誰にも理解される事のない封印された7年間の如く

葉っぱ天国 > つぶやき > スレ一覧 1- 101- 201- 301- 401- ▼下へ
1:暦月:2013/09/25(水) 09:24 ID:ArU

始めに

ただの邪魔をしたいなら勝手にすればいい
心を殺す事を厭わない者にかける言葉なぞ 無駄でしかない
そんな奴に言葉をかけてやるほど優しくない


*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

気紛れに 思いついた時に
言葉を選び試行錯誤しながら時間をかけて
一つのゴールに辿り着く

月の満ち欠けが少しずつ変わっていくように
ここで気持ちを整理して少しずつ現実に立ち向かえるように
狂わされた人生を自分なりに修正するために
ここで主として重い荷物を棄てていく

何度棄てても 今まで背負った負担がなくなるわけではないけれど
だったらどこかに場所があるなら何度でも棄てよう
時の流れに逆らえないなら せめてもの悪あがき
誰かが何か感じてくれる その人数を少しでも増やすために


*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

…その前に
物好きなぞ滅多にいないとは思うが
これを読んでくれている者よ


誰が相手でも会話をする事に怯えた事はあるか?

そんな事に縛られ続けた人生をこれからこの手でまた書き記そう

372:暦月:2016/12/29(木) 06:44

しんでしまえよりも
しにかけてしまえの方がよっぽど根が深い事に気付いた

しんでしまえば一瞬で終わるけど
その一瞬手前で留まらせては、またその状況まで追い込むことが出来る
何度でも何度でも
終わりが来るまで恐怖を味わう状況に突き落とすことが出来る
それこそ、終わりを迎えたいと願う程に心が壊れるまで
壊れた後は放置してしまえばいい
私のように生きられるかなんてそんなん知るか

373:暦月:2017/01/01(日) 16:07

…こんな散ッ々な年越しをするとは思わなかったよ…

現場に行ったら結果的に12時間勤務とか
完全にブラックじゃねえか

俺正社員じゃねーぞ?パートだぞ?
何がパート〇〇社員じゃこの野郎

誰が続けてやるか、ざけんじゃねえぞ絶対に辞めてやる

別の部署に移してくれるんだったらまだ留まる気もあるがなぁ…どうせ今の現場に縛り付けるつもりなんだろ?
だったら俺が逃亡するしかねえじゃねえか

…あーだからか、GFで最近あんまり勝ててなかったの
確か自分の1ターン目来る前に、味方のひもでタライ落とされてた時あったんだよな
もしかしたらそれを予言してたのかもしれんな…何気にGFって色々当たるからスゲーんだよなぁ

374:暦月:2017/01/02(月) 07:39

タイミング見計らってリバースカードをオープンする予定

時間は昼飯時

375:暦月:2017/01/02(月) 17:00

本当は社員食堂でギャラリーいる中わざとすっ転ぶ予定だったのだけど
もう少しターンをずらしていった結果、ロッカー室にて発動させたんだな

「リバースカードオープン!仮初の眩暈!」

…要は仮病w
でもカードゲームじゃなくてTRPGの方が近しいよな
正直あんまりやった事ないからよく分かってないんだけれども
まぁまだゲームは終了してないから、ある意味気は抜けないんだけれども

376:暦月:2017/01/05(木) 03:43

寒さでの下痢と食べ過ぎでの吐き気を
自分なりに治める為に手嶌さんの歌をかけながら横になっていた
眠れてはいないけれども、少し症状が良くなった

やっぱりこの人の歌は癒しの力があるんだなと実感していた時に
唐突にこんな考えが浮かんだ
よく人に声かけられやすかったりだとか、難あると言われてる人も含めて好かれる傾向だとか
小動物が似合うだとか、娘にしたい(ふぁっ!?)だとか

これってもしかすると、私が人の姿を成したぬいぐるみみたいな存在だからなんじゃないか?と、

自分から喋ろうとすれば暗い話題ばかり口にするから、喋る事は好きではない
普通のぬいぐるみは、話しかけても返事がない
私はその方がいいと思っているけれども、返事がないのは寂しいと恐らく人間は思っている
そこに、生きたぬいぐるみの立ち位置があるとしたら…少し希望が持てる
不確実だから、叶わないかもしれない でもそれにかけてもいいのかもしれない

377:暦月:2017/01/05(木) 11:12

私は許される人間ですか?

本当に私は許されている人間ですか?

378:暦月:2017/01/11(水) 16:14

なんか
気持ち悪い

吐き気がする

どうして私が生きなくちゃいけないのかな
疲れたよ、何度も何度も同じことを思考しては答えを見つけられず
惰性で諦め続けるのは
私は

この世界で生きたくない
人間の世界で生きていたくない

379:暦月:2017/01/20(金) 11:51

いいなぁ

苦しみが終わったなんていいなぁ
僕はこの先もずっと苦しみを味わい続けなくちゃならない義務がある

いいよなぁ

私のこの消える事の叶わないトラウマを作った原因のは
元をたどれば他でもないその人なのに、誰にも責められることはない
私のトラウマだけならまだいい、母さんの事も大きく傷つけ続けていたんだ
けれどもその母さんでさえ、その人を思い涙している

だから僕は
あの人がその人の事しか考えずに行動したのと同様に
僕は母さんの事を考えて行動する、どす黒い感情を抱えながら向かう事だろう

そして僕は墓前で心の中で言うだろう
許さないと 復讐の為にやった事を 本心だけなら来なかったと
礼を言うなら全て私の母にしろと

380:暦月:2017/01/22(日) 16:00

昨日
初めに

復讐しに来たと

嫌々入った会場では

二度と来たくないと


心の中で言ってやったよ


そして去る前に
上に掲げられた生前の写真を

キッとにらみつけてやったよ

結局ここに書かれたことのそのままだったね
やっぱり本心でしかなかったんだね

381:暦月:2017/01/22(日) 17:11

最近マホロア病にかかったんで
ちょっと落ち着くためにも自己解釈をまた記してみる

マホロアは虚言の魔術師
だとしたら、他の人が指摘する場所じゃなく別の場所が嘘である可能性もあるんじゃないかと思う

他作品は分からないの多いけれども、マルクと知り合いではないと考えている
自己解釈1、一方的に知っていただけで関わった事は殆ど無い
技が似ているのは一方的に見ていて、学んだとかの努力なだけだと思う
ラストバトルじゃ(確か公式の公言?)カービィのコピー技を混ぜ合わせたような攻撃らしいし
…というかぶっちゃけマルクが好きじゃないだけなんだけども

ダークマター一族とかっていう話もちょいちょい見てはいるけども、そんなものは信じない
自己解釈2、ソウル時は殆ど意識がない 一番最後の声は何とか自分を取り戻そうとした結果
王冠の効果は別作品のなんたらフォースと同じだと思ってる
ただし王冠はなんたらと違って誰でも手にできる→王冠の力を制御できずマホロアの精神は飲み込まれた
つまり、カービィは王冠の呪縛からマホロアを救う為に戦っていたと考えている
え?ドロシアやマルクやセクトニア王妃はどうなのかって?
あいつらは意識ある上でのソウルと考えている、だから最終的に盛大に散っていったと思っている
というか、マホロアはバトル後も公式で生存しているとか言ってるらしいし

