旅鼠の厭世詩

葉っぱ天国 > ポエム > スレ一覧 1- 101- 201- 301-キーワード▼下へ
1:レミング◆yc:2019/09/13(金) 12:00

思い付いたときに詩を書いていきます。

詩ではなく短文に思えることもあると思いますが、
本人は詩のつもりで書いております。

乱入は可ですが、感想を添えて頂けると幸いです。
また、こちらからの感想はあまり期待しないでください。
何分、自分の意見を述べるのが苦手なもので。

292:レミング◆yc:2021/08/24(火) 01:17

無い
何もかもが足りない

大切だったものはすべからく
掌から溢れていった

欲しいものは
時間が経っても
金を積んでも
決してこの手は
届かない

妬みに嫉み
僻みに怨み

まずは
邪魔なこれらを
捨てなければ
目の前にあったとしても
手に入れられない

できたらとっくにそうしてる

一生手に入ることはない
一生離れることはない

もう本当に
いやになる

293:レミング◆yc:2021/08/28(土) 00:47

目に刺さるような晴天で
泡立った雲は際限なく
縦を横を白で埋め尽くす

ああまったく、
どうしようもない人生だった!

日は昇ったばかりと見えて
暗がりを抜けた尊い光は
そのうち燃えるような
赤に染まって
再び闇に溶けてゆくのだ

つまり、
全盛期なのだ!

青は歓喜と涙の色だ
目尻にたっぷり涙を溜めて
大笑いする

最高の夏だった
身を焦がす青空を前にしても
薄れないほどの夏だった

本当に
本当に、
最高の人生だった!

294:レミング◆yc:2021/08/30(月) 08:28

ああ、お前はまた
泣いているのか
忙しないな全く

いつまで頁を
広げてるつもりだ
さっさと閉じろ

いいや違うな
終わりなんかじゃないさ

おしまいなんかじゃない、
言うべき言葉があるだろう

ほら

めでたしめでたし

295:レミング◆yc:2021/08/30(月) 20:07

ゴミクズみたいな人生だった

黴と埃で濁った世界は
足元も見えなくなるほど
嫌いなものが溢れてた

劣った人を見下した
本当に最底辺だったのは
僕の方だった

自分より下を浚って漁って
不安と嫌悪が纏わりついた
粗探しをして時間を殺した

誰も彼もに見放された
何より自分が大嫌いだった
全てを悔やんでいた

そんなことすら
どうでもいいほど
脳内はとっくに
腐敗しきった

どこを見ても
泥と闇でいっぱいだった

生きた心地はしなかった
死んだまま生きていた

そこに

手が、差し伸べられた

暖かかった
光っていた
希望の色をしていた

笑っていた

いつのまにか
笑えていた

今も、

生きることは未だ苦痛だ
全部変わったわけじゃない

けれど
もう諦めない
明日を信じられるから

ありがとう
なんて言葉で表せない

きっと忘れない
終わらせなんかしない

ずっとずっと、ここにある

296:レミング◆yc:2021/08/31(火) 13:50

長いような短いような
例えるなら
闇を照らすには充分な
刹那の煌めき

思っていたより随分
呆気ないな

なんせ
エンドロールも
カーテンコールも
無いのだもの

惜しみない拍手を
君へ
君たちへ

ああ
ごめんねやっぱり
笑顔だけじゃ
済まなかった

でも涙を湛えたままじゃ
心が伝わらないだろう?

惜しみない拍手を
愛おしき物語へ
退場したあの子へ
君へ

それではまた、
いつか出逢う日まで。

297:レミング◆yc:2021/09/09(木) 03:40

貴方は言った
「刺激が足りない」と

貴方に嫌われたくなくて
私は刺激を作ることにした

椅子の底を抜いてみた
貴方は底が抜けても驚かないで
空気椅子で本を読んでいた

部屋を一面赤く塗ってみた
貴方はひと目見回して
「センスが悪い」と毒づいた

紅茶に塩を入れてみた
貴方は少し眉を顰めて
そのままぐっと飲み干した

カップを爆発させてみた
貴方は破片を放り投げ
新しいカップを取り出した

貴方は何をしても驚かない

ここに連れて来たときも
そうだった
声色ひとつ変えないで
「哀れな奴め」と
たったひと言

どうしたら貴方は
満足してくれる?

どうしたら貴方を
引き留められる?

