知るの怖いんじゃねーの?自分が選ばれないのかもって思ってんじゃねーの?
自分に自信がねーんだろ。それなら聞いたって意味ねーだろ、帰っていいだろ」
「んだとぉ!お前だって、選ばれねーだろ、だってあいつと瀧は結婚するとか言ってたんだろ!」

あ、やべ、口滑らせた。
さっきそれ聞いてた俺たちはいいけど…美門は?

「ちょっとその話…詳しく聞いていいかな?」

ご立腹でいらっしゃる!!
ま、美門には勝てんだろ…でもあいつら一応昔からの知り合いらしいし…。

「ま、聞いてくれよ…」

そして、結局俺は残った。
 

―― 五分後 ――

「ふーん、立花、ね…」

美門の目が光った。
あれ、若武とか黒木も?てか、小塚も顔こわばってる?!
…ま、俺も鏡がないから自分の顔見えないけど…。

マジになってるかもしんね。

348:若彩:2017/01/11(水) 21:06 ID:oeM

カッズの続き。
アーヤ✖若武
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜若武が「アーヤもやるか?」って言うから私は断った。
「アーヤ本当にやらないのか、勿体無い」
「……じゃあ、若武の次に1回だけなら良いけど」
「そっか、じゃあ俺が最初にやるぜ(☆∀☆)」
若武は射的を持ってターゲットを決めつけていた。

「おっ!,あのサッカーのキーホルダー良いやつじゃん」
「若武あのキーホルダーを狙うの?」
私は、ターゲットのキーホルダーを見たらアレって端っこじゃん。

「ねぇ、若武アレってだいぶん端っこだけど……」
若武は少し怒った。
「俺が取れんとでも言うのか(*`Д´)ノ」
(はぁ、なんでそこで怒るのよι(`ロ´)ノ)
私は、アドバイスに言っているのに無理とか言っていないのに💢

でも、若武は私を見ながらこういったです
「アーヤ黙って見てろよ」
私は飽きれながら、若武はこういう奴だってつくづく思い感じた。
だって、いつも正義ヒーローなんだもん。
(やっぱり、やること決めたらやるのか若武だもんね)
私は、少しだけがんばっての気持ちでいた。

若武が配置に立って決めて、ターゲットに当てた。
「「あっ、当たった!?」」
若武は見事にキーホルダーを命中したことに,私は凄いって思った。

「若武端っこにあったキーホルダー命中して本当に凄い」
「だろ、俺は決めたらやる男だ///」
「?」
若武は少し照れながら鼻を指で啜りながら言った。

若武は、私に向かってやるって聞いてきた。
「お前も、アレ欲しいんだろう?」
「えっ!,なんで分かったの?」
若武は首筋をかきながら言う。

「さあな///」
「やってもいいの?」
私は、訪ねる。
若武はツンツンしながらだけれど「ああ」って言った。
若武が私に射的を渡しながら言う。

「あと、1回だ。 慎重に狙いを定めろ。」
「うん」
私は射的を持って構えながら若武の支持を待ったいつも通りに待つ。
「若武あのヘアゴムとピン止めのセットを狙いたいの?」
若武は分かったのか、私の手を支えた。

私は、ビックリした。
(えっ!?,何これ私もしかして若武に体支えられているの(・д・ = ・д・)!?)
「アーヤちゃんとターゲットを見て狙えよ」
私は、ビクリっと身体が反応した。
つい耳に囁く若武に私はたぶん赤面だ///

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

若武がサッカーのキーホルダーを命中して、今度はアーヤのヘアアクセをターゲットにしてる。
私も若武に囁いて欲しいとか何とか……妄想だけれどね(^O^)

349:若彩:2017/01/11(水) 22:33 ID:n3A

今さっきの続き。
アーヤ✖若武

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜若武から囁く声で、私の身体が反応をする同時に若武が大声で言う。
「アーヤあそこを狙え!」
「えっ、あ彼処?」
私は支えてもらっているから身体が震えていて,ほとんど集中してれない状況。
 
そして、私は息を吸い込み狙いを定めてターゲットのヘアアクセセットを落とした。
「やった!!,若武ありがとー🎵」
「おう!」
若武は,また私の手を繋いで引っ張った。
 
「アーヤはリンゴ飴向かい側だけど買う?」
私は、食べたかったから頷く(..)
リンゴ飴を2つ買って、皆の方に向かって歩いた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〔上杉視点〕

