創作

創作活動を行っている人の為の掲示板です。

  1. 1:弓釈子のオリキャラ(400)
  2. 2:脱獄組のカオスすぎる日常。(416)
  3. 3:オリキャラ板(36)
  4. 4:カルとマヤの異世界記録(684)
  5. 5:猫好きによるネコ好きのためのねこ作り(67)

弓釈子のオリキャラ(400)

1 弓釈子◆k.:2020/08/16(日) 18:44

オリキャラ大好物(^ω^)

397 弓釈子◆k.:2020/09/20(日) 22:49

私のオリキャラは香里奈似か加藤あい似、栗山千明似か北川景子似、あとは誰似かは不明だがイケメンのオリキャラの3人です(多分☆)

398 弓釈子◆k.:2020/09/20(日) 22:50

>>397の3人はRH−のAB型です

399 弓釈子◆k.:2020/09/20(日) 22:54

リアルの人間「弓釈子のオリキャラはイケメンや美人だけど、ノリも性格も悪すぎる、しかも佐藤優弥に関しては、●ンコと態度だけはデカい^^」

400 弓釈子◆k.:2020/09/20(日) 22:55

私のオリキャラたちは基本的に大人しいのばっかりです、やっぱり私弓釈子に似てるかな

名前 メモ

全部読む/最新50

脱獄組のカオスすぎる日常。(416)

1 ナナコ:2020/03/16(月) 15:38

せめてこういう場所くらいなら、彼女達に平穏を与えて?
これは、苦い牢屋から溢れた夢物語の続き。






・基本知り合いのみです。
・すみれさーん!待ちきれなくて立てたけどごめんねー?!

413 依夢◆T2:2020/09/17(木) 22:55

ぬあああああ!!!悲しいでも美しい!!

414 ナナコ:2020/09/19(土) 14:54

実は今着々とメイド編の設定とか考えてるけどさ…なんか主人が(SAN値的な意味で)かわいそうだな…

1、まず爆破は避けられない
2、悪戯を回避することも不可能
3、愛犬はメイドに連れ回されてる
4、なんか主人より主人っぽいやついる
5、メイドに舌打ちされる
6、なんか料理担当が怖い
7、最終的にお宝ほぼ持ってかれる

かわいそうだなー(´・ω・`)(←元凶)

415 雷羅&◆.g:2020/09/20(日) 06:47

最高にすし

416 依夢◆T2:2020/09/20(日) 21:06

いや、わんこ可愛すぎるからしょうがない(?)

名前 メモ

全部読む/最新50

オリキャラ板(36)

1 なかやっち:2020/08/10(月) 11:39

ここでは、私のオリキャラの設定を書いたりちょっとしたお話をつくったりします(o・ω・o)
中二設定、やばい設定多いかも。胃もたれしないように気を付けてね☆

ー注意ー
・私のオリキャラをのせるので、他の人のキャラはご遠慮下さい
・乱入おけです。荒らし、なりすましは×。葉っぱのルールを守りましょう
・胃もたれがおきても、主は一切責任を負いません。閲覧注意だな!

え?過去に同じようなスレつくってたって?きっとキノセイダヨー((殴
平和にまったりとやっていきたいと思いまーす(^-^)

33 なかやっち:2020/09/15(火) 18:21


主「…ふぁ〜…さて、そろそろ魔耶ちゃんの姿も戻る頃合いかしら。ちゃんと二時間って設定しておいたから、もう戻ってるハズだよね。どんな反応か見たいし、魔耶を探してみて……」

魔耶「「主ぃいいい‼‼」」

主「…ん?魔耶?なんかめっちゃ走ってる…(ハッ‼)」
主(もしかして、子供に戻ったのが楽しすぎたのにもとの姿に戻っちゃったからもう一回してって良いに来たのかな?だったら早く言ってほしかったなぁ。ま、まずはじっくりとお話を聞こうじゃない)
主「魔耶〜!ほら、こっちにきてお話しようよ〜!」
魔耶「……お話?…フフッ」
主(ん、何やら様子が…)

魔耶「「お前相手に言葉なんぞいらんわぁああ‼‼」」(飛び蹴り)
主「「グファッ‼‼」」

おしまいw(最初から最後まで雑な物語でした。真面目なのも作りたいね)