私はあの娘になれないのに

貴方は笑いもしなく
なってしまった

どうしてよ
どうして私はダメな子なの

頭も悪いの
センスも無いの
愛し方も分からないのよ

私は貴方を幸せにできない
貴方を幸せにできるのは
あの娘だけ

私はあの娘にはなれないの
なれないのよ

それでも貴方は
あの娘じゃないと駄目なのね

私は貴方を引き留められない
きっと貴方は
あの娘のもとへ帰ってしまう

でもそれまでは
ほんの泡沫の夢を見させて

私は貴方を愛していたの
私は貴方と幸せになりたかった
私は貴方を幸せにしたかったのよ

本当よ
愛していたの……

298:夢幻:2021/09/09(木) 04:10

乱入失礼いたします

とても素敵で、惹き込まれます…

ファンになりました。

299:レミング◆yc:2021/09/14(火) 00:19

>>298
ありがとうございます。お褒めに預かり光栄です。
自己満足のつもりでしたが、褒めて頂いて更にファンにもなって頂けるとは、とても嬉しいです。
きっと、詩も喜んでいます。

300:レミング◆yc:2021/09/14(火) 23:09

貴方が何か見るたびに
貴方が何か言うたびに

血反吐を吐く
思いがする

それのひとつひとつが
私に向けられたものなら
どんなに良かったか

そんなふうに
考えていることすら
吐き気を催す
自己嫌悪を呼ぶ

ああ気持ち悪い!
汚らわしい!
愚かしい!

私はこんなにも
醜い
汚い
惨めったらしい!

私は愚かな邪魔者だ
私は当て馬
かませ犬
泥棒猫だ

私さえいなければ
貴方はきっと幸せになれる

私さえいなければ!

けれども今更
貴方への想いを
捨てられない

部外者の自覚はあるのに
それでも貴方を愛していた

貴方を愛している

それだけは確かだ
それだけ、
私にはそれだけしかない

それさえあれば
別に良いんだ

貴方に愛されなくとも、

301:レミング◆yc:2021/09/15(水) 23:11

最後の恋だった

惨めだけどまっすぐで
淡くて長い恋だった

あなたへ渡すラブレターを
書いていた

可愛く見えてくれるように
少し気取って
いつもはあたしと書くところを
わたしと書いたの
あたしがわたしになった瞬間

結局渡せはしなかったけど
あたしをわたしにしたのは
確かにそれはあなただった

あなたのせいで変わったこと
食べ物の好み
字の癖
シャンプーの香り

沢山たくさんあるけれど
1番覚えているのは
それなの

ただの女の子が乙女になった
あなたのせいで
あなたのために

302:レミング◆yc:2021/09/18(土) 23:24

あんまりじゃない、
マイハニー?

あたし貴方の愛の奴隷よ
貴方だけの籠の鳥よ

三歩後ろを歩いたのは
貴方の落とし物を
拾うため

貴方と食事を摂らないのは
貴方の残したものを
食べるため

お喋りせずに
黙っていたのは
貴方の話をよく聞くため

貴方と目を合わせないのは
貴方に吐かれた毒の言葉に
耐えるため

貴方への称賛を
貴方への感情を
貴方への愛を

全て言葉にして伝えたわ
全部全部ほんとうだから

貴方の暴言を
貴方の嫌味を
貴方の愚痴を

全てまじめに受け止めた
全部全部我慢したのよ

これが愛じゃないと言うの

あたしだって
貴方への怨み辛みを
詩にしたって良かったのよ

それをしなかったのは
何故だと思う?

それがあたしなりの
愛だったのよ!

それら全部を
独り占めしたかったの!

いくらあたしでも
“ご褒美”が無きゃ虚しいわ

今までずっと
あたしなりの愛を
伝えたつもりよ

けれどそれも
意味がなかったと
そう言うのね

ああ、悲しいわ
マイハニー!