あいつら遅い(#`皿´)
何やってんだ。
「おい、黒木またあいつに着信しろ💢」  
「上杉って、本当に立花の事心配しているんじゃないの?」 
美門に立花を取られた風に、言われてまた頭に血がのぼった。

「ねぇ、喧嘩はよそうよ」
小塚が止めに入るが、黒木も小塚のあとに言う。
「あぁ、小塚の言うとおり今は止めて若武達が来るんだから。 今メッセージを入れた」
黒木が意味ありげに笑った事に、俺はまだ若武にどんなメッセージを入れたのか知らなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〔若武視点〕

俺宛に、受信メールがきた。
(おっ!,黒木からだ)
黒木のメール内容には、こう書いてあった。

『若武早くコッチに到着しろ、上杉教授が怒ってらしゃる。
アーヤと急いで来てくれ、上杉と美門が大喧嘩しそうだ。
早く来い。』

黒木のメール内容には、からかうような内容だったが上杉が怒っているのには間違いないって思ったけど……
この人混みで花火大会の場所にたどり着くかが問題だ。

そしたらアーヤが、俺を見てたからどうしたって言うから俺は答えた。
「いや、黒木が早く来いって言うメールがきた。」
「あと、もうすぐだから花火大会が?」
俺は、鈍感アーヤに爆笑しそうになった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、アーヤ&若武&上杉視点を書きました。

上杉ファンの人のためにもKZの誰かをアーヤとの取り合い見たいな感じも欲しいので,一応翼も入れておきました。
 

350:みさ◆tw:2017/01/11(水) 23:05 ID:JC.

今書いてるのとはまた違う短編。
まずは、皆がおしてるアーヤ&若武

* * * * * * * * * * * * * * *

【若武&立花】

若武は、特別教室に向かって走っていた。

「俺たちが帰るときアーヤまだいたけど…」

着けている腕時計を見る。
もしかしたらまだ…という淡い期待もあった。
時間を確認し、ため息をついた。

「帰ったか…」

でも、実際はまだ教室の鍵が閉められてないか心配だった。

ドアの前にたち、荒い呼吸を整えながら、若武はドアノブを回した。
途中で突っかかる感覚もなく、すんなり開く。

「あれ?」

中で人の気配がした。
先生が見回ってるのかわからないが開ける。

辺りを見回したとき、ひとつ隅の席に人が突っ伏していた。
あの、さらさらしてて、あの髪色は…。

「ア、ーヤ?」

アーヤは顔を上げて目を丸くした。
その時の目が赤かったのを見落とさなかった。

「わ、若武?どうしたの?」
「ちょっと忘れ物してさ…」
「そっか、じゃ、私帰るね」

椅子から立とうとした瞬間、アーヤに近付いてた若武はアーヤの肩を抱いた。

「わ、若武?!」
「俺は何があったか知らねぇ。でも、泣きたいなら今だけ俺の胸を貸してやる…」
「………」

抵抗をやめた。
同時に腕の力を弱めた。
次第にアーヤの肩が震え、服を握る手も強くなる。
若武は、その手を見たとき、男子と女子の違いを改めて思い、背中を撫でた。

「辛いときは貸してやる。だから、一人で抱えるな」

その言葉に小さくだが頷いた。

351:若彩:2017/01/11(水) 23:23 ID:n3A

>>350短編小説での若武&アーヤ良い、とてもいいので続編御願いします

352:加枝◆Jc:2017/01/12(木) 12:26 ID:LuE

みさも若彩も小説面白い❗

353:みさ◆tw:2017/01/12(木) 22:09 ID:5jU

若彩さん>>ありがとうございます!
でも、一応短編なので続きは書くかはわからないです…。

美羽>>ありがとありがと!
美羽も書けー!(笑)

354:みさ◆tw:2017/01/14(土) 11:39 ID:r7M

今書いてるのとはまた違う短編。
次は、私が好きなアーヤ&上杉

* * * * * * * * * * * * * * *

【上杉&立花】

上杉は、ある公園へ向かっていた。
今日は大事な火だったから、遅れないように…。

だが、ついた時には、もう自分より先に待ってる人影がいた。
どんなに人込みで見えなかろうが、探し出すことができる彼女の姿を。

先に気づいたのは、彼女だった。
屈託のない笑顔を向けた。

「上杉君おはよう!」
「立花、おはよ」

今回、この公園では気球に乗れるらしくやってきた。
プライベートでか、いや違う。
事件の調査でこの割り振りになったのだ。
もしかしたら、今回の件で何か状況が変わるかもしれないと思ったからだ。