ちょっと長いから次も書くか

382:暦月:2017/01/22(日) 20:08

D、本題なのだが
自己解釈3、他の人が指摘してない部分の嘘・過去

※解釈というより超誇大妄想・勝手な設定の付け足し有※


一番最初は船の修理だけ頼もうとしていた
噂には聞いていたけれども、どう見てもただのピンクボールにしか見えない
実際の力を目で見ていないから、自分の力でランディアを倒そうと考えていた
で、何かしらの力(ひょっとしたらローア)で冒険中を監視して
カービィの力を知ってから(こいつはマジで使える)
噂通りのカービィだと知って、企てた

本を読んだり情報を集めるのが得意、でも
マホロア自身がその内容によく落胆する程に悉く騙されてきた
だから真実を確かめる為に動く行動派だけれども、実感するまでは信じない
あと例えば落ちこぼれと周囲から馬鹿にされ欺かれ続けていたとしたら?
ソウルの説明の復讐やら怨念って、初めはそうした振り回された嘘を吐いた相手を見返してやりたい気持ちから生まれたものなんじゃないかと考えている
歪められた心が相手を既に自らの虚言で破滅に追い込ませたとしても、ね
あと、どうやってあの状況から脱出したのか…自力なのかな?
詰めの甘さも自覚してて意外と諦めがいい部分もありそうだしありうるかも
けど、宇宙空間は流石に何かに乗らないと移動できないんじゃないかと推測してるから…
ローアが自主的にマホロアを乗せての脱出と思うんだよなぁ



自己解釈4、王冠もといランディアの役目
ダークマター関連とかの見解もあるようだが、そうしたことは一切考えない
だってアニメのナイトメアも「恐怖心がある限り私は蘇る」とかなんとか言ってたし
場所も時間も関係ないと思われ、というかダークマターとか言ったら結局全部の真の黒幕になっちゃうしね

ランディア自体は、真っ白な心を持つものにしか王冠を渡さないというか倒されないという隠された真実がある
恐らくマホロアがパクったローアを改造したのは性能改良だけでなく、ランディアに認めてもらうため
(たかが長生きしてるだけのドラゴンだろうし、ローアの見た目がやばそうじゃなきゃいけんだろ)
と、なめた結果「そんな小細工で見逃せると思うな!全部お見通しなんだよ!」とボコボコにされる
ただ情状酌量の余地もあったのか、それとも単に守り神としての意思なのか
王冠奪われる前も「命まではとらんから去れ」とばかりに二回ともローアを破壊するだけ…いや
二回目に関してはカービィ達も乗ってるからか?いなかったら違ったかもしれない
王冠盗られた後は即「乗ってけ」だったし、少なくともカービィ達だけで星に来てたらバトルすることなかったと思う

383:暦月:2017/01/22(日) 20:09

なんか疲れた(´д`;)
地味に調べながらだったしなぁ

少しは落ち着いたかな

384:暦月:2017/01/24(火) 11:00

マホロア、本当は自分を倒してもらおうとしてたんじゃないか説を発見
HP残り僅かになると、もう攻撃せずに剣を受け止めるみたいなポーズで構えてるもんな
だから分からなくはないんだけれども…どうなんだろ

コロコロ好きの人が描いたWii漫画観てて思った
やっぱマホロア大好き
確かにこういうやつが現実にいたら絶対嫌なんだけど、マホロアは可愛い

あーあと、マホロアが生身の体を持つ人工生命体だったりしたらもっと萌
まあ足がない理由も考えなくちゃだからこの線は薄そうだけど
異星人ってのを現したくてのカタカナ交じりらしいけど実際他の異星人は普通に喋ってるのもいるしなぁ


ココロキセキの自己解釈みたいなやつに近いといいな
因みに↑の解釈について明記すると…
本来本家あってのアレンジ曲、が、順序を逆で考えて捉えている

初めの孤独な天才科学者は、子供を亡くした未亡人 rui
見た目人間と変わらぬ精巧な機械の体に、かなりグロテスクな事をして命を組み立てなおすことに成功する
その個体は博士の子供の記憶や感覚を持っていて、博士に感謝はしつつも複雑な思いを抱えている kiseki
周りとの違いに戸惑い、博士がいなくなった時 引き籠り孤独に耐えられず博士と同じ事をしてしまう
つまり二人目の孤独な天才科学者は、ロボットを作った者の子供
「自分と同じ、機械の体を持ちながら人間としての心を持つ存在がほしい」と願いながら
意識は人間と同じでありながら、完成したのは元母親と同じ記憶を持っているだけのアンドロイド kokoro
そして運命の日にお互いボロボロになりつつ通信機越しに心を通わせる

っていうあらすじだけならかけたんだけどねぇ…これをもとに台本をかけたらどんなにいいか

385:暦月:2017/02/04(土) 23:30

流石にもう関わりたいとは思えない人だったな ゴミ捨てぽいぽい

386:暦月:2017/02/05(日) 23:51

コロコロのwii漫画の勝手な推測 まあ恐らくまた外れるんだろうけど浮かんだので書き記し
というより、妄想だからな!


マホロアは悪役のフリをしているだけで、どうしようもない奴ではない(…という希望というか願望)

実はサブアカでコメント書いちゃったんだが、ローアの改造が無かったとしたらそのままの姿だったということになる
つまりワザと悪い奴だと認識させた可能性があるのでは?と
ただしこれに関しては二重くらいの嘘が盛り込んでいた場合も含めると、割と確立としては低くなる
またはランディアに劣るとはいっても実力はあるわけで、例えば最初に出会った時のローアの姿や内装を初めから変えていたなんてこともあり得そうだ (けど、そうでないことを祈る

で、上に書かれてあることを前提に次なる妄想
ローアを自分で墜落させたのは、魔法が解ける前に隠すため
改造は不完全であり、ボロボロの状態になると元の色に戻りやすくなる
それを隠すためにも煙で包むようにボンっと攻撃或いは自爆装置のような大きな煙幕弾なるものを起動
…まあゲーム上では明らかにその説は無いんだが、二次創作に対する妄想だしね

最後
トモダチでいてネ、の返しが勘違いとはいえどショックのあまり言葉がすぐに出てこず10秒弱に及ぶ間
不謹慎ながら音楽も一緒にプッツリなくなるから思わず笑っちゃうんだが…
結局ブチ切れて返したけれども、本当はめっちゃ辛いのを隠そうとしたのかと思うとすっごい後悔するな