そこらの女とは違うから
あたしだから
耐えられたのよ

ほしがりさんも
度が過ぎると
可愛くないのよ

だから、ねぇ?
分かるでしょう?マイハニー

303:レミング◆yc:2021/09/21(火) 02:29

光も心も失って
どうしようもない
ド腐れ生命

酸素も水も無駄なんです
寝るのも動くのも面倒です

横たわった敗れた夢とか
輝いたはずの日々とか

失ったから
見落としたから
もう戻れはしないから

やるせなさを噛み砕いて
苦い味が舌に残って
息が詰まる

後ろめたさを振り解いて
それでも未練が
張り付いて

逃げる体力は残ってない
遂げる気力は残ってない

永遠に生きるなんて
無理ならもう諦めよう

僕が死ぬか
世界が終わるか
そうでもしないときっと
変わらないんだ

震えた声で虚勢を張ろうが
ひび割れた傷口を隠そうが

いつまで経っても臆病な
心が拒む

「まだ癒えない」と
駄々をこねる

いつまでこんな風に
目を逸らせば良いかな

ああでも
駄目だね

まだ
動けないや

304:挑戦者:2021/09/21(火) 21:44

あぁ

僕はいつまで

トミカを拝めば気が済むのだろう

気づけばトミカコーナーで

新車を探してる

もう中3だから

トミカなんて

と思うけど

不思議と拝むのが

いちばん安らぐんだなあ

305:挑戦者:2021/09/21(火) 21:46

レミングさんのポエムは世界観が通っていて良いと思います。

テンポも良くて読んでいて気持ちが良いです。

306:レミング◆yc:2021/09/26(日) 05:02

>>305
ありがとうございます。お褒めに預かり光栄です。
一人ひとり別の思想と感性があるように、詩もそれぞれ別の世界があると思って書いております。その一つひとつが混ざり曇ってしまわぬように気をつけているので、そこに着眼して頂けてとても嬉しいです。

挑戦者さんの詩、拝見しました。
挑戦者さんの詩は随筆のような現実感と鮮明さがあって、どこか他人事でないように思える、とても良い詩だと思います。

307:レミング◆yc:2021/09/30(木) 07:31

穏やかな笑みを浮かべ
寝転がるきみ
まるで死人みたいね
まるで!