「上杉君気球乗ったことある?」
「いや、俺はないな。立花は?」
「私も初めてだから、すごく楽しみ」

その笑顔を見て、心が和む。
思わず、微笑んだ。
すると、立花は顔を赤くして、そっぽを向いた。

「大丈夫か、もしかして高所恐怖症?」
「ううん、何でもない。さ、のろっか!」

今度は自分が赤面する番だった。


思ったより乗るところは広かった。
足場も安定している。
来てよかったと、改めて思った。

「すごい、飛んでるみたい」
「飛ぶっていうより…上がる?成仏?」
「上杉君、私に成仏をしろと…?」
「そんなこと言ってないだろ?あんまりそっち行くと落ちるぞ…」

その瞬間、一瞬立花の足が浮いた。
バカ!心で叫びながら、手を握った。
無我夢中での行動だった。

「おい、危ねーだろ!」
「ご、ごめん…」
「手をつかんだからよかったものの!!」

ものの…?
右手に視線を落とす。
自分の手は確かに、立花の手とつながっていた。

「ご、ごめん!」
「ううん…」
「でも、また落ちないように、つないだままにするから。立花は危なっかしすぎるから」

時間は過ぎていく。
降りたときは何も覚えてなかった。
右手に体をすべて乗っ取られた気分で…。
気球でも何もしゃべれなかったし。
帰るときも、無言だった。

でも、そんな言葉はいらないとでもいうように、自分の右手は隣にいる君とまだつながっていた。

叶うはずのない恋をのせて。

END

好きなんです、好きなんです!
キャラ崩壊ごめんなさい、でも好きなんです!

355:若彩:2017/01/14(土) 11:42 ID:oVU

>>352ありがとー😆💕✨
そして、やっぱりアーヤ&若武推してるんだって若武ファンの私はつくづく思う。
この二人が本当に両想いにならないかって思った。

これから、鈍感アーヤとカッズリーダー若武のストーリ小説を書きます《*≧∀≦》
>>349の続きです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜私は、いきなり爆笑してる若武になんで笑っているのか聞いた。
「ねぇ,いきなり何?」
若武は、少し私の顔を見て言う。
「アーヤって、本当に天然で鈍感だなあって(笑)」

私は、若武の言葉で私より妹の奈子の方だと思う。
だって天然でトロいし、それに私は鈍感じゃあ無いって思うけど?
「言っておくけど、私は鈍感じゃあ無いからね<(`^´)>」
若武は分かった素振りを見せているかのようにみせて、「ハイハイ、分かったよ。 とにもかくにも黒木のところに行こう」って私の話をスルーして歩きながら、若武が言う。

そして,花火がドォーンと打ち上がった時につい見とれてしまって口からこぼれた。(* ̄◇)=3
「花火綺麗(〃´o`)=3」
私は見とれてため息が出たら、若武は私が見とれていたのを見逃さずに歩くのを止めたけどなんで止めたの?

若武も見たいのかもしれないって私の予想されていたから最初はそう思った。
「本当に綺麗で見とれるなあ」
「うん、若武もうココで花火を観る?」
私の言葉で、賛成して黒木君達に電話して終わった時に若武若武が真剣な顔つきになり私も真剣についなる。

「……若武、どうしたの? 真剣な表情になって…?」
若武は少し顔が赤いのは気のせいかな?
「……アーヤ、ちょっと店から離れても良いか…?」
「えっー?,花火観るんじゃあないの?」
「良いから俺について来いって…///」
私は言われるがまま着いていく。

私達は、鐘がある階段に座った。
「なあ、ココは俺しか知らない場所で花火がよく見えるならココって思ったんだ」
「えっ、なんで私にその秘密な場所を教えてくれたの?」
私は不思議で胸から沸き上がる期待してる何かを待ってるかのようにいた。
胸がドキドキ鳴り響いてきた。

「…若武、ココ花火よく見えるよ……」
「あぁ、本当に良く見えるし綺麗だ」
また、綺麗って言う若武に私は頷くのが限界でいた。

だって、前に綺麗だっとか、似合ってるって言われているからドキドキするよ。
「俺、アーヤの事が好きだ。 俺は真剣に好きだ」
私は、予想以外でいたし多少期待していたけどこんな感じに告るとはいえドキドキが鳴り止まない(*/ω\*)