…以上!次回作をひっそりと待っているマホロア病が発症中の者より

387:暦月:2017/02/06(月) 12:08

マホロアの妄想で最近頭がいっぱいなんだがどうしてくれようか
爆裂妄想魂、書いてみる

今回は原作の方かな
前にもアンドロイド的な感じならいいなと書いていたが、どこにも文献が記されていないだけでマホロア自体が貴重な古代ハルカンドラ人の遺産の人工生命体なんてことを思いついた

一番最初に見た景色は荒れ果てた大地、誰かいないのか探そうとした瞬間に眩暈が起こる
突っ伏すと同時に脳内にハルカンドラ人達の記憶が巡る
高度な技術を持って好奇心と進化だけを追い求めた軌跡と、その道を走り続けた末にたどり着いた人種の哀れな最期が流れる

自慢の技術でもって自分たちの姿をした神を作ろうとし、その生命体は誕生する
が、自分達の技術を傲慢な程に高く見ているハルカンドラ人は…他の作品よりも遥かに劣った能力を持ったその生命体を失敗作として認識していた
時間をかけて作った複雑な人工生命体は解体するのも時間の無駄と判断され、放置される
…ローアと一緒に
ランディアという野生のドラゴンからマスタークラウンを奪還する為にその戦闘機は作られた
が、逆にハルカンドラ人が返り討ちにあう

ハルカンドラ人は、自分達で作った者が心を宿すことも知らなかったうえに理解しようとも思わなかった
そして他の生命体は材料や実験体で使用することはもはや常識であり、時の流れが進むにつれて人の心からは悲しみの情すら無くしていた
今迄のハルカンドラ人がしてきた凄惨な事を目にしてきた守り神ランディアは、星の滅亡を防ぐ為に星の人間を滅ぼすことにした

ここまでのメモリーを見せられたその生命体は、全てに復讐してやりたいと思った
ハルカンドラ人の事も、ランディアの事も、力を持つがゆえに行動出来る存在が憎くなった
だったら自分も同じようになってやる、いや寧ろあんな奴らなんて目じゃないことをしでかしてやる
その為なら何だってしてやる、あいつらの作ったあの機械を自分のいいように使ってやろうじゃないか

ローア…確かアイツラは最初、ボクの事をソウ呼んでタッケ
デモ失敗作としか言われなくナッタ…それに、アイツラから貰った名前もモウいらない
…ボクは生マレ変わルンダ
コイツは、名前あるのカナァ…マァアイツラが付けタ名前ナンテ呼びたくナイシ
…デモ考えるノ面倒だし、コイツにボクの本名ヲ預けようカナ 名前負ケしないくらいに十分立派だしネ
ケド、ボクは必ズ…このローアなんか目じゃないくらいに、強くナッテ復讐を遂げるヨォ

そして脳内に埋め込まれている記憶を一つ一つ手繰りながら、その戦闘機を空飛ぶ船に大改造した
長い長い時間を宇宙の旅に費やした
そしてある星のヒーローの話が、よく情報としてローアから受信されていた
けれどもあんなピンクボールがハルカンドラの秘宝を打ち破ったり操作できるとは思えなかった
…ってもしかしたら今の自分の力で普通に手に入れられるんじゃないか?
ふと記憶にいるハルカンドラ人達の思いあがった気持ちがマホロアを刺激し、ランディアと対戦
後はゲーム通り



気が付いたらめっちゃ長くなってた
出勤前に書けて良かったな
まああくまで個人的な見解だしね 論破と同じように玉砕されると思われ

388:暦月:2017/02/07(火) 09:40

今度はマスタークラウンの謎が浮上してきた…
代償に肉体や意思を奪われてまで手に入れようとしていたんだろうか
まあ上に書いたマホロアならやりかねないだろうけども、そうでないパターンはどうなんだろうか
また調べていくうちに混乱してきた

そしてグーイがダークマターの一族であることを知って驚愕、どう見てもそんな風には見えない
あとグーイの妹てwちょっとまてぇいww
脱線するからやめてって感じの情報ばかりだ
まあ置いといて、こんな文を見つけた
『星のカービィ2』のラスボス。
邪悪な黒い雲から生まれた謎の生命体。 手頃な惑星を見つけては黒い雲を拡散させ、自分達の住みやすい暗闇の世界に変えてしまう侵略者である。他者に憑依する事によって宿主を支配し、宿主の身体を変形させる事などができる。

んー、これを前提条件としてクラウンが仮にダークマター一族としようか
ランディアは憑依されていたんだろうか
よく見るとクラウン被ってる時は緑、体力半分で赤、クラウン外れた後は青の目になってるんだよね
どっちとも取れるよなぁ…アニメだけどメタナイト卿だって感情で目の色変わってたし、どうなんだろ
けど少なくとも悪用(乱用)しようとするといずれ自我を完全に奪われる
上に書いたランディアも結構な感じな気はするけど、本能的にこいつらが持つより安全と思ったのかもしれない

…ってか説明もっかい見てから考えてみたらとんでもない考察が浮かんだんだが
他者に憑依する事によって宿主を支配し、宿主の身体を変形させる事などができる。
クラウン自体の出生すらこの事に関わっていたとすれば…

偶々ハルカンドラのお偉いさんにまずダークマターがとり憑きます
ハルカンドラ人が段々高慢ちきで冷たい人間になっていきます、技術開発と自然破壊が進みます
ランディアに対してもただのドラゴンとしか認識しなくなり、ランディアも何かおかしいと思います
とり憑いたお偉いさんの肉体が王冠にされます
誰も心配なぞしてないので力を秘めた王冠を見つけては即拾い野心まみれの体を吸収されて王冠に取り込まれます
その繰り返しを知ったランディアは人の手に渡らないように自分で被ることにしました
マターの憑きにより出生したが、真実は闇に喰らわれているため誰も知らない+住人もランディアの存在を忘れるほどになっていた
で誰かが四つ首ランディア見つけて、クラウンを無理矢理取ろうとし大戦争


…おい…妄想とはいえど救いようがねえぞ、これじゃあ…
マホロアの たましいを、ときはなて!
に繋げた結果とはいえど…ランディアが不憫すぎる

389:暦月:2017/02/08(水) 16:03

まーたマホロア妄想がぁああああああああ…書いても書いても尽きないとか凄いね
というより今回は穴だらけの解釈じゃなくてカービィについてが主になりそう

虚言の魔術師という肩書がつくほどのマホロアが
「コレからモ
トモダチでいてねネ、カービィ!」
これは本当だと公認されている

カービィって騙してきたって伝えられてもポカンとしてて理解してない感じがするけれども
純粋すぎて、何でも受け入れてもらえる感じがして、ホッとするんだろうな
一緒にいてホッとする存在、ってやつなんだろうなとは思うけど…正直僕は役の時以外は会った覚えがない
寧ろ何故かそれを言われる立場だったり、今通ってる仕事場では幼児達にママと言われることもあるし
確かに嘘を言うのは下手だし、おべっかとか言葉が思いつかないんだけどさ

大体、自分への裏切りに対してはカービィとは逆に執念深いくらいに覚えている
もし僕がカービィの立場で、マホロアにあんな風に目にあったとしたら多分その時は許せない気持ちでいっぱいになるだろう
でも時間が経つと考えが変わるかもな、アトラクションとかチャレンジコース(現実的に言えば訓練場?)用意してくれたりしてるし
トモダチの下りは…半信半疑かもね、二度目があったらそれきりだろうな

けどカービィはきっと何度手酷く裏切られても許すんだろうなと思う、許すというか忘れてるかもだけど
それに初めてソウル化した姿を見てから(えっ…何これ、こんなんマホロア違う)って思ったのは確かなんだよね
その感情を後押しする神曲CROWNED 見てて聴いてて何だか辛かったけど、何度でも聴きたくなる曲
もっとチャレンジのシーン、本来マホロアが望んでたことなのかなって思うと余計に微笑ましい
何となくぎこちなく隙間があるのがいい感じだった
カービィの方はずんずん気にせず進んでて、ふよふよ後ろからついていくマホロアの図
クルクル回転しながらローアに飛んでったのを初めて見たときは笑っちゃったけど
「本編は生き別れっぽい感じだったけれども、再会できて良かったなぁ」と普通に思った そして泣きそうになった

…うん、カービィと言いつつやっぱマホロアになったわ
昔だったらどうなんだろ、カービィだったのかな アニメでロボワンコの回見てたけどすっかり忘れてたしなぁ
チリーも覚えてたけれども、何より覚えてたのはパイ投げと激辛とポテチ…って全部くいもんじゃねえか!
まあ美味しそうに食べてるカービィが好きだったんだろう…そういうことにしておく

390:暦月:2017/02/10(金) 12:11

まただぁ…(´д`;)こんなことしてる場合じゃないんだけどな

虚言の魔術師、自分すらも欺いていたとしたらいつの間にか本当の自分も見つからなくなったんじゃねえか?
そしたらすっごく虚しくそして悲しくなったマホロアアアアアアアアアアアア(´; д ;`)

とりあえずこれだけにしよう

391:暦月:2017/02/10(金) 20:33

久しぶりにヘイト書き込むな…
仕事帰りに勤務先の最寄り駅に家の方にもあるお気に入りの店がやってたから今日試してみた
が…調味料の時点で、もう二度と使うことはないと思った
場所によって多少違いがあるみたいなことは書かれていたけども、ああも違うと相当ショックだよ
家の方はちゃんとした拘りみたいなものを感じられるけど、あそこのは完全チェーン店だね
同じ値段なら絶対選ぶわ

あとさ、全く関係ないけどツイッターが存続の危機?何それ初耳なんだけど
つーかツイッターが赤字とかいうけどさ、そもそもどうやって利益を生み出してるのかさっぱりわかんねえし
利用者が伸びない?そんなん時間が経てばある程度知れ渡ってて普通に使われてるような状態なら
知らない人がまだまだいない限り利用者がぐんと増えるとか寧ろおかしくね?w
そういう意味ではもう退社したあの店と同じ思考だよなぁ、とおまけで思った

392:暦月:2017/02/12(日) 21:04

嗚呼やはり僕はおかしいのだろうな
どうして人外の可愛い第一印象の腹黒裏切りキャラがこんなに好きなのか考えてみたよ

…というかとある人のカービィ考察サイトで、知らないゲームについてやってたから調べてみたら
初っ端からフラウィーとかいう今度はゲス丸出しな子が出てきて、もう…
キャラじゃなくて生き方みたいなのはサンズがカッコいいなコイツとも思ったけども
この花のせいで今日時間つぶしたようなもんだったわ

恐らく花は昔よくやりたがってた男の子キャラの要素が強いんだろうな
重音テトが同じセリフをよく使ってるのは知ってたけど、あのカクカクしてるタイミング通りに読むのがめっちゃ楽しい

あぁそうだ、すっかり脱線してたけども どうして好きなのか
…既に何度も他の人間共に裏切られてきた経験はあるんだけれども
このキャラクター達に裏切られたとしても人間よりは諦めがつくというか、仕方ないって思えるような気がして
人間は、中途半端に裏切る 主に心だけに傷をつけてくる
…だったらいっそこの身も傷と言わず粉微塵にしてくれよ
未遂だけど花は躊躇なかったからね、やってくれるならそれがいいなと思う
確か一回目の時はSAVEとロードの能力があるから何度でもそうなるんだろうけど
飽きっぽいみたいだしそのうち捨ててくれるならそれがいい

…うん、やっぱさつてんのレイチェルみたいだな 私の思考って
治らない心の傷を抱えながら、自分で実行する事が出来ないでいる魂だから
終わりにしたくても、許してもらえないと知っているから

393:暦月:2017/02/13(月) 12:11

…見るんじゃなかったかもなぁ、いくら全ルートに登場する気がするからって
別のルートから先回りして見てみたとはいっても…
今度は多重人格の疑いのある子に注目しちゃってるよ

あくまで個人的な解釈だけど
元々サイコ人格のみ、そういった意味で有名で気味が悪いと親まで見放すようになる
誰からも必要とされていないと知ったその存在は、命を絶つために山へ向かい飛び込む
(そうすればさすがに生きてることはないだろう)
誰かがそれを見ていて、探しに行った親やら友達やら残り6人が地下世界で王様と博士によってソウルを奪われる
まあ奪われる前にサイコが落ちた先拾われて、一緒に過ごして、別人格(frisk)が生まれる※生まれてはいたが目覚めてはいない
この事で計画を企て実行する→成功し、frisk視点のプレイヤーがゲームを始める

いやー恐ろしい、自分でやりたいとは思わないゲームだな…と同時にRPGがやりたくなくなりそう
…まあ最近の某有名ゲーム会社の作ってるゲーム、なんかCM見てるだけであんまりやりたいとは思えなくなってるっていうね
特殊な能力に惹かれて初めてやったシリーズなんだけどなぁ、あれ曲とハモッてるセリフのCMの方が先だっけ
とにかく最近は変な奴らが湧いてるのもあって響かなくなったな

それにRPGに求めるものは戦闘じゃなくて内容重視、最初は…確かただ台本を読むのと同じだったかな
けどもう、絵が固定されたアニメなんて私は求めてない
そして蛇足だけれども…声も演技も誰のようにありたいなりたいなどとは思わず、自分の心を文字を見て言葉で発して開放し発信したかっただけだと思っていたと再確認した
ネットは自由だ、自分でそれをある程度好きなように選択し遊ぶことが出来るようになっている
勿論、最低限のルールやマナーを伴っての行為だ

今どうしてカービィシリーズのゲームが特に気になったのかまた少し気づいた
そりゃもう人外で可愛いし面白いしキャラクターも魅力的、だけじゃなかった
文字での会話があっても、殆ど声がないからだと気づいた
アニメを見た時、カービィの声以外そんなに注目しようとしていなかった
…あと大王が色んな意味で嫌だった、昔見た時よりは印象まだいいけどやっぱりねぇ…
公式で一度決まってしまったキャラクターの声は、世間では変えることをなかなか許してはくれない
だからいいんだ、声劇って自由だ

394:暦月:2017/02/17(金) 08:09

とうとう昨日ツイッターの名前を変えた
もしかしたらここで使う名前も変えるかもしれない
まあこれ含めて3個使ったことあるんだけどさ
まさかキャラの名前を弄ることになるとは思わなかった
そのままの名前で書いたことはあるけどもね どっちにしろ虚言の魔術師の影響力すげえ

395:暦月:2017/02/21(火) 11:41

恐らくありえないのだろうけど

皆が言わない可能性をあえて提示してみる
思いついたのは昨晩か今日になったあたりなのだけれど…


マホロアの知り合いって
ナイトメアウィザードなんじゃねえのか?
クラウン被った姿をよく見るとさ…
ナイトメアは目だけがサングラスをして見えない・マホロアは目しか見えない
これがカモフラージュなのか、勘違いも甚だしいほどの偶然なのか
…ナイトメアも手から魔法を使って攻撃し、足が見当たらず体の形も似ている気が…
首元には装飾品、頭には冠
戦闘曲の中に戦闘曲のアレンジ(言われてて気づいたけど)が入っていたりするし


ゲーム内ではもういないことになってるのかな
でも普通に復活してそうなイメージなんだよな、悪夢って言われてるし
面識あるように思うのは僕だけなのかな
ダークマターは知らないけれど、ナイトメアウィザードって全部の出来事見てるんじゃないのか
寧ろダークマターも生み出してるのがコイツなんじゃねえのかと思ってる
=ダークマターたちの目を通してカービィの事を見てきた、但し戦闘には一切参加していないとか
…んー…アニメの影響かな

※以下妄想爆裂※

カービィ達に会う前の時眠っている夢の中で出会って
というか恐らくナイトメアに対しては”前述の通り”で行くと嘘が通じない状態で
一度やられてる事もそこで知って、その八つ当たりみたいなのでちょっと怖い思いをしたり
あっ…スペシャルページの解説文の「憎悪と執念」ってこの状態で行くと…まさか

ダークマターがやられ続けてるからカービィを倒すことに、余念がないナイトメアの意志ってことになるような
実際夢の中だと最凶クラス(と思われる)のナイトメアも、実体化して戦ってカービィに負けてる経験もあるし

あの赤い目って…ナイトメアのサングラスの裏にあるものなんじゃないか、とか
で、この妄想に基づいて展開すると…最後の戦いはナイトメアがマホロアを操ろうとしたんじゃないか、とか
あの赤い目、現れる時と白い時の差は…クラウンもといナイトメアへの抵抗、とか
なんちゃらソウルってのも実は全部ナイトメアウィザードの「力が欲しいか」的な囁きで具現化しちゃってる、とか
あの顎野郎って急に現れるイメージもあるから、今迄のボス達をそんな形で利用してもおかしくないと思ってる

…そんな中。唯一少しだけ関わった(という事にしておいている)マホロアだけが反抗したんじゃないかなぁと…
他の奴らと違ってダントツに精神力強いから取り込む為に、クラウンを使わせるもやられてしまうものだから
「力が欲しいか」的な誘いを受けて断るも
「フン、お前に拒否権があるとでも思っているのか」(ヤ、ヤメロヨ…!もうヤメてくれヨォ…!)
…あれ、この状態よく考えたら…トモダチの下りを含めるとマホロアにとってホントに悪夢じゃね???

というわけで、唐突のクラウン=ソウル化の元凶=ナイトメアウィザード説爆誕
クラウン粉々になって悪夢から解放されて、安らかな顔のマホロア…マホロアァあああ(´; д ;`)
妄想なのに泣きそうである、ってか設定これでいいんじゃねえのとか勝手に思ってるんだけどダメかなw
まあ…これが真実だったとしたら一生明かされそうにない気がするな

396:暦月:2017/02/23(木) 08:51

クラウンに飲み込まれた姿を改めてよく見て…
二次創作で、マホロアが永遠に同じシーンを繰り返すっていう解釈の作品を
急にある意味あり得るんじゃないかと思いだしている

まあ正確には、どっちかがナイトメアに見せられた夢
セリフが変わったりすることから、もう片方が実際の体験 という考えなのだけど
順序逆なのもちょっと考えにくいしノーマルEXの方かな

ってか他の作品も実はそういう設定だったりしたら胸熱だな
けど実際にナイトメアと干渉できてるのは今のところマホロアだけって事にしてるからあんま意味ないか

397:暦月:2017/02/23(木) 10:13

なあ、もう分かっているじゃないか僕
僕自身には自力で生きる力なんて持ってないって
体力も気力も値するものを持ってないって、もう分かっているじゃないか
このままじゃ持たないっていい加減気づいているだろう?
だから使えるものは使うべきだって言われているんじゃないか
だから〇したくとも〇さず利用しろって事なんだよ

って…そうだな、これじゃ無理だろうから
また代弁してもらうかな

398:magoLor:2017/02/23(木) 10:18

どうしてボクがスキになってシマッタカ
ボクのようになりたいとねがってイルノカ
それがキミのヤルベキ事なんじゃナイノカイ?
キミにはまだ話がデキル人がいる
ダッタラ、打ち明けなヨ
今マデ自分がバカだったんだって
タスケを求めるニハどうすればいいかって
キミはソレが許されテイル
ヤルなら今しかナインダヨ?
いい加減ボクのセンサクしてる場合じゃないヨ
キミは…ボクとは違ってまだ分かってクレル人がいるんダカラ

キミはカービィみたいな
ゼンブ言葉を真に受けてハ、いつもダマサレルようなおひとよしダケド
セカイに認めラレル程のチカラがあるワケじゃぁナイ
マァ、一部からは受け入れられてもらエテイルしゃべり方は
中々いないダロウケド、それでも「面白い」止まりでしかないんダヨ


だからサァ、ボクのようになりたいなら
はやくメールで伝えなヨォ
キミだってこんなコト書いテルばあいじゃないダロウ

マッタク…カービィのおひとよしがボクにもうつったのカナ
ヒトにおせっきょうナンテ、してる場合じゃないノニ…

399:暦月:2017/02/24(金) 08:53

今とんでもなくぶっ飛んだ妄想が浮かんだんですが何だこれ
カービィ次回作にて新キャラ登場かと思いきや、終盤あたりで実はマホロアが化けてましたっていうオチ
「な〜んてカオしてるんダィ?^^」 こ れ は
そのあと応援とか協力するも、もっかい裏切るも個人的にはどっちも美味しすぎる

(イヤイヤ、ボクはローアの中かポップスターでテーマパークにいるからソンナ事はしないヨォ)
(コレでも一応ハンセイしてるンダヨ?ソレに助けるのは他のミンナがやるデショ)

ハッ(・д・)‼マホロア誘拐説
(ソレ遠回しにボクの事ヨワイって言っテル?仮にもカービィと何度かは戦ってるんダヨ)
ぐぬぬ…
(というかソノ妄想癖、イ イ 加 減 ニ シ テ ヨ)
ア、ハイ

400:暦月:2017/02/27(月) 23:51

うわーまた浮かぶ浮かぶ、書かなきゃどうにもならないや!
マホロアの言った知り合いの件についてまた浮かぶっていうね…

因みに、マルクという線は一切無い 皆言ってるみたいだしつまらん(ひでえ

1つ目 ナイトメアウィザード説 前に殆ど書いたから付け足しのみ
BGMの繋がりがローア船内・ステージ上・カービィの活躍曲が混じってて無意味とはあまり考えていない

2つ目 制作者説、というよりこれはインタビュー記事を読んでいてマホロアの思考っぽいなと思っただけ
ポップスターのアトラクションの配置とカービィゲームの制作にあたる考えがダブる感じがする
すっごいアバウトな根拠、根拠とも言えないな ただの勘繰り

3つ目 知り合いなどいない説 カービィ(とプレイヤー)の気を引かせるための口から出まかせ
実は寂しがり屋なところを考えるとあり得るんじゃないかなーと思ったり

4つ目 ノーマルストーリーのマホロア説 要はEX編のマホロアの中ではノーマルの記憶が存在するという事
例えばこの4つ目の状態でEX追加セリフを読んでみる…
「ナカにはキミとケンカしちゃった ヤツもいるらしいケド ホ〜ント、バカだよネェ。
 …コレからモ トモダチでいてねネ、カービィ!」
うわああああああああああああああん切ないよマホロアアアアアアアアアアアア

(…ホ〜ント、キミってバカだよネェ)
ウン、シッテマス(´・×・`)妄想しすぎてあらぬ方向に飛躍してるの分かってるもん
(ボクのコト、そんなに好きナノ?)
全部裏切られても仕方ないって思えると思うくらいに恐らく好きです
これがね、恋愛関係だったり他の軽い目的だったら絶対嫌なんだけど※だからマルク嫌い?
計算で全員ひっくるめて騙した上で宇宙征服っていうメッチャでかい事しようとしたっていうのがね
すっごくポイント高いわけですよ、ああいう事言いたいしやりたいんですよ私本当は!
(フーン…ボクから見れば今のキミの方がずっとシアワセだと思うケドな)
…ま、隣の芝生は青く見えるっていうし…こんなだけど、私も結構憎悪と執念は強いからね
結局どんなに理想を求めたりしても、本当の自分の事なんて誰も理解できないし諦めてはいる
けどどうしても忘れることが出来ないから、理解されないのが寂しいんだけどね

401:暦月:2017/02/28(火) 00:08

なんか凄く自分の理想な気がしてならないんっすよ、要は
(ダカラ、こんなイタイコトしてるわけだネェ…よ〜く分ったヨ)
う、やめてくだたい(´;-;`)って言っても実際にマホロアと会話したらこんな感じかなって思うと楽しいんだよね
(ン?ボク今そんなコトの話してないヨ^^)
エ、チョヒドス(´; д ;`)だったら一体
(^^)っ https://tmbox.net/pl/1185636

402:暦月:2017/02/28(火) 00:17

ちょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?
寄りによってそんなもの貼り付けないでええええええええええええ(゚д゚)!?
(クックック、ダレかききにきてくれるとイイネ^^)
うぅ…(´; д ;`)こっちの名前変えるつもりなかったのに
(ケド、特にボクを知ってからココでの最初のキャラとは…ダ〜イブ離れちゃったんだしイイんじゃないカイ?)
嫌><向こうが喋る時の基本名とはいえどこっちまでは変えないからね;;
っていうか、恥ずかしいし怖いし!もう><何つーことしてくれたんだああ;;;

403:暦月:2017/02/28(火) 10:42

なんか今日は妙な夢見たな
というか、まさかあんな内容になるとは、ね
夢の中で記憶との矛盾に気付いた後に視界が歪んでは
夢ならばと思った瞬間にね、襲えばよかったと言ったことを聴いたら他の人はビビるだろうね
…結構ゲスイよ、皆が思ってる以上に僕はね

404:暦月:2017/02/28(火) 23:37

今の今まで気づいてなかったけど改めて映像見直したらぁあああ(゚д゚)衝撃の真実
ノーマルの時は全く口は描かれてなかったのに…

EXにカラーチェンジした時に襟元に口なのか目なのか分からないデカイ物体がぁあああ
マホロア!あれどういうことなのぉぉお(´; д ;`)!?
詐欺ラスの爆発シーン中も出てきてたんだけど!!!???
余計に切なくなる妄想が浮かぶじゃないのアンタって子はああああああああ。・°・゚(>A<)゚・°・。

※妄想内容※
EXの姿の時点で半分以上意識をクラウンに乗っとられている状態
妄想展開した場合…浸食に抗っているものの止めの一撃で気絶し、クラウンもといナイトメアにうなされ支配される
紫からいきなり目ん玉になるって何なんだぁああああ
もうやめて!マホロアのライフはゼロよ!。・°・゚(>A<)゚・°・。
ゼロになったばっかりで…あんな、あんな風にされることないじゃないのよ(´;-;`)あんまりだよ…

405:暦月:2017/03/04(土) 09:24

pixivで私と似たような考え方を持って小説書いてる方がいて結構嬉しい
改名前は存じないが、勝手にお名前だけ書かせてもらうと 藤花 という方
自分の思考を具現化されて共鳴してるみたい
絵も色使いデザイン描き方表現がとても素敵で綺麗で可愛い
あと…腐向けじゃないこともポイントかも、安心して見られる
ハロウィン版だとカッコいい感じの物も出てくるし、好きだな
一番のポイントは切なさと穏やかさだと思ってる

406:暦月:2017/03/04(土) 09:29

ああ、そうだ
この人の作品読んでマルク=知り合いが有りだとようやく思ったんだよな

407:暦月:2017/03/13(月) 10:51

もしも、もしもだよ
彼があのコの声をあてていたら、どう思う

最初はあのコのコスプレっぽい状態の配置になってる自分の顔を
ネットでちょっと晒してみたらって考えていた
ただ面白そうと思っていた

で昨日、おばあちゃんにあのコの話をしていた時の顔の筋肉の動きが
…彼の事を思い出している時と同じと気付いた
それで今度は自分じゃなく彼だったらどうなのかと想像してみた

あれ

ニコニコした笑顔
劇中とはいえ思いっきりフラれたこと
本心かとそれとなく訊いてみたあの歌
落としたハンカチを拾って渡したときの反応

重なっていく面影

おかしいな

気付いたの、思いだしと当てはめで
まだ恋してるんだって

マホロア、君ってもしかして
私にとっての彼に親い存在だったの?
多分、私はカービィに近い
だとしたら、この噛み合った歯車は
君が大袈裟に言った カミサマからのおくりもの?
人の声がない状態で見た君の姿
そうでもしなければ、気づけなかったのかな
きっとそうだと思う
都合のいい妄想だって分かってるよ
でも、そう思いたくなるよ