34 なかやっち 暇人なんです察しろぃ:2020/09/19(土) 20:05


ーー両親のこと?うーん…あんまり覚えてないなぁ…。まぁ、私が生まれて一年ちょっとで死んじゃったって聞いたし、覚えてないのもしょうがないよね。
…あ、でも、全部を覚えてないってわけじゃないよ。もちろんほとんどは忘れちゃってるけど…そんな私にも、一つだけ…ほんの一つだけ、覚えてることがあるんだ。
それは、両親の声。
なんて言ってるかは分からないけど、優しくて、辛そうで、切ない…思い出すだけで胸が張り裂けそうになるような、そんな声だった。両親のその声が、私の奥深くにしっかりと刻み込まれてるんだ。
不思議だよね?まだ一歳の頃だったっていうのに、その声だけは、いまだ鮮明に思い出せるんだ。…なんでだろ。

35 なかやっち エピローグ。長編適当に書いてくぜ:2020/09/20(日) 12:51


??「ーー許さない……」
月下の美しい海の畔で、一人の少女が声を上げた。
海に浮かんだ月の輪郭がたゆたう空間で、少女が哀しみと怒りに満ちた声で泣き崩れる様は皮肉にも美しい絵のように幻想的な風景に見えた。
そんな風景とは裏腹に、少女はこんな言葉を残す。
??「命を命とも思わない奴らめ……あんな奴ら、種族共々滅んでしまえばいい……ッ‼」

36 なかやっち:2020/09/20(日) 13:23


魔耶「えぇ〜…閻魔様、またいないの?」
差夜「そうなのよ…。お姉ちゃんってば、最近は一人で何処か行ってるみたいでね…何処に行ってたのか聞いてもなにもおしえてくれないのよ?」
そういって、しかめっ面をしながらコップの中をカラカラとかき回す差夜。その様子を見て、正面に座っていた少女…彩色魔耶もため息をついた。
魔耶「最近忙しいのかなぁ…ここ数ヶ月会えてないよ…」
差夜「…私も、ここ数日はちゃんと顔を会わせられてないなぁ…。地獄にいないってことは、多分地上での仕事かなんかだろうけど」
魔耶「…地上の仕事なら、私でもなにかしらは手伝えるのに……」
差夜「……お姉ちゃんは一人で抱え込みすぎることがあるからね……無理に詰め寄っても逆効果だろうし、私達は大人しくしてるしかないね」
魔耶「……むぅ…」
差夜に正論を言われ、軽く俯く。視界に入ったオレンジジュースが魔耶の暗い顔をプカプカと浮かべていた。
最近、閻魔様と会えていない。地獄に行っても「もう出掛けてしまった」と言われてしまうし、地上を捜してみても見当たらない。妹の差夜に聞いても知らないというし……一体何処に行っているのであろう。…なにか変なことに巻き込まれているんじゃ……
そんなことを考えていると、差夜がポンと魔耶の頭に手を置いた。
差夜「……心配なのは分かるけどさ、お姉ちゃんならきっと大丈夫だよ。そう簡単にやられたりする人じゃないし、あの人のことなら私達が一番よく知ってるでしょ」
魔耶「……うん」

名前 メモ

全部読む/最新50

カルとマヤの異世界記録(684)

1 なかやっち:2020/03/26(木) 12:56

小説として書いてしまっていたのでこちらに移しました💦

681 多々良:2020/09/19(土) 22:23

悪魔耶は不吉な笑みを浮かべた。それはまるでブラッカルに対しての余裕、もしくは力の差を見せつけているかのように思えた。
ブラッカルはその笑みを頭から掻き消し、悪魔耶に向かって走った。
悪魔耶「そうそう、最初から君がそうやって攻撃して来ればよかったのに」
ブラッカル「馬鹿野郎、最初が肝心なんだよ...喧嘩ってのはな!」
悪魔耶の懐に素早く潜り込み、再び拳を繰り出す。またそれに素早く反応した悪魔耶は、腕で自分の顔を守った。それで出来た一瞬の隙に、ブラッカルの背後に鎌を構える。先程の、岩をも斬った鎌だ。食らってしまえばひとたまりもない。
ブラッカル「食らうかよ...っ!!」
殺意を感じ取り、柔らかい体で足を後ろに蹴り上げる。足は鎌の刃に当たり、鎌の切っ先が逸れた。
悪魔耶「へぇ....」
声を漏らした悪魔耶をギロッと睨み、残っていたもう片方の足で地面を蹴る。懐に潜り込めていたのが良かったのだろう。ブラッカルの繰り出した頭突きは見事に悪魔耶の額に直撃した。双方、後ろに後ずさる。
悪魔耶「ッ.....う〜、結構効くなぁ....そんな下らない技なのに....」
ブラッカル「どっかでも言われたぜ、その言葉....」
額を擦る悪魔耶が、急に話を始めた。
悪魔耶「...君はさぁ、そのままで居ようって思わないの?」
ブラッカル「あ?どう言う事だ?」
悪魔耶「簡単に言えば私みたいに、外と中の役割を交代しないのかなって。もし君が強いんだったら、外にずっと出てないと意味が無いよ?」
ブラッカル「うるせぇな。私はお前みてぇに悪い事しようとする気にはなんねぇんだ。それに、ずっと外に出てても意味ねぇだろ」
悪魔耶「そうかなぁ....やっぱ価値観の違いなのかな。私と君の」
ブラッカル「そうだな。生憎、テメェとは考えが合わねぇようで」
悪魔耶「ふふ.....じゃあ、考えが合わない人とは仲良くしないようにしないとね....」
ブラッカル「...最初から仲良くしようなんて思ってねぇよ」
もう一度立ち向かおうとすると、今度は悪魔耶から向かってきた。

682 なかやっち:2020/09/19(土) 23:04

悪魔耶「酷いなぁ。ま、別にいいけどさ」
そうすねたように呟くと、先程と同じように物凄いスピードでブラッカルに向かっていく悪魔耶。その両の手には鎌の柄が握られていたため、鎌で攻撃されるのだと考えたブラッカルは反射的に横に避ける……が
ブラッカル「…‼」
悪魔耶「フェイントってやつだよ、ブラッカルさん」
悪魔耶は鎌でブラッカルを斬りつけるのかと思いきや、走っていったままの勢いで跳んだあと空中で一回転して方向転換し、瞬時にブラッカルの背後をとったのだ。どうやら走ってきて斬りつけようとしていたのはフェイントだったらしい。
そして、ブラッカルの隙だらけの背中にヒュッと鋭い鎌の刃が降り下ろされる。
悪魔耶「…ははっ、じゃーね‼」
ブラッカル「……ッ‼‼」
あんなに鋭い鎌で斬りつけられたら一たまりもない。悪魔耶の急な攻撃転換に頭が追い付けず、避けきれないと思った。このままでは攻撃を喰らってしま……


「(やらせないッ‼‼)」
悪魔耶「…ッ⁉」


ブラッカル「…うおっ‼」
間一髪、攻撃はブラッカルのすぐ隣を掠めた。ギリギリ避けることができたようだ。
ブラッカル「(……今…悪魔耶の攻撃が一瞬だけ止まったような…)」
悪魔耶「〜〜ッ……いいとこだったのに…邪魔してほしくないな、魔耶…」

683 多々良:2020/09/20(日) 07:42

ブラッカル「(魔耶....?まさか、内側にいる魔耶が直接肉体を制御したのか?そんな事....)」
顔を強張らせる悪魔耶から距離を取って考える。
ブラッカル「......まぁいい、よく分からねぇけど助かったぜ」
悪魔耶「全く、根性だけは強くて困るよ....人の戦いに手を出さないでほしいね」
愚痴を溢しながら肩をグルグルと回し、体を解す。
ブラッカル「....そうか。お前は一人で戦う派の奴なんだな。....ま、当然っちゃ当然か」
何かを思い付いたかのように間を開けた後、言葉を続ける。
悪魔耶「...?まぁ、一緒に戦う人もいないしね」
ブラッカル「可哀想な奴だな」
悪魔耶「そりゃどうも。...でも、君だって一人じゃない」
ブラッカル「あぁ、これまではな。....お前、攻撃を魔耶に止められたんだよな。魔耶は内側に居るってのに....つまり、人によっちゃ内側とコンタクトを取ることも可能って事になる」
悪魔耶「確かにね....それがどうしたの?今更君になす術があるとは思えないけど」
そう言うと、ブラッカルは悪魔耶と同じような薄ら笑いを浮かべた。
ブラッカル「....戦ってるとき、何でいちいち距離を取ってたか分かるか?」
悪魔耶「さぁ?私は反撃に備えてたように見えたけど」
ブラッカル「それもある。.....私はその間、あいつを起こしてたんだ」
悪魔耶「.....あいつ?」
ブラッカル「...もう一人の、私をな....!」
言葉を言い放った瞬間、ブラッカルの両手両足が黒い炎のような、光のようなものに包まれた。これまで受けた傷もじわじわと癒えていっているように見えた。
ブラッカル「外と中の役割を交代するんじゃなくて、協力しねぇと意味がねぇ。お前の考えが間違ってること、思い知らせてやるぜ」
悪魔耶「へぇ.....協力なんてもので、そんな大きく変わるとは思えないけどね」
ブラッカル「戦ってみれば分かるだろ」

684 なかやっち:2020/09/20(日) 12:39


??「ーー攻撃を、阻止…できた…‼」
壁と床の境界線も分からないような、果てしない空間……その中で、「やったぁ!」と嬉しそうに叫ぶ少女の声が響いた。
少女は鎖によって身体の自由を奪われており、身動き一つできそうにない状態であった。
??「つまり、まだ完璧に身体の主導権を奪われたってわけじゃない…ってことだよね…!頑張れば内側からブラッカルの援護が出来るかも……!」
そんな状況下でも、少女……いや、彩色魔耶は前向きになっていた。なぜなら、彼女は、先程自分の身体の自由を奪った犯人である悪魔耶の動きをとめ、ブラッカルへの攻撃を一瞬だけ中断させてみせたのだ。そしてその結果、悪魔耶の攻撃は不発に終わった。
魔耶自信もそんなことが可能とは思っていなかったので、成功したときは大きく驚いた。そして、同時に喜んだ。
この空間では、外界の様子は大体伝わってくるものの、そこに内側から干渉する術がなかった。しかし、外側からは干渉できるようで、ブラッカルが悪魔耶を攻撃したときには、魔耶にも多少のダメージがあった。そこで、魔耶は「外側のダメージがこっちにもくるなら、私がなにかをすれば悪魔耶にも影響が出るハズ」と思い、悪魔耶の攻撃がブラッカルに届こうとしたその瞬間、身を強張らせてみたのだ。それが項をなしたのだろう、悪魔耶の動きを止めることに成功した。
魔耶「…でも、今身体を強張らせてもなんも起きないなぁ……悪魔耶の意識が薄れるとき…ダメージを食らったあととかじゃないとダメなのかな…?」

魔耶「ーーま、なんにせよ、私もサポートができそうなことは分かった‼カルセナ、ブラッカル…頑張れッ‼」

名前 メモ

全部読む/最新50

猫好きによるネコ好きのためのねこ作り(67)

1 猫好き◆9c:2020/08/30(日) 01:39


羊毛フェルトでかわいい猫をつくりたい!!!
はやく上達したいな〜〜

>>2-3

64 猫好き◆9c:2020/09/07(月) 15:15


ざっざっざっみたいな

65 猫好き◆9c:2020/09/07(月) 23:20


あらかた硬くなってきたかな…押しても凹まないしこれなら植毛できるかな、眉間がちょっと足りないか??
あと今更だけど創作板で合ってるのか不安になってきた手芸板消えてるし合ってるよね

66 猫好き◆bQ:2020/09/18(金) 13:45


色々一段落したからそろそろ始めようかな
ちゃんとひげも貰ったけど使うのはもっと上達してからにしよう、もったいないし

67 猫好き◆bQ:2020/09/18(金) 13:46


植毛自信ないな〜〜一応練習したけど全然さらさらにならないというか

名前 メモ

全部読む/最新50

次のページ>>

スレ立てフォーム

題名:
名前: メモ:

スレッド一覧フォローサイトマップ▲上へ

最近のスレッド / 掲示板一覧
  1. 創作活動報告スレ(3)
  2. 妥協していろいろオリキャラデータ貼っていく(32)
  3. メモ(3)
  4. 手芸.創作.(17)
  5. マナと自然の導き(2)
  6. 創作っ子まとめ(115)
  7. 『私の』オリキャラたちが歓談するだけ。(5)
  8. 小説設定集  新 ロミオとジュリエット(44)
  9. 可愛いオリキャラを出しまくるスレ(122)
  10. 皆さんのオリキャラを書くスレ(1)
  11. 宝箱に詰めて、。(1)
  12. 改変立ち絵のせるスレ(7)
  13.  虚飾の塔(11)
  14. 倉庫(23)
  15. 水泡に帰さない(21)
  16. ドット絵を置いてくだけ(20)
  17.   屑篭の定位置  (358)
  18.   逢いの加護  (60)
  19. 前世の奴らを此処に貼るだけ(24)
  20. 正義に似ている悪魔の記録(3)
  21. オリキャラ小説を描くスレ(6)
  22. __相対的に壮大的な ?(2)
  23. >>スレッド一覧

[サイトマップ]

★新しくスレッド(話題)を作る