若武も真っ赤だって感じだった。
「……アーヤ返事はすぐにしろって言わない、アーヤが俺にとって何なのか分からないけど返事を待ってる」
「……!?、だってなんとも今は本当に言えないけど若武の事を真剣に考えるよ…///。 わっ、私は……!」
私は戸惑い動揺して、言葉も震えていてすでに真っ赤って思う。

「…アーヤ今は本当に言わないでもいいから,まずは考えてみて…」
「う,うん……」
そうして、私と若武は皆のところに行きました。
上杉君達の声がする方向に歩く🚶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ついに若武がアーヤに告る場面です。
少し花火風景で告るシーンはロマンチックな感じですしアーヤが期待しているところに以外でたまらないって書いた私でも思いました。

356:蒼空◆Jc:2017/01/15(日) 09:21 ID:LuE

>>353!Σ( ̄□ ̄;)無理無理❗(ヾノ・∀・`)私なんかが小説を書けるわけがない❗
>>354-355二人ともやっぱり面白い❗若武も上杉もやるなあ…(。-∀-)

357:若彩:2017/01/20(金) 16:45 ID:7V.

久々の更新です。
こないだの花火大会の若武✖アーヤの続きを書きます《*≧∀≦》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私は、今さっきの告白で心臓の音が鳴り止まないぐらいにドキドキしてた。

上杉君と黒木君と小塚君と翼の四人が見えて若武が皆の方向に手を振った。
「おーい、黒木」 
黒木君が若武の声で分かったかのように上杉君達も気づいて私達に駆け寄った。

「おい若武、立花に変な事してないだろうな😠✴」
上杉君のメガネが一瞬光った感じがして怒っているっぽい?
「おい😡💢,俺がアーヤに変な事するとでも言うのか🙎💢💢」
「「「「うん(..)」」」」
若武はカチンときて、火山の噴火している真っ赤な顔になった。
「………///」
ともかく私は、告白の事を悩む😔

ー五分後ー
若武は怒りがおさまり花火を見つめて、皆は後半の花火を眺めて、そして私も勿論皆と一緒に花火を見た。
「……若武、私言われなかったんだけど……私も若武が好きだから彼女にしてください///」
私は小声で言ったから聞こえてないって思ったからつい声が漏れて、その一言で若武が気づいて真っ赤になり輝く瞳が私を映しながら言った。

若武がすぐ隣にいるのに,もっと近づき耳元で囁いた。
「アーヤありがとーな,俺はお前を大事に守るから」
若武が優しい吐息と小さな声で大きめな花火が特別に上がって私と若武の二人を照らすかのように、私は今日若武の彼女になって初めてのキスを若武としました。

皆が見えない場所で,甘くって酸っぱいキスの味は私は一生忘れない初恋で初彼です。
(完結)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

二人の甘酸っぱい恋でした😆💝
でも、この二人の今後も描きたいって思うので続編が完成したら恋人のようなイチャラブを書きます《*≧∀≦》

358:匿名さん:2017/01/21(土) 22:54 ID:c22

甘い、甘い、甘すぎる!

不リアには甘すぎるp(´⌒`q)

359:みさ◆tw:2017/01/21(土) 22:56 ID:TkQ

短編でリクエストあったら書くよー!
ま、無かったら暇なときに書くけん。

360:みさ◆tw:2017/01/21(土) 22:57 ID:WMk

>>358私!

361:若彩:2017/01/22(日) 15:15 ID:UK6

>>358私も不リアなんですけど、こういうのは漫画&ドラマ&恋愛小説ですかね(笑)
私って、少しだけ恋愛に関する事だったら攻略してみる感じに妄想するんですよ(*´∀`)

若武は俺様系のツンデレ系が入ったのかな? 

黒木は謎に見えるミステリー系で大人っぽい😊

上杉はとにかくツンデレなのか良くわからんが頭脳明晰?

小塚はとっても可愛い系で癒し系?

砂原は……何だかものすごく頑張り屋で真っ直ぐ系な王子様系に見えるか見えないぐらい?

翼は……うん、完璧なドS系ですからね小悪魔系のドS👿

あー、なんかねカッズの個性ってアレだよね何系に例えると凄く驚く感じですね(笑)

362:みさ◆tw:2017/01/30(月) 02:00 ID:r7M

いいですよね、妄想…(∀`*ゞ)

若武は時々焼きもちを焼く感じがいいです

黒木君は大人で、かっこいい!