それじゃあ
お葬式をしてあげなきゃ

棺桶に入れて
死化粧をして

黄色い薔薇を
手向けてあげる

後悔してね
たくさんたくさん

いいえ違うわ
これは恋じゃないの
恋になれなかったの

愛してもないくせに
可哀想にね

人は呼んであげない
きみには
お友達がいたものね

たくさんたくさん
私以外に

一輪だけの
黄色い薔薇が
色とりどりに
汚されてしまう前に

きみを

きみに
妬いてあげる

後悔してね
たくさん

308:レミング◆yc:2021/10/01(金) 01:51

夏の風が吹かなくなって
煙る熱気が息を潜めて

「夜が長くなったね」と
君が言う

夜は嫌いだ
君に会ってしまうから

鉛のような僕を放って
射干玉の世界を
君だけが

白い月と軽やかに踊る

僕を放って

朝は嫌いだ
君が離れてしまうから

何も知らずに君は
笑うんだ

汚い僕に無邪気に
淀んだ僕にふわりと

涼やかな微熱
手は届かない

僕は醜い感情で
重たくなっていくのに
暗く深く沈んでいくのに

君だけ綺麗なままなんて
ずるいや

309:レミング◆yc:2021/10/03(日) 03:04

今日死したあなたたちへ

心からの労いを
熱い抱擁を
破れんばかりの喝采を

その死には
意味があるでしょう

その過去には
価値があるでしょう

その功績は
讃えられるべきでしょう

白花を添えて

心からの労いを
熱い抱擁を
破れんばかりの喝采を

310:レミング◆yc:2021/10/12(火) 03:15

揺れる触れる
気がふれる

きっと
貴方もそうして
しまっていたい
でしょうから

もっと
私の分だけ
抜き取ってしまえば
楽でしょうから


貴方じゃなくていいの

貴方
いつまで
そうしてるつもりなの

ねえ前後不覚
念も深くその
『さらば』に意味を
塗りたくって

思い出よりも
浸っていたいのなら

ずっと
心酔しちゃってる
ことでしょうから


気付いてしまったの

貴方
いつまで
そこにいるつもりなの

ねえ意味無くなる
息が詰まる

ほら
馬鹿みたいでしょう?
って

そんな
ただのうらみごと

311:レミング◆yc:2021/10/17(日) 16:18

「夜を奪ってやろうか?」

慈愛に満ち満ちた目で
あなたは
そう語りかける

一寸先は目を焼く光
足元は腐って今にも抜ける
返す踵は擦り切れた

私は迷う
返答に
道に
ずっと前から迷っていた

夜は停滞の温床

寝床で『朝』から
目を逸らす

光に晒されるのが怖くて
自らの醜い姿を
見たくなくて

絶望するのが怖くて
希望を掲げる
勇気もなくて

ずっと
夜で腐っていた

空想の出涸らしを絞って
頭痛の擦り寄る
惰眠を貪る

呼吸をする糞袋
それが今の私

このままではいられない
分かっているけど

「だから」

あなたは再度笑みを深める

「意気地なしの代わりに
 俺が追い出してやろう」

__夜から。

312:レミング◆yc:2021/10/29(金) 02:42

君はよく言っていた
「やりたいことが多すぎる」

生きてる間に
やり切れると良いんだけど

そんなお決まりの冗談

やりたいことがたくさんある
いつでも君は言っていた

世界一周してみたい
激辛料理を完食したい
本を出してみたい
ウユニ塩湖に行ってみたい
スリーポイントシュートを決めてみたい
お米だけ山盛りで食べてみたい
夢の世界を誰かに見せたい
山を買ってみたい
髪を真っ青に染めてみたい
漫画のキャラクターになってみたい
超能力者になりたい
誰かの恋人になってみたい
家を建ててみたい
鏡の奥の世界を知りたい
猫を飼ってみたい
お化け屋敷を攻略したい
「ここまで全部ください」って言いたい
虫に名前をつけて飼い慣らしたい
崖から飛び込みしてみたい
ピンヒールを履きこなしたい
誰かと入れ替わってみたい
刀を振り回してみたい
拾った傘を持ち主に届けたい
奇跡の一枚を撮ってみたい
バイキングでスイーツだけ食べてみたい
ヴォイニッチ手稿を解読したい
幸せで泣いてみたい
100人を泣かせてみたい
100人を笑わせてみたい

そんなやりたいことを
いつまでも思いついていたい

やり切れなかったことは
救いだったのだろうか

君はもっと
カラフルな服が好きだったのにな

モノクロのスーツを見て思う

313:レミング◆yc:2021/10/31(日) 23:59

「trick or treat?」

可愛い君が囁いてねだる

相も変わらず
かび臭いマントで
私をすっぽり包んで
笑う

月の光に照らされる
君は特別美しい

でも残念
私はお菓子を持ってないんだ

冷たい冷たい君の手を取る
熱い熱い情を声に乗せて

ねえ可愛い君
私に“いたずら”してみてよ

背後から驚かせる?
冷たい水を浴びせてみる?
……違うでしょう?