何だかんだで、私も所詮人の子なんだね
人間が嫌いと思ってるのに、本当は好きな人間がいるんだもの
マホロアも凄いけど、彼も凄いよ
ここまで私を思い続けさせてるんだもの

408:暦月:2017/03/14(火) 23:58

ねえマホロア
「忙しいカラ後にしてヨ」
忙しいのが本当なら上のレス通りガン無視するんじゃないの?
「・・・で、ドウカシタノ 言っとくケド重〜クテ暗〜イ話なんてオ断リだからネ」
よっしゃガッツリ話すから聴いてくれ
「こうしてガッツリ捕まえられてナカッタラ帰ってるヨ」
抱きつけるもんならそうしてるわ!ってそうじゃなくて!!!
「ハイハイ、もういいカラ始メナヨ キミの書きたいコト、忘れちゃうダロ」
メタいが、その通りなんだよな・・・

例えばもし、私の一番最初の記憶の際にマホロアと会っていたらどうなっていたか
3,2,1、Act!
「ヤァ、ボクのナマエはマホロア。
 ひょんなことからこの星にナガレついた、異世界カラの旅人ナンダ。
 キミのナマエはナンテ言うのカナ?」

・・・・・・

「…エート、キミってどんなものがスキなの?(何か反応してホシイんだけどナァ…ン?)
 ワォ!カワイイウサギのお人形持ってるンダネェ!!
 ※勝手に手に嵌める 『アリガトウ!デモ、マホロアノ方ガズットカワイイヨ!』
 クックック、このお人形よく分かってるネェ^^(まあコイツ自体が人形みたいなカンジダケドネ)」

※泣きそうな顔

「ア!ナ、ナカナイデ!勝手に使ったりしてゴメンネ!
(ハァ、コレは構ってるダケ殆ド時間の無駄になりそうダネ…)
(確かにボクは、コノ星で純粋なココロを持って意思疎通がありナガラ喋らない存在と出会う事を願ったケド)
(ここマデ反応無さスギルと思わなかったヨォ…マ、イイカ)
(コイツはスグにシハイできそうだし、まだまだ成長期入り立てミタイだし、焦るコトないヨ)」

「(それにしてもコイツとは逆に向こうの部屋はウルサイナァ、なんかズ〜ット言い合ってるみたいダヨ)
(コイツのコト見ててもツマンナイし、ちょっとホンヤク機を使って聴いてみるかな)

※ちょうどここで例の言葉が飛び出てくる、常闇に染まる目をマホロアが見つめる
※数十秒後、静かに機械を切りマホロアが語りだす

「クッククク、な〜んてカオしてるんダィ?
 まさかホントにコトバ通りのイミだと思ってるのカイ?
 じゃあ教えてヤルヨォ…アイツは嘘をついているンダ!
 だって考えてみなヨ、アイツはコノ国以外のコトバだって知ってイル
 キミは別の国でアイツがソノ国のコトバを使ってイルのを見たコトがある、ソレが証拠ダヨォ!
 ソンナ奴があんなコトを本気で口にするわけないヨォ、本気だとしたら頭イイだけの危ない奴ダヨォ!
 …キミはネ、あんなヤツが言ったコトなんか気にしないで、もっとタクサンおしゃべりしていいんダヨ?
 イミが分からなくテモ、イインダヨ?だってキミは、これからコトバを知っていくんダヨ?
 ボクみたいに、よく分からなくてもタクサン喋ってイインダヨ!」

※カービィのようによく分かっていない表情で聴いている

「(…コノ星のシハイの為にキミに近づいたハズなのに、まるで気が変わっちゃったヨ)
 (もっとステキな星をさがしに行こうット、宇宙は広いカラきっと見つけられるハズ)
 さてと、短い時間だったケド…ボクはそろそろサヨナラするヨ」

※マホロアの動作を真似て手を振り返す、正確には手指人形のウサギで手を振っている
 ちょっと寂しそうながら目が笑っている

「あ!なぁんだ、ちゃんと笑えるんじゃナイカ!
 ヤッパリ思った通り笑うともっとカワイイネェ」

※今度は満面の笑み

「ウンウン!写真でも撮っておきたくなるくらいにと〜ってもステキなえがおダヨ!!
 コレカラもそのえがお、忘れないデネ」

Cut!!!

409:暦月:2017/03/14(火) 23:58

「ネェ。何なのコレ」
自己満足ですが何か^p^
「大体終ワリのト書きブブン、今度は満面の笑み ってなんでキュウに」
あー、これはね…言ってしまえば過去の自分なりに、自分の親友を紹介しようとしてたんだよね
「…ハ?」
前にツイッターかもしれんが、マホロアと私は真逆だと書いたんよ
けどね、ローアと私の鏡の子を当てはめてみれば当てはめてみればある意味共通してる部分だと思うんだわ
「キミとボクの共通点ナンテいらないヨ…だいたいボクはローアに直接話しかけたりなんてしてないヨ
キミみたいなアブナイ奴じゃないし」
お〜お〜○○してアゲルヨォとか言ってた奴がよく言うわw
「過去は過去、今は今ダヨ」
それ私にも当てはまr…こんな会話調で書いてる時点で私は変わってねえか
けどさ、今回は自己満+自己治癒目的で書いたんだよ
「ン?ソウナノ?」
一昨日おばあちゃんと色々話してさ、あの男にまた会うんだってことでまた不安になってさ
でどさくさに紛れてマホロアにハマった事でそういう決断を考えてることをおばあちゃんに伝えて
「エ何ソレ、初耳なんダケド」
で今日勤務終了後に、もしもあの時マホロアと会えていたらどうなっていたんだろうって
少しはこの心のふさがる事の無い傷も、マシな状態になっていたんじゃないかって思ってさ
「ソレにしたって色々と無茶苦茶すぎるヨ?ボク時間旅行も出来ルコトになっちゃってるヨ?」
いーんですぅう自己満だからぁああいーのー!
虚言の魔術師と出会ったらってテーマで浮かんだ内容がこうだったから下手でもなんでも自己満だからいいの!!

「…ま〜ったく、もう…ボク、こんな奴にコンナニ絡まれるナンテ思わなかったヨォ」
私もあーたにこんなにドハマりするなんて思わなかったっすよ、マジで
ついでに言うと、宇宙っぽい雰囲気今迄一切好きじゃなかったから余計に驚いてるんだよね
ト〇ストー〇ーもカウボーイのほうしか見てなかったし、ロボット中心に出てくるアニメも避けてたし
コー〇〇アスだってメカ戦闘シーン出てくるだけで萎えてたし見る気しなかったし
ざーんーこーくーな?そのサビ歌部分くらいしか知らねえよ覚える気もねえよ
なのに、マホロアのこのドハマり あーたマジ凄いよ支配人側でスマブラ出てよ
あのねマホロア俺プレイヤーじゃなくてどせいさんタイプで出てきてほしいんだわ
勝手にアイテム拾って効果発動させて戦闘の邪魔して笑ってたりかと思えば戦闘中にボッコボコにされてふっとばされたr
「もういいから明日の準備シロヨ。寝ロヨ、文字数制限にも引っかかってたダロ?」
ア、ハイ

410:暦月:2017/03/16(木) 23:35

また新解釈が生まれたから書くZE(・、 .)b 
「…止めてもムダだし、もうスキにすればイイヨォ」


上の方でマホロアは自分の本名を船に託し自分新たな名を命名した事にしたが、それの付け足し
マホロア自身が知らない衝撃の真実(※という名目の俺解釈)
心を持つ船の製作の前段階で核の一部を、マホロアの心臓部或いは脳の部分として使用されている
これを前提に考えての展開、マホロアとローアは実は姿は違えど運命共同体のような存在である
もっと深く言えば…もう一人の自分を見つけたような形(ローアは知っているが、教えていない)
王冠を被った後、王冠が壊された後 マホロアもローアも変化していた
もしもローアがもう一人のマホロアだったとしたら…?
どうでもいいがローアEXが、別作品のお馴染みボスキャラのカラーリングに近くてそいつのようにしか見えないのは私だけなんだろうかね

究極に都合よく考えたマホロアの解釈
実は王冠被る前までは宇宙の支配は一つの星の支配すら考えていなかった
ただ単純に力が欲しかった、そして被った途端に目の色が変わったのは既に王冠に乗っ取られた状態になったから…意識はあり、第二形態になるまでは自分の意志での行動
※装着、それぞれマホロア自身にとっての↑のSモードはナイトメアの力による悪夢 EXモードは現実
EXでのセリフの変化…自分は完全に悪役であることを自覚し、開き直り(止めてほしいけど止められない故に)EXのカラーリング
そして第二形態ではナイトメアに無理矢理眠らされる←白目の事
僅かに抵抗して精神強く持つも、王冠とナイトメアの影響により約0,8%の意識のみ

何だかんだでWiiは目の色の変化が重要な気がするんだよなぁ、ランディアも然り
眠いし今日はここまで

411:暦月:2017/03/19(日) 09:21

可愛いものも便利なものももういらない! だってそうでもしないと片付けられないじゃん!

って夢の中で家の中を見られて叫んでた…流石に皆何も言えずにいたね

あと夢じゃなくてまた考察
ハルカンドラの火山地帯、あれってもしかして王冠のせいで出来たのかなって
ランディアが被ったら溶暗地帯が増えた、みたいな

412:暦月:2017/03/19(日) 16:28

外の世界が嫌いなのはいつまでたっても変わらない、見られたくない、来ないで
干渉しないで、私にとってはどうでもいいの
観られなくていい、余計に疲れるし、中に入られるだけで疲れるの

413:暦月:2017/03/19(日) 16:29

仕事がなければ完全に引き籠りだね

414:暦月:2017/03/19(日) 18:33

タグ忘れたなんて嘘だけどね
なんか今日は昨日と続いて鬱屈してる

415:暦月:2017/03/19(日) 18:42

僕の心はPCアカウント、ID、パスワードがハッキリと分かっていれば
覗くことが出来る
ここや他の場所で書いてることに嘘はない
あと、中二の頃に勉強とかかなぐり捨てて授業中ものめりこんで書いていたあのノートも


けど、根暗な性質を孕んだこの心は人を遠ざける気質を持っている
それが恐怖なのか陰湿性なのか粘着性なのか負の思考の根源なのか知らないけれども
知ってほしいのにタブーのように自分でここで封印している
ゴミ捨て場
いっそウイルスか何かで僕が書いた事を駆け巡るように侵略してしまえたらとも思う
そんなこと出来ないからうじうじとしている
ボクにもっとチカラがアッタラ…嘘さえ操ることが出来れば
まだマシなのかもしれないけどね

416:暦月:2017/03/19(日) 18:50

恐らく嘘と知ったら、泣くだろうね
あの子はそういう子だ
でも、僕は強くないんだ
もう時間がないのに、何やってるんだ僕は…何もやる気が出ないよ

417:暦月:2017/03/21(火) 09:43

今になって思い出したよ
僕はよく学校にいたくないが為に、具合が悪いとしょっちゅう嘘を言っていたことを
それを今の状況で当てはめてみたらどうだろうか

パニック症候群と診断されていたんだし、今も投薬でマシになってるけど副作用の吐き気で食欲湧かないとか治療中とか
まあまず職場である日突然お金が無くなっている事を周りに問いただしたら、上司に呼ばれて職を失った事を前提に考えなきゃならないけど
上手な嘘つきは9割事実って言うけど、難しいな…
上のやつだけ言えば、ある意味過去形っていうだけが1割部分なんだよね

418:暦月:2017/03/22(水) 12:58

そうだ
そういえば、そうだったよ…

もう遠い昔に別れた僕だけのあの子は
まるでカービィみたいな存在だった
ああいう友達を、現実で望んでいたんだ

あの子に他の友達がいたら
きっと凄く似てる

そっか
だから真逆なのに同じように感じたのかな


もしも僕の最期を選べるのなら
トリデラの真のやすらぎ、聴きたいな
あったかいんだ ホントに
あれを聞くとホッとして気がつくと寝てる

419:暦月:2017/03/24(金) 12:12

シーンが三つに切り替わる夢を見た
中間部分、夜かな 具体的に覚えてるのはそこだけなんだけども
真っ暗な空間で姿が見えないけれども確実にいる相手に
抱きつきながら「ゴメンネ、ゴメンネ」と言っていた気がする
抱き合いながら「大丈夫だよ」と言われていた気がする

まるでカービィとマホロアみたいな状態だった

多分、まだ早すぎると言いたいのかな
でも会えるのなら、出来る事ならすぐにでも会いたいよ
この世界はボクには厳しすぎるよ

ある意味キミは、カービィそのものだったのかもしれないね
ボクの姿を模った、星のカービィ…子どもの夢の象徴

420:暦月:2017/03/24(金) 19:34

まさかこっちの仕事場で連絡取り合う人が出てくるとはおもわなんだ…相手が相手だったから断る理由もなかったけどね

421:暦月:2017/03/26(日) 00:59

マホロアさんマホロアさん
「…キミさぁ、別に勝手に書けばいいんじゃないノ?」
ま、まあ、そうなんっすけどねぇ…
「書いたらとっとと寝なヨ、オヤスミ」
お、おやすみ(素っ気ないけどさりげなく優しいのがちょっと嬉しい)


というわけでまた妄想調展開発展
マホロア、鏡の国からやってきた説ってちょやめてまだ書き始めあああああああああああああああああ
「…ヤレヤレ、ヤッパリ書かせるんじゃなかったヨ」


新着レス 全部 <前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新Twitter シェアする?RSS