上杉君も、私的にはツンデレ…

小塚君は、おっとり優しい癒し系

砂原は、一途で、曲がらない

翼は、時たま拗ねてると可愛いと思う

363:若彩:2017/01/30(月) 14:41 ID:hiU

>>362あっ分かる。
砂原ってあーみえてアーヤを一途に想っているのが良いって思う

364:みさ◆tw:2017/01/30(月) 19:36 ID:r7M

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
そんな人も多いはず(o^―^o)ニコ

そして、バカなのに勉強しない私は、こちらに短編小説を投下…

* * * * * * * * * * * * * * *

【黒木&立花】

きょ、きょきょきょ今日は黒木君とお出かけ!
どこに行くかって言うと…映画館!!
私友達と映画館とかそういうの行ったことないからなぁ…なんか新鮮かも。
でも、黒木君とは、友達以上って考えてるんだけどね。

「アーヤどうしたの?にやけてるよ」

黒木君って他のメンバーより身長も高いし、心もなんか全部大人って感じ。
やっぱり若武みたいなガキとは違…。

急に、黒木君が私の目を覗き込む。
わわわわ!!ち、近い!でも、ちょっと嬉しかったり…。

「今、違う人のこと考えてたでしょ」
「ううん、考えてないよ」
「若武、とか」
「ないですないです!」

黒木君は、私の頭をなでて、また映画館へ足を進めた。
 


「アーヤ、どれみたい?」
「えっと、私良くわかんないし、黒木君選んでもらってもいいかな?」
「じゃあ、お姫様好みの選ばないと」

…お姫さまって私?
普通にスルーしてたよ…。

黒木君はさっそうとチケット売り場へ…?
黒木君女の人と話してる、楽しそう。
でも黒木君は普通に知り合い多いからなぁー。
なんでわかってるのに胸がもやっとするんだろう?

「アーヤ行こう」

いつの間にか黒木君は私の隣に立っていた。
急いで「うん」と返事を返す。

(アーヤの機嫌あんまりよくない?もしかして俺が他の女の人と話してたから…?)

急に黒木君が笑ったけど…何?!

「もしかして、さっきの女の人にヤキモチ妬いてる?」
「ヤキ?!ち、違うよ、だって黒木君知り合いたくさんいるし…」

私、ヤキモチ妬いてたの?
だから、あんなので胸が痛くなったの、かな?

「アーヤ、大丈夫俺のお姫様は一人だけだから」
「え…?」
「それに俺もさっきヤキモチ妬いたからおあいこってことで」

く、黒木君がヤキモチ?!
もしかして、私が違う人のこと考えてたから?

「いこっか、お姫様」

黒木君は、私の髪を数量取ってキスをした。
え?ええええ??
き、キスされたぁー!
か、顔が赤いかな、大丈夫かな???

「アーヤ、可愛いよ。さ、そろそろ始まっちゃうし行こう」

私は差し出された手を取って、俯きがちに歩いた。

数本の髪を握りながら。

END

かっこいい大人の黒木君!
kzの中でまた一味違う雰囲気を醸し出してくれてます(o^―^o)ニコ

365:若彩:2017/01/30(月) 21:03 ID:xII

>>357アーヤ✖若武の続編を書きます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
わっ,私立花 彩はつい最近彼氏が出来て花火大会の日に若武が私に告白してきてビックリしたけど、嬉しかったんだよね😃

今日は、初デートでしかも遊園地🎠🎡🎢。
私は、集合場所が遊園地だから若武が来るのを待っていた。
「若武まだかな? もうアイツは約束事は絶対守るって思っていたけど、遅いι(`ロ´)ノ」
そうこうしていると若武の姿が見えた。

「悪いアーヤ遅れた、ゴメン🙏💦💦」
私は、初デートに遅れた若武の事を怒りたかったけどあんな言葉を言われると怒りたかった気持ちがぶっ飛んでしまった。
「今日のアーヤいつもより雰囲気が違って、可愛いなあ///」
「……えっ⁉,ありがとー///」
私は、照れながらも素直に慣れずに口を尖らせて言った😳

私と若武が遊園地の入場したら、若武がソッコーに言った。
「まず遊園地に入って一番に乗る乗り物は――」
私も一番に乗る乗り物を決めながら口を開けた瞬間ー。
「「ジェットコースター🎢」」
私と若武はお互いの目を見て笑ってジェットコースターの場所に行く。