ほら首元をくつろげた

見えるでしょう?
青く脈打つ私の命が

分かるでしょう?
それは君にとって
最高のデザート

釘付けになった君の瞳に
仄かに赤が灯りだす

笑みの深まりと共に
剥き出す牙が
銀色の月明かりを浴びる

あどけない表情
しかし想いは
ひどく熱っぽい

君、昔から何も変わらないなあ

……分からない?
でも良いんだ
それで良い

君にとっては
trickもtreatも同じだったね

好きにしなよ
今日は君が主役なんだ

314:レミング◆yc:2021/11/06(土) 06:04

切り裂く木枯らしに
目を瞑れば
美しく絶望を運ぶ
純白の雪にも気付けない

刹那主義でいこう
所詮は馬鹿のキリギリス
つまらない言葉に
耳を貸せば
泡沫の夢も見ずに死ぬ

人生は冬
死ぬまでに打ち立てた
虚像だけが
春を迎える種となりうる

何も無い
何も得られない冬に
騙し盗み奪ったものだけが
命の証となる

傷を負いつつ
醜美を焼き付けるか
身を惜しんで
半端な風に屈するか

何の為に生きる?
遺るものなど皆無と言うに
それでもと手を伸ばすもの

全ては雪のように
儚いと知って
それでもと希う望む

愚かであれどそれがひと
厳しい冬を超えられなければ
春はやっても来ないのだ

315:レミング◆yc:2021/11/15(月) 01:19

夜が晴れない

せめぎ合う感情が
クロゼットを浸してゆく

朝を纏えない

透き通るほどの感傷が
未だ舌に残っている

笑わないで
こっちを見ないで
僕が生きてるって教えないで

カメラほど精密じゃない
日記ほど正確じゃない

ただ仕舞われた
ただ遺された

316:レミング◆yc:2021/11/17(水) 17:54

冷たい秋風
紅葉狩り

虫食いのない葉を
ふたりで探して
集めて
視界が真っ赤に染まった

綺麗な綺麗な赤だった

「もったいないね」と笑う
君の鼻も頬も真っ赤で
それがとても可愛くて
何だか私も笑ってしまった

そんな記憶を
掘り起こしてしまうほど
赤い
君のくちびる

どうしたの
なんて聞かなきゃ良かった

知らない声
知らない名前
知らない顔
知らない君

綺麗だよって
ごめんね、嘘だ

透明な季節を過ぎて
大人の赤に色づく君は
この手も届かないほど
遠くなってしまっていた

317:レミング◆yc:2021/11/25(木) 01:19

舞い踊るか狂気

なんと美しい、と息を飲めば
次の瞬間首が落ちていた

刹那の夢幻
逃避行

眼と魂を焼く燦々たる光に
心臓に
鋲を打ち込んで

嗚呼暮れない
日の落ちたあとの感傷が
止まない

完全なる悪意をもってして
たった今罰が下った
後の祭りの延長戦
それを諌めるコールドゲーム

潮騒のような歓声
目も当てられぬ惨状
メサイアすらもかぶりを振った

それは愚痴かと問われれば
否と答える他無かろう

318:レミング◆yc:2021/11/27(土) 22:35

洗脳だと気付いている
気付いていることに
あなたは気付いていない

「愛してるよ」
今日も今日とて
投げかけられる言葉

その瞳は私を見つめていて
それでいて空虚

知っているの
擦り減るほど唱えた愛
私を縛るための嘘
気付いてる

ここに愛なんか無かった
あなたから私への愛なんて
最初から

だから返す
「私もよ」

あなたを信じているんじゃないの
あなたを傷付けたいの

これは愛?
わからない

わからないけど、わかってる
これはほんの執着のたまご

知っているけど
知らせない
気付いてることに
気付かせない

そして
いつか咲かせる逆転の華

それが私のあなたへの復讐

319:レミング◆yc:2021/12/05(日) 15:38

ざらつく舌をなぞった
その嫌悪すら決して
知らせないままに

濁った瞳
見ていないのね
狂った日常
気付いていないのね

対象になる気概も無いくせ
likeでは済ませないのね

俯くことすら許されない
首を捻ることも
応えないことも

君の息の根
止めてしまわぬ様

怨みごとを全部
吐き出してしまわぬ様

今日を明日にするため
今日を終わらせるため

深く深く息を吐いた

320:レミング◆yc:2021/12/09(木) 16:14

夢見たのは私のいない世界

私がいなければ
上手くいなかった
こともあるでしょう

私がいなければ
上手くいったはずの
こともあるでしょう

私がいなければ
この世界は
それはつまらないでしょう

私がいなければ
この世界は
それは平和になるでしょう

私がいなければ
君がここに来る
ことはなかったでしょう

私がいなければ
君はここを去る
ことができたでしょう

私がいなければ
君は
幸せになれたかもしれない

私だけがいなければ

不器用な愛を
どうか受け取らないで

この手を
どうか握らないで

君が君でいるために

いつかきっと
君のいるべき場所へ
帰ることができるように

いつかきっと
こんな私のことを
忘れることができるように

321:レミング◆yc:2021/12/19(日) 03:05

淡い蒼いろの街をあるく

日はおちて
月がのぼって
金星がひかっている

透けてしまいそうな指先を
ぎゅっと握り込む

私はどこにいるのだろう
君はどこにいるのだろう

私はなにになるのだろう
君はどこに行くのだろう

探してみたけど
見つからない

追いかけてみたけど
追いつけない

空虚な先をすすみながら
振り返ることもできない
君の姿を確めるのが
怖くて

後ろに伸びた影を
見ないふりして
くらくなるのを待つ

まちがいを
見なくてすむように
正さなくて良いように

322:レミング◆yc:2022/01/05(水) 20:34

さてその仮定
この惰性で続けた
こんにちまでの日

憧れ妬みに嫉みに恨み
それらも全ては
愛ゆえの狂気

その視線の先が
何処へ向かおうと
きっと迎えに行くからね

私はアナた
挿れるためじゃなく
落ちるための

さぁ堕ちて頂戴
目指すは将来

分かっているでしょう
逃げさせはしないの

この手をどうぞ
どうか取って!

