もう少し早く...

1: Rain 毎日更新は無理:2018/06/02(土) 14:59

目覚ましより早く起きて、憂鬱な朝を迎える。
中学生最後の年、私は不登校からそろそろ卒業して 普通の生活を送ろうと
頑張っている最中だった。

「頑張ってんのかな、これで」

誰に言うでもない言葉を吐き出し 玄関の扉を閉める。
歩いて四十分ほどの道を 一人で歩くのも もう慣れた。

教室に入っておはよー、と挨拶を交わす中 隣の男子は眠そうにこちらを見て
また机に顔を伏せた。
名前は確か、幸紀<ゆき>と言うはず。

「幸紀君、おはよう」

やっぱり頷くだけで、返事はくれない。
まぁ、仕方ないか。と思い、別の男子の所へ行く。

その幸紀があんな存在になるとは知らずに。

4: Rain Twitterもやってる:2018/06/10(日) 21:35

休み時間、幸紀君とは別の男子 小学校の頃から仲が良い 緋乃<ヒノ>と話している。
緋乃はずっと遊んでいたし、不登校になっても私と友達でいてくれた。

「そう言えばさ、雨音はさ。幸紀と仲良いの?」
「そーだな...去年はクラス一緒だったけど、去年話した記憶無い」

去年も、一応クラス自体は一緒だった。
でも、隣の席になったこともないし 話しかけることもしなかった。
それは同時に 私が友達面で苦労していないから。

去年のクラスには 保育園の時から傍に居る 幼馴染みがいたのだ。
だから、困ったときもその二人に頼めばその場をやり過ごせた。
私は、二人に依存してたし 離れることが出来ずに二年までいたから
三年になって 二人の居ないクラスに驚きを隠せず 不安だけが募ったままきていたんだ。

「雨音?大丈夫?」
「あー...ごめん、大丈夫。でも、本当に今年始めて話しかけたんだよ
  数学の教え方、めっちゃ上手くてさー...」

何処かで、同じ様に優しく教えてもらったような。
そんな気がしてならないのは、もう少し後で分かること。

5: Rain Twitterもやってる:2018/06/10(日) 21:35

休み時間、幸紀君とは別の男子 小学校の頃から仲が良い 緋乃<ヒノ>と話している。
緋乃はずっと遊んでいたし、不登校になっても私と友達でいてくれた。

「そう言えばさ、雨音はさ。幸紀と仲良いの?」
「そーだな...去年はクラス一緒だったけど、去年話した記憶無い」

去年も、一応クラス自体は一緒だった。
でも、隣の席になったこともないし 話しかけることもしなかった。
それは同時に 私が友達面で苦労していないから。

去年のクラスには 保育園の時から傍に居る 幼馴染みがいたのだ。
だから、困ったときもその二人に頼めばその場をやり過ごせた。
私は、二人に依存してたし 離れることが出来ずに二年までいたから
三年になって 二人の居ないクラスに驚きを隠せず 不安だけが募ったままきていたんだ。

「雨音?大丈夫?」
「あー...ごめん、大丈夫。でも、本当に今年始めて話しかけたんだよ
  数学の教え方、めっちゃ上手くてさー...」

何処かで、同じ様に優しく教えてもらったような。
そんな気がしてならないのは、もう少し後で分かること。

6: Rain 梅雨入り:2018/06/16(土) 13:43

※先にお知らせをします。
 同じ文を投稿してしまい、申し訳ありませんでした。
 Vitaから投稿をする時に、不具合があったようです。
 今後もある可能性がありますが、それでも良いという方のみ引き続きお楽しみください。

 全部読む/最新50/書き込む

てんさいの毎日

1: Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/23(水) 00:10

人目を惹く派手な容姿、それに相応しない頭脳。
彼女はそれを持っていた。

「私、頭にはちょっと自信あるんだよねー」

なんて彼女は言っているが、12歳の知識は遥かに超えている。
本人的は、自分の頭脳を都合が良いとも悪いとも思っているらしいが。

「―――――がさ」

「志麻、それウケるー」

そんな並外れた存在を放っている彼女も、周りの“凡人”を心の中で見下しつつも普通の女子小学生らしく生活をしている。
しかし、天才が完璧に周りと同化することは不可能であり……

―――――志麻ちゃんの言ってることって、分かんなーい。

―――――志麻って、よく分からないよね。

なんて言葉を聞くこともしばしば。
志麻的には理解できる言葉で説明したつもりらしいが、相手は理解してくれない。
天才故に、そのような事に苛立ちを覚えることもあるのだ。


志麻の思う“普通”に話していると、目の前で男子と女子が「足踏んだか踏まなかったか」という足を踏まれてもスルーする志麻にとってはどうでもいい理由で喧嘩を始めた。

「……ふふー」

そんな“普通じゃない”彼女だからこそ、今、目の前で仲間達が喧嘩をしているのを見て楽しんでいる。
……人間の心情の変化は、彼女にとって計算式のように予測できるものでもなく、見ている分には楽しいらしいのだ。