「ジェットコースターの場所に着いたけど……多いなあ(-🔺-;)」
私は、長い列を見ながら頷いた。
「どうする?、若武」
「俺は、待つけどアーヤは?」
「えっ?、私…」
どうしよう……今日の私ヒールが高いブーツ👢を入って着ているからなぁ……(-Α-;)

「アーヤもしも足が痛くなったら言えよ😼」
「へっ!!、うっうん(..)」
私は、照れながらも頷いた。

〔若武視点〕
だいぶジェットコースター待ちが凄いからアーヤの足が今は靴擦れしていないから安心だけど、後もう少ししたらジェットコースターに乗れる。
「アーヤジェットコースターにもう少しで乗れるぜ!!」
「!?(若武の顔が近い///)」
「?、どうしたアーヤ?」
アーヤの顔がいつもより違うけど、どうしたんだ?
「……若武ちょっと顔が近い…よ(/-\*)///」
「あっ、悪い(((((((・Α・///;)」
俺は少し顔が熱くなっているかいないかだと良いなあって思う。
アーヤには、こんな赤い顔をしてる俺の顔を見られたら笑うって思うし男として恥ずかしいからだ‼

「お待たせしました。 次の乗る人はこちらに乗ってください」
スタッフの人が俺とアーヤを乗せてくれた。
「楽しみだね、若武o(^o^)o」
「ああ、ワクワクするぜ(σ≧▽≦)σ」
俺達は、ジェットコースターに乗りながら話して滑り落ちた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、ここまでです。
アーヤ✖若武の二人の視点が入っているから楽しい。

366:みさ◆tw:2017/02/15(水) 19:35 ID:cwk

かえってきたぜーーー!!
よっし、これからたぶんかきこむぜぇぇぇぇーーい!!

若彩さん>>きゃはは!!
     そこでアーヤ怖がって抱き着いてくれると、チョー萌えますね!!

367:アーヤ◆TQ (///∇///)胸キュン:2017/02/22(水) 23:34 ID:uas

若彩から変更してアーヤになりました。

>>366ありがとーございます、今から少しの間小説が止まっていたけど書きます。
更新がいつになるか分からないけど今月末には書きたいって思うのでよろしくお願い見て欲しいって思う。

368:みさ◆tw:2017/03/03(金) 16:17 ID:nlg

私も受験がすべて終わったから舞い戻ってまいりましたーー!
久しぶりだから、短い、誤字脱字、文章意味不許してね(o^―^o)ニコ

最後は>>347

* * * * * * * * * * * * * * *

〜瀧は知っている〜

「でもさ、具体的に…対策出来ないよね」

小塚はため息を漏らしながらつぶやいた。

「ま、砂原ぐらい急にアタックされても引かれるだろうし」

みんな頭を抱える。
アーヤを渡した区がないために、賢い頭を使ってどうやって守るかを考えていた。

と、急に若武が立ち上がった。

「しょうがね、姑息な手だが、瀧の…」

皆はなんとなくわかった。

「陥れよう」
「馬鹿か」

上杉が、一瞬で突っ込みを入れた。
ここから、また若武と上杉が取っ組み合いのけんかを始める。

「しょうがない、引け目を感じるが何かたたけばほこりが出るかもしれない…」
「さっき黒木アーヤのこと調べたくないって言ってなかった?」
「俺が調べるのは立花瀧だ。関係ない」

こうして、瀧から何かを出してアーヤと決別させよう作戦が、裏で開始したのだった。


* * * * * * * * * * * * * * *

…無理ぃ

369: アーヤ◆TQ:2017/03/26(日) 10:49 ID:6N2

若武視点みたい

370:みさ◆tw:2017/03/26(日) 14:04 ID:nlg

お久しぶりです、アーヤさん。
その言葉はきっと私に向けられたんだろう!!っと思って若武視点で書きます。

* * * * * * * * * * * * * * * 

〜滝は知っている〜

【若武side】

俺は、アーヤの悲しむ姿は見たくない。
きっとあいつらだって同じだ。
でもな、あいつには渡さねー!!