323:レミング◆yc:2022/01/29(土) 04:40

恐れていた病魔が
たった今目を覚ました

重く首をもたげた
膿の詰まったつま先が弾けた

燻ったままだった
腐りかけの生まれかけの
心臓を穿った

目を焼く光に心ごと焦がれた
その妄念に手を伸ばしていた

触れたが最後
触れたが最初

堕とされていた
生きていた
自覚していた

笑っていた
狂っていた

救われていた

324:レミング◆yc:2022/02/11(金) 00:19

届かない手なら
いっそ折れてしまえと哭いた

ただ目指した

誰に褒められようが
謗られようが
関係なかった

ただ目指した

目も霞むような天の頂を

ただ
ただ
それだけを見据えていた

けれど
ほんのひと刹那

その光のかたちを
捉えてしまった

それは到底
皆を照らす光などではなく
昏きに誘う闇などでもなく

思考を奪い心を焦がし
ソラに昇らせまいとする
光を知り

脚を掬い心を惑わし
奈落の底に留めんとする
闇を知り

それでもなお
震える脚で立ち上がり
眩しいほどに輝く

それはまさに
“偶像”

ああ

それは
そんなものは

魂が凍りつくのがわかる

冷静になれば気付いてしまう
まともになれば分かってしまう

研いでいる刃は
内から腐っていると

生を受けた時点
発った場所が違うのだと

この生には限界があり
そして
終点に辿り着いたとて
その頂点に届きはしないと

ああ

それならばと
声が涸れるほど

ただ

手よりも先に
折れてしまった心臓を
未練がましく抱えていた

325:レミング◆yc:2022/02/19(土) 01:05

空を見上げていた

右には地獄が広がっており
左には虚無が広がっていた

後は誰かが隠してしまった
前には何も無いというのに

青は
思わず竦むような群青は
進むしかないのだと
叱咤した

橋が落ちていた
空き家が連なっていた
森が燃えていた
道が塞がれていた
死体が転がっていた
誰もいなくなった

それでも

時計の針が止まっても
時間は進むしかないのだと

頬を伝う
それが傷に沁みる

過ちを
違えてしまった真実を
憎みながら

ただ足だけは
止めてはならないと

青が
誰かが
僕が叫ぶのだ

326:レミング◆yc:2022/02/20(日) 01:50

それはまるで
在りもしない夢物語のような
美しい情景

寄り道にもならない
そんな刹那に
酷く心を惹かれてしまって

まばたきよりも早く
目の前を通り過ぎていった
極彩色を
追いかけたくなった

その夢の
続きを描くのはあまりに無粋で
ifを書くのはあまりに虚しい

それでも
惜しいと思ってしまった

鮮やかで
ふざけていて
無意味で
それでいて愛おしい

幼稚でも
確かに素晴らしき
ひとつの世界

そんな
不安定で曖昧なものに
枠線で形作られた自由に
望むべくもないはずの希望に
一瞬の永遠に

あなたに

恋をした

327:レミング◆yc:2022/02/22(火) 01:15

貴女は何になりたかったの?

答えて、メアリー・スー

貴女は彼に愛されたかった
貴女は彼を愛していた
貴女は彼に愛されない

復唱して、メアリー・スー

貴女は彼に愛されたかった
貴女は彼のために偽った
貴女はエゴのままに偽った

答えて、メアリー・スー

貴女は彼に愛されたかった
貴女は貴女のかたちを捨てた
貴女は貴女の名前を捨てた

復唱して、メアリー・スー

貴女は彼に愛されたかった
貴女は彼に愛された
貴女はもう、貴女でなかった

答えて、メアリー・スー

貴女はそれで良かったの?
貴女はそれを望んだの?
貴女の望みは叶えられたの?

貴女は彼を愛していた
心の底から愛していた

彼が愛したのは貴女なの?
彼に愛されたのは貴女なの?
彼を愛した貴女はどこへ?

答えて、メアリー・スー

何もかもを捨てたもの
何もかもを失くしたもの
何もかもを忘れたもの

何者でも無くなったもの
誰でもない私

ねえ、メアリー・スー

328:レミング◆yc:2022/02/26(土) 03:27

君の本命になりたいな
君の本命になりたい

君から香る
知らないシャンプー

スクロールしきれない
新着メッセージ

ポストからはみ出た
ラブレター

サイズの合わない
汚いTシャツ

君から溢れる
知らないだれかの

どろり

君の本命になりたいな

最近ほんとに思うんだ
君の本命になりたい

どうしても
君を嫌いになれない
君を殺せない

贅沢は言わないからさ
せめて

君がその厚化粧を
落とす日が来たら

君が君でいたく
なくなったら

そのときは

君を繋ぎ止める術なんて
知らないから

ずっと傍にいたい
なんて言わないからさ

せめて
死ぬ時くらいは一緒がいいな

329:レミング◆yc:2022/03/18(金) 04:55

私が満ち足りない世界

握りしめる燻んだ一色
見上げるだけの虹
両手に掬い上げる誰かが
憎くてしょうがないけど

汚い薔薇色の吐瀉物
搾り出して

握り直す古びた鉛筆
残されたただひとつの道
何も無くて成すことなんて
到底出来やしないけど

完成しない
ハッピーエンド妄想癖
現実を見ろと何度
バッドエンドを突きつけられた

何でもない
言葉なんていらない
変わり映えなんてしなくたって

日の目を見ない
浮かばれやしない
劣等感に押しつぶされたって

マイナスで終わらせたくはないんだろ
何だかんだ奇跡を期待したいんだろ

下劣最低見苦しくても
これこそが私の最高点だって

330:レミング◆yc:2022/03/29(火) 23:55

最近
空が青くないんだってね

ざまぁないって思ったよ
今更お前に
興味なんざ無いけどさ

どうだい?
承認欲求を塗りたくった
自我を見せびらかして
裏切られた感想でもひとつ

溝でも浚って探してみなよ
唾飛ばして語った理想とやらを

ああ良い夜だね!とびきり
このご時世じゃ珍しいくらい

救われたい自覚があるから
救われない覚悟しといてよ
救われない私を笑って
救った気になってた愚かなお前

331:レミング◆yc:2022/04/08(金) 20:38

随分と平凡に生きたものだ
なんて自分で思う

気怠い生ぬるさの中生きている
死ぬ気なんかひとつも無いまま

悔いのない生涯なんて不可能だ
だって時間が足りないのだから

何を成すにも
造るにも
終わらせるにも
人生はあまりに短いのだ

納得のいく幕切れは
どうやら期待できそうにない

しかし
それでも

限られた時の中で
満足なんて夢と知って

悔いのまま死ぬとしても
無駄に無力に生きるとしても

それでも足掻くのが
人間というものなんだろうか

それならば
なんて素敵なことだろう

332:レミング◆yc:2022/04/21(木) 03:47

形だけの心臓なんて
いらないわ

真っ赤に脈打つ中身なんて
とっくのとうに当の貴方に
盗られてしまっていたんだもの

雨風に晒される
冷え切った身体
きっときっと明日こそ
そんな期待を踏み潰されてきた

初めて触れた確かな温度
それがたとえ
幻であったとしても

ええ
好きなようにすると良いわ
心は此処に
貴方と共に


視界に広がる浮ついた目
後悔に怯え震える眼が
それでも良いと迫るのならば

心臓なんていらないの

333:レミング◆yc:2022/05/11(水) 04:37

ああ、きっと今
たった今失くしたの

傘を

肩にぶつかる水の弾丸
冷たくて
染み込んで
もう二度とは拭えない

救えない
ええ、分かっている

防げない
寒さも不快さも

笑えない
笑えないの
あなたがいなきゃ

私病んでしまうわ
雨に打たれて生娘のように
咳をしては愛を吐いて
嚔をしては哀と泣いて

それでも駄目なの
あなたはもう
傘をさしてはくれないの

334:レミング◆yc:2022/05/20(金) 07:30

もう、何度目かの恋をした

彼には大切な人がいる
私よりも
誰よりも
自分でさえも二の次なほど
とってもとっても大切な人が

私はどうしたって一番になれない

いつもそうだ
ずっとそうだ

今までの全ての恋は、
恋以外のなにかに破られて
私はいつだって
蚊帳の外で

視界にすら入れない
思考にすら入れない
私の存在は埃の一粒に等しい

見た目を磨こうと
内面を磨こうと

何もかも、
意味はないと知っている

知っているのに

また、恋をした

335:レミング◆yc:2022/06/07(火) 21:04

それはまるで、
寄生虫のような

蠢く恋

意志など端から無かったように
あなたのために生きている

わたしの中で
あなたが生きている

脈動している

支配される身体
侵されていく
すべて

あなたを離さない
寄生する恋
心臓に絡みつく脈動

あなたの
細胞のひとつまで

336:レミング◆yc:2022/08/18(木) 06:36

足元をすくわれたように
一転する視界

ぐらりと揺らいだその先に
眩しく煌めく光のかたまり

それが何だか
ものすごく美しく見えて
ものすごく哀しく思えて
ものすごく欲しくなった

追憶するは在りし日の夢ごと

あの頃はただ虚しくて
纏わり付く光の粒が妬ましくて
瞬きさえも鬱陶しくて

涙も枯れるほど
恋焦がれていた

人生の根本から
すくわれてしまったように

あなたに出会って
変わり果てた人生

それは存外、悪くない

337:レミング◆yc:2022/12/06(火) 18:43

ヒーローになんてならないで
偶像になんてならないで

誰かの理想が貴方を汚す
誰かの想いが貴方を縛る
誰かの祈りが貴方を×す

ヒーローになんてならないで
誰かを救おうとなんかしないで

御伽に騙られた貴方は まるで傀儡
あんなに輝いた過去は
今や曇り硝子の向こう側

差し伸べた手は千切れてしまった
掬い上げた腕は捥がれてしまった
守ろうとしたものは

何処

ヒーローになんてならないで
笑いながら泣かないで

きっと貴方も救われたかった

338:レミング◆yc:2022/12/14(水) 02:36

ねえねえねえ
あなたにわたしは救えるの?
ねえ
あなた わたしを救ったつもり?

ママはわたしに優しいの
嫌なことなんにもしないのよ
良いこともしてはくれないけれど
それでもわたしはしあわせよ

パパもわたしに優しいの
上手くできたら褒めてくれるわ
失敗したらきつく叱られるけど
それでもわたしはしあわせなのよ

ねえ

しあわせなのよわたし
しあわせだったの
知らなければ
知らなければしあわせだったの
ねえ

ここに愛が無いだなんて
どうしてそんなこと言うの
どうしてそんなこと
どうしてそんな ひどいこと

幸せな夢から引きずり出して
汚い現実に顔を漬けさして
『お前のいた場所はこんなにも』なんて
ねえ
ねえねえ

愛してくれるわけでもないくせに
救ってくれもしないくせに

どうしてくれるの

ねえ

339:レミング◆yc:2022/12/14(水) 02:39

後悔しています。

340:レミング◆yc:2023/01/17(火) 22:55

月が綺麗だね
今日はどこまで行こうか
昨日より遠くへ行こうよ
空気がつめたくて気持ち良いね
鳥がとまってるよ

水辺がキラキラしてる
風が吹いているね
雨の匂いは久しぶりだ
花が咲き始めたみたい
街灯が無くてもよく見えるよ

いつからだろうね
星が瞬いているよ
いつからだろう
月が欠けないね
いつから?
君はどこにいるの

太陽が昇らなくなったね
人の声が聞こえなくなったね
毛布がないと寒いね
光が眩しいね

君はいつから喋らなくなったの
君はいつからここにいたの

昨日はないよ
明日もないよ
君とずっと今日のまま
ずっと消えない夜のまま

変わらない景色に歌でも唄おう
君が寂しくないように
僕が消えてしまわぬように

またいつか
君と笑って出会えるように

341:レミング◆yc:2023/01/25(水) 05:40

ああ!
全くもって許し難いねその愚行
反撃も意図してない?
それこそ愚の骨頂!

売られた喧嘩は高く買おう!
さぁルーラー、
すぐさまレートを上げてくれ!
是非最高値で買ってやるから

言い訳は無用?
正当防衛まで割愛かい
ああまるでやってらんない
幸先はお前の屍のその向こう!

突然の暗転

お涙のヒステリー
ほら次第にメランコリー

聞くも語るも失笑まじり
散々な人生なんです
デバフなんかも盛っちゃって!
平均以下を誇っちゃって!

さてそろそろ競りは終わった?
感性マグロちゃん!


新着レス 全部 <<前100 次100> 最新30 ▲上へ
名前 メモ
サイトマップ画像お絵かき長文/一行モード自動更新RSS