これは、こんな風に喧嘩が勃発するクラスと、それを見て楽しむ天才の物語―――――――――

5: Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/26(土) 11:35

「紅組、勝つぞ!」

「オー!」

運動会当日、珍しく6年2組が所属する紅組がやる気のある様子を見せている。
……スポーツだからだが。

「いおりん、しまま! もうすぐ出番だよ!」

自分の種目が始まるまでテントの下で脱力しながら待機していた志麻と庵の元に、二人の親友の百合がやってきた。
志麻と庵は、短距離走の選手である。

「オッケー、ハチマキ」

「はい!」

二人は、百合からハチマキを受け取り、入場門へと歩いていく。

「志麻、ここで一位取らないとヤバいからね」

「分かってるって、庵」

……ここで一位を取らないとクラスからの圧力が凄いことになる。

二人は、それを察して本気で走ることにした。

「位置について」

短距離走担当の教師が、スターターピストルを構える。

「よーい、ドン!」

そして、スターターピストルを撃った。

最初に、一年生が走り出す。

「ゴー! はい!」

そして、二年、三年と続いていき……

「庵、次じゃない?」

「そうっぽい」

庵が走ってくる五年生からバトンを受け取る。

「志麻ー!」

そして、一周してから庵は志麻にバトンを渡す。

「ゴー! ……はい」

志麻は一周して、アンカーの男子にバトンを渡した。

「私、もう無理ー……」

「はいはい。お疲れ様、志麻」

体力の無い志麻は倒れる様に庵にもたれかかった。

―――――私が走ってた時は一位だったから、多分大丈夫……

志麻はそう思ったが、次の瞬間、“それ”が起こった。

6: Rika◆2c のせしおゆみ:2018/05/31(木) 20:43

「あああ!」

クラスメイトの男子の声が聞こえた。
志麻は振り向く。そこに見えたのは、倒れているアンカーの男子と、転がっているバトンだ。
転んでバトンを落とした。
つまり、リレーでの1位の可能性はもう無いのだ。

「何してんだよ!」

「あーあ、お前のせいで」

紅組の他のクラスは大して気にしてはいなかったが、当然6年2組一同はバトンを落としたアンカーの男子を責める。

「まーまー。まだ紅組が一番点数高いんだし」

志麻がそう言って、その場は一旦落ち着いたが、やはりクラスメイトのアンカー男子に対する視線には、怒りや憎しみが込められている。

―――――まあ、仕方ないよね。ここは我慢してもらわないと。

クラスメイトの思った以上に燃えている様子に、アンカー男子に対して志麻はそう思うことしか出来なかった。

『お昼ご飯の時間です。保護者の方と一緒に―――――』

リレーの次は昼食の時間だったが、6年2組の間ではそれどころではないと言わんばかりの空気になっている。

「……昼食、食べ終わったら鉄棒前に集合」

クラスのリーダー的存在の男子……祐樹がそう言って、一旦解散した。

「志麻!」

「あ……」

志麻は母親を探そうとしたが、その必要はなかった。

「場所は取ってあるから、食べよう?」

「うん」

志麻は母親について行き、日陰の所で昼食をとった。
まだ5月の中旬だが、気温は結構高い。

「じゃ、私行かないといけないから」

「行ってらっしゃい」

昼食が終わり、志麻は鉄棒の前へと歩き出した。

7: Rika◆2c 一ノ瀬志希担当:2018/06/14(木) 22:30

「みんな、集まったな」

昼食時間の終了10分前。
6年2組のメンバーが全員鉄棒前に集まった。

「過ぎたことは仕方ない。だが……
もう一度失敗したら……分かるよな?」

祐樹は物凄い目付きでそう言う。
例えるならば、獲物を見つけたライオンのような目付きだ。
これには、流石の志麻も身を震わせた。

「……じゃ、解散」

結局、これは失敗したアンカー男子を責める為のものでも何でもなく、ただの忠告であった。

「思ったより大したこと無かったよね」

内心恐怖しつつ、志麻はそう呟く。
志麻はもう自分の種目に出た為問題ないが、親友の百合は午後の部からある障害物競走に出る。
そのため、もし百合が失敗したら、祐樹の怒りの矛先が百合に向かうかもしれないのだ。

志麻はそこだけが気がかりであった。



『まもなく、昼食の時間を終了します。児童の皆さんは応援席に戻って待機しておいてください』

昼食の時間が終わりに迫り、放送が流れる。

「じゃあ、次は障害物競走。
……失敗はすんなよ?」

「分かってるって!」

再び目を鋭くさせる祐樹に、百合が笑顔でそう答える。

―――――これなら、大丈夫。

志麻は百合の様子を見て、安心するのであった。

 全部読む/最新50/書き込む

毎日に飽き飽きしていた

1: ◆s6:2017/08/26(土) 13:40


つまらない平凡な毎日が、吉か凶か変わってしまった。>>2

2: ◆s6:2017/08/26(土) 13:41


きっと失踪します、更新さぼります、コメントもらえるとうれしいです

3: ◆s6:2017/08/26(土) 13:45


(今書いてる小説と展開同じになりそうです)
荒らし、成り済まし厳禁です

4: ◆s6:2017/08/26(土) 17:30



「…暑い、」

そんな言葉が似合うような陽射しを浴びながら、塾の帰り道をノロノロと歩いて行く。
揺ら揺らと揺れる陽炎を見ていると、クラクラして今にも倒れてしまいそうだ。
昨日迄の大雨が信じられない位にカラッとよく晴れていた。所々にある大きな水溜が、昨日迄の大雨の唯一の証拠だった。
水溜は青い空を、点々と浮かぶ雲を、眩しい太陽の光を、まるで鏡のように映し出していた。

勉強ばかりの毎日に飽き飽きしていた私には、水溜が映し出す空がとても美しく見えた。水溜の中の世界はさぞかし素敵なものなのだろうとも思えた。

何を血迷ったか、暑さで如何にかなってしまったのだろうか、私は足元にあった水溜に意味も無く足を入れた。

先週買ったばかりのパンプスが、じわりじわりと汚れた水で濡れて行く。こんな事しなきゃよかった、と後悔した瞬間に、

「…え、」

私は水溜に沈んでいった。あんなに浅かった水溜が突然に海のように深くなり、足を取られたのだった。自然のままに身を任せた。水の中の筈なのに不思議と息は苦しくなかった。

 全部読む/最新50/書き込む

複雑な気持ちで毎日を過ごしていた

1: ◆s6:2017/08/23(水) 19:16


きっと失踪します

4: ◆s6:2017/08/23(水) 20:52


アドバイスや疑問点、感想などあったら是非とも教えていただければと思います

5: ◆s6:2017/08/26(土) 12:12



「ね、詩織さ…いつもと違うよね。何かあったの?教えて?」

心配そうに私の顔をジッと見つめている為、心配させてしまったのかなと思いながら私は答える。

「本当にどうでもいいような話なのかもしれないけど、何か…懐かしいんだ、この風景が」

懐かしい…?、と不思議そうに考え込みながら、茉里はミニトマトを頬張っている。

「気にしなくていいよ、私のことだから、どうでもいいって」

「ふーん…あ、一緒に夏祭りに行かない?ほら、これがチラシ。どう?私と詩織で行った事無いでしょ、だからさ」

夏祭り__?
あの日の事は鮮明に覚えている。
浴衣を着て、あの場所で茉里と待ち合わせして、花火を見て。
「夏祭り…え、茉里と行った事あったよね?」

「え、私が詩織と初めて出会ったのって今年の4月だよ?この高校に入ってから出会ったんだしさ」

「…あ、私の勘違いかな…ごめんね」

チラシを鞄に無理矢理入れ、ごめんねと苦笑いをし、「夏祭りの件考えとくね」と言い残し鞄を持って教室を出る。

《嗚呼、此処はやっぱり「本当の私」の過去の世界なんだ__》

今迄ずっと考えてきた事の答が、やっと出す事が出来たのだ。
どうせ此処は過去の世界。学校の途中で帰ったって問題は無いだろう。何故なら「本当の私」が生活しているはずの世界に、戻ればいいだけなのだから。

6: ◆s6:2017/08/26(土) 14:25



家に鞄を置き私服に着替える。本当の私は何なのだろう、どうすれば本当の私に戻れるのだろう。そんな疑問がポンポンと浮かんでくる。
ただ、私は目指していた。あの夏祭りの日、帰りに茉里と別れた後に通ったあの場所を、只々目指して走っていた。

決して足が速い訳では無かった。体力がある訳でも無かった。だが、本当の私に戻りたい、その一心で、夏祭りのチラシを片手にその場所を目指していた。少しでも本当の私に戻るための手掛かりが有ればと思っていた。

「ここだ…」

5分程度は経っただろうか。その場所は、私の記憶にあるあの場所とそっくりだった。林の奥にある赤煉瓦の橋、この場所に手掛かりは有るはずだと、根拠の無い自信が湧いて来るのだった。
そういえば、この橋を渡った後からの事は覚えていない。忘れてしまっただけなのだろうか。そんな事はどうでもいい、のだろう。きっと。

此の場所に来る人はそう居ない。人目に付かないこの林に来る人は珍しいのだ。自分の家が近いために遊びに来る事は何度もあった為、自分の経験からそう判る。最も、自分だって橋の方まで行った事は無く、林で木の実を拾ったりして遊んでいただけなのだが。

橋を渡ったのはあの夏祭りの日が初めてだった。親に「渡っちゃいけないよ」と、厳しい口調で小さい頃から幾度と無く言われていたからだ。それが何故かは解らなかったし知ろうともしなかった。

私は、家に帰りその橋について調べてみようと思った。この林の近くを通る度に、あんなに執念深く「橋を渡るな」と云っていたのには、きっと理由があるのだと今更ながら思う。

 全部読む/最新50/書き込む

__毎日

1: ◆/6:2017/07/12(水) 18:50

*これは、「__君へ。」の日常版みたいなのです。

*キャラやルールは、「__君へ。」参照です。

*こっちものんびり更新ですがお許しを。

*すたーと*

 全部読む/最新50/書き込む

次のページ>>

小説キーワード一覧サイトマップ