「昔に結婚の約束をしたぁ?!知らん!
一緒にお風呂入ってたぁ?!気になるけどそんなことはどうでも…
キスしたぁ?!ふざけるなぁー!!」

「若武、落ち着け」
「そうだよ、しかも最後にキスしたとか言って武田、そんなこと二人とも言ってないし」

あ、確かに。
さっきの小さい頃の話とかを聞いて変なことを…。

「しかも若武、風呂に入ってたってところ最後まで言えてなかったな。
もしかしていってたのか?じゃあ、俺が聞こえなかっただけかもなー。
だから、若武もう一回言ってくれませんか?」

上杉め、むかつく。
何でこんなやつと好きな奴が同じなんだ!

「言ってやろう、俺はアーヤと瀧が同じ風呂に入ってようが、全く知らん!」

おお?言い切ったか。
さすが、俺。思ってないことでも、仲間に堂々と嘘をつけるようになってきたぜ。
…あれ?それって駄目か。

「若武、言い切ったと思ってる?」
「もちろんだ美門。俺に不可能はない」

おい、今不可能な言って言った瞬間「アーヤのことは諦めろ」って言った奴いただろ。

黒木は、自分の目をさす。
その指を俺に向けた。
俺の目?…がなんだっていうんだ?
そっと、目のふもとまで指を近づける。

「____?!」
「お前いづいてなかったのか」

指は冷たいものに触れていた。
そっと見てみると、水滴ということが分かる。

…つまり、俺が泣いただと!
授業を聞いてないからつまんないわけでもないし、今日は眠くない!
何で?!

「いやー、傑作だったな」
「うん、だってこぶし握って宣言してるけど、すごい涙出てたんだもん」
「じゃあ、ここまで若武先生が男を見してくれたから俺も情報収集してくる。
後若武、お前同じ学校で同じクラスなんだろう?ちょっと探り入れてこいよ」

そのあと何言か交わして解散になった。
はっきり言って、知り合いに探り入れるの嫌だけど、ま、しょうがないってことにしておこう。

瀧悪いな、でもそれだけ俺たちも本気ってことだから。

371:アーヤ◆Z2:2017/03/30(木) 15:43 ID:xHU

若武とアーヤ結ばれて欲しい

372:アーヤ◆62:2017/05/03(水) 17:05 ID:WFw

久々にきたよ

373:アーヤ◆TQ:2017/05/04(木) 07:49 ID:3OM

早く更新して

374:みさ◆4.:2017/06/13(火) 18:33 ID:CDE

久しぶりに来た
一段落下から書くかな―…
てか、トリップあってるかな?

375:みさ◆tw:2017/06/13(火) 19:36 ID:CDE

最後は>>370

* * * * * * * * * * * * * * *

〜滝は知っている〜

【瀧side】

…はぁ、彩男子に取り囲まれてんじゃん。
しかも、あいつらすげえ彩のことが好きって伝わってくるのに、彩鈍感だからなー…。
なんか、かわいそ。

でも、俺もうかうかしてられねーか。
まさか、ちょっと目を離したすきにあそこまでライバルが増えるなんて思ってもなかったし…。

でも、なんとしてでもあーやに『あれ』がバレるわけにはいかねーな。
そしたら、今までの努力が…。

そう思いながら街灯が照らすくらい道を歩いていた。
そして、住宅街が並ぶ中に、大きく和風な一つだけ異様なオーラをまとう屋敷の前で止まった。



朝、中学に登校すると、昨日来たばかりなのにもう、下駄箱にたくさんの手紙、机の上にはプレゼントが置いてあった。

んー、嬉しいっちゃうれしいんだけど…。
やっぱ彩にもらった方がよりっていうか…。

この荷物をどうしようかと考えていた時、聞き覚えのある声が背中にかかった。

「お、瀧!おはよ!」
「お、若武はよ」

こいつな、昨日は思いっきり敵対心が伝わってきたけど…今日はなんも感じない?
若武は、俺の一個前の椅子を反転させ、腕を乗っけながら座った。

「俺さ、実はさ…」

キョロキョロして、誰もこちらに関心がないか確かめる。
そのあと、おれの耳に口を寄せ囁いた。

「アーヤが好きなんだ…」

…おう。
知ってる、んだけど…。

「うん、それで?」
「お、おう。でさいろいろアーヤのことが知りたいんだけどさ、真正面から聞くのって怖くね?
だからさ、今度お前んち言ってさアーヤの話聞かせてくんない?」

…。
どうしようか。
でも、こいつは直接的に俺とは関係ないし…平気、か?

「わかった、じゃあ今度また誘うから」


* * * * * * * * * * * * * * * 

もっと文才あった気がする…(´;ω;`)


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS